このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページは海月姫ネタバレの1話です。目がさめると裸の男が寝ている!?内容のネタバレ1話です。ドラマ「海月姫」のあらすじには1話のネタバレが含まれますので注意。


<スポンサーリンク>

海月姫の予告動画

海月姫ネタバレ1話のあらすじ

ある朝、『天水館』自室のベッドで目覚めた倉下月海(芳根京子)は、隣を見てビックリ。なんと上半身裸の男が寝ているではないか…なぜ男が?月海は昨晩のことを思い起こす。

それは10時間前、夜9時頃のこと。クラゲオタクの月海は、久しぶりに近所の熱帯魚店にクララと名前までつけているクラゲを見に行った。月海は、その水槽にタコクラゲ・クララと一緒に飼ってはいけないミズクラゲが一緒に入っていることに気づいた。熱帯魚店の店員に注意しようと思う月海だが、相手はオシャレな男性店員。月海には大苦手の人種だ。それでもクララのためと月海は勇気を振り絞って注意するのだが、店員に気味悪がられて追い出され、店の前で倒れてしまう。

そんな店員を注意するスタイル抜群の美女が月海を助けてくれた。月海がわけを話すと、その美女はクララを買ってしまおうとお持ち帰り。美女はクララを持つ月海とともに『天水館』まで来ると部屋まで見たいと言い出した。美女は月海の部屋に勝手に泊まることにしてしまい…。

そして、次の朝、目覚めた月海が大声を出すことに。美女が上半身裸の男、鯉淵蔵之介(瀬戸康史)に変身していたのだ。蔵之介によると女装は趣味らしい。月海の声を聞きつけた住人たちが集まってくる。慌てる月海は『天水館』は男子禁制の尼寺のようなところだと蔵之介に説明。女装姿に戻った蔵之介が月海と部屋を出ると、独特な住人たちがいて…。

<スポンサーリンク>

海月姫ネタバレ1話

運命の出会い

子供の頃、海月を見ながら母親(小雪)に「女の子は大きくなったらみんな綺麗なお姫様になれるんだよ」と言われて育った倉田月海(芳根京子)が目を覚ますと隣には上半身裸で下着姿の男性(瀬戸康史)が…。驚いた月海。実は彼のことを女性だと思っていたのでした。
10時間前。月海は熱帯魚店の水槽の前でお気に入りのタコクラゲのクララを眺めていました。しかし、同じ水槽の中にミズクラゲがいることに気が付きます。実はタコクラゲはミズクラゲと一緒の水槽にいると死んでしまうのです。そこで店員に言おうとしますが、そこにいたのは月海が苦手とするイケメン。クララの為にも勇気を振り絞って店内に入りますが、イケメンに気圧され逃走。
しかし、再度勇気を振り絞って店員に説明します。しかし、早口でまくし立て、何と言っているのかわからない不信感いっぱいの月海に、店員は気持ち悪いと言い放ち、店から追い出します。
するとそこへ綺麗な女性が現れます。女の子にそんなことをしてはいけないと言う女性。月海の話を聞き、タコクラゲを買い取ります。一生懸命クラゲについて説明する月海に興味を持った女性は、月海の住む共同アパートまでついてきます。キラキラ女子には早く帰ってもらわないと困る月海は、クララを浴槽に放した後、早く帰って欲しいと伝えますが、部屋を見てからと言われてしまいます。
月海のクラゲだらけの部屋にやって来た女性は、帰るように促す月海をよそに、疲れたと言ってベットで寝てしまうのです。そして翌朝。月海が綺麗な女性だと思っていた人物は、実は女装した男性だったことがわかるのでした。
月海の叫び声を心配してドアの外に続々と集まってくるアパートの住人達。独り言だと誤魔化す月海は、朝ごはんもいらないと断り、蔵之介に再び女装をさせ、こっそりアパートから出そうとします。一方、近頃入居希望のメールが増えているアパート。これは入居の規定を決めなくてはと他の入居者たちはドンであるBL作家の目白先生にお伺いを立てますが、その返事は『男を必要としない人生』とのこと。このアパートはキャラクターの濃いオタク女子の住む男子禁制の尼寺なのでした。
あと少しというところで他の入居者たちに見つかってしまった月海と蔵之介。女装姿ですが、みんなオシャレ人間におののきます。しかし、みんなの気も知らずシェアハウスの様子を見て楽しそうと気にいった蔵之介は、また来るねと言い残して帰っていくのでした。

一目惚れ…クラゲに似てる

政治家の鯉淵慶一郎は、雨水地域の再開発を計画しています。支援者を前に壇上で意気込みを語る慶一郎。息子で秘書の修(工藤阿須加)もその話を隣で聞いていました。そして、その修を狙う女性が…。デベロッパーの翔子(泉里香)です。
その頃、月海は蔵之介が熱帯魚店でクララを助けてくれた話をしていました。するとそこでインターホンが鳴ります。自分の荷物かと思い出て行く面々。しかし、そこには女装した蔵之介の姿が…。オシャレ女子の出現にドアを閉めようとするみんな。しかし、お土産に松阪牛を持って来たと言われ、夕食に招待するのでした。
蔵之介に質問攻めにされる住人たち。普段は目白先生のアシスタントをし、ほとんどを仕送りでまかなっている彼女たちに、蔵之介は引きこもりのニートオタクだ、と何気なく辛辣な言葉を放ってしまいます。鉄道オタクのばんばさん(松井玲奈)、枯れ専のジジ様(木南晴夏)、三國志オタクのまややは自分の部屋で食べると言って出て行ってしまいます。そして、人形オタクで管理人の娘である千絵子(富山えり子)はもう来ないように蔵之介に言うのでした。
帰り道、今まで大勢で鍋をつついた事がなく、テンションが上がって失礼なことを言ってしまったと月海に謝る蔵之介。蔵之介の家に着きますが、そこは大豪邸。実は蔵之介のお父さんは鯉淵慶一郎だったのです。政治家の息子がなぜ女装をしているのかと聞かれ、知りたい?と訊ねる蔵之介。何か言おうとしますが、そこへ弟の修が帰って来ます。修に父親を引きつけておくようお願いする蔵之介。そして、月海は修を見て、クラゲ界のクール系キャラ、天草クラゲに似ているとテンションが上がるのでした。
女装から着替え、夕食の席に顔を出す蔵之介。お風呂に入ると言ってさっさと立ち去ろうとしますが、慶一郎に肉はどうしたと呼び止められます。食べてしまったと言うと、あの肉を楽しみに今日1日頑張ったのにとゴネる慶一郎。
蔵之介が部屋で髪を乾かしていると修が入ってきます。そして、父さんは本当はみんなで食べたかった…と言おうとすると電話が鳴ります。話し始める蔵之介に修は仕方なく部屋を出て行くのでした。
翌日、ジジ様の持ち帰って来てくれたクラゲ展のチラシをみんなに見せる月海。その開催場所が渋谷であることから皆が恐れおののいていると、蔵之介が入って来ます。警戒するも、お土産の肉にまんまと気を緩めてしまう尼〜ずの面々。チラシを見て今日までだと知った蔵之介は、一緒に行こうと月海を誘います。
渋谷に着いた二人ですが、後輩から連絡を受けた蔵之介は一旦別行動で先に行くよう月海に指示。そして、自分は後輩(最上もが)との待ち合わせに向かい、昨日電話で話していたクラブのイベントのチケットを受け取るのでした。
一方月海は、渋谷の人混みに負け、早々に離脱し、目的地に着く事ができないまま帰宅。尼〜ずの面々から労いの言葉をかけられます。
その後、月海が部屋にいると蔵之介がやって来ます。寝たふりをする月海。蔵之介は机の上に置いてある修のことを描いたスケッチを見て、月海を起こし、女としても満足しているのかと鼓舞。自分の部屋に連れて行きます。

変身!みんなお姫様になれる!

メイク道具や可愛い服が沢山ある蔵之介の部屋。月海のメイクをしながら、蔵之介はある人に言われた言葉だと「女にとって服は外で戦うための鎧。メイクは自分を変身させるための魔法。女は誰だって変わる事ができる。みんなお姫様になれる」と言うのでした。お姫様…と言う言葉に、母親に言われた言葉を思い出す月海。
メイクされた自分の姿を見て、動揺して部屋から出て行く月海。その時修とすれ違いますが、目の悪い月海は気付かずにいました。しかし、修は月海に一目惚れ。それに気付いた蔵之介は、翌日月海の荷物を修に届けさせることにします。
月海が尼〜ずの面々と大福を食べながらテレビを見ていると、外からまややの奇声が。慌てて外へ行くと、修が不審者と間違われて箒で打たれていました。月海の服を盗んだと勘違いしたまやや。月海は自分の荷物を慌てて拾い、倒れている修に大福の粉のついた手を差し出しますが、挙動不審な様子を見た修に気色悪いと言われてしまいます。落ち込む月海は、仲間と焚き火をしながら、母親との思い出を回想ししっとりとした気持ちに。そこへジジ様が焼き芋を差し出してくれ、他のメンバーの楽しさにも触れ、もう一度元気を取り戻すのでした。
一方、蔵之介は修にどうだったと訊ねますが、月海があの時の女性と同一人物だとわからなかったことに気付きます。そして、二人をくっつけてあげようかと提案する蔵之介。その代わりに、自分の母親の居場所を教えるよう頼みます。なぜ居場所を知りたいのかと聞かれ、もう一度あのクローゼットが見たいからと、キラキラ輝く魔法のようなクローゼットを思い出す蔵之介。
翌日、蔵之介は月海を訪ね、水族館に誘います。千絵子に着付けてもらい、しっかりメイクを済ませた月海。メガネがないのでほとんど見えませんが、今日の運転は修がしてくれるとのこと。しかし、先日の一件があるので嫌がられていると思っている月海は浮かない様子です。
水族館に着くと、たくさんのクラゲを前に月海は大はしゃぎ。目が見えず、顔を寄せて来た月海に蔵之介は不覚にもドギマギしてしまいます。二人にしてやると修に告げてこっそり離れる蔵之介。月海は、あるクラゲを見ながら、不覚にも泣いてしまいます。その様子を見て、心配する修。月海は母親との思い出があるからと言い、泣かないと約束していたのに…と言うのでした。そんな月海の一面を見て後ろから抱きしめる修。その様子を蔵之介は複雑な表情で遠くから見守っているのでした。

 

海月姫ネタバレ1話の感想

映画を観て原作の内容を何となく知っていたので、ドラマ化も楽しみにしていましたが、瀬戸康史さんの女装が可愛すぎて最高でした!尼〜ずの皆さんも、バッチリ決まっていて、素敵でした。あの可愛い内山理央さんが、その気配を消していて感動!原作のように変身する様子もあるのかな?と楽しみにしつつ、見ていきたいと思います。次回もとても楽しみ!

 

海月姫の1話の見逃し配信の情報

海月姫の1話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

海月姫ネタバレ1話の登場人物

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング