このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはファイナルカットネタバレの1話です。母のための復讐がはじまるネタバレ1話です。ドラマ「ファイナルカット」のあらすじには1話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

ファイナルカットはどんなドラマ?

母のための復讐×許されざる恋
メディア新時代に斬りこむ、切なくも痛快な復讐劇が幕を開ける。

誰もがSNSなどで映像を発信できる“コンテンツメーカー”となり、
指先ひとつで簡単に誰かを傷つける「加害者」にも「被害者」にもなり得る今、
“メディア”に人生を翻弄されてしまう人々がいる――。
中村慶介は、ある女児殺害事件で母親を犯人扱いされ、亡くした過去を持つ男。
12年後の現在、慶介は事件の真犯人を探し出し、母を追い詰めた者たちへの復讐に動き始める。

復讐の矛先が向けられるのは、当時、先陣を切って事件の取材・放送に関わったテレビ番組の司会者、スタッフたち、
そして事件の真相の鍵を握る姉妹。慶介の行動を鋭く見つめる12年前の捜査関係者。
慶介は、素性を隠してターゲットに近づき、
公開されるとその人の人生が終わる致命的な映像“ファイナルカット”を突きつけることで、
彼らを「ある目的」を達成するため、言いなりにしていく。
しかし、姉妹に近づくうち、慶介は初めて人を深く愛してしまう。
それが復讐のシナリオに狂いを生じさせていくことに…。

はたして、事件の真犯人は誰なのか? 慶介の復讐に隠された「ある目的」とは?
そして、許されざる恋愛の行方は――。

母親の冤罪を息子が晴らす、次々と母親を陥れた関係者に復讐するドラマでありながら

復讐のために近づいた女性に恋をしてしまうストーリーでしょうか!?

割と定番な設定ですが、この定番こそが一番面白い設定だと思います。

昔、草彅剛さんの嘘の戦争も同じように家族を殺された子供が立派な詐欺師となって日本に帰ってきて復讐をするという内容でした。

少し設定は似ていますが、このファイナルカットはSNSや人生が終わる映像を突きつけるというところが面白いですね。

栗山千明さんが、今までの意地悪な女性や男勝りなイメージとは違う、女性らしい役に挑戦するところもみどころのひとつかと思います。

ファイナルカット1話の予告動画

ファイナルカットネタバレ1話のあらすじ

12年前、中村慶介(亀梨和也)の母・恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害された。警察による捜査が進むなか、百々瀬塁(藤木直人)が司会を務めるワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』は、恭子がまるで犯人であるかのように事件を取り上げた。番組がきっかけで、世間からの誹謗(ひぼう)中傷にさらされ、次第に追い詰められた恭子は、ついに自ら命を絶ってしまう――。

その後、12年の時を経て、美術館で働く小河原雪子(栗山千明)は、絵の勉強をしているという男性と出会う。妹の若葉(橋本環奈)が思いを寄せてデートを繰り返している相手とは知らず、好感を抱く雪子。しかし、その男性の正体は、それぞれ素性を隠して姉妹に近づいた慶介だった……。

慶介は幼なじみの野田大地(髙木雄也)とともに、メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトを立ち上げていた。そんな中、娘の心臓移植のために『ザ・プレミアワイド』の取材を受けたという母親・江藤喜美子(矢田亜希子)からの相談が寄せられる。事実と異なる内容に編集され、放送されたという喜美子は、プロデューサーの井出正弥(杉本哲太)のごう慢な対応についても困惑していた。かつて、井出、真崎久美子(水野美紀)、小池悠人(林遣都)、皆川義和(やついいちろう)らに苛烈な取材攻勢を受けた慶介は、再び同じ過ちを繰り返す井出を陥れるために動き始める。

一方、新宿中央署では、12年前の事件の捜査資料を見ている副署長の高田清一郎(佐々木蔵之介)の姿があった……。

そしてついに井出との対決の時を迎える慶介。そこで突きつける、公開されると井出の人生を終わらせる映像――“ファイナルカット”とは?

<スポンサーリンク>

ファイナルカットネタバレ1話の登場人物

ファイナルカットネタバレ1話

12年前の事件

中村慶介(亀梨和也)の母親早川恭子(裕木奈江)は「ルミナスキッズ」という保育園の園長をしていた。恭子は女で1つ、慶介を育て上げた優しい母親だった。そんなある日恭子の園に通っている園児が殺害されるという事件が起こった。世間やマスコミは恭子が犯人ではないかと憶測し、犯人だと決めつけるような報道を連日行っていた。その中でも〝情報番組「ザ・プレミアワイド」″は恭子が犯人かのように報道し続けた。精神的に参ってしまった恭子は自宅のお風呂場で自ら手首を切り自殺を図った。

真相を明かし復讐を決めた慶介

慶介は母親を自殺に追いやった女児殺害事件に関係している人物へ接触を図り、復讐しようとしていた。慶介の復讐を幼馴染の野田大地(高木雄也)が手伝っていた。
そんなある日「ザ・プレミアワイド」の編集作業に対する不満を持っている人物から慶介が管理人をしているWEBサイトに連絡が来た。慶介は話を聞いて「僕にお任せください。」と告げた。
早速慶介と大地は行動に移した。大地はテレビ局へ侵入しプロデューサーの井出正弥(杉本哲太)の机や様々な場所に隠しカメラを仕掛けた。井出は昔慶介に「お辛いですよね、お気持ちお察しします、あなた方の力になりたいんです。」と言い近づき裏切っていた人物だった。
そんな時井出は自分が尾行している事に気が付いた。けれど井出は慶介が恭子の息子だとは気が付かず自分の番組の事を探っている人物だと思っていた。

ついにプロデューサーの井出に接触

慶介に依頼を頼んでいた人物はテレビ局の井出の元へ出向き謝罪をお願いした。情報番組のせいで病院の先生が1人辞めることになってしまったからだ。しかし井出は事実を放送しただけだからと言い張った。さらには「今揉め事を起こしたら手術を受けられなくなりますよ。」と脅すような事を言った。
慶介は井出の携帯に「渡したいものがあるから」と呼び出しをした。そして1つのメモを手渡した。そして作ったビデオを流した。そこには井出の本性が映し出されていた。
「何のためにこんなこと。」という井出に対し「12年前…。」といい慶介は語りだした。慶介の話を聞いた井出は「お前…あの時の。」と気付き全てを察した。
慶介は「あんたらは何も知ろうとしなかった、容疑者でもないたった一人の母親。」と涙ながらに語った。「何で母を犯人だと決めつけた?」と聞くと井出は「決めつけたわけじゃない、ただ番組の方針で。」と言った。慶介は「他に怪しい男がいただろう。」と怒鳴ると井出は「知らない、何も知らない。」と言った。慶介は「また頼みに来る、お前は断れない、この映像がある限り。」と言った。「俺がお前の人生を編集する、ファイナルカットだ。」とも。慶介は新宿中央署の刑事として事件の資料に目を通すことが出来た。資料室で資料に目を通しているところに上司の高田清一郎(佐々木蔵之介)がきた。「気になるか?」と聞かれ慶介は〝先輩から聞いた″と事件の事を話し始めたが高田はあまり事件については話したがらない様子だった。慶介は資料が破かれていることに気付いた。そして〝どんな手を使ってでも真相を暴いてやる″と心に決めた。

ファイナルカットネタバレ1話の感想

亀梨君の主演ドラマのファイナルカット、ついに始まりましたね。共演者の方々も豪華面々で始まるのがとても楽しみでした。ミステリーサスペンスな感じのドラマなのでわたしはとっても好きな物語で感じです。1話も拡大放送でしたがあっという間に感じました。テレビ局の不正を暴くというのは今までにないようなドラマだと感じます。今後どのような展開になるのか、非常に楽しみです。ファイナルカットから目が離せませんね。

ファイナルカットの1話の見逃し配信の情報

ファイナルカットの1話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング