このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

小さな巨人9話はどんなドラマ?

主人公は、実力で“未来の捜査一課長間違いなし”と呼ばれるまでの活躍をする捜査一課の刑事・香坂真一郎。

香坂は、捜査一課長を目指していたが万年所轄刑事だった父・敦史のため、妻・美沙のため、そして自分のために捜査一課長を目指して邁進してきた。

だがある日、取り調べの際にひとつのミスを犯してしまい、これまで評価してくれていたはずの捜査一課長・小野田の証言により、所轄へと左遷させられてしまう。

出世街道から外されてやってきた所轄には、小さな事件でも不器用ながら己の正義を信じ事件に挑む同僚たちがいた――。

その姿を目にした時、香坂は刑事としての使命・本当の正義に悩みつつも、自分の“正義”を信じ、“悪”と対峙していくことになる。

小さな巨人9話のネタバレ

ク~!

あと一歩というところでいつも小野田がうわてで・・・。

負けるな!香坂~!正義をつらぬけ~!

前回のあらすじ

富永が釈放されたのは、富永側から、殺害現場から逃走する横沢の姿が映った映像を提出されたからでした。

また新たに、江口殺害容疑で、横沢が指名手配されます。

横沢は、妻・亜美の誕生日に接触してくる可能性がある、とにらんだ香坂は、亜美の信頼が厚い三島を亜美の見張りに付け、横沢からの連絡を待ちます。

横沢から亜美に連絡は来るものの、1度目の待ち合わせには姿を表さず、2度めの待ち合わせには、場所を幾度も変更し、なかなか捕まえることができません。

実は、亜美は自分の携帯は警察に繋がっているので、三島の携帯を使って横沢に連絡し、横沢を警察の手から逃していました。

それに気がついた三島は亜美を問いただしますが「自首をすすめたいの、だから協力して!」と逆に懇願されてしまいます。

三島の機転により、警察の目を逃れ亜美は横沢は会うことができますが、亜美は横沢に、自首をすすめるのではなく、逃亡のための携帯とお金を渡し・・・。

しかし、亜美の裏をかいた三島と香坂たちは、亜美と横沢を囲むと、横沢は「全てお話します」と香坂達に答え・・・。

ですが、そこに香坂の同期・藤倉が率いる一課が現れ、横沢を連れて行かれてしまいます。

豊洲署に戻った香坂達が、亜美の行動を思案していると、藤倉達一課が横沢を連れて現れ「お前たちが捕まえた容疑者は、お前たちが取り調べる権利がある」と、香坂達に横沢を渡すのでした。

しかし、取調室にいた横沢と山田は、忽然と姿を消してしまいます。

その山田と横沢は、高架下に姿を表し、横沢は「江口さんとの絆、持ってきました」と言って、山田に鍵を手渡し・・・。

殺害現場で何が起きたのか

山田(岡田将生)が横沢(井上芳雄)を連れて行方がわからなくなったことを知った富永(梅沢富美男)は、小野田(香川照之)に連絡し「マスコミをおさえろ!情報は絶対もらすな!」と命令します。

横沢に関しての失態で、小野田は怒り狂い、原因になった藤倉を切り、渡部(安田顕)に所轄と香坂を見張るように命令します。

一課は、山田に関しての所轄の捜査資料を全て持っていき、香坂は、事件と関わらないように、自宅謹慎を言い渡されてしまいます。

香坂が家に帰ると、そこには山田と横沢の姿がありました。

山田の裏切りと驚きがないまぜになって、山田を怒鳴りつける香坂ですが、山田が「話を聞いてください」という言葉に、とりあえず気持ちを落ち着かせ・・・。

事件のあった夜、横沢は江口(ユースケ・サンタマリア)と会う約束をしていました。横沢が待ち合わせ場所の早明学園の屋上に行ってみると、すでに江口は死んでいました。江口に近づいた時に何かを蹴りましたが、足音がしたので、横沢が物陰に隠れると、姿を表したのは富沢でした。富沢は髪の毛を江口の側におき、誰かに電話をかけました。

「横沢の毛髪を仕込んでおいた。あとは横沢に全て被ってもらえばいい」

その富沢の言葉を聞き、その場を逃げ出した横沢ですが、富永は警察OBであることから、警察を頼ることができず、以前江口から聞いていた山田の携帯に連絡したのでした。

所轄で横沢を取り調べても、横沢の身柄と、裏帳簿を隠している倉庫の鍵まで、結局は小野田から富永の手に渡る・・・、と危惧した山田は、横沢を連れて逃げ、絶対捕まらないであろう香坂の家に来たのでした。

山田が香坂に出してきた裏帳簿1ページ目のコピーには、内閣官房副長官である山田の父・山田勲(高橋英樹〉の名前が定期的に載っていて、勲が早明学園から賄賂を貰っていた証拠になります。しかし、その1ページは横沢が見つけた時から、下半分が切り取られていました。

真相の全ては、勲の名前が載っている17年前から始まり、この1ページから切り取られた切れ端に何かがあるということ・・・、それを調べるために、富永と小野田について知っている人物、つまり香坂の父から話を聞く必要があると山田と香坂は考え、香坂の父・敦史(木場勝己〉に会いに行くことにします。

山田さんとの絆

養護施設にいる敦史は、警察を辞めてから痴呆の症状は、香坂を息子だとわからなくなるほど酷くなっていました。

山田が、小野田・富永・勲の写真を敦史に見せますが、反応はなく・・・、しかし刑事の感は健在で、香坂を張ってきた一課の刑事がやってくるのに気づきました。

敦史は、敦史の部屋の中に入ってきた渡部達を「捜査令状はあるのか?」と、聞き追い払い、ベランダにいた山田を助けます。

そして敦史は、破れた帳簿を見て「山田さんとの絆」と、謎の言葉を言うのでした。

山田の過去

一つのミスで所轄に飛ばされた敦史が上司である富永に守られなかったように、香坂もまた上司である小野田に裏切られました。そんな話を聞いた山田は、自分も香坂と同じ何だと・・・。

父・勲は、山田の存在などないもののように扱っていました。それでも山田は、キャリアである父を誇りに思い、父のようになろうと思っていました。しかし山田は、勲を支え、勲ために手を汚してきてくれた運転担当の松山が、不審な死に方をした時、勲が「捜査を打ち切れ、自殺で処理をしろ。死んだ人間はどうでもいい、生きている組織のほうが大事だ。全て隠蔽しなさい」と部下に指示を出しているのを聞いて、父へ誇りは幻想だったことを思い知ります。松山は、山田を認めてくれた唯一の人でした。正義を守る人がまるで逆のことをしていた・・・山田の父への誇りは消えて、怒りだけが残ったのでした。

松山が死んだのも17年前、勲の富永との癒着が始まったのも17年前、これは偶然ではない、今ならそれが暴ける・・・と山田はにらんでいます。

父の裏切り

山田は勲に会いに行きます。

山田は勲に裏帳簿のコピーを見せ、17年前3億もの金が学園から勲に振り込まれていること、そして同じく17年前、学園が国有地を買収した時期と重なることから、勲が、学園から金をもらう見返りとして国に認可が下りるように便宜を払った、ということを勲に突きつけます。そして、17年前に松山さんが亡くなったことと、1ページの一部が切り取られていることが何か関係しているのかと聞きます。そして、勲が何も答えないのなら、帳簿を公表すると・・・。

しかし勲は山田に「こんなことするために警察に入ったのか?やりたければかってにやれ」と。

そして、隣の部屋には、山田が来ることを予想して小野田が控えていました。小野田は山田に「受け取った金は、ただの政治献金だ。実際の便宜を払ったという事実がない限り、罪にはならない」と言います。

勲は小野田に、山田を「この男を連行してくれ、不法侵入だ」と冷たく言うのでした。

取引をしよう

香坂は、監察官・柳沢(手塚とおる)に呼び出され、注意を受けます。その時に「小野田は昔、内部告発をして、上司に不祥事の罪をかぶせ所轄に追いやった。小野田も所轄に左遷されたが、様々な手を使って捜査一課に舞い戻り、捜査一課長にのし上がったんだ。彼は恐ろしい怪物なんだ」と聞きます。そして、小野田が内部告発をした上司というのが敦史だったということも知ります。

小野田を絶対に許さない・・・と怒りに燃える香坂のところに、「一課に奪われる前にコピーしておきました」と江口殺資料を持った、豊洲署刑事の仲間が・・・。「組織にはむかうことになるぞ、それでも協力してくれるか?」という香坂の問に、ついていかない部下はいませんでした。

香坂に「協力してほしい」と言われてためらう渡部でしたが「部下は絶対見捨てない」という言葉を信じ、渡部も香坂に協力することを約束します。

その頃小野田は、山田を一課長室に呼び「取引をしよう」と持ちかけます。17年前の勲がしたことを教える代わりに、横沢の居場所と裏帳簿のありかを教えろと・・・。

突破口が見つかるか?

部下ともう一度事件を洗い直す香坂・・・。事件の日にアリバイがないのは、富永と金崎理事長・・・。資料の中で、金崎の旧姓が山田であることを知ります。金崎の証言では、金崎は事件の時、部屋で仕事をしていて事件に何も気が付かなかった、と言っていました。

富永が保護者説明会の打ち合わせで学園を留守にすることを聞いた香坂達は、金崎のところを訪ねます。

香坂は金崎に「事件の時、何も聞こえなかったのですか?」と聞くと「何も聞こえませんでした、私、耳がいいんです」と金崎が言ってる側から、ガーン!と部屋の天井からすごい音が聞こえ・・・。「何の音?」と驚く金崎に、香坂が「今のは鉄骨の落ちた音でです」と・・・。

香坂は、三島達に事件の時のように屋上で鉄骨を落とし、金崎がいる前で、本当に理事長室に音がしないか再現したのでした。鉄骨の落ちる音に驚いた金崎は、自分で自分の証言を間違いと言ったようなものでした。

「事件の夜、あなたと富永専務はどこにいて、何をしていたんですか?」と香坂が問いただし「あなたたちはこの事件に関係している、更に言えば、あなた達が江口警部を殺害したと言っていい!」と言ったところで、部屋に富永が入ってきます。「金崎理事長には署で話を伺います」という香坂に、富永が「取り調べは小野田が許すはずがない!」と抵抗すると、捜査二課が入ってきて、金崎を贈収賄の可能性で連行していきました。

二課課長・松岡(高橋光臣)から「金崎を落とすのには、コピーだけでは証拠能力が足りません。裏帳簿原本が必要です」と言われ「今、信頼する仲間が取りに言っています」と言う香坂に、「先にそちらが調べてください。殺された江口警部は我々の大事な仲間でした。必ず犯人をあげてください」と二課一同が頭を下げたのでした。

しかし、横沢と共に裏帳簿を倉庫に取りに行った渡部には、小野田の差し金で尾行が付いていて、横沢も裏帳簿も一課に奪われてしまったのでした。

本当の裏切り者は

香坂は小野田の部屋に呼ばれました。小野田の部屋の机には、奪われた裏帳簿が並んでいます。そして小野田が、渡部を運転担当にしたのは、香坂の信頼が厚い渡部なら、香坂のためにいつか小野田を裏切ってくれると信じていたからだ、と香坂に言うのでした。

小野田は香坂に「山田はなにも喋らなかったよ。間もなく弁護士が来て金崎理事長は釈放される。その代わり取り調べをするのは横沢と香坂だ。これで3度めの処分が下る。もうお前は終わりだ」と言いますが、香坂は小野田に笑い返し「このまま終わるわけにはいかないんです」と言って、裏帳簿の1ページ目を出します。

「この帳簿の切れている部分、ここに何が書かれてあったんでしょうか?あなたの名前が書かれてあったのではないですか?」と香坂は小野田に問いただします。

「富永専務とあなたは、金崎玲子から賄賂を受取り、癒着関係にあった。その事実が表に出れば、あなたの地位は足元から崩れます。だからこそあなた達は、必死に守らざるをえなかった。さらにもう一つ、許せないことがある。あなたは私の父を裏切った。内部告発を行い、私の父を所轄に追いやり、自分はのうのうと出世を果たした。それが可能だったのも、富永専務と裏で繋がっていたからだ。なにが絆だ!?そんなもの、金で汚れたものにしか過ぎない。警察官として国民の安全を守るべき立場でいるべきなあなたは、本来の任務から目を反らし、己を守ることに執着し、あげくに父を破滅に追いやった、あなたこそが裏切り者だ!私はあなたを捜査一課長とは絶対認めない!」

という香坂に、小野田は、

「お前はこの私を裏切り者呼ばわりするわけか?その破れた切れっ端に載っているのも、本当に私の名前だと思っているのか!?ああ、それなら教えてやろう!」

小野田はそう言って、椅子のうらにある棚を開け、金庫を見せます。

「この中には警察組織が抱える闇の全てがある。歴代捜査一課長が決死の覚悟で守ってきた、重い十字架が吊るされている。お前は今、オレを捜査一課長と認めないと言ったが、だったらお前はその十字架を背負う覚悟があるのか!?」

と叫ぶ小野田に、香坂は「覚悟は、ある!」と断言します。

そして小野田が金庫から出した、帳簿の切れ端に書かれていたのは、香坂の父・敦史の名前でした。

驚愕して言葉を失う香坂に「本当の裏切り者は、お前の父親だったんだよ」と小野田がささやき・・・。

小さな巨人9話の感想

中身が詰まった9話でしたね~!いつものことですが、展開が速くて付いていくのが必死でした。

山田が追い詰められシーンから出てきた、パンドラの箱・・・いや金庫・・・、ついに開きましたね!

そして出てきたのが、とんでもないお化け・・・みたいな事実!

それはホントに事実なのか?仕組まれたことなのか!?

今回の笑いどころは、横沢でしたね(^^)

9話の始めの方、横沢が香坂の家に来て、妻・美沙が「なん臭う・・・お風呂使っていいですよ」と言った後に「私は殺人の容疑者をかくまうつもりはない。しかし、その前に富永専務を調べる必要がある・・・とりあえず、フロに入ってください」と香坂が真面目な顔して言うシーン、笑えました。あ、やっぱ香坂も臭ってたんだ(笑)

それと、山田が父・勲に事件の真相を迫るシーン、松山のことを話す時、声が細く頼りなくなりましたよね。あ~、ここが山田の辛いとこなんだな、と・・・、切なくなりました(泣)

あと、香坂が二課に「コピーだけでは落とすのに足りない」と言われるシーンで、「江口は我々の大事な仲間でした。必ず犯人を上げてください」と二課全員が頭を下げるシーン、胸がジ~ンときましたね。

小さな巨人9話のここが気になる!

・理事長室で、富永と金崎が一緒にいるところで、富永が小野田からの電話に「・・・しかも、横沢を逃したのは、副長官の息子だっていうじゃないか!?どうなってるんだ?」と言うと、金崎がピクッと反応するんですね。金崎と山田の間に何かあるのか?

・金崎・小野田・富永で会食している席で、金崎が「これからもお願いしますね」という言葉に、小野田と富永が少し困った顔をしましたよね・・・、小野田と富永の本心は?

・金崎が二課に連れて行かれて、富永は小野田に電話をし「なんとかしろ!」と怒鳴りますが、電話を切った後の小野田の顔には薄い笑みが・・・。

・ここまで警察内部を暴露して、最後はどういう展開で完結するのでしょう?次回が楽しみです!

ちょこっと撮影現場

捜査一課長室のシーンは、どれも緊張する場面ばかりですね。

ですが、実は撮影中にちょこちょこ笑いがおこる和やかなシーンも・・・。

例えば・・・8話の冒頭、小野田一課長が富永専務の釈放された理由について、香坂達に説明する長いシーンのドライでは・・・。

渡部刑事がパソコンで監視カメラをサッと表示する場面で、スタッフがパソコンの捜査に手間取ってると、「『渡部、遅い!!』ってセリフ入れたほうがいいですか?」と、香川さんがサラッと現場を盛り上げます。

そんな言葉に「入れていいですか?最近(真面目なシーンばかりで)飢えてるんです~」とお願いする安田さん(渡部役〉の姿に、スタッフも大笑い!一気に現場が盛り上がっていきました。

誰が味方なのか敵なのか、ますますわからなくなってきた「小さな巨人」ですが、現場はみんな仲間。チームワークもますます良くなり、クライマックスに向かって突っ走り中!・・・なのだそうです(^^)

次回予告

裏帳簿に載っている父の名前を見て驚愕する香坂ですが、留置場に入れられ、山田は逮捕されてしまいます。

そんな中、香坂の同期・藤倉が、事件の夜に、富永が電話していた相手を調べ・・・。

小さな巨人ネタバレの9話の感想

放送後に感想を書きますね!

小さな巨人9話のあらすじ


香坂(長谷川博己)ら豊洲署員たちは苦労の末に、元捜査二課の刑事・江口(ユースケ・サンタマリア)を殺害したとして、容疑者・横沢裕一(井上芳雄)の身柄を確保。小さな巨人9話

だが、山田(岡田将生)が横沢とともに姿を消してしまった。
香坂は山田と共犯の疑いがあると自宅謹慎を言い渡されてしまう。

一方、山田は父親であり内閣官房副長官の勲(高橋英樹)の家に乗り込むが…。

小さな巨人ネタバレの9話の登場人物

小さな巨人相関図

キャスト一覧

小さな巨人ネタバレの9話の予想や考察

ドラマ放送後に予想と考察を書いていきます!

過去のあらすじ・ネタバレもありますのでどうぞ!

↓↓↓

 

この記事を書いた人

kakitsubata

ドラマ好きなkakitsubataと申します。ドラマのネタバレあらすじを書いています。
がんばっている俳優さんを応援するのが好きです。撮影現場のオモシロ話しや、いろいろな角度から、ドラマを盛り上げる記事も載せたりしています。大好きなドラマのお仕事ができて、毎日が楽しいです♪

小さな巨人9話
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング