このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページは海月姫ネタバレの5話です
ついに安達祐実が登場!
最強のオタク女子!ノムさん!
内容のネタバレ5話です。ドラマ「海月姫」のあらすじには5話のネタバレが含まれますので注意。


<スポンサーリンク>

海月姫の予告動画

海月姫ネタバレ5話のあらすじ

稲荷翔子(泉里香)が『天水館』の持ち主、千絵子(富山えり子)の母に直接、土地建物の売買契約を持ち込んだことを知り、倉下月海(芳根京子)たちは戦々恐々。一方、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)も花森よしお(要潤)から、父の慶一郎(北大路欣也)が自ら主催するパーティーで天水地区再開発賛成派を表明すると聞いて危機感を募らせる。

蔵之介が『天水館』へ行くと、月海はドレスをたくさん作って販売したいと訴える。蔵之介も賛成し、慶一郎のパーティー開催日にファッションショーをやろうと言い出した。尻込みする“尼〜ず”たちだが、ジジ様(木南晴夏)はそれしかないと同意。ばんばさん(松井玲奈)、まやや(内田理央)はジジ様に儲けが出たら趣味の品を買えるかもと言われてやる気になった。

作戦会議を始めるが、販売用のドレスを作るためには“尼〜ず”たちでは手に余る。そこで縫製のプロを雇うことになった。すると千絵子は友人にプロがいると月海たちを連れて頼みに出かける。

月海たちが通された千絵子の友人、ノムさん(安達祐実)の部屋にはたくさんの人形が飾られていた。ノムさんの服作りは人形専門。しかし、ノムさんの力量は本物でクラゲのドレスを気に入って即座に人形用の型紙を作る。人間用ドレスに協力してくれたらデザインを人形にも使って良いと千絵子が条件を出すと、ノムさんは了承した。
こうして月海たちは本格的なドレス作りに着手。蔵之介はショーの会場探しを始める。

<スポンサーリンク>

海月姫ネタバレ5話

新しい仲間、ノムさん登場

ソウルまで千絵子(富山えり子)の母に会いに行くディベロッパーの稲荷(泉里香)。天水館のオーナーである母をフィギュアのチケットでつり、一筆をゲットします。
慶一郎(北大路欣也)は、天水地域の再開発推進派だと花森(要潤)から聞かされる蔵子(瀬戸康史)。天水館を救うためにも、月海(芳根京子)は以前蔵子が提案していたクラゲのドレスを作りたいとお願いします。慶一郎の議員生活30周年を祝う会の日に合わせてファッションショーをしようと提案する蔵子。尼―ずのみんなも立ち上がります。
作戦会議をし、プロの縫製を頼まないといけないということに。千絵子は一人心当たりがあると言います。早速、その心当たりであるノムさん(安達祐実)に会いに行く千絵子、月海、蔵子の三人。部屋に入るとそこには大量のブライス人形が。ドレス職人のノムさんはどんな洋服でも作れますが、実は人形のお洋服専門。そして、人間を虫けら扱いしていました。しかし、クラゲドレスを見て興奮したノムさんは型紙を書いてくれます。が、それも人形サイズ。必死に拡大コピーする蔵子と月海。縫製をお願いしますが渋るノムさんに、もしドレスがヒットしたら同じデザインのブライス用を展開する権利をあげることに。

まややのトラウマ

蔵之介が天水館でドレスを作っていることを知った慶一郎は、天水館への出入りを控えるように蔵之介に言います。しかし蔵之介は断り、部屋を出て行きます。その後、脩は慶一郎に天水館を助けるようお願いしますが拒否されてしまいます。
猛スピードでドレスを作っていく尼―ず。蔵之介が会場を押さえようとしますが、ファッションショーのハコを探しに行くも全て埋まっていると言われてしまいます。するとそこには、自分をつけている花森の姿が…。慶一郎になぜ妨害するのかと聞くも、パーティーに参加するように言われ、そこでみんなに紹介するからと言われる蔵之介。俺のやりたいことなんて親父にはわからないと出ていくのでした。
ショーのモデルは蔵之介がやることになっていましたが、不在のため代わりにまやや(内田理央)がドレスの試着をすることに。
蔵之介が部屋でショーの会場を探していると脩がやって来ます。お父さんが期待しているのは兄貴、政治家に向いているのは兄貴、天水館を救えるとしてもよく考えてみてよと去っていきます。
まだ会場が決まっていないと聞き、天水館を竜宮城にして使うのはどうかと提案する月海。蔵子はドレス姿のまややを見て、何か閃きます。
その頃脩は、あなたも好きに生きれば良いのよと母親に言われていました。
ノムさんにこのままのペースではショーに間に合わないと言われ、縫わないでドレスは出来ないですかねと言い始める月海。ノムさんは、虫けらの犠牲があれば大丈夫だと言い始めます。まややの身体にボンドを塗り、布を貼っていくノムさん。ボンドでドレスを作っていきます。しかし、まややは、ショーモデルをさせられそうになり、ご乱心。しかし、蔵子にモデル体型の美しい女だと言われ、倒れてしまいます。その拍子に目を見られ、絶滅させてやると逃げて行くまやや。実はまややは小、中、高と目つきが悪いと言う理由で殺し屋と呼ばれ、前髪で隠すようになってからは竹箒と呼ばれるようになったと言います。そこへ千絵子がやって来て自分のあだ名はハムだったと言います。そして、自分たちが気兼ねなく暮らせる場所をやっと見つけたんじゃない、この場所を失いたくないと月海と説得するのでした。

ファッションショーは成功するのか?

30周年を祝う会に姿を見せる蔵之介。慶一郎は再開発への賛成を表明していました。その頃、天水館はショーの準備で大忙し。そこで素顔を見せたまややをナンパする花森。司会も引き受けてくれることに。ファッションショーは生中継してネット上で見れるようにしています。みんなに背中を押され、ランウェイを歩くまやや。蔵之介はパーティーが押して挨拶の順番がなかなか回ってこない為、ショーに行けずにいました。ひたすら一人で歩き、疲弊していくまやや。倒れてジュースをドレスにこぼしてしまいます。そこで花森に時間稼ぎをしてもらうこと。
突然脩が歓談中に挨拶を始めます。再開発について反対派の意見を聞くべきだと言い始めた脩。すると蔵之介がそれを中断し、マイクを引き継ぎます。
お客さんが帰り始め、蔵子も来ないことから諦めムードの尼―ず。するとそこへ蔵之介がやって来ます。客なら引き連れて来たと言う蔵之介。パーティーからみんなを連れて来ていました。蔵之介はみんな変わったと言うのでした。
ショーは第2幕が始まります。そこで、月海は脩の姿を見つけ、釘付けに。それを見た蔵子は、ランウェイ上から、俺を見ろと言うのでした。蔵子が蔵之介だと気付いた稲荷。そして蔵之介は、ランウェイ上で観客に自分の正体を明かすのでした。
ランウェイを歩く蔵子を見て、自分たちを守ってくれるお姫様だと思う月海。ショーの最後に発表があるとパーティーで言っていた蔵之介は、天水館はアトリエなのに取り壊されてしまうかもしれない、ここでドレスを作り続けていたい、再開発に反対します、ドレスをたくさん売って天水館を残したいと思っていますと宣言。脩が拍手し、周りも同調します。SNSで拡散するよう呼びかける蔵子。
稲荷に話しかけられ、兄に変な真似したら許さないと言う脩。その頃月海はショーの会場でドレスを眺めていました。信じて待っててくれてありがとうとお礼を言う蔵之介。月海は本当は不安でしたと泣き始めます。それを見て、月海に突然キスをする蔵之介。その現場を脩は目撃してしまいます。
10時間後。イタリアのミラノでショーの動画を見る女性の姿が。それは、蔵之介の母、リナでした。事務所に電話をかけるリナ。脩が電話を取ります。

 

海月姫ネタバレ5話の感想

蔵之介のキスシーン、キュンとしてしまいましたが、瀬戸康史さんだから許されるような気も…。瀬戸康史さん、女装姿は本当に可愛いし、スーツ姿はカッコいいし最強ですね!そして内田理央さんのランウェイシーンが面白くて面白くて。カッコよく決めてる姿と、ガチャポンのことを考えている心の声とのギャップがナイスでした。次週はまた脩と月海が接近しているような予告編だったのでどうなるのか楽しみです。

海月姫の5話の見逃し配信の情報

海月姫の5話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

海月姫ネタバレ5話の登場人物

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング