このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

前回のあいのりのタイトルは「怒らない国」で怒らないことが当たり前の国の話で感動したのもつかの間。

6話のタイトルは言ってみろや貴様!ですから、5話は前振りでしたか?

メンバー間でトラブルが予想されますね!

波乱の回でしょうか?それはそれで面白そうです!

新あいのりの動画6話を無料で見る方法があります!

<スポンサーリンク>

新あいのり ネタバレ6話

疲弊していく女子メンバー達

意識しすぎちゃって。

自分はもっとストレートに言えるタイプだと思っていたのに…

とスタッフに話すアスカ。

スタジオでは、ヒエラルキーの話に。

女子はアスカとでっぱりんが争ってる感じだと言うベッキー。

一方男子は平和そうだと満場一致です。

現在恋の矢印は、

でっぱりんとアスカから裕ちゃんへ。

ゆめちんからはハト胸へ。

ハト胸からは微妙にゆめちんへ。

という状況。

そんなメンバー達は夕食を食べに町の食堂へ。

とても良い香りの料理に喜ぶメンバー達。

この日メンバーの目の前に運ばれてきたのは

シャン麺というミャンマーの名物料理で

お米で出来た麺の上に

鶏肉、醤油ダレ、ニンニクを乗せて頂く麺料理。

美味しい料理にメンバーも大喜びです。

 

翌日。

バスの中には疲れ果てた女性陣三人の姿が。

さこで三人に個別にスタッフが話を聞くと

みんな慣れない土地で終始カメラに追われ続ける生活に

ストレスが溜まってきてしまっているとのこと。

三人とも男性陣の前では懸命に笑顔を見せていましたが、

実はかなりのストレスを抱えていました。

 

自信を無くしたゆめちんの作戦は…

その日の午後。

ゆめちんはハト胸を誘います。

お互い大学では外国語を専攻していたことを知り

共通点を喜ぶゆめちん。

しかしこの後、ハト胸の何気ない言葉に

自信をなくしてしまうことに…。

 

最近ゆめちんと喋る率が高いと言うハト胸。

本当に何気ない言葉でしたが、

ゆめちんは、ハト胸にまたゆめちんかよと思われていたらどうしよう…

自信なくした…とスタッフに相談します。

 

翌日。

ゆめちんはラブワゴン内で

ハト胸とあえて距離をとる作戦を決行!

ハト胸の隣はアスカ。

ゆめちんはアスカの後ろの席を陣取ります。

移動中も前の二人の会話が気になって仕方ないゆめちん。

アスカとハト胸の会話はとても盛り上がっている様子です。

そして、その日のハト胸の日記には…

アスカと久しぶりにゆっくり話せた。

話してみるとギャップがあって

新しい発見があるという言葉が。

果たして、ゆめちんの作戦は吉と出るのか凶と出るのか?

距離を置く作戦は嫌いと言う大倉と

アスカはすぐ誰にでも手を出すと批判する河北。

そして、ゆめちんの作戦も甘かった。

でっぱりんを味方にして

ハト胸の隣に座らせるべきだったと言うのでした。

ついに修羅場が…

この日メンバーはナイトマーケットへ。

8時までの1時間半を自由に過ごします。

ゆめちんは裕ちゃんと。

アスカはハト胸とウェディングと。

そしてでっぱりんはシャイボーイと思い思いの時間を過ごします。

しかし、この後でっぱりんによる

恐ろしい修羅場が…。

ミャンマーのお酒を楽しむアスカ達。

約束の8時になり、他のメンバーも合流しますが

アスカ達は動く気配がなく

ハト胸があと3分と他のメンバーを巻き込み

再び乾杯を始めます。

お酒が入り、すっかり気分が良くなったメンバー達。

ラブワゴンに向かいますが、

その時には約束の時間を40分も過ぎていました。

ずっと待ってくれていたドライバーのミューさんに謝るメンバー達。

しかし、そこでディレクターにお説教されます。

明日ミューさんは長時間運転をしなくてはいけない。

その言葉に反省するメンバー達。

しかし、そのあとディレクターは、

カメラマンも重い機材を持っていないといけない

と制作側のことも話します。

反省するメンバーはラブワゴンに乗り込みますが

一人納得のいかないでっぱりんはディレクターのもとへ。

遅れたのは完全に自分たちが悪い。

けれど、自分たちはどこまでスタッフに気を使って生活しなくてはならないのか。

カメラを意識して配置を考えたりと

常に普通ではいられない。

このままでは、恋愛も出来ないし

普通に生活を送ることさえできないと訴えるでっぱりん。

ハト胸とシャイボーイも様子を見に来ますが

ひたすらでっぱりんは訴えます。

実はでっぱりんは、この旅で何度か

女子を代表してディレクターに

カメラで撮られ続け普通の生活を送ることができない

旅の辛さを訴えていました。

時間を守らなかったことは自分たちが悪い。

でも、その話の中でスタッフさんのことを出さないで欲しかった

と言うでっぱりん。

シャイボーイはそんなでっぱりんの意見に賛同しますが

ハト胸はスタッフさんも含めてチームという意見を主張。

ディレクターもでっぱりんの意見を汲んで

謝罪しますが、

事態は収拾せず、でっぱりんとハト胸の言い争いに発展していきます。

あいのりに来る前から撮られることはわかっていたはず。

スタッフさんのことを考えられず辛いと主張するのは甘えだと言うハト胸。

裕ちゃんもハト胸の意見に賛同します。

そしてエスカレートした口論から

ハト胸はこの状況で恋愛が出来ないのなら帰れ!

と発言。

それを聞いたでっぱりんは、

帰るわ!と言い、

ハト胸になぐりかかります。

そして、何が甘えてるのか。

どんな気持ちでカメラの前で女子メンバーの気持ちを

代表して言ってると思っているのか

女子メンバー全員甘えてるのか

とひたすら言い続けるでっぱりん。

緊迫した状況に、

アスカは過呼吸に。

シャイボーイとウェディングが必死に介抱します。

そしてでっぱりんは、ディレクターに少し話そうと言われますが

ここまでやって来たのに

なんで甘えるなら帰れみたいなことを言われないといけないのか

もう無理と泣きじゃくります。

そして、

こんな感じで終わるのは嫌だけど、

私の中ではもう無理と言って座り込むのでした。

男性陣がキレなかったのは偉い。

その一方ででっぱりんの気持ちもわかる

でも暴力は良くない

と言い合うスタジオは

シャイボーイの介抱に唯一癒しを見ていました。

アスカを介抱しながら、

自分のことをシャイと呼んでいたシャイボーイ。

シャイの目を見て。

母親譲りで大きい目。

全てのセリフがツボに入るシャイボーイでした。

 

新あいのり 6話の感想

予告編を見て以来、いつ事件が起こるのかと待ちわびていましたが、今回はついに来たかと息を飲んで見ていました。ストレスが溜まり、体調も悪くなっているのなら、現状を改善するのはマスト。旅は過酷なものだから、それに耐えられないなら帰れという考えは排他主義的で好きではないなと思いました。

参加したからには文句も言わず従うしかないなんて、そんな考えは馬鹿げていると思います。誰かが無理しないと成立しない状態なら、それはもうNG。そうではなくて、どうしたら現状を良くしていけるのか、でっぱりんの主張はそういう議論の第一歩になるものだったのではないかと思います。

言い方は酷いし、暴力も良くないけれど…。スタッフや見られている自分のことばかり気にして、一緒に恋愛をしようとしている相手の疲弊を甘えのせいにして、全く労わろうとしていない。ハト胸の言葉からはそんな感じが伝わってきて、これから先、どんな展開が待っているのか心配になりました。

男性陣がすべきだったのはスタッフ側への理解を示すことじゃない。辛さを訴えている女子メンバーの気持ちを汲んでスタッフへ改善要求の抗議すべきだったのだと思います。きっと普段から女子メンバーの状態をわかってなかったんだろうけれど…。ひとまず、来週もとても楽しみです。

新あいのり動画6話を見る方法


新あいのりは、Netflixフジテレビが共同で制作している番組になります。

フジテレビが運営するオンデマンドサイトがあります。

Netflixもフジテレビオンデマンドも有料のサイトなのですが、

そのフジテレビオンデマンド(FOD)で、新あいのりを無料で見ることができます。

無料お試し期間が1ヶ月もあるので、現在公開されているところまでは無料で見ることができますよ。

→FOD見逃し配信で無料で見る

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング