このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはもみ消して冬ネタバレの3話です。

ベテラン執事が突然の失踪!?
全力でもみ消す3兄弟の内容のネタバレ3話です。

ドラマ「もみ消して冬」のあらすじには3話のネタバレが含まれますので注意。


<スポンサーリンク>

もみ消して冬の予告動画

もみ消して冬ネタバレ3話のあらすじ

家20年間北沢家につくしてきた執事の小岩井(浅野和之)が、自殺しようとしていたところを保護された。驚く秀作(山田涼介)だが、小岩井はメイド喫茶にハマっていたらしく、その姿を博文(小澤征悦)に目撃されていた。北沢家の名誉を傷つけるのは契約違反だと辞めさせようとする泰蔵(中村梅雀)たち。
退職願いを差し出す小岩井を引きとめる秀作。しかし「アナタの子守りをするのはもうウンザリ」と言われ何も言えなくなってしまう。

楠木(千葉雄大)が来て以来、次々と事件が起こると気づいた秀作は、すっかり知晶(波瑠)に気に入られている楠木に不審な目をむける。
そんな中、知晶が小岩井の娘がメイド喫茶で働いていることを突き止めた。娘の話から小岩井の知られざる一面を知った秀作だが、一方、小岩井はすでに新しい職場で働き始めていて―。

<スポンサーリンク>

もみ消して冬ネタバレ3話

執事の小岩井が警察に保護され、自殺しようとしてたのです。家族皆がどうしてと言い、心当たりもありません。そんな中、兄の博文は心当たりがあると言い、小岩井はメイド喫茶にはまっていたんだと言うと、家族皆が驚きます。この目で確かに見た。昨日の夜、偶然執事の小岩井がメイド喫茶から出ていくのを見て、お互いに目があってしまったのです。店から出てくるのを見られ、小岩井は走って去っていきました。秀作が「でも休みの日ぐらい自由じゃないの。メイド喫茶くらい」と言うと、父はくらいとはなんだと言います。兄は「うちの執事がメイド喫茶に通っていたと知られたら、週刊誌が面白おかしく書くに決まっている。執事がメイド喫茶にはまっていただぞ」と言い、姉は「きっと小岩井は兄さんに見られたことでクビを覚悟したのでは。それで人生を悲観して」と言います。秀作はまさか小岩井をクビにしないよねと言うと、父は「北沢家の名誉を傷つけるのは立派な契約違反だ」と言い、兄も辞めてもらう以外に選択肢はないと言います。秀作は「20年も献身的に働いてくれている小岩井に対して、それはあんまりだよ」と言い、兄は「解雇ではなく自主退職にすればいい。退職金に色を付けてあげればいいだろう。あの年まで所帯も持たずにこつこつ働いてきたんだ、金にすぐに困る事もないだろう」と言います。姉も「マツヤが使い物になりそうだし、辞めるのにちょうどいいかも」と言い、父は「残念だが、あいつの居場所はここにはもうない」と言います。秀作は「僕は小岩井を信じています。本人の口から真実を聞くまで、結論は待ってください」と話します。

秀作は警察にいる小岩井のもとに行き、秀作が本当に自殺しようとしたのと聞くと、「いえ、まさか。たまたま海を眺めていたのが自殺の名所だっただけで」と言います。秀作がメイド喫茶に通っていたなんて嘘だよねと言うと、「いえ、間違いございません。申し訳ございません」と言いながら小岩井は退職届を差し出します。秀作は「だめだよ、俺は認めないから。うちには小岩井が必要なんだよ」と言い、小岩井が坊ちゃんはわたしがいなくても大丈夫ですと言うと、秀作は「大丈夫じゃないよ。家族がなんて言おうと俺にはおまえが必要なんだよ」と叫びながら言います。小岩井は「もううんざりなんです、あなたの子守りをするのは。実はこうなる前から辞めさせてもらおうと思ってました。ちょうどいい機会です。わざわざお越しいただいたのに申し訳ありません」と言いながら、退職届を手渡します。

秀作は自宅へ戻り、ハムスターのプラトンに小岩井と一緒に帰れなくてごめんねと言います。そこでプラトンがいない事に秀作は気付き、プラトンを探し、部屋の窓が開いている事に気づきます。家じゅうを必死に探しますが、見つかりません。困っている時にぬくもりと優しさで包み込んでくれた小岩井が、もうこの家にはいない。ずっと一番の味方でいてくれた小岩井が去り、最愛のプラトンまでいなくなってしまいました。僕もそろそろ、母さんの傍に行きたいな。今年の冬の寒さにもうすぐ凍え死にそうです。

父に小岩井は何と言っていたと聞かれ、秀作は退職届を手渡します。姉が小岩井を狂わせるなんてどんな店かしらと言うと、兄は「おかえりなさいませと言われるのが夢だっただよ。そしてそれが想像以上に心地よかったんだろう」と言い、秀作は「小岩井にはちょっとがっかりしたよ。メイド喫茶もそうだけど、うちで働く事に何の未練もなさそうだったから」と言います。楠木に小岩井の事何か聞いているのと言うと、「知昌さんから体調不良でしばらくお休みになると聞きました。小岩井さんの仕事もできるようにしておきなさいと。早く戻ってきてほしいです。私一人では」と楠木は言います。秀作は本当にそう思っているのと言い、楠木は勿論と言います。秀作がプラトン知らないと聞くと、楠木は「それは大変ですね、私も全力で探します」と言います。

クリーニング屋がきて、「うちは妻と二人でやっているのに、浜野谷さん家にうちの制服着た若い奴がきたんだって、高校生くらいの」と言い、秀作は「先日も床屋で部活何やっているのと言われたし、居酒屋でも身分証の提示を求められた」と思います。クリーニング屋は「前来た時、犬なんていなかったよな。あれ、小岩井さんは?」と気付き、体調不良でお休みですと言うと、「あの、病気知らずで鉄人みたいな小岩井さんが?!なあ、お前来てからなんかこの家、変じゃないか?」と言い、秀作は陰でこっそりと聞きながら、「言われてみれば確かに。父さんの事件はあいつが入って2日目に起こった。次の週には兄さんの事件。そしてついには小岩井までもが退職に。小岩井がいなくなって得をするのは小岩井だ。そして楠木を可愛がっている姉さんは小岩井の退職に賛成している。あいつに有利な環境が日に日に整っている。僕を取り巻く状況は悪くなるばかりだ。まさか。部屋の窓を開けてプラトンを逃がしたのも、楠木の仕業か」と思います。

「だが、悪い事ばかりとも言い切れない、ごたごたを解決した事で彼女からの視線は日に日に熱くなっている」と思います。そんな時気になっている子から書類の確認をお願いされ、見るとそこにはご飯の誘いのメモがあったのです。秀作は「間違いない、彼女は僕から放たれる犯罪という色気に引き寄せられている」と思います。

なぜか、姉は小岩井の戸籍を確認しに行きます。
兄はお前の思い通りにならず残念だったなと言い、ジョンを逃がしたであろう医者はお詫びに飯でもごちそうさせてくれと言います。はじめは断りますが、グラビアやモデルの子を手配したんだがと言われると、兄は誰が断ると言ったと、答えます。「お前を評価するのは、連れてくる女性のレベルが高いこと、異性の趣味がかぶらないことだ」と、誇らしげに言います。飲み会の後、秀作は同僚の医師とメイドカフェへ行き、楽しみます。

プラトンを探す秀作。全力で探すといっていた楠木は姉の知昌とチェスを楽しんでいます。それを見て、「まずいぞ、このままでは女王の心が奪われ、この家が乗っ取られてしまう」と秀作は思います。

兄は小岩井の後釜はどうするのと聞き、父はそれは当然考えていると言い、兄は「次は若い女性にするのはどう?これまであたりまえに執事だったけど、そろそろメイドはどうかな。知昌も家に同性の話し相手が欲しいだろう」と言います。姉はいきなり「父さんは知っていたの、小岩井に娘がいる事。娘が働いているのよ、あのメイド喫茶で。小岩井は嘘をついている、あのメイド喫茶で娘が働いているのを隠すためにね。昔付き合っていた人ととの間に出来た子供で、認知もしている。母親がなくなって、子供を引き取ったのが10年前。名前は富美代、現役の大学生よ」と言います。

姉の知昌はメイド喫茶に行き、小岩井の娘の富美代に会いに行き、「小岩井はここに来てショック受けていたでしょう。最近お店に来なかった?」と聞くと、富美代は「1度きました、本当に来ると思っていなかったのでびっくりしました。ここで働いていた事は知っていた、自分から言いました。父には恥をさらすな、今すぐやめろと怒っていました。父がやめろというのは心配しているとかではなく、北沢家の皆に迷惑がかかるからと、ただそれだけなんです、怒られるのはわかっていました、むしろ怒らせたかったのかも。でもどんなバイトするかなんて、私の自由だし、普段私に興味ないくせに、こういう時だけ口出ししてくるのがすごい嫌で。まさかわたしのせいで執事の仕事やめちゃうとは思ってなくて」と言います。知昌が後悔しているのと聞くと、うんと頷く富美代。お父さんを復帰させていただけないでしょうかと言います。

秀作は尾関と話していて、尾関は「2人がいい感じになったら抜けます、任せといてください」と言います。

姉は「メイド喫茶に行ったそうじゃない、富美代ちゃんが教えてくれたわよ。閉店過ぎてもずっと大騒ぎしていたって。急にメイドを雇おうなんて言ったからおかしいと思ったの」と言うと、兄は「善哉とメイドの3ショット写真だ、いざという時に使えるだろう。自分が後ろに映っていても、見せる時に指で隠せばいい」と言います。秀作は「僕は兄さんを信じられません。メイド喫茶に通っていた小岩井を許さなかったくせに。同じ店でどうしてそんなにはじけられるのか」と思います。兄は「執事の娘がメイド喫茶で働いていたなんて、侮辱だろう」と言い、姉は「ちょっと甘えたかっただけなのよ。それがこんな大ごとになって、すごく反省していたわ」と言います。兄は「だからって今更小岩井を戻せてと言っても」と言い、姉は「まあ、父さんがなんて言うかよね」と話します。秀作は「ちょっと待って、ねえさんも兄さんも小岩井には戻ってきてほしくないんじゃないの?もう楠木がいれば十分と言ったよね?」と言い、姉は「こうなったのも全部あんたのせいだから」と言います。「父さんに小岩井の退職届渡したの誰よ?どうしても辞めさせたくなかったら、処分できたし、本人から受け取る事を拒否できたはずなのに。あんたは受け取った時点で小岩井を見捨てたんだよ、あんだけ世話になったのに」と言います。秀作は「もう、うんざりと言われたから。僕の子守りをするのは」と言い、姉は「もうどこまでばかなの、小岩井が本気で言ったと思う?富美代ちゃんが言っていた、お父さんを独占してきた北沢家に嫉妬していたけど、一番の原因は秀作だって。あんたが東大受かった時も警視庁入れた時も、小岩井は家で晩酌しながら、本当によかったとしみじみ泣いていたんだって。自分の事では1度も泣いてくれた事なかったのに」と言います。兄は「皮肉なもんだな、稼ぐためにうちの執事をやっているのに、一番彼女を傷つけている」と言います。姉は「ずっとあんたに独占されて嫉妬してきたのに、頭下げてお願いしているんだよ?」と言われ、秀作は部屋を飛び出していきます。

「父さん、小岩井の退職届なかった事にできますか?小岩井が必要だと思うんです」と言い、「なかなか燃えにくくてな。小岩井に会ったら伝えてくれ、マッチを補充してくれないと、パイプが吸えないと」と言います。

秀作は小岩井と会い、小岩井は「実は就職先が決まりまして、ラーメン屋です。麺やスープも最高にうまいのでよかったら食べてってくれませんか」と言い、秀作は「うちに戻ってきてほしいんだ。これは娘さんの願いでもある。このままだと富美代ちゃん、ずっと責任を感じたまま、生きていく事になる」と言います。小岩井は「申し訳ございません、61歳で採用してくれた店長を裏切るわけにいきません。それに昔からラーメン屋に憧れていたんです。楠木には手紙で教えられる事は全て教えました。これからあいつが坊ちゃんの味方です。最後にこうして坊ちゃんとお話ができ、よかったです」と言い、去っていきます。僕が今日まで生きてこられたのは小岩井のおかげと言っても過言ではない。家出した20年前から、小岩井はどんな時も味方だった。あの時食べたカレーの味を忘れた事はない。生涯で一番おいしくてぬくもりを感じたビーフカレー。もし小岩井が執事でなかったら、カレー屋をやるべきだと勝手に思っていた。小岩井にはラーメンのイメージは全然なかった。小岩井は僕に気を遣わせまいと嘘をついている。

秀作は尾関や好きな子とのご飯に向かい、悪いが、尾関と2人きりにしてくれないかと言います。尾関にたとえ話として、執事の話をします。尾関は簡単な話じゃないですか、飲食店を辞めればいいと言い、「義理堅いから、再就職をやめて戻ってくるような人じゃない」と言うと、尾関は契約条件をあげることや飲食店の買収を提案しますが、却下されます。尾関は「入ったばかりの飲食店をやめるってなかなか難しいですよね、例えば適性がないとkびにされますけど」と言います。秀作はそれだと言い、急用を思い出したと言い、お金を置いて去っていきます。

秀作は「ねえさんにお手伝いしてもらいたい事がある。富美代ちゃんに連絡してほしいんだ。小岩井の復帰には君が不可欠だと。兄さんには最後に手伝ってほしい事がある。父さんご心配なく、小岩井を連れ戻してみせます」と言います。

富美代は小岩井が持って帰ってきた、ラーメン屋の店のカギを取り、秀作に渡します。秀作はそのカギで店内に入り、新しいスープに使う材料やライトは自前で用意し、作ったスープを捨てて、新しいスープを作り始めます。小岩井の為にここまでする必要があるか、葛藤もある。罪を犯せば小岩井は戻ってきてくれるのか。1番迷ったのは、小岩井をクビにする為にまずいスープを作る事。まずすぎるスープを作れば小岩井のプライドを傷つけ、今後の人生を左右しかねない。だからと言って、まずさを抑えれば、クビにならないかもしれない。美味しさとまずさの絶妙なバランスだ。と考えていると、なんと父さんが変装し、店に現れたのです。父さんは駅前でこれから言う食材を買ってきてくれと言い、秀作は買いに行きます。ラーメンの食材とはかけ離れたものだった。

僕は確かにこのにおいをかいだことがある。僕はこの瞬間までずっと勘違いをしていた、家出を心配せず一言も声をかけてくれなかった父さん。生涯で一番美味しいカレーを作ってくれたのは小岩井ではなく、父さんだったんだ。

翌朝、小岩井が出勤すると店主にこれどういう事だよと言われ、中を見るとそこにはカレーがありました。小岩井はカレーを食べると「ご主人様!」と言い、店主は「犯人連れて来いよ」と言います。小岩井は「申し訳ございません、私が作りました」と謝り、店主は「クビだ。カレー屋やれよ、そういうレベルのカレーだ」と言います。

兄は秀作に頼まれ、大人数でラーメン屋に行きます。
秀作はまた絵馬に「ラーメン屋黒谷が今後ますます繁盛しますように。小岩井が富美代ちゃんと幸せに暮らしますように。プラトンが見つかりますように」と書きます。

秀作が帰るよと言い、小岩井は北沢家に戻っていきます。楠木はプラトンを見つけ出します。

もみ消して冬ネタバレ3話の感想

今回もシュールな内容でした。執事の小岩井が中心となる内容で、執事の小岩井を思う家族それぞれの思いに少し感動しました。また罪を重ねてしまう秀作ですが、執事の小岩井が戻ってきてよかったです。

もみ消して冬の3話の見逃し配信の情報

もみ消して冬の3話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

もみ消して冬ネタバレ3話の登場人物

キャストに関しては個性的な俳優陣が多いですね。

波留さんがこんなコメディなドラマに出演するのが意外ですが、演技の幅を広げようとしているのか?これからもこんなコメディを期待したいです。

小澤征悦さんもいい味出しています。

詳しいキャストの情報はこちらからどうぞ!

この記事を書いた人

もみ消して冬
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング