三枝健人(坂口健太郎)が真相を知る寸前で、岩田係長は誰かに刺されてしまった!
果たして、岩田係長を殺したのは?指示したのは?
女子高生集団暴行事件の主犯となって逮捕された三枝健人の兄と、大山刑事の接点が段々と明らかになっていきそうです!

このページはシグナルネタバレの8話です。#最終章!18年の時を超えて今明かされる失踪の謎#の内容のネタバレ8話です。ドラマ「シグナル」のあらすじには8話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

シグナル長期未解決事件捜査班はどんなドラマ?


坂口健太郎 テレビドラマ初主演!
過去の謎を追う骨太な刑事役で新境地に挑戦!
主演の坂口が演じる主人公の三枝健人(さえぐさ・けんと)は、独学でプロファイリングを学んだ警察官。
刑事と無線機で交信を続けるうちに、健人は相手が過去を生きている人物であることを知る。二人は互いに協力し合い、未解決事件を解き明かしていく――。
原作は、リアルな人間描写と緻密な構成が感動と興奮をもたらし、韓国で数々の賞を受けたヒューマンサスペンスの傑作『シグナル』。

存在感に満ちたキャストたち!
三枝と時空を超えて無線機で交信する刑事・大山剛志(おおやま・たけし)を演じるのは、北村一輝。
吉瀬美智子が演じる桜井美咲(さくらい・みさき)
渡部篤郎が、警視庁の刑事部長として絶大な権力をふるう中本慎之助(なかもと・しんのすけ)

シグナルネタバレ8話のあらすじ


健人は1999年の大山に、これから武蔵野市で起きる集団暴行事件の真相を教えてほしいと頼む。それは、健人の兄・亮太(神尾楓珠)が主犯として逮捕された事件だった。
健人の動きを察知した岩田は、事件の真相を調べるのは危険だと忠告する。しかし「命と引き換えにしても真実を明らかにしたい」という健人の強い覚悟を知ると、やがて“すべてを教えてやる”と健人を呼び出す。岩田が何かを知っているとにらんだ健人は急いで待ち合わせ場所へ向かうが、そこにいたのは何者かに襲われ、腹部から血を流した岩田だった。

1999年、東条高校では複数の男に乱暴された女子生徒・井口奈々(山田愛奈)が、周囲の好奇の目に耐えられず屋上から飛び降りる事件が発生する。健人の言葉を思い出し、自ら捜査員に名乗りを上げた大山は、早速、暴行事件の犯行現場と思われる廃屋へ。そこで、近所に住む被害者の同級生・斉藤裕也(瀬戸利樹)と出会う。話によると、裕也は優等生で事件には無関係だというが、大山はどこかその様子が気になる。そして後日、あらためて裕也に話を聞くが…。

その頃、岩田の襲撃現場に居合わせた健人は容疑者として捜査対象に。取調べに対し、頑なに口を閉ざす健人だったが、見かねた美咲(吉瀬美智子)が「あなたを助けたい」と声をかけると、健人は「大山巡査部長の収賄事件には裏がある」と話し始め、瀕死の岩田が告げた驚愕の事実を美咲に打ち明ける。
岩田(甲本雅裕)が死の直前に残した言葉がきっかけで、白骨化した大山(北村一輝)の遺体を発見した健人(坂口健太郎)と美咲(吉瀬美智子)。抱いていたわずかな希望を打ち砕かれ、悲しみに暮れる美咲のそばで、健人は遺品から一枚の名刺を見つける。それは、兄・亮太(神尾楓珠)の逮捕後、幼い健人が通った焼き鳥店のものだった。

<スポンサーリンク>

シグナルネタバレ8話の登場人物

シグナルネタバレ8話


岩田係長からの電話で「すべてを知っている」と打ち明けられた三枝健人(坂口健太郎)は、夜になると待ち合わせ場所に向かったが、岩田係長は腹部を刺されて瀕死の状態だった。最後の力を振り絞って彼の口から出た言葉は
「大山刑事は俺が殺した…」「後悔している…」
という思いもかけない言葉だった。
驚く三枝健人だったが、岩田はその後、息を引き取ってしまう。
岩田係長の殺害現場にいた三枝健人は、第一発見者であると同時に岩田係長を殺した容疑者となってしまったのだ。
警察の中では、厳しい取り調べを受けて犯人扱いをされるが、美咲をはじめとする未解決班のメンバーは三枝健人の無実を明らかにするために、必死に動いていた。

一方、1999年の大山刑事は、無線機で三枝健人に言われたように「武蔵野市の女子高校生集団暴行事件」の真相を探ろうとする。
【武蔵野市の女子高生集団暴行事件とは?】
1999年に東条高校に通う女子生徒・井口奈々(山田愛奈)が10人もの男に乱暴された事件。
その後、被害者の井口奈々は事件の事を苦にして屋上から飛び降りる。
死んだと思われた、井口奈々は一命を取りとめていた。
事件の真相を井口奈々は知っていると思われる。

近所に住む同級生の斉藤裕也が怪しいと思っていたのだが、主犯格として捕まったのは加藤亮太だった。
大山刑事は、加藤亮太に接することで、加藤亮太が三枝健人の兄だということを確信した。
「兄が関わっていた事件なんです」
無線機からの三枝健人の言葉を思いだす。

三枝健人の兄は、少年院から出てきてからすぐに自殺してしまう。三枝は優しくて弟思いの兄が、そんな事件を起こした事をどうしても信じられなかった。
三枝健人が高校生の時に、女子高生集団暴行事件で加藤亮太が主犯だと証言した同級生に会い、どうして嘘をついたのかと問いつめると
「金もコネもない奴だから…」
その言葉に、兄が犯人ではないと三枝健人は確信していたのだ。

心を打ち明けない三枝健人に、美咲は「あなたを助けたい」と意思をしめすと、
三枝健人は、岩田係長が死に間際に告げた「大山刑事を殺したのは俺だ」という言葉を打ち明ける。驚きを隠せない美咲。
2人は、岩田係長の殺される前に立ち寄ったとみられる、別荘に行き調べてみるがなにもみつからない。
「確認してきた。裏庭に…」
そう、岩田係長が残した言葉を思い出して、裏庭を掘ってみると…。
なんと、そこからは白骨化したしたいと大山刑事の警察手帳が出てきたのだった!

果たして本当の黒幕はいったい誰なのか?
大山刑事が、暴行事件の犯人として疑っていた斉藤裕也は、有力者の息子だった。
地元でも力のある家庭。
暴行犯の共犯だった生徒達は、会社に関係している。
その会社にからんでくる大物政治家。はたして、事件の真相はどこに?

シグナルネタバレ8話の感想


だんだんと三枝健人の兄が関わる事件の真相が明らかになってきました。
三枝健人の兄は、とても優しくて女子高生集団暴行の主犯格になっていたなんで信じられませんね。
三枝健人は、この兄の真相を明らかにしたいと思って刑事を目指していた事がわかりました。
このシグナルで、もうひとつの見どころとして注目したいのが、過去に戻った時に人物の何を変えているかです。美咲さんは、前髪がパッツンのロングヘアでしたし、岩田係長は黒々とした髪の毛。中本警部補も白髪から黒髪に変化しています。
若手の三枝健人は子役を使っていましたが、今回は高校生風の三枝健人が登場しました!
高校生の彼は、基本は今と変わらなかったですが、白いYシャツの学生服と子供っぽい髪型で、若かりし頃をアピールしています。
ぜひ!ご覧になってくださいね。
その後、血だらけになってしまう迫真の演技もなかなかです!

今後は、事件の大詰めにシグナルは進んでいくようです。岩田係長を殺した犯人は誰なのか?また、三枝健人も兄と同じ目に合ってしまうのでしょうか?
次回のシグナルから目が離せませんよ!

シグナルの8話の見逃し配信の情報

シグナルの8話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング