このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

貴族探偵はどんなドラマ?

推理しない探偵という、とんでもない設定

主人公は働かずして多くの富を得ている貴族で名前も住まいも年齢も家系も何もかもが不明。

事件の解決するために、使用人が全て解決して自らは推理を一切しません。国家権力ですら太刀打ちできない高貴なお方。

一方、因縁の関係にあった喜多見切子の師弟関係にある女探偵の愛香はなぜかいつも事件で貴族探偵と関わってしまいます。

貴族の使用人といつも推理対決となり勝つことはできるのか?そして、いったい貴族探偵の正体は?喜多見切子との関係は?

<スポンサーリンク>

貴族探偵9話のネタバレ

 

切子の遺体発見現場へ訪れ、花を手向ける愛香。

 

師匠の喜多見切子(井川遥)の遺体が発見された渓谷へ、鼻形警部補(生瀬勝久)と共に訪れた愛香(武井咲)。鼻形の話によると、切子は上流の山道から転落して流されたらしいが、目立った外傷は特に見当たらなかったと当時の警察関係者は証言しているようです。
渓谷を後にした愛香と鼻形は、近くの喫茶店で鼻形の後輩警官を呼び出し、切子の事故に関する当時の資料を持ち出すよう依頼します。渋る後輩警官でしたが、鼻形の強い押しに負けて資料を持ち出してくれることを約束してくれます。そして後輩警官が喫茶店を出ていくと、鼻形は大ファンの元女優・本宮真知子(高岡早紀)の夫である作家の大杉道雄(小市慢太郎)が1人で店内にいることに気が付き、サインを求めに行きますがあっけなく断られてしまい・・・。
 
貴族探偵9話
 

殺人事件発生。あまりにも美しすぎる遺体とは?

 

愛香と鼻形が喫茶店を出て行こうとした矢先、鼻形の携帯に貴族探偵(相葉雅紀)の執事・山本(松重豊)から電話がかかってきます。山本の話によると、共に見た二人は永遠に結ばれるというジンクスがある「あかね古式蝶」という珍しい蝶を貴族探偵が探している途中、愛犬のシュピーゲルが女性の他殺体を発見してしまい、鼻形に一報しようと連絡したとのこと。しかもその女性の遺体はとても美しく装飾されており、頭の上には花冠が載せられていたようです。
さっそく貴族探偵が待つ天幕へ駆け付けた愛香と鼻形。すると、貴族探偵はまたしても愛香にこの殺人事件の謎を解くように挑発してきた為、愛香は憤りながらも調査へ乗り出します。

 

容疑者は4人?被害者の夫、愛人の男、姉、姉の夫・・・。

 

絞殺された被害者女性は水橋佐和子(田中千絵)。なんと先程喫茶店にいた大杉道雄の妻・真知子の妹でした。どうやら大杉夫妻と佐和子、佐和子の夫・洋一(山中崇)、友人の堂島尚樹(中村俊介)の5人でキャンプ場でキャンプを楽しんでいた最中に佐和子が行方不明になってしまい、その後貴族探偵の愛犬が遺体を発見したようです。

 

さっそく関係者4人から事情聴取を始める愛香ですが、聴取を続けるうちに佐和子の奔放な恋愛事情が暴かれてくことに・・・。佐和子は自分を愛してくれる夫がいながらも恋愛について自由奔放に振舞っており、洋一と結婚してからも複数の男性と付き合い、なんと堂島とも半年前に浮気をしていたようです。そして洋一は2ケ月前に、「運命の人と出会った」と佐和子に離婚を言い渡され、その<運命の人>というのは堂島のことではないかと疑っていましたが、実は堂島も佐和子から同じ理由で半年前に振られていました。

 

また、キャンプ中に佐和子が大杉の小説に出てきた花冠を被されて殺された女性の話を例に「最愛の相手なら殺されてもいい」と言っていたこと、洋一と堂島と一緒にあかね古式蝶を探している最中に行方不明になったことから、犯人は洋一か堂島のどちらかではないかと睨む鼻形でしたが・・・

愛香の推理が始まる。犯人は2人いた?

事件の真相を確信し、貴族探偵の天幕へ関係者を招集した愛香。犯人は「大杉本人」と、大杉のそっくりな顔を持ち、過去に食い逃げ犯として逮捕された「貴生川」という男であると推理し、愛香たちが最初に喫茶店で見た大杉は実は貴生川であり、その頃本物の大杉は佐和子を殺害していたのではないかと言います。

 

愛香のこの替え玉推理は途中までは合っていたものの、最後の最後に確実な証拠を提示することができなかった為、代わりに執事の佐藤(滝藤賢一)がその続きを推理し始めますが、佐藤の話が続くにつれ驚きの真実が・・・
何と今愛香たちの目の前にいる男の方が大杉の偽物の貴生川であり、本物の大杉はすでに背中にナイフで刺され殺害されていたのでした。
大杉を殺害したのはもう1人の共犯者・妻の真知子。妹の佐和子と大杉が不倫関係にあったことを知った真知子は、大杉に佐和子を殺すよう要求、そして今回の替え玉作戦を計画したのですが・・・大杉が本気で佐和子を愛していたことを知って激怒し、大杉までも殺害してしまったのでした。

 

そして今回の事件が解決された後、鼻形の後輩警官が切子の事故現場に関する資料をこっそりと持ち出してくれましたが、何とその資料を入れた封筒にはあの貴族探偵の印章が・・・

 

貴族探偵9話の感想

 

今回の関係者たちは浮気・不倫のオンパレードでしたね(笑)ドラマ冒頭、テレビ番組のインタビューを受け、永遠の愛について語っていた大杉さえも実は自分も浮気をしていたっていう・・・(しかも妻の実の妹とです!)まさにゲス不倫の末の地獄を見たような事件でしたね。

そして、最後についに愛香が貴族探偵に切子の死の謎、「政宗是政」が貴族探偵ではないのかと疑念をぶつけました!愛香までも裏の巨大な力に葬られてしまわないか心配です。次週はついに最終回、果たして貴族探偵の正体は明らかになるのでしょうか?

 

貴族探偵9話の登場人物

貴族探偵登場人物

貴族探偵9話のあらすじ

多見切子(井川遥)の死の真相、そして貴族探偵(相葉雅紀)の関わりを追う高徳愛香(武井咲)は、政宗是正という人物にたどり着く。愛香に頼まれた鼻形雷雨(生瀬勝久)が、政宗を警察庁のデータベースで調べると、シンガポールを拠点に黒い活動をする人物という以外、一切が貴族探偵と同じように謎に包まれた人物だった。
愛香は鼻形と、切子の遺体が発見された渓谷に花を手向けに行く。切子は上流の山道から転落して流された事故死とされていたが、当時の関係者は遺体には目立った外傷がなかったと証言していた。鼻形は近くの喫茶店に後輩の警官を呼び出し、当時の資料を持ち出すよう頼む。
その喫茶店に、作家の大杉道雄(小市慢太郎)がいることに鼻形が気づく。鼻形は大杉の妻で、元女優の本宮真知子(高岡早紀)のファンだったのだ。愛香が止めるのも聞かずに鼻形は大杉にサインを求めに行くが、あっけなく断られてしまう。

そんな時、鼻形の携帯が鳴る。貴族探偵の執事、山本(松重豊)からだ。山本によると、貴族探偵が珍しい蝶を探していると愛犬のシュピーゲルが女性の他殺体を発見したと言う。
愛香たちが指定されたキャンプ場に行くと、貴族探偵の天幕が張られている。貴族探偵はまたしても事件の謎解きを愛香に求めてきた。
殺害されたのは水橋佐和子(田中千絵)。真知子の妹だ。佐和子は夫の洋一(山中崇)、大杉夫妻、友人の堂島尚樹(中村俊介)とキャンプ中に殺害されたのだ。そのあまりに美しい遺体の姿に貴族探偵は目を奪われる…。

キャスト一覧

貴族探偵・・・相葉雅紀
佐藤(運転手)・・・滝藤賢一
田中(メイド)・・・中山美穂
山本(執事)・・・松重豊

鼻形雷雨(刑事)・・・生瀬勝久、
常見慎吾(鼻形の部下)・・・岡山天音
冬樹和泉(鑑識)・・・田中道子

高徳愛香(喜多見切子の弟子)・・・武井咲
喜多見切子(女探偵)・・・井川遥
玉村依子(高徳のクライアント)・・・木南晴夏
ギリ(スマホの音声)・・・仲間由紀恵

貴族探偵9話の予想や考察

ドラマ放送後に予想と考察を書いていきます!

過去のあらすじ・ネタバレもありますのでどうぞ!

↓↓↓

 

この記事を書いた人

iruka

ドラマが好きな女子です。貴族探偵とクライシス担当してます。皆さん読んで下さいね♡

貴族探偵9話
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング