このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページは海月姫ネタバレの9話です

月海を奪還せよ!ラストミッション!

内容のネタバレ9話です。ドラマ「海月姫」のあらすじには9話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

海月姫の予告動画

海月姫ネタバレ9話のあらすじ

倉下月海(芳根京子)は鯉淵蔵之介(瀬戸康史)や“尼〜ず”が映ったテレビ番組を見た。『天水館』に帰って来いという仲間の気持ちが伝わり涙する月海。そんな月海にカイ・フィッシュ(賀来賢人)は戻りたければ戻っても良いと告げる。ただし、月海が戻れば『天水館』は取り戻せなくなると。月海はカイに従うしかない。

白いシャツに着替えさせられた月海はカイに雇われたデザイナーたちが集うサロン『CUBE』へ行く。オシャレ女子たちにドレスのデザイン画を見られる月海。すると彼女たちからカイに必要なのは利益になるデザインだと言われてしまう。月海のデザインはゴミにすぎないと。訂正しろと憤る月海をファヨン(伊藤ゆみ)が連れ出した。

ファヨンは在庫として売れ残った服が大量に置かれた倉庫を月海に見せ、全てを燃やしてしまうのだと教える。売れ残った服を安く売ったら、それを買った客は次回から定価では買ってくれないという論理だ。もちろん、月海には理解できない。

海月姫ネタバレ9話

自立へ

テレビの中で帰ってきて欲しいと訴えるみんなの姿を見て、涙を流す月海(芳根京子)。しかし、カイ(賀来賢人)はテレビを消すと出て行っても良い、その代わりに天水館はなくなるけどねと言います。そして、忠誠を誓う印として白い服を着るよう言うのでした。
月海の気持ちもみんなと同じだ、寂しいはずだと言う蔵子(瀬戸康史)と、ここでみんなといたいというのが月海の願いのはずだと言う脩(工藤阿須加)。二人は尼―ずを残して月海を探しに行きます。
こんな服、ただのゴミよ。自分なんて早く捨てることね。とキューブの他のデザイナーに言われ、これはゴミなどではありません、訂正してくださいと怒る月海。秘書が在庫となった服を月海に見せます。そして、燃やすんです。これはゴミですから。お金を生むために、お金を燃やし続けるんですと言う秘書。
その頃、尼―ずはこのままでいいのかと話し合っていました。ここがなくなっても、月海がいれば良いと盛り上がり、一人一人自立することに決めます。まずは、試しに働いてみることに。
一方、蔵之介たちも今後の作戦を練っていました。カイの会社のモデルオーディションに潜入することにした蔵之介。蔵之介がオーディションを受けていると、そこに稲荷(泉里香)もやって来ます。万が一、男だとバレた場合の保険として脩が派遣していたのでした。
脩の所にリナから携帯電話が届きます。小包を渡す慶一郎(北大路欣也)は、リナは相変わらず良い女だったかと訊ねます。そして、なぜ蔵之介まで天水館にこだわるのかと尋ねるのでした。ようやく居場所を見つけたんだと思うと言う脩。

私が作りたいのは…

カメラマンからべた褒めされ、社長に推薦しておくと言われた蔵子は、社長に二人きりで挨拶がしたいと居場所を訊ねますが、才能のある女性と片っ端から寝ているという話を聞き、慌ててホテルへ駆けつける蔵子。
その頃、月海はカイと食事をし、なぜ服を燃やすのか、洋服が好きではないのかと質問します。しかし、カイは答えず帰ろうと言うのでした。蔵子がホテルに駆けつけるとそこには秘書が。あなたは月海の何なのかと聞かれ、恋人だよと言う蔵子。それを聞いてほっとした様子の秘書を見て、君は社長のことが好きなんだね、俺が月海を奪い返せば君の元に社長は戻ってくるよと言って、居場所を聞き出そうとするのでした。
今日からここに泊まってとキューブに泊まるように言うカイ。そこへ秘書がやって来ます。そして、蔵子が居場所を嗅ぎまわってると報告します。二人きりになり、うちのビジネスモデルに月海の服が合うとは思えないと言う秘書に、月海なら世界を変えられると言うカイ。カイは一足先にシンガポールへと旅立ちます。
蔵子が天水館に行くと、そこには仕事を始めたと言う千絵子(富山えり子)が。月海がいつでも帰ってこれるようにみんな仕事を始めたと言います。まやや(内田理央)はティッシュ配りをばんばさん(松井玲奈)は受付嬢をジジ様(木南晴夏)は事務を千絵子はコーヒーショップのレジをしていました。
秘書から、このカタログを参考にデザインを考えるよう言われる月海。普段はどのような格好をしているのかと聞かれ、流れから尼―ずのみんなの話になります。みんなの良いところを紹介する月海。しかし秘書は、これからは馴れ合いで作っていた時とは違うんですよと言います。それを聞いた月海は、馴れ合いではない、と言うのでした。そして、蔵之介の着たいと思う服ならみんなこんなに楽しいんだと言う言葉を思い出して、尼―ずのみんなが着たいと思う服を作ってみたいとデザインを描き始めるのでした。
まややの仕事の様子を見に来た蔵子。そこには、邪険にされながらも、必死に頑張るまややの姿が。また、他のメンバーも必死に頑張っていました。

月海、奪還作戦

夜、天水館にやって来て、パスポートが出来上がるのは明日のはずだから、受け取るところを捕まえようと言う蔵子。人数が足りないと言う尼―ずに、声はかけてあると言います。
都内各所のパスポートセンターで待ち伏せるメンバー達。すると、花森とばんばさんの見張るセンターに月海が現れます。急いで他のメンバーに報告し、ばんばさんは月海の元へ向かいますが、何と別人。そして、他のメンバーが花森たちのところへ向かおうと席を外した間に月海はパスポートを受け取ってしまっていました。
とりあえず、羽田と成田に分かれて探そうと蔵子に言われた稲荷が、まややとジジ様に無鉄砲過ぎると文句をこぼします。しかし、それを聞いた二人は、一生懸命センターにいる人たちに月海を見かけなかったと訊ねてまわるのでした。必死に聞き回った結果、小さな子供がクラゲの絵を描いてもらった、成田に向かったと教えてくれます。渋滞のため、車では向かうことができず、万事休すかと思われますが、ばんばさんの活躍により、電車で間に合うルートを発見。蔵子は急いで向かいます。
月海とのことを思い出しながら、月海の元へ向かう蔵子。空港で、出発前の機内にいる月海を呼んできて欲しいとお願いしますが、警備員に捕まってしまいます。脩が遅れてやってくると、空港の椅子に落ち込んで座っている蔵子が。ダメだった、ほんとごめんと謝ります。しかし、後ろから月海の声が。実は秘書にそんなに離れたくないか聞かれ、あなたは我々に消費される人間ではないと降ろしてもらっていたのです。
本当に良かったと蔵子の前で月海を抱きしめる脩。月海は涙を流します。そして、そんな二人を見て、蔵子は複雑な表情を浮かべるのでした。家に帰った月海を迎える尼―ず。そこには豪華な鍋が。実はみんなが働いたお金で買っていたのです。明日ここを出て行くと言う千絵子。そして、ここを出て行っても生きていけると働き始めたことを報告します。月海が出て行った尼―ずなんて、尼―ずじゃないと言い、帰って来た月海を温かく迎えるみんな。月海は、鍋をつつきながらすみませんと謝るのでした。みんなで、尼―ず最後の晩餐を楽しみます。
その頃、シンガポールでは、カイが今すぐ東京行きのチケットを手に入れるよう指示していました。
寝てしまった尼―ずを見ながら、母親を捕まえることはできなかったけれど、月海はちゃんと捕まえることができたと言う蔵子に、リナと会ったことを話す脩。そして脩は、リナの沢山蔵之介を愛してあげてと伝えて欲しいと言う言葉を思い出しますが、蔵之介にも月海にも言えずにいました。
蔵子の前で、婚約指輪を渡してプロポーズする脩。しかし、月海は倒れてしまいます。そして、頭の中が混乱して…と言う月海。脩はゆっくり考えて欲しいと出て行きます。
翌日、尼―ずは、天水館を出て行くのでした。

<スポンサーリンク>

海月姫ネタバレ9話の感想

無事、帰ってきた月海。目の前で脩に抱きしめられる月海の姿を見た時の蔵子の表情が切なくて…。果たして最終回、三角関係はどんな結末を迎えるのか、今からとても気になります。

海月姫の9話の見逃し配信の情報

海月姫の9話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

海月姫ネタバレ9話の登場人物

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング