家族の旅路の8話はHuluやdtv、fodなどのオンデマンドで見ることはできないのか?

はい、可能です!無料お試しを使えば0円で見ることができますよ

家族の旅路8話を見る賢い方法とは?詳しくこちらに解説します。

どこのオンデマンドで見ることができるか紹介します。

<スポンサーリンク>

ドラマ「家族の旅路」8話の予告ムービー



<スポンサーリンク>

家族の旅路はHulu?それともdTV?どこで見れる?

ドラマや映画のネット配信サービスが今、人気です。

しかも、最初の1ヶ月は無料というところが多く

見逃した方にはぴったりで、使わない手はないです。

じゃあ、どこのオンデマンドで見れるの?

調べました!

↓↓↓

8話を今すぐ無料で見る方法をまとめました!

↓↓↓

家族の旅路の見逃し8話のネット配信を無料で見る!

家族の旅路はフジテレビ制作なので、フジテレビオンデマンドで見ることができます。

1ヶ月無料お試しを使うと、なんと無料で見ることができますよ!

フジテレビオンデマンドのお試しの利用方法は簡単!こちらにまとめました

↓↓↓

ドラマ「家族の旅路」8話のストーリー

日本では、死刑執行命令が下されてから5日以内に死刑が執行される。

無論、本人に事前の通告は無く、当日の朝午前9時~9時半ころに

呼び出されそのまま刑場へ連れていかれることになる。

それまでおとなしく収監されていた死刑囚でも、

いつもと違う廊下の角を曲がった途端取り乱し、

刑務官に縋り付き命乞いをする例も珍しくはない。

 柳瀬光三(遠藤憲一)はその時を心待ちにしていた。

死刑になることこそが心の償いなのだと30年間の拘置所生活で確信していたのだ。

しかし、実の息子を凄惨な殺人現場に置き去りにし、

他人の子と入れ替えたことの罪は、成長した息子と再会した今、

はたして死刑で償えるのだろうか。死んだほうが楽だから、

真実に苦しむ息子と真正面から向き合う現実から逃げようとしているだけではないのか。

 その置き去りにされた息子、30年間別人として人生を歩んでしまった浅利祐介

(滝沢秀明)は、父がこのまま望みどおりに死刑に処されることなど

決して認められはしなかった。 生きて、生きて苦しみぬくことが

本当の償いなのだ。しかし、一度下された死刑判決はおろか、

死刑執行命令などそう簡単に覆せるものではない。

所長の澤田陽一郎(片岡鶴太郎)とともに奔走するが時間は過ぎてゆくばかりだ。

 死刑執行命令が下されてから5日目の朝、万策尽き果てた祐介は一人、

法律事務所で胸の弁護士バッジを静かに外した。

父・柳瀬の無実を明かし、生きて本当の償いをさせることこそが

自分の使命だと感じていた祐介だが。午前9時半、

そんな祐介に追い打ちをかけるように事務所の電話が鳴り響いた!

家族の旅路8話の感想


昔のドラマに描かれていた死刑判決を受けた人間が、

恐怖の中を過ごすものがありましたが、死刑執行の命令されると

5日以内に突然行われ、最後に死刑囚に対して突然に命を

奪われる事の恐怖を体験させるような制度とわかりましたが、

このドラマの殺人をしていない死刑囚の柳瀬光三(遠藤憲一)が、

自ら死刑を望むという、してはいけない不純な考えに気付き奔走する、

浅利祐介(滝沢秀明)と弁護士事務所の所長の澤田陽一郎

(片岡鶴太郎)の姿を考えると法律というものが、人を見ているというよりも、

事務的な書類が正しく書いてあるかを見ているだけに感じられ切なく思いました。

ここまで犯人ではない証拠があるのに、動かないとは司法の役割とは何なのか疑問に思ってしまいます。

家族の旅路 8話以降はどうなる?


深夜のドラマとしては、出演者の俳優の方々が演技力が高く

豪華で贅沢のように感じていました。

現実の社会でも、冤罪事件という事が起こっているので描く

意義があるように個人的には思えました。

よくできた物語で、主人公の感情の振れ幅がここまで凄すぎるのは

今までに見たことが無く、久しぶりに現代ヒューマンドラマで新鮮に感じました。

できることなら、もう少し時間を掛けて主人公の祐介を中心に、

それぞれの心の情景を描いて欲しかったように感じています。

家族の旅路 見逃したくない8話の視聴者の意見


30代 男性
本当に死刑になるの? その後どういう展開を迎えてくのか先が読めない。

30代 男性
事務所に鳴り響いた電話は死刑中止の知らせなのか。
死刑にして本当に良いのか?

30代 女性
柳瀬に死刑執行されるのか気になりますが、実の息子の浅利は複雑な心境。
タッキーはトレンディなものよりも、こういうちょっと時代遅れなシリアスなドラマが似合う。

家族の旅路の相関図


※タップして拡大

家族の旅路のキャスト

浅利 祐介・・・滝沢 秀明
河村 礼菜・・・谷村 美月
河村 あかね・・・横山 めぐみ
浅利 孝信・・・益岡 徹
浅利 由美子・・・いしのようこ
桜井 良太・・・長谷川 純
花木 重彦・・・目黒 祐樹
河村 真二・・・小林 タカ鹿
松枝 栄二郎・・・石丸 謙二郎
津村 佐智子・・・朝加 真由美
澤田 陽一郎・・・片岡 鶴太郎(特別出演)
柳瀬 光三・・・遠藤 憲一

家族の旅路の原作はあるの?

小杉 健治さんの作品で

『父と子の旅路』(双葉文庫)がもとになっているそうです。

原作は父と子の旅路なのですね。

ドラマでは家族に変更されています。

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング