真犯人を暴き、過去を変えることで、未来を大きく変えてしまいました!
『美咲(吉瀬美智子)の死』という最悪な結果になってしまったことで、三枝健人(坂口健太郎)は、どう事件と向き合い解決していくのか?
三枝健人(坂口健太郎)と大山刑事(北村一輝)の動きから今週も目が離せませんね。

このページはシグナルネタバレの7話です。#ストーリーのタイトル#波乱の内容のネタバレ7話です。ドラマ「シグナル」のあらすじには7話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

シグナル長期未解決事件捜査班はどんなドラマ?


無線機を通じて未解決事件を追う…!
現在と過去、二人の刑事の思いが奇跡を起こす!

原作は、リアルな人間描写と緻密な構成が感動と興奮をもたらし、韓国で数々の賞を受けたヒューマンサスペンスの傑作『シグナル』。

主演の坂口が演じる主人公の三枝健人(さえぐさ・けんと)は、独学でプロファイリングを学んだ警察官
廃棄されるはずだった無線機から聞こえてくる声を耳にする。声の主は、健人と同じ事件を追う刑事で、事件に関する手がかりを話す
三枝と時空を超えて無線機で交信する刑事・大山剛志(おおやま・たけし)を演じるのは、北村一輝
吉瀬美智子が演じる桜井美咲(さくらい・みさき)
渡部篤郎が、警視庁の刑事部長として絶大な権力をふるう中本慎之助(なかもと・しんのすけ)

シグナルネタバレ7話のあらすじ


大山(北村一輝)は、連続窃盗事件の押収品の中から衆議院議員・野沢義男(西岡德馬)の収賄の証拠を見つけるが、野沢の息がかかった中本(渡部篤郎)にもみ消され、怒りに震える。その頃、一連の窃盗事件のてん末を知った健人(坂口健太郎)もまた、理不尽な世の中に嫌気がさしていた。しかし、権力に屈しない大山の言葉に突き動かされ、2人は強い信頼関係で結ばれる。ところが、そんな健人と大山のやり取りを岩田(甲本雅裕)が物陰で聞いていた。姿を消したかつての部下の声を聞き、なぜか激しく動揺する岩田。数日後、岩田は健人の兄が“加藤亮太”だと知った中本から叱責を受け、健人の行動を監視するよう命じられる。

一方の健人は1999年の大山に、これから武蔵野市で起きる集団暴行事件の真相を教えてほしいと頼む。それは、健人の兄・亮太(神尾楓珠)が主犯として逮捕された事件だった。
健人の動きを察知した岩田は、事件の真相を調べるのは危険だと忠告する。しかし「命と引き換えにしても真実を明らかにしたい」という健人の強い覚悟を知ると、やがて“すべてを教えてやる”と健人を呼び出す。岩田が何かを知っているとにらんだ健人は急いで待ち合わせ場所へ向かうが、そこにいたのは何者かに襲われ、腹部から血を流した岩田だった。

1999年、東条高校では複数の男に乱暴された女子生徒・井口奈々(山田愛奈)が、周囲の好奇の目に耐えられず屋上から飛び降りる事件が発生する。健人の言葉を思い出し、自ら捜査員に名乗りを上げた大山は、早速、暴行事件の犯行現場と思われる廃屋へ。そこで、近所に住む被害者の同級生・斉藤裕也(瀬戸利樹)と出会う。話によると、裕也は優等生で事件には無関係だというが、大山はどこかその様子が気になる。そして後日、あらためて裕也に話を聞くが…。

その頃、岩田の襲撃現場に居合わせた健人は容疑者として捜査対象に。取調べに対し、頑なに口を閉ざす健人だったが、見かねた美咲(吉瀬美智子)が「あなたを助けたい」と声をかけると、健人は「大山巡査部長の収賄事件には裏がある」と話し始め、瀕死の岩田が告げた驚愕の事実を美咲に打ち明ける。

<スポンサーリンク>

シグナルネタバレ7話の登場人物

シグナルネタバレ7話


連続強盗事件の犯人として逮捕された工藤雅之(平田満)が20年の刑に服して出所した直後に、工藤の計画により美咲(吉瀬美智子)は殺されてしまいました。三枝健人は本当の犯人を探し出すために、大山刑事に無線機を使って工藤雅之が誤認逮捕になったの理由を教えます。

1998年の大山刑事は白石智弘(白石準也)が所有していた青い車に目をつけ、その車を発見しました。すると、青い車の中にあるバックから連続強盗事件で盗まれた宝石やお金が出てきたのです。これでようやく逮捕されるかと思っていたのですが、白石智弘の父親が権力者である事から告訴が取り下げられ逮捕される事はありませんでした。
そしてこの時、押収品の中から大山刑事は重要な情報が入っているフロッピーディスクを見つけてしまいます。この中には、衆議院議員の野沢義男(西岡徳馬)の賄賂の証拠が入っていたのです。大山刑事はこの重要なフロッピーディスクを自分の机に入れカギを掛けてしまいました。

一方、白石が連続強盗事件の真犯人とした事で、2018年にいる三枝健人の周辺は一気にかわります。なんと!死んだはずの美咲(吉瀬美智子)が生きていたのです。
あたり前のように
「なに?」
「私の机でなにしてんの?」
と現れる美咲に、三枝健人は驚きと喜びます。
「快気祝いしましょう」
死んだはずの美咲は、風邪のため長期休暇となっていました。

1998年では、大山刑事が見つけたフロッピーディスクを野沢義男が取り返すため、野沢の息がかかった中本(渡部篤郎)を使いもみ消そうとします。大山刑事がカギを掛けてしまっておいたフロッピーディスクは、中本によって処分され何もなかったかのようにされてしまったのです。
せっかく犯人を捕まえられたのに、権力によって逃れられてしまうやるせなさに、大山刑事は屈することなく真相を暴こうと心に誓います。

2018年で無線機を使って大山刑事と三枝健人が話している声を、物陰から岩田(甲本雅裕)が聞いて激しく動揺します。岩田は大山刑事が失踪の訳を知っていたのです。
その直後に、岩田の最愛の娘が死んでしまいました。岩田が中本の言いなりになっていたのは娘の医療費を工面するためでした。その必要がなくなった岩田は、全ての真相を三枝健人に打ち明けようと病院で待ち合わせますが、すでに岩田は誰かに腹部を刺され瀕死の状態となっていました。
「いったい誰が?」
【これからのポイントは?】
・ 1999年に起きた集団暴行事件
・ 主犯は健人の兄の亮太だった
・ 中本と集団暴行事件の関係は?
・ 岩田が全てを知っている
・ 大山巡査部長の賄賂事件の裏には?
・ 集団暴行事件の女子生徒の自殺
これからも盛りだくさんのシグナル、いったいどうなっていくのでしょうか?

シグナルネタバレ7話の感想


過去と未来が複雑にからみついて、思いもよらなかった展開に引き込まれていきます。これからシグナルがどんなストーリー展開になっていくのか、じっくりと見ていきたいですね。それに、シグナルは一瞬でもテレビから目を離してしまったら、わからなくなってしまいそうです。
今回のシグナルでは美咲さんが生き返った事に驚きました。あの美咲さんが死んでしまうなんてと、がっくりしていましたが、さりげなく生き返ったのには、ちょっとだけ笑えました。私の好きな場面は、この時の三枝健人が美咲さんの肩にさりげなくふれる瞬間です。あれって「幽霊じゃないよな」てきな事を思いながら触ったのでしょうね。
わりと面白かったです。
シグナルのドラマは緊張の連続なので、こんな和やかな場面を増やしてくれるといいなっと私的には思っています。
今回のドラマで不思議に思ったのが脚本家が変わっていることなんですよね。
大御所の「尾崎将也」から「大久保ともみ」となっていました。
どうしてでしょうね?????

シグナルの7話の見逃し配信の情報

シグナルの7話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。
[catlist categorypage=”yes” numberposts=1 search=”見逃し配信” thumbnail=yes thumbnail_size=90

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング