このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはホリデイラブネタバレの6話です。

前回は・・・
あるできごとから純平への思いに気づかされた杏寿は、再び夫と絆を結び直そうと決意。
ハッピーエンドに思えた矢先、純平に異常な執着を持つ里奈の策略によって、杏寿は公私ともに大ピンチの状況に。
このまま杏寿は仕事も家庭も失ってしまうのか―—。

ドラマ「ホリデイラブ」のあらすじには6話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

ホリデイラブあらすじ6話



自分以外の男と一線を越えそうになった妻・高森杏寿(仲里依紗)を、頭の中では許すべきだと分かっていても、そう簡単に気持ちの整理がつかない純平(塚本高史)。そこへ、浮気相手だった井筒里奈(松本まりか)が夫・渡(中村倫也)に追い出され、転がり込んできた! 里奈はありったけの言葉で純平への愛をぶつけ、すがりつくが、純平は頑なに拒絶。ショックを受けた里奈は、泣きながらその場を後にする。だが、そのままおとなしく引き下がらないのが里奈の恐ろしさ…。無垢な素振りで、今度は純平の同僚たちを巻き込み、鳥肌の立つ策略を実行し始める!

 一方、杏寿が経営するネイルサロンは相変わらず、予約のキャンセルが相次ぐ。杏寿を“不倫中のゲスい人妻”と揶揄するメールと写真が、常連客宛にばら撒かれたからだ。しかも、客の中にはママ友たちもいたため、事態はさらに悪化。何の罪もない娘・七香(渋谷南那)までもが、保育園で仲間外れのターゲットにされてしまう! この状況に心を痛め、母親として責任を感じる杏寿。やがて彼女は“ある決意”をする――。

 時を同じくして、春田龍馬(平岡祐太)は親友である杏寿を陥れようとした人物を特定しようと奔走。経営者・黒井由伸(吉田ウーロン太)になりすまし、杏寿を口説こうとした男が志賀拓巳(山田裕貴)だと突き止め、本人に直接会いに行く。すると、驚愕の事実が判明し…!

<スポンサーリンク>

ホリデイラブネタバレ6話

自分以外の男と一線を越えそうになった妻・高森杏寿(仲里依紗)を、頭の中では許すべきだと分かっていても、そう簡単に気持ちの整理がつかずに悶々と悩む純平(塚本高史)。

そこへ、浮気相手だった井筒里奈(松本まりか)が夫・渡(中村倫也)に追い出され、転がり込んできた。 

里奈はありったけの言葉で純平への愛をぶつけ、すがりつくが、

「今までのことは大きな間違いだったと思ってる。きみと一緒になるつもりはない」

「ごめんなさい。俺のことはもう、忘れてください」
と、純平はきっぱりと拒絶。

ショックを受けた里奈は、泣きながらその場を後にする。
だが、そのままおとなしく引き下がらないのが里奈の恐ろしさ…。

所長にかけあってパートを続けた挙げ句、あえて純平と自分との不倫が社員たちに気づかれるように社内でふるまうのだった。

東京に転任する純平の代わりとして赴任してきた斉藤は、この人事にひどく不満げな様子。
本社に戻りたいがために、純平の足を引っぱろうと、彼が里奈と不倫をしていると社内に言い触らす。

次第に純平は社内で追いつめられていく。

一方、井筒家では、逆上して里奈を追い出した夫・渡(中村倫也)が「パパ嫌い! ママがいい!」と二人の子供に背かれ困り果てていた。

東京の高森家では、杏寿が経営するネイルサロンは相変わらず予約のキャンセルが相次いでいた。

杏寿を“不倫中のゲスい人妻”と揶揄するメールとホテルでの密会写真が、常連客宛にばら撒かれたからだ。

しかも、客の中にはママ友たちもいたため、事態はさらに悪化。
杏寿のことはもちろん、何の罪もない娘・七香(渋谷南那)までもが、保育園で仲間外れのターゲットにされてしまう。 

この状況に心を痛め、母親として責任を感じる杏寿。
しかし彼女は落ち込むばかりではなかった。

「愛する人を失いたくないなら、戦わなきゃ」

親友の春田龍馬(平岡祐太)に言われた言葉を思い出し、これからも続いていく人生、七香を幸せにするために強くなることを決意する。

杏寿は純平を待ち、自分の足で歩いて行くために就職活動を始めるのだった。

時を同じくして龍馬は杏寿を陥れようとした人物を特定しようと奔走。

経営者・黒井由伸(吉田ウーロン太)になりすまし、杏寿を口説こうとした男の素性を突き止め、本人に直接会いに行く。

龍馬が向かった先は六本木のバー。
そこでバーテンをしていたのが、ニセ黒井こと、志賀拓巳(山田裕貴)だった。

「ルニエールの黒井さん? 井筒里奈とグルなんですか? 杏寿はもうぼろぼろなんです。本当のことを全部話してください」

顔色が変わるバーテン・志賀。

里奈に弱みを握られている志賀は、無理矢理協力を求められたのだと白状した。
やはり里奈が仕組んだ罠だったのだ。

里奈のしわざと知った杏寿だが、その誘惑に乗った自分も悪かったと反省。

そして杏寿は、純平に手紙を書く。
手紙にはニセ黒井に心も体も奪われそうになったしまったことへの謝罪と純平への変わらぬ愛情、強くなるという決意、そして七香の卒園式の日程が記されていた。

しかし、純平の会社に届いた杏寿の心を込めた手紙は、あろうことか里奈に勝手に開封され破り捨てられてしまう!

里奈の汚いやり方で、二人の心はまたもやすれ違ってしまうのか。

そして里奈は社員たちの前で
「すべてをお話します」
と告げるが……。

ホリデイラブネタバレ6話の感想

あーっ、杏寿が一生懸命書いた手紙が破られてしまった!
ちょっといくらなんでもひどいんじゃない、里奈? 
けっこうどん底の高森家だけど、最終話までにハッピーな展開になれるのでしょうか。

ホリデイラブの6話の見逃し配信の情報

ホリデイラブの6話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

ホリデイラブネタバレ6話の登場人物

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング