このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページは海月姫ネタバレの4話です。オタク女×道程エリート!?内容のネタバレ4話です。ドラマ「海月姫」のあらすじには4話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

海月姫の予告動画

海月姫ネタバレ4話のあらすじ

倉下月海(芳根京子)に想いを届けようと、鯉淵修(工藤阿須加)は『天水館』に行くが、ばんばさん(松井玲奈)とまやや(内田理央)に追い帰される。ばんばさんたちが月海に武勇伝を語っていると、ジジ様(木南晴夏)と千絵子(富山えり子)が帰って来た。こちらは蔵之介(瀬戸康史)が男だと知り『天水館』や月海に近づかないよう言いに行ったのだが様子がおかしい。千絵子は蔵之介が『ベルサイユのばら』のオスカルだったと泣き崩れる。政治一家に女として産まれたが男として育てられたと蔵之介がついた嘘を二人は信じたのだ。

ジジ様たちが北京ダックを奢ってもらったと知ったまややは蔵之介に電話。蔵之介が『バタフライ』というクラブにいると聞くと、まややは蝶マニアが集うイベントと勘違い。月海とばんばさんを伴い自分たちも奢ってもらおうと『天水館』を後にした。

蔵之介が桐山琴音(最上もが)たちにクラゲのドレスの写真を見せていると月海たちが到着。そこはオシャレなクラブ。月海たちは浮きまくり琴音たちにバカにされる。蔵之介は月海たちを連れ出すが傷ついた“尼〜ず”は帰ってしまった。ばんばさんとまややは二度と蔵之介とは関わらないと宣言。

後日、蔵之介は琴音からクラゲのドレスを作って欲しいと連絡を受ける。琴音が担当するミュージックビデオの監督が、蔵之介からもらった写真を見てアーティストに着せたいと言い出したのだ。蔵之介は月海たちに話をするのだが…。

<スポンサーリンク>

海月姫ネタバレ4話

蔵子はオスカル?新メンバーに!

まやや(内田理央)とばんばさん(松井玲奈)により、天水館から追い出されてしまった脩(工藤阿須加)。一方、蔵子(瀬戸康史)は千絵子(富山えり子)とジジ様(木南晴夏)に男かどうか訊ねられていました。あくまでも女だと言い張る蔵子は、政治家である父親が自分のことを男として育てたと言い、蔵之介は源氏名であり、本名は蔵子だと言うのです。
天水館に帰って来た千絵子は、蔵子の生い立ちが、ベルばらのオスカルだったのよとすっかり蔵之介の言ったことを信じている様子。そして、蔵子を尼―ずの一員として正式に迎え入れることにしたと言います。それを聞いて驚くまやや達でしたが、千絵子とジジ様の服から何やら北京ダックの香りが。蔵子にご馳走になったと聞き、自分たちも食べたいとまややは蔵子に電話をかけます。バタフライというクラブにいると言われたまややは、蝶のオタクが集まる会だと勘違いして北京ダッグを食べるためにクラブに向かいます。本当にやって来たまやや、ばんばさん、月海を見て驚く蔵子。後輩の琴音(最上もが)に誰なんですかと聞かれ、友達と答える蔵子。琴音たちは、まややとばんばさんのファッションにダメ出しします。居心地が悪くなり出て行く三人。蔵子は追いかけ、「ごめんな、あいつらが失礼なこと」と謝りますが、三人は帰ってしまうのでした。
天水館に帰り、蔵子の友達だと言う言葉を思い出す月海。でも、あの人たちはあっち側の人間なんだから、そんなはずはないですよね、と母親に語りかけるのでした。

尼―ず分裂の危機?

翌日。尼―ずが鍋を囲んでいると、蔵子がやって来て仕事が決まったと言います。後輩が担当することになったミュージックビデオの衣装を担当することになったと言う蔵子。今日から三日間、徹夜で頑張ろうと言いますが、ばんばさんとまややは反対します。そこで衣装作りは二人を抜いたメンバーでやることに。
天水地域の再開発は住民の半分以上が反対。そこで慶一郎(北大路欣也)は脩に稲荷(泉里香)との関係を進めるよう進言しますが、本命は天水館の女性だと花森(要潤)から報告を受けます。花森に稲荷との関係の方を進めるように言う慶一郎。
その頃月海は、ドレスのデザインが思い浮かばずに苦しんでいました。蔵子に、ぬるま湯で平穏無事だった日々が壊れたと言うばんばさん。それを聞いた蔵子は友達には無理だって謝っておくよと言います。そこへ脩から電話が。月海の部屋に行く蔵子。脩から追い返された話を聞いたと言う蔵子は、月海から「昔から悲しいことや嫌なことがあった時は心の中の小さな箱に押し込めてガムテープでぐるぐるに巻いて開かないようにすればなかったのと同じ」と言われますが、その箱の中には楽しいこともあるはずと、駅前の広場で9時に待ってるという脩の伝言を伝えるのでした。
待ち合わせの場所へと駆けていく月海。脩は10分前から待ち合わせの場所にいましたが、稲荷から自殺をほのめかす電話がかかって来ます。しかし、駆けつけることにした脩は、月海とすれ違ってしまうのでした。
煮込みハンバーグに舌鼓をうつ尼―ずの4人。ぬるま湯が戻って来たと言うまややですが、ここがいつまで残っていられるか、このまま何もしなければ天水館はなくなってしまいますねとジジ様は言うのでした。それを聞いて立ち上がったばんばさんは、ジジ様が月海や蔵子の分の夕食を用意しているのを見つけます。
稲荷の元へ駆けつけた脩。そこには稲荷がソファに横たわっていましたが、脩は嘘をついた稲荷に平手打ちをします。馬鹿野郎と怒鳴る脩はそのまま外へ。
その頃月海は待ち合わせ場所で待っていました。するとそこへ蔵子が。月海の連絡先知らないから自分にいけないと連絡が来たと言う蔵子。
翌日。まややの悲鳴が。何と、ばんばさんがデッサンを描いていました。そして、蔵子を呼ぶよう言うのでした。
稲荷が再開発の説明をしていると、脩が入ってきます。昨晩のことを思い出し、説明ができなくなってしまう稲荷。説明会終了後、脩にビンタをされたところが痛むと言いますが、謝られて終わります。この後の予定を聞くも断られてしまう稲荷ですが、花森が車の中に入れてくれるのでした。。

ついに完成!感動の撮影会

メンバーの顔を見ていたら、電車のイメージが湧いてきてデザインを描いたと言うばんばさん。蔵子はそれを聞いて、月海がデザインを思いつかなかったのは当然だと言い始めます。そして、一人一人をクラゲに例えさせ始めるのでした、ばんばさんもあと二日しかないけれど、出来るだろうと言い始め、みんなでドレスを作ることに。買い物を花森に頼もうと電話すると、脩と稲荷が海でデートしていると言われます。ステディな関係にするよう言われたと報告する花森。一方脩は仕事の関係だと稲荷にはっきり宣言していました。
行き詰まっていた月海は、千恵子たちが買ってきたパーツを見て覚醒。みんなで協力し、何とか10着完成させます。
何でドレスを作ろうと思ったのかと蔵子に訊ねる月海。母親が舞台女優で、綺麗なドレスを着ているのが好きだった。自分は愛人の子供だと言う蔵子。俺は母さんの近くにいたかった。男だったから鯉淵家に引き取られてしまったけど、もし女だったら。離れてからももらったもので着飾って。会ってないからどこにいるかもわからない、と月海に言うのでした。
お疲れ会をするためにオシャレをして出掛ける尼―ず。しかし、連れてこられたのはミュージックビデオの撮影現場。怯んで帰ろうとする尼―ずに、蔵子はオシャレは強く生きるための武器。琴音だって、前にあった人たちだって気付かなかったでしょ、とみんなを奮い立たせます。自分たちが作ったドレスを見て欲しいんだよと言う蔵子。月海は涙ぐみます。焼肉をがっつり食べる尼―ず。そこでブランド名を考え、海月の英語名であるジェリーフィッシュにすることに。
脩が慶一郎に連れられて意見交換会に行くとそこには稲荷の姿が。そこで慶一郎は、再開発には賛成で脩と稲荷がステディな関係になることを希望していると言うのでした。
月海の部屋で女装を取り、男の姿は慣れないと言う月海に俺たち友達でしょ、と言う蔵之介。しかし月海は、蔵之介さんは私みたいなのと一緒にいて恥ずかしくないんですか、と言います、それを聞いて、「自信持てよ。変身させてるのは、本当は可愛い女の子だって思ってるからだろ」と口を滑らせる蔵之介。窓から出て行き、何を口走ってんだよーと家路を急ぐのでした。

 

海月姫ネタバレ4話の感想

完全な噛ませ犬キャラの脩はさておき、今後蔵之介と月海の関係がどう変化して行くのか、とても楽しみです。蔵子は相変わらず可愛いなぁ。そして、強引にオスカルになっちゃうところも凄いなぁ…。次回はまややの大変身も見られるし(まぁ、内田理央さんなんだから美しいに決まっているけど)、早く来週になって欲しい!

海月姫の4話の見逃し配信の情報

海月姫の4話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

海月姫ネタバレ4話の登場人物

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング