このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはきみが心に棲みついたネタバレの最終回です。

9話を見た人の感想もまとめました。

ドラマ「きみが心に棲みついた」のあらすじには最終回のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

きみが心に棲みついたの予告動画

きみが心に棲みついた最終回の あらすじ

星名(向井理)への依存を理由に吉崎(桐谷健太)にフラれた今日子(吉岡里帆)だが、落ち込むことなく仕事に奮闘する。星名は帝光商事に戻され謹慎処分に。それ以降、今日子のもとに連絡はなかった。

そんなラプワールに星名の母・郁美(岡江久美子)が倒れたという連絡が入る。姉・祥子(星野園美)によると星名とは連絡がつかず帝光商事にもつながる人間がいないという。不安を感じた今日子は、郁美が入院する病院を訪れ、郁美から星名の生い立ちを聞かされる。

一方、今日子と別れた吉崎は何故か星名のマンションを訪れていた。吉崎は星名が今日子に依存していることを指摘し、解放して欲しいと頭を下げる。そして…。

きみが心に棲みついたの9話を見た人の感想

30代 女性
星名さんの過去を知り、今日子だけでなく星名さんも、どちらかというと星名さんが依存していた、共依存の二人だったんだなと・・・。

30代 女性
星名さんがサイコパスなのは辛い過去があるんだとわかった切なさを感じ胸がキュンキュンしました。

30代 女性
見ていてせつなくなります。星名に同情…

40代 女性
今日子が星名をかばって、星名と自分との問題だからと言って、結局何か言われても自分が断われば良かった話だったと分かっていること。あと星名の整形した理由が母親の浮気のせいだったのがちょっとビックリした。
40代 女性
星名の素性が分かってきて、切ない感じを味わった。

30代 女性
複雑な関係でそれぞれの気持ちが明らかになって、ちょっと切なくなる話でした。星名さんが特に切なく、結局吉崎さんのところに戻ってしまうのかなと思いました。

30代 女性
星名さんに同情した。切ない気持ちがつたわってきて結局依存しているのは今日子ではないのだと思った。

30代 男性
星名さんちょっと可哀そう。同情します。

40代 女性
きょどこの誤解を生みそうな行動を指摘されても仕方無い。全部自分の中で解決しようとして、周りの気持ちを汲み取らないから。甘える部分があれば周りの気遣いが空回りしないんじゃないかなー。

30代 男性
誤解されながらも少しずつ自立していく小川の姿と真っ直ぐな吉崎との関係がすごくよかったが別れ話を聞くまではちょっとって言う感じ

20代 男性
ぐじゃぐじゃになってきたので最終回が楽しみです

30代 男性
心が通じるってよくも悪くもだなぁと改めて思いました。ちょっとリアルすぎた。

30代 女性
最後のお互いの気持ちが分かりすぎて辛かった。。。

きみが心に棲みついたネタバレ最終回

今日子を解放して下さい!

吉崎(桐谷健太)と別れた今日子(吉岡里帆)。星名(向井理)は帝光商事へ戻り停職処分を受け、連絡がない。今日子を縛り付けていたストールを全て捨てた。母親と星名から解放され自由になった今日子は1人になった。

吉崎とは別れたが、今日子は以前のように落ち込まず前向きに仕事に取り組んでいた。一方、吉崎は仕事に集中できずにいた。スズキ(ムロツヨシ)は2人が別れたことに驚いた。吉崎は「まだ1つやらなきゃいけないことが残ってますけど…」と言った。

翌日、会社に星名の姉から「母親が倒れたが、星名と連絡がつかず困っている」と連絡が入った。心配した今日子は、星名の母親(岡江久美子)が入院している病院にお見舞いに行った。母親は末期がんだった。星名には知らせないで欲しいと言う母親。「後で知ったら星名さん悲しみます。」と言う今日子。「辛い思いばっかりさせてきたからせいせいすると思う」と言う母親。今日子は「黙っていなくなるのは勝手だと思います」と言った。母親は、自分が漣の味方になってあげられず、ろくでもない人生だったが、漣が生まれてきたときは本当に幸せだったと話した。そして、「病気のことは黙ってて。もしそれであの子が憎むんだったらそれでいい。」と今日子に懇願した。今日子は「親を憎みたい子どもなんていません。星名さんだ可哀想です。」と言った。母親は今日子に「優しいのね」と言い、星名の周りに今日子がいてくれてよかったと言った。母親は「あの子、人を好きになったり誰かに恋をしたことがあるのかしらね…あって欲しい。」と涙を流した。今日子は名刺を手渡して病院を後にした。

吉崎は星名のマンションを訪ねた。会社の聞き取り調査で今日子が自分を庇ったことを知った星名。吉崎は「今日子を解放して下さい。」と頭を下げた。星名は今日子に昔から付きまとわれて、何かある度頼ってきて迷惑していると言った。しかし吉崎は、頼っているのは星名の方だ、今日子に依存している、今日子がいないと生きていけないんじゃないですか?と指摘した。ごまかそうとする星名に吉崎は「結婚するんです。だからもう彼女の人生から消えて下さい。彼女のいない人生で生きて下さい。」と言った。凍りつく星名。そして「うぜーんだよ!!!」と言った。しかし吉崎は冷静に言い返し、星名もぽつりと「末永くお幸せに。」と言った。

今日子はCM撮影の取材に来たスズキと話した。スズキから、吉崎の名前を聞いて動揺する今日子。スズキは吉崎が仕事中も上の空で、それだけ真剣に付き合っていたのでは?と話した。そして「恋って苦しいけどいいですね、どんな恋も素晴らしい」と言った。今日子は自分が失恋したことを思い知った。ただ頼っただけじゃなく、ちゃんと恋だったと気付いた今日子は涙を流した。

今日子は星名にお母さんに会いに行ってと連絡した。自分は母親に会いに行って思っていることを伝えて変われたから、星名も…と伝えたが、電話が途切れてしまい、以降、星名とは連絡がつかなくなってしまった。

練炭自殺!?「星名さんのために生きられないし死ぬこともできません!」

星名に連絡が来た。放心する星名は携帯を水に沈めた。

翌日、今日子に星名の姉から連絡が来た。星名の母親が亡くなったが星名と連絡がつかず、居場所を知らないかと言われた今日子は、慌てて星名を探し回った。大学の部室にたどり着いた今日子はドアをこじ開けた。星名は大学の部室にいた。窓やドアを目張りして、練炭自殺をしようとしていた星名。星名は今日子を道ずれにしようとした。星名は人を殺すのは2回目だと言った。

星名の父親がいつものように母親を罵っていた時、星名は父親を刺した。愕然とする母親。星名は「お母さん、本当のことを言って。お母さんの中にいる悪魔がやったんだよね?」と言った。母親は罪を被った。

今日子は星名を抱き締めた。そして母親がお見舞いに行った時話したことを伝えた。星名は涙を溜めて今日子の背中に手をまわした。今日子は「私は星名さんのお母さんじゃありません。星名さんのために生きられないし死ぬこともできません。ただ、助けに来たんです」と伝えた。手を緩める2人。「うぜえな」と優しい顔で呟く星名。その瞬間、星名は倒れた。慌てる今日子だったが、今日子も気を失った。そこへ、吉崎と牧村がドアを破り助けに来た。

病院で目を覚ました今日子。堀田(瀬戸朝香)は八木(鈴木紗理奈)がGPSで見つけたと嘘をついた。今日子は星名を探したが、星名は病室から姿を消していた。

それぞれの「きみ」が心に棲みついた

1年後、スズキの「俺に届け響け!」が日本漫画大賞に輝いた。授賞式でスズキは担当編集者である吉崎を「彼が僕の味方で居続けてくれたから、僕は書いてこれた」とスピーチした。感無量の吉崎。授賞式後、スズキはもう1人感謝を伝えたい人がいると言った。吉崎はそれが今日子だとすぐに分かった。今日子の話を嬉しそうにする吉崎を見て、スズキは「彼女、もしかして(心に)棲みついちゃってます?」と言った。すると、吉崎は足元に落ちていたパンプスを拾い上げた。そのパンプスは今日子の物だった!!視線の先には転んで「君に届け響け!」をぶちまけていた今日子がいた!!見つめ合う2人。

吉崎と今日子は結婚式をした。祝福され幸せそうな2人。今日子の母親も文句を言いつつも出席した。そこへ届いた花束の祝電。そこには「HAPPY WEDDING キョドコのクセに」と書いてあった。動揺する今日子と吉崎だった。

きみが心に棲みついたネタバレ最終回の感想

今日子、ちゃんと好きな人と結ばれて良かった(T_T)そして、星名さん生きていてよかった。やはり父親を刺したのは星名さんだった。親に愛してもらえなかったのは本当に哀れです。星名さん、親に愛してもらえたら全然違う人生だったんだろうなぁ。歪んだ愛し方しか知らずに今日子に母親への恨みをぶつけたり、無償の愛を望んだり…星名の心には今日子が棲みついていたんですね。星名さんが幸せになれる日はいつ来るのかな…。

きみが心に棲みついたの最終回の見逃し配信の情報

きみが心に棲みついたの最終回を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング