朝ドラ出身の芳根京子さんがドラマ「海月姫」の主人公、腐女子の倉下月海に抜擢されました。

そもそも芳根京子さんってどんな人なの?って思っている人も少なくないと思います。

そんな方の為に今回、芳根京子さんのプロフィールを調べてきました!

<スポンサーリンク>

芳根京子のプロフィール


生年月日:1997年2月28日

出身:東京都

血液型:A型

身長:159㎝

職業:女優

所属:ジャパン・ミュージックエンターテインメント

趣味:料理、お菓子作り

特技:ピアノ、フルート、タイピング


1997年2月28日生まれで東京都出身の方です。

友人と行った上地雄輔氏(遊助)のライブでスカウトをされます。

2013年フジ系ドラマ「ラスト?シンデレラ」で

女優としての活動をスタートさせ、2014年朝ドラ「花子とアン」に出演すると、

2016年放送の「べっぴんさん」では主役を務められます。

見るからに洋装の似合うお姫さまの様な顔立ちに、

華奢なスタイルを見れば華やかな世界に誘われるのも頷けます。

べっぴんさんの撮影では、舞台が神戸だった事もあり関西弁を喋るのに苦労されたそうです。

<スポンサーリンク>

海月姫の倉下月海とは?


朝ドラでは御淑やかなお嬢様を好演されておられましたが、

このドラマの主人公・倉下月海は「腐女子」と呼ばれる

オタク系の女の子だそうで、引っ込み思案の所もあるとの事ですので、

きっと雰囲気的には芳根京子氏が倉下氏に扮するのはアリだと思います。

しかもペットショップで遭遇した女装男子との出会いが、

垢抜けしないオタク系の女子を次第に美しく様変わりして行くというのですから、

その過程を見れるのが今から楽しみです。

オタクと聞くとどうしても地味で暗い話になるのでは

という先入観が湧いてしまいますが、月9ドラマになる物語ですから

その心配はしなくても大丈夫だと期待しています。

昭和レトロのアパートで繰り広げられるドタバタ劇に、

今からワクワクしています。

 

海月姫へ期待すること


東村アキコ氏原作のドラマ化であり、

既にアニメや実写映画化もされている作品です。

それだけメディア化されているのであれば、

ドラマになっても面白くない筈ありません。

オタク系なのが倉下月海だけでなく、

様々なオタク女子が犇めき会う感じが上手く出ていれば、

もっと面白くなる事間違いありません。

バラエティーに富んだコメディーを大いに楽しませて欲しいです。

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング