このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページは隣の家族は青く見えるネタバレの9話です。波乱の内容のネタバレ9話です。ドラマ「隣の家族は青く見える」のあらすじには9話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

隣の家族は青く見えるネタバレ9話

みんなが喜ぶ奈々の妊娠

奈々は大器と一緒に赤ちゃんの心拍を確認しに行った。無事に心拍が確認できたので奈々は不妊治療を卒業できた。奈々と大器は両親にも報告した。家族みんなが奈々の妊娠を喜んだ。

相手を理解したくてもできない

朔は渉に内緒で渉の母親に会いに行っていた。朔は渉と母親に仲直りしてほしいと強く思っていた。渉の母親は朔にトランスジェンダーについて質問を始めた。渉の母親は自分なりに調べたりして理解してあげようと感じていたがなかなかできずにいた。朔が出かけている間、渉の元に以前の同僚留美が訪れていた。留美は下着姿になり渉に「1回でいいの…」とお願いするが渉は「できないんだ、そんな姿を見てもドキドキしない」と留美のお願いを断った。

お互いを理解し合い始め、新しい世界を知る

ある日、小宮山家の次女萌香が帰宅時間になっても帰ってこないという事件が起こった。奈々は優香と一緒に萌香の帰りを家で待っていた。大器と真一郎と深雪は必死に萌香を探していた。萌香が1人で歩いている姿を朔が見つけた。萌香は踏切に入ってしまい危なく電車に轢かれそうになっていた。朔は思わず萌香を助けに踏切内に入った。萌香は無事だったが朔は軽いけがをしてしまった。奈々からの連絡をもらった渉は血相を変えて病院に駆け付けた。朔を見つけた瞬間人目もはばからず朔を抱きしめた。みんなその光景を微笑ましそうに見ていた。
ぎくしゃくしていたコーポラティブハウスの人たちは少しずつ相手を理解し始めていた。正直にお互いの意見考えを話し始めたのがきっかけだった。深雪の提案でみんなで週末バーベキューをすることになった。
深雪は真一郎から渡されていた離婚届に判を押して真一郎に渡した。深雪は「娘たちを危険な目に合わせた、母親失格だ。どうかあの子たちの事よろしくお願いします」と涙ながらに真一郎に頭を下げた。
ちひろはりょうたの為に苦手な料理を必死に頑張り、ちひろなりにりょうたの母親として日々頑張っていた。りょうたも亮司もそんなちひろに感謝の気持ちでいっぱいだった。

希望にあふれていた日々が一転

週末になりコーポラティブハウスのみんなはバーベキューパーティーの準備をしていた。そんな時突然、奈々は腹痛に襲われ倒れ込んでしまった。出血もしていた。奈々と大器はすぐに病院に行ったが、奈々は流産してしまっていた。先生からは「初期の流産は染色体の異常がほとんどです、珍しいことではないんです…。幸い凍結している精子がまだあるから奥様の様子を見てまたチャレンジしてみましょう」と言われた。しかし大器の耳にはあまり入ってこなかった。奈々はいつも通り振舞っていた。大器はそんな奈々の姿に涙を堪えきれなかった。奈々もいつも通り過ごしていたが〝お腹に赤ちゃんがいます″のキーホルダーを見た瞬間、涙があふれてきた。奈々は大器に手紙を残した。正直に奈々の気持ちを綴った手紙だった。その手紙を見た大器は必死に奈々を探した。

隣の家族は青く見えるネタバレ9話の感想

ラスト15分…本当に本当に辛いシーンでした。辛い不妊治療を乗り越え、無事に妊娠したと思った矢先の流産。本当に辛いことだと思います。「染色体の異常」と言われても、母親はどうしても自分を責めてしまうものだと思います。このまま順調に出産できると思っていたので、来週が非常に気になります。最後はハッピーエンドで終われるでしょうか?個人的には赤ちゃんを無事に出産できるといいな…と思います。

<スポンサーリンク>

隣の家族は青く見えるの9話の見逃し配信の情報

隣の家族は青く見えるの9話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

 

この記事を書いた人