三枝健人(坂口健太郎)からの無線機で、大山刑事(北村一輝)が知った被害者の名前は、大山刑事と顔馴染みの北野みどりだったのです!
1997年にいる大山刑事は必死に事件を止めようしますが、
果たして、大山刑事によって、起こるはずの殺人事件は止められたのでしょうか?
そして2018年では、また同じ手口で新たな殺人が始まってしまいます!犯人はいったい誰なの?

このページはシグナルネタバレの4話です。死のバス 連続殺人の衝撃の結末!時を超えた奇跡とは波乱のネタバレ4話です。ドラマ「シグナル」のあらすじには4話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

シグナル長期未解決事件捜査班はどんなドラマ?

坂口健太郎 テレビドラマ初主演!
過去の謎を追う骨太な刑事役で新境地に挑戦!

無線機を通じて未解決事件を追う…!
現在と過去、二人の刑事の思いが奇跡を起こす!
韓国で数々の賞を受けたヒューマンサスペンスの傑作『シグナル』

主演の坂口が演じる主人公の三枝健人(さえぐさ・けんと)は、独学でプロファイリングを学んだ警察官。
無線機で交信する刑事・大山剛志(おおやま・たけし)を演じるのは、北村一輝
吉瀬美智子が演じる桜井美咲(さくらい・みさき)
渡部篤郎が、警視庁の刑事部長として絶大な権力をふるう中本慎之助(なかもと・しんのすけ)

シグナルネタバレ4話のあらすじ

帰宅途中の女性ばかりが被害にあった1997年の連続殺人事件の再捜査を始めた長期未解決事件捜査班。

プロファイラーの三枝健人(坂口健太郎)は、8年前に偶然手にした“過去とつながる無線機”が、今度は1997年とつながっていることに気づき、無線の先の刑事・大山剛志(北村一輝)に未来の情報を伝え、殺人を未然に防ごうと考える。
一方で、被害者たちが同じ路線のバスを利用していたことが分かり、車内に犯人がいたのではないかとにらむ健人。そこで当時、被害者たちが乗っていたバスを運転していた田中修一(モロ師岡)を探すが、唯一田中の手がかりを知っていた元同僚の八代英子(真瀬樹里)が何者かに殺されてしまう。
1997年、無線で健人の話を聞いた大山は、次の被害者が顔なじみの北野みどり(佐久間由衣)だと知り、激しく動揺する。「事態を変えられるのはあなただけだ」――健人のその言葉に、必死でみどりを探し回る大山。2018年の健人もまた、事態が好転するのをじっと待つが…。
長期未解決事件捜査班は、英子が過去の連続殺人について何かを知っていて、口封じのために殺されたと推測。防犯カメラの映像と指紋から、英子殺しの犯人が田中だと突き止め、刑事の桜井美咲(吉瀬美智子)が身柄確保に向かう。

その頃、再びバス会社を訪れた健人は、過去の事件の犯人像と一致しないことに疑問を抱きつつ、事件当時の田中の運行記録を調べていた。すると犯行時刻に勤務中だった田中にはアリバイがあるものの、もう一つの重要な事実があった。ついに事件の全容をつかんだ健人だったが、同時にそれは、美咲の身に危険が迫っていることを意味していて…。

<スポンサーリンク>

シグナルネタバレ4話の登場人物

シグナルネタバレ4話

1997年にいる大山刑事に無線機で事件の内容を知らせた三枝健人(坂口健太郎)は、ホワイトボートに書かれた『被害者』が変わり『未遂』になるのを待っていたが、変わることはなかった。
大山刑事は三枝健人の言われた通りに、顔馴染みの北野みどりを探し助け出そうとしたのだが、間に合わず北野みどりは殺されていた。

一方2018年では、同じ縛り方の手口によって殺人事件が起きていた。
当然、1997年のまだ捕まっていない連続殺人犯だと思われたが、以前の事件と違う箇所が出てきたのだ。
1997年:殺される前に縛る
2018年:殺された後に縛る
過去の事件の縛り方は公表されていない⇒過去の事件とかかわりがあるのでは?

このことから、もしかして同一犯人ではないのかも?との疑いがもたれた。
そして、長期未解決捜査班は事件現場に残されていた指紋と車のカメラに犯人が写っていないかと調べ始める。
【犯人像】
・ 再捜査始まって殺害
・ 目的は口封じ
・ 犯人は顔見知り
・ 殺された女性とは元同僚
事件現場に写っていた田中修一(モロ師岡)と指紋で逮捕しようとしたが、田中修一は自ら、自首をしてきた。
田中修一が元同僚の女性を殺した理由は、再捜査が始まったことで、犯人が息子であることがわかってしまうと恐れ女性を殺してしまったのだ。
三枝健人は、バスの運転手をしていた田中修一(モロ師岡)を調べるために交流のあった友人を訪ねた。
友人に田中の事を聞くと、田中には一人息子がいてとても可愛がっていたのだが、田中の息子は社会になじめない生活を続けていた。当時の息子の年齢は連続殺人犯とされる20代前半と一致する。
そして、田中修一の息子は父の運転するバスによく乗っている事がわかった。あの時、大山刑事が取り逃がした田中の息子は、父が運転しているバスに乗っていたのだ!
田中修一は、殺人者である息子を隠ぺいしたことになる。

何人もの女性を殺害しても、なお息子をかばおうとする田中に三枝健人(坂口涼太郎)は、殺された一人一人の女性にも、輝かしい未来と愛していた家族があることを悟すと、田中修一は泣き崩れた。

1997年の大山刑事は、北野みどりを殺した犯人が田中修一の息子であることを突き止めても、証拠がないために逮捕ができなかったのだが、犯人を捕まえて殺そうと追いかけていた。しかし、追い詰められた犯人は高い所から落下し両足が不自由な身となってしまう。

無線機を通じて三枝健人は大山刑事に犯人が逮捕できたことを伝えた。
「今回、逮捕できたのは大山刑事のおかげです」
元同僚が犯人の証拠として持っていたのは、くしくも大山刑事が北野みどりに贈った『髪飾り』だったのだ。

シグナルネタバレ4話の感想


バスの運転手である田中修一が事件に関わっていると思いましたが、息子の殺人を隠ぺいするために、再び新たな殺人を犯してしまったのですね。
子どもを思う親心と言うと、美談として伝えられる事が多いですが、シグナルでは子どもが犯した殺人は、決してかばってはいけないものだと思い知らされますね。
坂口健太郎の迫真の演技もさえていて、田中修一を演じるモロ師岡に殺された女性にも、未来があり、愛した人がいたんだと涙ながらに説得するシーンは迫力がありました。
モロ師岡は、ベテランの俳優さんですがコメディ的な要素がある方なので、この犯人の親の役はちょっと意外でした。悲壮感が漂い過ぎているので、正直向いてない気もしますね。
そして、今後のシグナルはどんな展開になっていくのか?なかなか想像できません。大石刑事と三枝健太が、無線機を通じて話したことが未来にとっていいことになるのか?悪いこととなるのか?来週のシグナルが楽しみです!

シグナルの4話の見逃し配信の情報

シグナルの4話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング