このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

屋根裏の恋人のネタバレ2話のネタバレ

恋や愛に生きる女たち

18年前に衣香(石田ひかり)を襲った男が殺された。

そのことを樹(今井翼)に話す。

襲われたことは警察には届けていない。

なぜ、衣香の切り抜きを持っていたのか・・・。

帆花(大友花恋)が帰宅し、珍しくメイクをしている衣香に気づく。

他に好きな人ができたのか?など質問してきた。

そして帆花に「恋にどれだけ情熱をかけられるかで人生は変わるの。」と言われてしまう。

杏子(三浦理恵子)が訪ねてきた。相変わらず、自慢だらけでいやらしい態度だ。

お互い嫌味の言い合いだ。

そして、千鶴子(高畑淳子)の保険金のことで疑いが出ていると。

前の旦那とも死別だった千鶴子が夫を殺した?

また、衣香が樹のことを本当に好きだった話もされる。

帰り際、杏子は高級靴を自慢する。

(女という生き物の世界では新しい靴やバッグをわざと褒めないことが復讐になったりする。)

衣香の目の前で、躓きヒールを汚す杏子。

衣香は声をかけず、顔を伏せにやりと笑う。

中へ戻ると、樹が優雅にお茶を嗜んでいた。

杏子との会話を盗み聞きしていた樹は、なぜ18年前の事を聞いてこないのかと。

衣香はあの時は子供だったと突き放した。

娘の秘密を知る

誠(勝村政信)が、改めて誕生日と結婚記念日のお祝いをしたいから家族で外食しようと言い出した。

衣香はお祝いのプレゼントと花束をもらい喜ぶ。

誠は、家族と一緒が安心するから月1で外食しようと言い出した。

樹のことを考えぼーっとする衣香。

食事の途中、友達に会いに行くといい店をで出る帆花。

友達ではなくバンドマンの彼氏だった。

深夜、キッチンの向かう勇人( 高橋楓翔)。

その時、水を飲んでいる樹を見て幽霊がいると叫び出す。

樹が屋根裏にいることが耐えられないと伝える衣香。

今、1番大切で守りたいものは家族だと。

家族を守るためなら嘘つきにでもなる。

それを聞いた樹は、衣香にある名刺を渡す。

名刺をたどっていくと、なんとキャバクラで働いている帆花に会う。

気まずそうにする帆花だが、話をすることができなかった。

家に戻り、樹に相談する。

更に樹は、帆花の彼氏のことも衣香に教えた。

バンドマンの彼氏を支えるために帆花はキャバクラで働いていたのだ。

その時、千鶴子が強引に家に入ってきた。

千鶴子は、自分にかけられた保険金を全て自分が受け取るべきだと。

保険会社に聞かれたらそう伝えてくれと頼んできた。

衣香は、歳の離れた夫を持った千鶴子にどこが好きだったのかと問うと

「お金をたくさん持っていたところ」

お金があることは才能だと。

娘の変化に戸惑う衣香

再び、帆花の元へ向かい声をかける衣香。

衣香は母親らしく説教を始める。

彼氏のことを問われ、帆花は彼氏といるだけで幸せだといい

衣香みたいにはなりたくないという。

衣香は傷つくのが怖くて本当に人を愛したことがないと言われてしまう。

(世の中には愛だの恋だの不確かなものに人生を架けるバカな女がいる。自分の娘がそんな女の顔を見せたとき、母親はどうするのだろう・・・)

衣香は、誠に帆花のことを相談するが、大学進学の話になり本当のことを言えなかった。

夜1人で考えていると、樹が現れる。

つい帆花のことを相談してしまう。

樹は「別れさせる?帆花とあの男を。」

次の日、帆花から衣香に連絡がくる。

傷だらけで泣きじゃくる帆花。

話を聞くと、知らない男から電話がきてあるマンションを訪ねろと。そこで彼氏が待っていると。

マンションを訪ねると、彼氏が別の女と一緒にいたのだ。

信じられない帆花が問いただすと、彼氏に殴られたのだという。

辛い思いをしたのに、彼氏にされたことが信じられないという帆花。

(そこにいるのは娘ではなく女だった。私が軽蔑してきた浅はかでバカな女。でも、腕の中で震える女を抱きしめながら祈っていた。このバカな女が再び愛に向かって飛び立てるようにと。その勇気を失わないようにと)

衣香は樹に、帆花に電話をかけたかと問う。

殴られたことを伝え、男に必死になる帆花を軽蔑していたと言い始めた。

しかし、同じくらい嫉妬もしたと。

帆花をみて、うらやましくてたまらなかった。

18年前、樹がいなくなった時なりふり構わず追いかけた、もう一人の自分がいた。

樹がいなくなってから、心の奥に閉じ込めた願いを帆花は衣香に思いださせたのだ。

 

 

屋根裏の恋人のネタバレ2話の感想

少しづつ、衣香の殻が崩れてきてますね。

それにしても、友人の杏子は性格が悪いような・・・。

夫の誠は、なぜ杏子を敵対視しているのか?

そして会社でまずい取引でもしているのでしょうか。

あとは、義母の千鶴子もまだまだ怪しいですね。

屋根裏の恋人2話はどんなドラマ?

鎌倉の一軒家。
西條衣香(石田ひかり)は、夫・誠(勝村政信)の父の死を機に、義父が遺した鎌倉の洋館に、夫と娘・帆花(大友花恋)、息子・勇人(髙橋楓翔)と引っ越してきた。
義父の後妻である姑・千鶴子(高畑淳子)に強く勧められたためだ。
同じ敷地内の別棟とはいえ、自分とは違ったタイプの派手で奔放な姑と同じ敷地内で暮らしていくことに不安はあったが、長年の夢だったフラワーアレンジメント教室を自宅サロンで開けること、一家四人が広々と過ごすことができる念願の住処だ。
絵に描くような幸せな光景がみえ、洋館への引っ越しを決意した。

洋館の庭で行われた引っ越しパーティーの日。
衣香のもとに、昔の恋人・瀬野樹(今井翼)が突然現れる。
彼は「借金とりに追われているから匿ってくれ」という

屋根裏の恋人のネタバレ2話のあらすじ


18年前、自分に乱暴した男が殺されたことを知り、動揺する衣香(石田ひかり)。しかも男は衣香の載った雑誌の切り抜きを持っていたという。当時彼女を助けてくれた元恋人・瀬野(今井翼)が突然現れたのは果たして偶然なのか?
西條家の屋根裏に棲みついた瀬野は、西條家の様子を覗き見しつつ、しばしば降りてきては衣香の前に現れた。衣香はそんな状況に、今までの満たされない想いを抱えた生活とは何かが違う高揚感のようなものを感じていた。
翌日、友人の杏子(三浦理恵子)が衣香を訪ねてきた。杏子は三億円もの保険金を受け取る予定の千鶴子(高畑淳子)に、保険会社が殺人の疑いをかけ調査をしていると話した。
一方夫の誠(勝村政信)が、誕生日のお祝いを反故にした罪滅ぼしに外食に誘ってくれた。家族揃ってのお祝いと、これからはもっと家族との時間を大切にするという誠の言葉から家族の大切さを再認識した衣香は、屋根裏に上がり、瀬野に出て行くよう諭す。
すると瀬野は、そんなに家族が大切なら見なきゃならないモノがあると言い…。

瀬野に渡された一枚のショップカードを手に、ある店に行った衣香は、帆花(大友花恋)がセクシーなドレスを着て働いているのを見て愕然とする。帆花は愛する恋人の夢を支えるためにキャバクラで働いていると話し、本気で人を愛したことがないママには私の気持ちがわからないと反発した。帆花のことを誠には話せず、結局、瀬野に相談する衣香。
瀬野は衣香の頼みなら何でもすると、ある行動に出る。
そして、娘の本気で人を愛する姿を目の当たりにした衣香は、18年間心の奥底に閉じ込めていたある願いを思い出す―――

<スポンサーリンク>

屋根裏の恋人のネタバレ2話の登場人物

屋根裏の恋人の相関図

キャスト一覧

西條衣香・・・石田ひかり
西條誠 ・・・勝村政信、衣香の夫
西條勇人・・・髙橋楓翔、長男
西條帆花・・・大友花恋、長女

誠の父親の後妻
西條千鶴子・・・高畑淳子

衣香の昔の恋人
瀬野樹・・・今井翼

衣香の友人
菅沼杏子・・・三浦理恵子

刑事
和田祐一・・・松沢一之

屋根裏の恋人のネタバレ2話の予想や考察

ドラマ放送後に予想と考察を書いていきます!

過去のあらすじ・ネタバレもありますのでどうぞ!

↓↓↓

 

この記事を書いた人

rinadorama

ドラマが好きなドラマ女子です。ネタバレ記事を書いています。

屋根裏の恋人2話
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング