このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはファイナルカットネタバレの3話です。母のための復讐がはじまるネタバレ3話です。ドラマ「ファイナルカット」のあらすじには3話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

ファイナルカット3話の予告動画

ファイナルカット2.5話 チェーンストーリー

gyaoで2話と3話を結ぶチェーンストーリーが公開されていますね。

ドラマをもっと深く楽し見たい方は、無料ですのでチェックしてみて!

ファイナルカットネタバレ3話のあらすじ

慶介(亀梨和也)は、高校生の頃、あるテレビ番組をきっかけに母・恭子(裕木奈江)を女児殺害事件の犯人扱いされ、無実の罪で亡くした男。12年後、警察官になった慶介は、母を死に追いやった番組関係者に次々と“ファイナルカット”という致命的弱点を捉えた映像を突きつけて制裁し、“ある目的”のために言いなりにしていく。人気司会者・百々瀬塁(藤木直人)率いる番組「ザ・プレミアワイド」は当時、なぜ警察よりも早く恭子への犯人扱いを始めたのか?慶介はプロデューサーの井出(杉本哲太)、ディレクター真崎(水野美紀)を問い詰めるも、「番組の方針で」という曖昧な答えしか得られないでいた。

ストーリー | FINAL CUT(ファイナルカット) ストーリー | FINAL CUT(ファイナルカット)
ある日、慶介は、12年前に番組ADだった現ディレクターの小池(林遣都)が、ネットの中で“神”扱いされていることを知る。昔は報道志望だったものの、今や小さなネタばかり追いかける“暇ネタ”担当になっている小池が、職場とは全く別の顔を持つことを知った慶介は、大地(髙木雄也)と共に、今回のターゲットとして小池の動向を追い始める。 そんな中、小池は、ある中学校で生徒に暴言を吐いた女性教師・沢渡(関めぐみ)を取材し、話題を呼ぶ。しかし、その結果、沢渡は世間から厳しい目を向けられることに。そして、第2弾放送の前に、予想外の展開が起きた小池は、良心と誤報のはざまで岐路に立たされることに…。

ストーリー | FINAL CUT(ファイナルカット) ストーリー | FINAL CUT(ファイナルカット)
一方、慶介は、12年前の真犯人と疑う男の妹、雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)にも接触を続けていたが、雪子から「兄が死んだ」と衝撃の告白を受けて…。

<スポンサーリンク>

ファイナルカットネタバレ3話の登場人物

ファイナルカットネタバレ3話

高田が事件現場の担当だったという事実

上司の高田に12年前の事件の関係者であることが知られていた慶介。高田は「身上書を見てピンときた。12年前の現場にいたから。君はこの事件を調べに来たのかな?」と聞かれ慶介は「すみません、中村は父方の性です。いつか母の事はお話ししなければと思っていた。小田原祥太が真犯人ではないかと…」と言った。しかし高田は「目撃証言もある。遺族も苦しんだ、苦しいのは君だけじゃない…。まぁほどほどに」と言い慶介のもとを去った。
すると大地から電話がかかってきた。内容は〝運営するサイトに面白い書き込みが来た″というものだった。調べてみるとサイトに書き込みをしたのはザ・プレミアワイドでディレクターをしている小池悠人(林遣都)だった。

次のターゲットは小池

小池悠人はネットの中では神扱い受けていた。小池は仕事上で手に入れた個人情報をネット上でばら撒いていた。小池は12年前慶介の母親の葬儀に来ていて、その葬儀風景や、慶介の母親の遺体など何でもいいからとビデオ撮影しようとしていた過去があった。慶介は小池に罰を与えることに決めた。
ザ・プレミアワイドは名門中学校の裏口入学について裏付け、資料集めをしていた。小池はSNSから〝中学校で暴言教師がいる″という情報を聞きつけた。
小池は中学校に直接訪れたり、先生に意見を聞いたりして回っていた。小池が会議で提案すると百々瀬は「いいネタ取ってきた、ブラック部活のネタで行こう」と報道することを決めた。

中学校で起きた事件の真相

報道を受け中学校はマスコミの餌食となった。報道はさらに熱を上げ連日報道されていた。慶介は暴言を吐いたとされる先生の元へ訪れ「力になります」と言った。先生は「あの言葉を言ったのは本当です」と言った。慶介は何があったのか尋ねた。真相は「いじめをしている生徒へ注意した際、反抗してきた生徒へ思わず吐き捨てた言葉だった」と。慶介は「この事実を公表しないのか?」と聞いた。先生は「これ以上ことを大きくしたくない、暴言を吐いたのも事実だし責任はある。守るならどうか生徒を…」と言った。
この事実は我慢できなくなった生徒の1人が小池にも「みんなで立てた計画なんです、これ以上先生を苦しめないで」と伝えていた。小池はどうしたらいいか困っていた。そんな時百々瀬に「大丈夫だろうな、裏、取れているだろうな?」と聞いた。小池は思わず「はい」と答えた。しかし百々瀬は小池の様子で報道できないと判断した。小池は「すみませんでした、直前に生徒たちの虚言だったと知りました」と頭を下げた。小池は虚言を行った生徒たちの故人情報をネットでさらそうとしていた。慶介は間一髪とめ、小池を呼び出した。

小池に接触する慶介

慶介は小池に会い、小池のしているすべての事を知っていると告げた。自分のしたこと全て知られていると知った小池は慶介に怯えた。そして話していくうちに小池は慶介の事を想いだした。慶介は小池に「何で母を事件当初から犯人扱いした?何で調べなかった?」と聞いた。小池は「調べた、なのに上に却下された」と言った。慶介は「事実を全部調べろ」と怒鳴った。
突然雪子が慶介に会いたいと言った。慶介が事情を聞くと「兄がいなくなって7年、死んだことになる手続きをする」と打ち明けた。慶介は雪子にそっとキスをした。

ファイナルカットネタバレ3話の感想

今回も見事な復讐劇でした。見ていてスッキリしました。意外だったのが、百々瀬が裏取りが出来ていないと感じ報道を中断したことです。視聴率の為なら多少のでっち上げでも報道するかと思っていましたが、今回は違いましたね。そして少しずつ12年前の事件についても真相が見えてきましたね。最後の雪子の言葉の「兄が死んだの」には驚きました。失踪のようですね、いつか慶介が真犯人に直接会って母の敵を討つことが出来るのでしょうか?とても気になります。

ファイナルカットの3話の見逃し配信の情報

ファイナルカットの3話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング