<スポンサーリンク>

貴族探偵9話で高岡早紀の妹役の女優は誰?

田中千絵さん

私立堀越高校、玉川大学出身。
1998年『美少女H』(フジテレビ)でドラマデビューする。
1999年から2000年にかけてテレビCMで流れた「東京電話」では、『寺内貫太郎一家』の家族のひとりである娘、静江役として出演。
2006年6月に台湾へ渡り、国立台湾師範大学で中国語を学ぶ。
2008年8月に公開され、台湾歴代映画興行成績のランキングで1位になった台湾映画『海角七号 君想う、国境の南』では范逸臣と共に主演を務めた。
2008年12月3日、台湾Yahoo!による世論調査「2008年台湾マン・オブ・ザ・イヤー」において陳水扁、王永慶に次ぐ3位となった[1]。
2012年、国際社会で顕著な活動を行い世界で『日本』の発信に貢献したとして、内閣府から「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」の一人に選ばれた。
引用元:wiki

というように、一度は日本で芸能界デビューをしていますが

鳴かず飛ばずだったためか、2006年には台湾へ渡って大学で中国語を学んでいます。

そして、わずか2年で台湾でヒットを飛ばした映画『海角七号 君想う、国境の南』でW主演で注目を集め

そして、その歳に台湾の世論調査では女優として3位の人気を誇りました。

それ以降、順調に台湾では人気を継続して

今回、逆輸入的に日本の月9ドラマで高岡早紀の妹役で登場しました。

田中千絵さんの台湾での復活劇がスゴイ!

こちらもwiki情報になりますが、

田中千絵さんは日本で10年活動しましたが

自分に特徴がないことと、実力で仕事がしたいという思い出

単身で台湾に渡り、中国語をマスターします。

活躍の場を台湾にターゲットをおいたわけですね。

田中千絵さんは、台湾で成功するために

・中国語を完璧にマスターすること

・日本人の友人は作らない

をストイックに自分に課したそうです。

そして、台湾に渡ってから1年以上も低迷していましたが

この後、とんでもないチャンスを手にします!

田中千絵さんはブログを書いていたのですが、そのブログの中でそうした近況を書いていたんです。

そして、そのブログがある映画監督の目に止まるります。

その映画監督は後に、台湾で大ヒットを飛ばす映画「海角七号 君想う、国境の南」でした。

監督はこの映画のヒロインに田中千絵さんを抜擢します。

台湾は当時、国内の映画が衰退していてなかなか映画自体のヒットがなく映画市場自体が低迷していました。

そんな状況もあり、海角七号 君想う、国境の南という映画での資金集めも苦労したといいます。

そして2008年に「海角七号 君想う、国境の南」が公開されるやいなや

映画がヒットして、田中千絵さんも台湾で一躍トップスターの仲間入りをしました。

そして、映画自体もヒットを続け、台湾史上最も興行収入を獲得して台湾ではNO1の映画として大ヒットとなりました。

<スポンサーリンク>

ディーンフジオカの女性版?逆輸入俳優の田中千絵さん

現在35歳になる田中千絵さんですが、実はお父さんは有名人です。

といっても、ちょっと昔の世代の人でないと知らないですが

父はメイクアップアーティストのトニー・タナカさんです。

この方は、メイクアップアーティストとしてハリウッドで活躍した日本人の先駆けです。

お父さんも実力者だったんですね。

そして、ディーンフジオカさんのように逆輸入俳優になるのでは?と噂されていますね。

月9の貴族探偵で事件の被害者役として登場しますが

ここから活動の拠点を日本に移すのか?

人気の出なかったデビュー当時を見返すことができるのか?

十分成功されていますが、当時の雪辱を晴らす序章となるのか見守りたいところですね。

 

この記事を書いた人

KingY

テレビ好きによるテレビ好きのためのサイトです。このサイトのオーナー。
ネタバレのライターさんと共にサイトを運営しています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング