このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

櫻子さんの足下には死体が埋まっている8話のネタバレ

またまた泣きました・・・。

胸がほんのり温かくなって、

何故か、大切な人に会いたくなるストーリーです。

前回のあらすじ

山路の部下・近藤は、街で高校時代の友人・藤岡に会いますが、藤岡は「呪いのためもうすぐ死ぬ」という怪しいことを言い、近藤を心配します。

藤岡の不安を取り除くため、正太郎に頼んで、櫻子さんを連れてきてもらい、藤岡の家に行きます。

藤岡の家は代々早死で、最近元気だった叔父も急死しから藤岡も具合が悪くなり、その頃から、叔父から引き取った九官鳥が「呪いだ」と言うようになり・・・。

藤岡のことを調べた資料の中に、藤岡の仕事部屋に掛けてある絵のコピーを見た櫻子さんは、近藤と正太郎を連れて藤岡の家に行きます。

藤岡の酷い咳は、絵の絵の具に含まれているヒ素と、絵の裏に生えた株がもとで有機化合物が発生したことでなった、と櫻子さんは推理します。

早死は、遺伝的な脈の異常、不整脈が受け継がれることもあり、叔父は、強いストレスを受けたことで、大量のコルチゾールが分泌、それで心疾患が高まった可能性がある、と推理します。

藤岡は櫻子さんの推理のお陰で、

体調不良と這う味にの理由が解明され、生きる気力を取り戻しました。

しかし藤岡は、その数時間後に自殺未遂を・・・。

それは、マネージャー新谷が、睡眠薬を使って藤岡を殺そうと偽装工作を企てたのでした。

新谷は会社のお金を使って投資をし、年詐欺にあい、莫大な借金を抱えていました。

運良く藤岡が「呪いで死ぬ」と言い始めたので、藤岡が死んだ後、印税と遺産が新谷が手に入れられるように企て・・・・。

しかし、藤岡は睡眠薬では死なず、新谷は近藤に捕まりました。

叔父さんはアトラス

設楽N「臼淵日和さんの事件について警察は、決定的証拠はなかったものの周囲の聞き込みや、現場の状況から自殺だと判断したようだ。だが遺体から蝶形骨が抜き取られていた点は、未だもって不可解で山路くんも本当に日和さんの死が自殺だったのか、一人その謎を置いっていた。しかし、謎は謎のまま昨年の平成9年10月14日山路くんは帰らぬ人となった。陽介くんの死は本当に事故なのだろうか。取り返しのつかない過ちを、私は犯しているのかもしれない」

櫻子さんが大学生の時、叔父の設楽教授の家を訪ね、櫻子さんは設楽が書いていたノート(平成9年5月の)に、「私も一緒に考える」と櫻子さんが手を触れようとすると「遊びではない」と設楽に叱られます。しかし櫻子さんは「遊びのつもりじゃない!」とムキになり・・・。

櫻子さんは設楽に「卒業したら法医学者になる」と櫻子さんは宣言します。「叔父さんは私にとってアトラスみたいなもの。いちばん大事な骨」と言う櫻子に、設楽は「アトラスだけでは生きていけない。身体を支えるのには、骨がもっと必要だ。生きていくということは、自分が誰かを支える骨になる、と同時に、自分を支えてくれる骨を探す旅だと、私は思っている。広く世界を観るんだ。これからお前を支える骨がもっと増えていくように、そしてお前も倒れそうな誰かを支える骨になるように、祈ってる」と言ったのでした。

またまた山で白骨死体発見!

現在に戻り、櫻子さん(観月ありさ)は病院に設楽を訪ねます。設楽はイヤホンでハードロックを聞いていました。

櫻子は、20年前のノートを見せ、日和の事件を訪ねますが、設楽は、事故で頭を打ってからは事件を全く思い出せなくなっていました。設楽は「お前の骨になる人は見つかったのか?」と聞くと、櫻子は少し戸惑います。

場面変わって、櫻子と梅〈鷲尾真知子)がパンケーキを食べながら設楽のことを話していると、櫻子はふと「叔父はあの事件のことを忘れたかったのだろうか」と考えます。

そこに愛理(新川優愛)と正太郎(藤ヶ谷太輔)が訪ねてきて「骨を拾いに連れてってください」と頼まれます。

山に骨を拾いに行った正太郎・愛理・櫻子ですが、愛理と正太郎でどちらが一番弟子になるか競っていました。そこで櫻子は愛理を「愛理」と呼び、正太郎を「少年」と呼ぶことに、正太郎は寂しさを感じます。

そして、山から「骨~!骸骨!」と悲鳴を上げて下りてくる人の声を聞いた櫻子は、嬉々として上に向います。腰が引けてる正太郎と愛理が櫻子の後を追っていくと、崖下に人骨が・・・。

山路(高嶋政宏)と近藤(細田善彦)は、鑑識員から水谷留美を殺害したとされる男は、超骸骨を切り取る技量がないことこら、犯人は他にいると疑っています。しかも臼淵日和と水谷留美の事件の間は13年開いているので、被害者はもっと出ているのではないかと・・・。

正太郎と愛理は、自然の森博物館で問題を出し合いながら骨の勉強をしています。まわりの磯崎(上川隆也)谷上(近藤公園)杉森(渡辺憲吉)も、櫻子さんの影響を感じていて、やはり櫻子さんはすごい人なんだと正太郎は実感します。

忘れることが一番の解決策

そんな正太郎に、中学時代の同級生の鴻上が訪ねて来ます。正太郎たちが山で見つけた白骨死体は、鴻上の祖母でした。

享年の10月から行方がわからなくなった鴻上の祖母は、夜に家を出たことや、一人で山を登っている姿を見た人がいて、祖母は自殺とされました。4年前に祖父が脳溢血で倒れ認知症を発症し、その介護疲れで自殺したのではないかと思われました。孫である鴻上は、祖母の「大丈夫」に甘えて、祖母の苦しみをわかってあげられなかった・・・と悔いていました。

しかし櫻子さんは「後悔などいくらしたところで死んだ人間は帰ってこない。忘れるのが一番の解決策だ」と、鴻上に言い切ります。

そんな櫻子さんに正太郎は「忘れることができないことは、櫻子さんが一番よくわかってるのに・・・」と思い、櫻子に「僕と一緒に楽しい思い出作りませんか?何か力になりたいんです!」と言いますが、「お前の力など必要ない、去れ」と冷たく言われ、正太郎はフラフラと帰っていきます。

山路が櫻子さんのところに訪ねてきて、店の従業員は誰かに毒物を飲まされて死亡したと聞かされます。山路はその何者かが20年前に日和を殺害し、山路の弟を手に掛けたに違いないとにらんでいます。

一方櫻子は、日和の人物像がつかめずにいました。職場の人間は日和は優しく思いやりがあり、正義感が強い人物であると言われていますが、婚約を破棄された婚約者は、婚約を破棄してすぐに医者と付き合った、と言い、みんなの言うことがバラバラだからです。

博物館で正太郎は、櫻子さんに言われたことで落ち込んでいました。磯崎に「僕ってそんなに頼りないですかね?」「僕のこと、名前で言ってくれないんです」と気持ちを打ち明ける正太郎、それに磯崎は「きみが櫻子さんにとって大事な存在になりつつあるからわざと名前を呼ばない、とはとれない?」と返されます。

櫻子さんは、日和の姉・さつきに日和のことを聞きに行きます。さつきは「姉は真っ直ぐで正直な人でした」と言いますが、櫻子さんは「そんな人間が浮気するだろうか、それなら浮気でなく本気だったのではないか?自分から突き進んどいて、婚約破棄されたことで自殺などするだろうか」と聞き返します。そして「今となっては全部姉らしいな、と思います」とさつきは締めくくるのでした。

おばあちゃんの最後

正太郎と櫻子が、鴻上の家に手を合わせに行くと、祖父が描いた、夕陽がきれいな風景絵が飾られていましたが、祖母の似顔絵はありませんでした。

櫻子が帰ろうとすると、鴻上が「やっぱり私には忘れるなんてことできないです。おばあちゃんが最後、どんな思いだったのか知りたいんです。それがどんなに悲しいことだとしても・・・。おばあちゃんが亡くなった場所に連れて行ってもらえませんか」と頼みます。

櫻子・正太郎・鴻上は、祖母が亡くなった崖下に向います。鴻上は遺体が見つかった場所に花をたむけると、櫻子は遺体状況から、即死で苦しまずに逝ったことを説明しました。でも、なぜこの場所で?の疑問に、落ちた崖上まで3人で登って見ました。そこは祖父が描いた風景画と同じ景色でした。

真相(祖母の死について)

祖母は、絵がここの風景だと知っていました。その崖上は、祖父と祖母にとって、この景色は並んで観てた、2人の思い出の場所でした。亡くなった時祖母は軽装でしたが、それはそこに何度もよく来ていた証拠でした。祖母が夜中に家を出た理由は、その景色から朝日を観るつもりでした。人間の脳は、朝日を浴びるとセロトニンの分泌が始まるようにできています。セロトニンは通称幸せホルモンと呼ばれ、体のリズムを調えると共に、ノルアドレナリンやドーパミンを押さえると言われています。つまり、幸せを感じられる、ということです。祖母は介護に疲れ、大変な思いもしていましたが、ここに来たのは自らを鼓舞し、生きる決意をするため・・・。しかし、足元にある花を取ろうと足を滑らせ・・・。不運にもここから落ちて亡くなってしまいましたが、生きる決意をした祖母は最後まで一人ではなかったはず。何もしなくても、愛するものが生きて側にいるだけで支えになるのです。

心を打ち明ける時

その後、正太郎は櫻子の家で、梅から出された生チョコを頬張ります。梅が席を外すと、正太郎は櫻子さんに、

「いつも櫻子さんは僕達を支えてくれてます!だから今度は僕が・・・。何の役に立たないかもしれません。知っててほしいんです、櫻子さんも一人じゃないって。力になりたいって思ってます。博物館の皆もきっとそうです。櫻子さんを支えたいって・・・」

と正面から気持ちを打ち明けます。それに櫻子さんは、

「骨か・・・。かつてオジキに言われたんだ。アトラスだけでは生きていけない。これからお前を支える骨がもっと増えていくように、そしてお前も倒れそうな誰かを支える骨になれるように祈ってるって。あの時はまだ良く理解できなかった。だがオジキにはお見通しだったんだな。いつか私がお前のようなおせっかいな人間に出会うことを。なにかあったらお前にも話そう。そしたら力を貸してくれ」

ドアの外で梅が目頭を押さえるのでした。

誰かが櫻子さんを見ている

山路は、日和のかつての仕事仲間から話を聞きます。仕事熱心な日和でしたが、ある日、日和が処置のミスで担当患者を死なせたのではないかという噂が立ちます。次第に皆が日和を避けるようになり、その矢先に日和が死にました。しかし、本当のところは真実はわからないままでした。

櫻子さんは、日和の婚約者から話を聞きます。日和は浮気に関して否定はしませんでした。しかし本当のことはわからないまま・・・。その櫻子の姿を、何者かが見ていて・・・。

そして櫻子さんは、日和が浮気したとされる医者に会います。「医療過誤の噂が立ち、同じ時期に医者との浮気がもとで婚約者から婚約を破棄された。タイミングが良すぎると思わないか?」と言う櫻子に、医者は『黙っていてくれたらなんでもする』と日和から言われた」と言います。しかしなぜ婚約者にバレたのかわからないと。そしてまた、櫻子を何者かが見ていて・・・。

推理開始!

家に戻った櫻子は、手を合わせて推理開始です!

鴻上の「何もしてあげられなかった」という泣く姿、「姉らしいな」というさつき、「お姉さんを心から慕っていたようだ」という設楽の文、「私を裏切った理由は」と怒る婚約者、「なぜバレたか分からない」という医者。

櫻子が家を出ようとすると、そこにはさつきが立っていました。

さつきは櫻子に「どうして今更姉のことを調べているんですか?」と聞きます。「大切な人を不慮のカタチで亡くした時、人は我を失うものだ。後悔と悲しみに打ちひしがれる。そしてその悲しみは何年経とうが色褪せることはない。今更になどできないんだ。お前には最初から残さた者の苦しみがなかった。遺書もなく死の真相もわからないのにも関わらず、お前は姉らしいと結論付けた」

真相(日和殺害について)

さつきは、日和が自殺したとみんなに思い込ませたのでした。日和が医療過誤で患者を死なせたことを知ったさつきは、それを利用することにしました。医療過誤のことを医者に告げ、それをネタに日和と肉体関係を結ばせました。医療過誤のことが知れたら婚約者に迷惑がかかると思ったからでした。しかしさつきは、日和が医者と関係を持ったことを婚約者に告げ、婚約を破棄させました。そして自殺の状況を作り上げておいて、薬で眠らせて湖畔に連れていき、クビをつったように見せかけたのでした。

刺された正太郎

櫻子さんはさらにさつきに叩き込みます「お前のアトラスは誰だ?私が興味があるのは、お前に自殺偽装の知恵を与え、日和から蝶形骨を盗んだ人間だ。いるんだろ?お前の背後にいるのは誰なんだ?答えろ!」

さつきの形相が変わっていく時に、正太郎が部屋に入ってきてしまいます。櫻子さんが正太郎に振り向いた時に、さつきが刃物をもって櫻子さんに襲いかかり・・・。

正太郎は櫻子さんをかばって刺されてしまいます。倒れた正太郎の傷口を櫻子さんが押さえ、正太郎は、

「話してくれるって言ったじゃないですか・・・約束違反ですよ・・・」

「しっかりしろ!正太郎!」

叫ぶ櫻子さんの前で、正太郎は意識を失っていき・・・。

「櫻子さんの足下・・・」8話の感想

まさかの「正太郎刺される!」事件勃発!クライマックス間近にそうきたか・・・。

櫻子さんのハードロック好きは、設楽の影響だったんですね!

それと、愛理と櫻子と山に入る時、正太郎の腰の引け具合がおかしかったです。それでも愛理をかばおうとしてましたよね(笑)

今日は、正太郎に「力を貸してくれ」と櫻子さんの本音が、櫻子さんの口から聞けました(^^)

「櫻子さんの足下・・・」8話のここが気になる!

・愛理と正太郎が櫻子さんの家から帰る時、正太郎が再び櫻子さんの家に戻ってしまい、一人残された愛理は寂しそうな顔をしますよね。それと、谷上の地質調査の誘いも、何かを吹っ切るように受けました。愛理は正太郎のことを好きだと思ってる?

・一方正太郎ですが、今回2度も櫻子さんに本音を言うシーンがありましたが、そのセリフが愛の告白に聞こえるのは私だけ?とりあえず、「博物館のみんなも」と言っていますが、正太郎の「支えたい」「今度は僕が力になりたい」「一人じゃない」って、あの勢いで言われたら、もう告白でしょう!?気になる~(・・;)

ニューシングル「PICK IT UP」発売!&キスマイボードがハチ公前に!

6月7日にニューシングル「PICK IT UP」」が発売されました!

「PICK IT UP」」では、スタイリッシュで少しオトナのキスマイを・・・

そして特典映像の「KIS-MY-TV」では、ワチャワチャといつまでも変わらないコドモなキスマイを・・・

そんなCOOLとCUTEなキスマイを、一度に楽しむことができそうです。

今回〈初回生産限定盤B〉には、シングルでは久しぶりとなる、マルチアングルMVが収録されています。

メンバーそれぞれのアングルに加えて、全体のダンスフォーメーションが観ることができるアングルも用意していますので、色んな角度からMVを楽しむことができます。

〈通常盤〉〈初回出荷分のみ)シリアル動画特典「キスマイ定点カメラ」でも、メンバーそれぞれが振り付けのポイントをレクチャーしていますので、こちらの要チェックです。

すでに見た方もいらっしゃるかと思いますが、現在ハチ公前付近に、キスマイの巨大ボードが掲出されています。

かなり迫力がある展開になっているのではないかと思いますので、渋谷に行かれる際には、是非ハチ公前のキスマイにも会いに行ってみてはいかがでしょう?(^^)

ちなみに、テレビのお天気コーナーでも映ったりしているようです。

ハチ公前のボードには、ここだけにしか書かれていないキャッチコピーが入ったりしているみたいなので、ぜひぜひチェックのほどを・・・♡(キスマイHPより〉

次回予告

正太郎が刺され、櫻子は救急車を呼び、止血をしますが、正太郎の意識がなくなっていき・・・。

そんな中、磯崎にオーストラリアの博物館から誘いが来ます。

アトリエに閉じこもった櫻子に、梅が設楽宛の書類を持ってきます。

その中から、山路の弟・陽介から設楽に当てたものもあり、30年前の神奈川県で起きた「頭のない白骨死体」の新聞の記事も入っていて・・・。

櫻子さんの足下には死体が埋まってる8話の登場人物

櫻子さんの足下には死体が埋まっている

櫻子さんの足下には死体が埋まっているはどんなドラマ?

九条櫻子という美人で令嬢で何不自由ない暮らしをしていながら度の飯より骨が好きという、普通から比べると異常な女性。日本では数少ない標本士という肩書。

骨格標本を作る仕事をしている。性格は男勝りで、空気を読めない読まない発言が過激なキャラで周りを引かせる。

監察医でもあった祖父から法医学を学んだ事と、常人をこえる頭脳明晰と洞察力をもって骨を見て事件の真相に迫るドラマです。

生きた患者を扱ったドラマは、ナースのお仕事でしたが、今回は亡骸を扱った標本士のお仕事です。

櫻子さんの足下には死体が埋まっている8話のあらすじ


九条櫻子(観月ありさ)は、入院中の叔父・設楽眞理(柴俊夫)を訪ね、20年前に設楽が担当した事件について聞きたいと言う。しかし、事故で仕事に関する記憶を失くしている設楽は、まったく覚えていないと答える。

そんな折、最近、骨の勉強をしている志倉愛理(新川優愛)と館脇正太郎(藤ヶ谷太輔)が櫻子を誘い、3人で山に骨拾いに行くことに。目的は小動物の骨だったが、あろうことか人間の白骨死体を発見する。骨を観察した櫻子は、それが高齢の女性のものだと指摘した。

同じ頃、「蝶形骨」の事件から外された山路輝彦(髙嶋政宏)と近藤卓也(細田善彦)は、鑑識の新井隆太(田中聡元)を抱き込み情報を入手し、独自に捜査を続ける。

別の日、博物館に正太郎の中学の同級生・鴻上百合子(小林涼子)がやってくる。驚く正太郎に百合子は、正太郎が祖母を見つけてくれた、と言う。先日、櫻子と愛理と発見した白骨化した女性が、百合子の祖母だったのだ。

その後、櫻子の邸宅にやってきた百合子は、祖母が投身自殺を図っていたと、警察から言われたことを明かす。祖母は、認知症の祖父をひとりで介護していたが、弱音を吐かなかったため、百合子ら家族は祖母に任せっきりにしていた。自分のせいだ、と落ち込む百合子に、櫻子は後悔など無意味で、忘れるのが一番の解決策だと言い放つ。その言葉を聞いた正太郎は、そこに櫻子自身の願いが込められると思い、櫻子の力になりたい、と思いを告げる。

キャスト一覧

九条櫻子(標本士)・・・観月ありさ

博物館のスタッフ
館脇正太郎・・・藤ヶ谷太輔、
志倉愛理・・・新川優愛

山路輝彦(刑事)・・・髙嶋政宏、
近藤卓也(山路の部下)・・・細田善彦

自然の森博物館スタッフ
谷上和裕(地質学者)・・・近藤公園
杉森重男(館長)・・・渡辺憲吉

沢梅(お手伝いさん)・・・鷲尾真知子、
磯崎齋・・・上川隆也

新井隆太・・・田中聡元

櫻子さんの足下には死体が埋まってる8話の感想

放送後に感想を書きますね!

櫻子さんの足下には死体が埋まっている8話の予想や考察

ドラマ放送後に予想と考察を書いていきます!

過去のあらすじ・ネタバレもありますのでどうぞ!

↓↓↓

 

この記事を書いた人

kakitsubata

ドラマ好きなkakitsubataと申します。ドラマのネタバレあらすじを書いています。
がんばっている俳優さんを応援するのが好きです。撮影現場のオモシロ話しや、いろいろな角度から、ドラマを盛り上げる記事も載せたりしています。大好きなドラマのお仕事ができて、毎日が楽しいです♪

櫻子さんの足下には死体が埋まってる
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング