ドラマ「海月姫」でピュアなエリート童貞役を演じる工藤阿須加さん。

そもそも工藤阿須加さんってどんな人なの?って思っている人も少なくないと思います。

そんな方の為に今回、工藤阿須加さんのプロフィールを調べてきました!

<スポンサーリンク>

工藤阿須加のプロフィール


本名:工藤 阿須加(くどう あすか)

生年月日:1991年8月1日

出生地:埼玉県所沢市

身長:180cm

血液型:B型

所属事務所:パパドゥ.

兄弟:弟1人、妹3人(5人兄弟の長男)

学歴:東京学館高等学校、東京農業大学卒業


工藤阿須加さんは、知る人ぞ知る、あの福岡ソフトバンクホークスの監督で、

名投手だった工藤公康さんの息子さんです。

現在26歳で、近年だと「ルーズヴェルトゲーム」で

社会人投手役を演じたのが非常に印象的でした。

また今期のドラマ「明日の約束」では非の打ちどころのない、

主人公のフィアンセ役でしたが、好青年がドラマ後半に一変。

過去のトラウマから暴力を振るってしまうという難しい役柄を

見事に演じていました。今キャリアを積んで

役の幅をどんどん広げている、今後が非常に楽しみな若手俳優さんのひとりです。

<スポンサーリンク>

海月姫の鯉淵修とは?


月9「海月姫」で工藤阿須加さんが演じる鯉渕修は生真面目で、

過去のトラウマから女性が苦手な、ピュアなエリート童貞、

という役どころです。「海月姫」はどのキャラも個性的でキテレツなので、

その中ではまだ鯉渕修は”普通”なほうですが、

それでも、今期の「明日の約束」とは真逆のコミカルな演技が

要求されることが予想されます。修の生真面目な好青年、

という面は演技を必要とせずとも十分体現されていますが、

異様に女性に対して免疫のない言動、に関しては、

これを明るく笑えるように表現するのは意外と難しいと思われます。

映画版「海月姫」では長谷川博己さんが上手に演じていましたが、

工藤さんはどう演じてくれるのでしょうか。

きっと今までみたことのない工藤阿須加さんを見せてくれることになるでしょう。

 

海月姫へ期待すること


「海月姫」は大ヒット漫画ですでに映画化されており、

その映画版「海月姫」の完成度が高いことから比べられ、

視聴者の期待度もかなりハードルがあがっていると思われます。

”月9”そして”映画版を超える”、という大きなプレッシャーを跳ねのけて、

ぜひともドラマならではの時間の長さをうまく活用して、

より面白い「海月姫」を見せてくれるといいな、と思います。

まだ配役のすべてが発表されておらず、

あの個性の強いオタク女子の面々を誰が演じるのか、も非常に楽しみです。

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング