このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページは海月姫ネタバレの10話です

月海を奪還せよ!ラストミッション!

内容のネタバレ10話です。ドラマ「海月姫」のあらすじには10話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

海月姫の予告動画

海月姫ネタバレ10話

プロポーズの返事は…

蔵子(瀬戸康史)がクララの世話について訊ねに月海(芳根京子)の元を訪ねると、そこには他の尼―ずの面々も。蔵子と月海は天水館にある道具を取りに行きます。するとそこには、カイ(賀来賢人)の姿が。これからどうするつもりか聞かれ、デザイナーを辞めると言う月海。それを聞いたカイは、蔵子に君は才能を捨てさせたと言います。もう一度よく考えるように言われた月海。蔵子はその言葉を聞いて、話があると言い始めます。
漫画喫茶に戻り、尼―ずのみんなは成長したのに、自分はしてない、一から服の勉強をする、ジェリーフィッシュは解散しようと伝える蔵子。それを聞いて、楽しかったと言う面々。それを聞いた月海は、だったら最後にショーをしようと言って、尼―ずのみんなに着て欲しいと思ったデザインを見せるのでした。ラストステージに向けて一致団結する尼―ず。
一方、天水地区の再開発は、慶一郎(北大路欣也)が反対派の声が大きくなったとして反対にまわっていました。
尼―ずのメンバーに今回のデザインのテーマを発表する月海。早速メンバーはそれぞれ動き始めます。そんな中、月海は作業に入る前に脩(工藤阿須加)と話してくると言うのでした。
以前プロポーズされた月海ですが、守られているだけではダメだと思った、まだ何もやれていない、今作りたいものがある、だから今はこういったものは…と婚約指輪を返します。
一方、カイは強引な経営戦略を推し進めようとしていました。そんなカイの元を去る秘書。

最後のファッションショー

お金がなく困った尼―ずは、目白先生にお金を貸して欲しいと相談。すると、前と同じようなショーをしてくれるならと布代を出してくれることに。蔵之介が家で無料で貸してくれる会場を探していると、脩が帰ってきます。良さそうな場所がないか聞く蔵之介。話の流れから、恋愛とか関係なく三人で暮らすことは無理かな?と言う脩に、「それが出来てたら、かあさんは今頃この家で住んでるかもな」と言う蔵之介。「一緒に住みたいと思ってる?」と聞かれ、ドレスを買ってくれただけで充分だと答えます。ショーの会場の手配は任せて欲しいと言う脩。水族館でショーをすることが決まります。
おさぼりタイム中に、蔵子が男であることを花森(要潤)から聞かされるばんばさん(松井玲奈)とまやや(内田理央)。ばれて目白先生の怒りを買うのは怖いとせめてショーが終わるまでは隠し通そうと決意します。
大学を辞めてファッションの勉強をすると宣言して慶一郎に招待状を渡す蔵之介。その頃、カイはCEOの座を追われていました。必死にドレスを作る尼―ずのメンバー。自分たちの鎧になってくれる服を作っていました。
ジェリーフィッシュのショーにやってくる人々。そこには脩や稲荷(泉里香)、カイや秘書の姿も。そして、慶一郎のサプライズでリナもやって来ます。リナの姿を見て、ランウェイの途中で止まってしまう蔵子。まややが慌ててフォローします。
真っ青な顔をした蔵子を控え室に連れて行くまやや。動転した蔵子を見て、休むように言う月海。そして、尼―ずのメンバーに服を着替えるように言うのでした。それを聞いて、やろうと言うジジ様(木南晴夏)。他のメンバーも続きます。母に言われた、女の子は大きくなったらみんなステキなお姫様になれるんだよという言葉を思い出す月海。
控え室で蔵之介が休んでいるとリナが訪ねて来ます。ジェリーフィッシュのドレスの大ファンだと言うリナは、慶一郎から連絡をもらったと言います。本当に立派になったわねと蔵之介を抱きしめるリナ。蔵之介もしっかりと抱きしめます。慶一郎はショーの様子をパソコンで見ていました。そして、妻に見に行けばよかったのにと言われた慶一郎は、今日は結婚記念日でしょ、と花束を差し出すのでした。

キスをしたのは…

タキシード姿に着替え、月海とランウェイに出る蔵之介は、出る直前に愛してると言います。ショーが終わり、クラゲを見ていた月海の元へ脩がやって来ます。リナからの伝言を伝える脩。私の分まで愛してあげてという言葉を伝えて去っていきます。ショーが終わり、打ち上げをするみんな。そこで蔵之介は明日からニューヨークに行くと宣言します。するとそこへカイと秘書が。退職金代わりに天水館をもらった、これからはここの管理人になると言うカイ。そしてみんなは、蔵之介が帰ってくるのをここで待ってる、ジェリーフィッシュは解散させないと言うのでした。自分は男だと打ち明ける蔵之介。しかしみんなは、気付いていた、蔵子は男でも女でも関係ないと円陣を組みます。するとそこに知らない人が…。実はそれが目白先生で、目白先生も男だったのでした。千絵子(富山えり子)に一目惚れし、他の男を住まわせないようにしていた目白先生。
月海が一人でクララを見ていると、蔵之介がやって来ます。俺行くわ、と言う蔵之介に、今まで知らなかった華やかな世界をたくさん見ることができた、開けられなかった扉を開けることができた、蔵之介が自分に魔法をかけてくれた、遠く離れた蔵之介に頼るわけにはいかないから待っていません、蔵之介がいなくてもジェリーフィッシュの服を作り続けるから心置きなく勉強してくださいと言うのでした。そして、自分からキスをする月海。挨拶です、と言う月海を蔵之介は優しく抱きしめるのでした。

<スポンサーリンク>

海月姫ネタバレ10話の感想

最後の月海からのキスは衝撃的でした。そこでキスをするって、恋愛偏差値がかなり高くないと出来なくないですか?と目が点に…。てっきり蔵之介からするのかと思っていたので、違和感が。ちょっと無理があるのでは、という気もしますが、瀬戸康史さんの男前な姿が見れたから良いか…。笑

海月姫の10話の見逃し配信の情報

海月姫の10話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

海月姫ネタバレ10話の登場人物

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング