このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはBG身辺警護人ネタバレの4話です。ドラマ「BG身辺警護人」のあらすじには4話のネタバレが含まれますので注意。

橋から落ちかけたのが、完全にCG丸出しだったのは、げんなりしましたが

どうなるのか?ハラハラしましたね。BGの4話ではまたしても、大臣のボディガードです。

何かとキムタク演じるアキラが、偽装誘拐に気づいたり、橋から落ちないように早業で手錠を手すりにかけたり

ちょっとかっこよすぎじゃないですか?

ツイッターのつぶやきを見ていたら、その辺のツッコミが多かったですね。

斎藤工と仲が悪いですが、アキラに対して今後、何をしようとしているのか何を企んでいるのか?

あと、SPの江口洋介は何であんなにボディーガードを嫌うのか

これから明らかにされるのでしょうか?

BGの4話では大臣のボディーガードが極秘任務です。

またしても、SPの目を盗んで大臣がボディーガードを頼るから、キムタクとSPの仲が悪くなるじゃないですか。

それにしても、菜々緒がだいぶ脇役ですね。

菜々緒がメインのエピソードもそろそろ出てきてもいいような気がします。

4話では、中尾彬が医師会のドンとしてゲスト出演するようですよ

石田ゆり子のボディーガードの依頼がありましたが

まさか、中尾彬とのスキャンダルですか?

年の差ありすぎでしょ?

気になる4話のあらすじは?


<スポンサーリンク>

BG身辺警護人の予告動画

BG身辺警護人ネタバレ4話のあらすじ

日ノ出警備保障の社長・今関(永島敏行)から「非常に重要かつ極秘の依頼が入った」と、村田(上川隆也)とともにある場所に呼ばれた章(木村拓哉)。ふたりはそこで、厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)から個人的な身辺警護の依頼を受ける。秘密裡に対立する派閥の長と会談を持つため、警視庁SPには知られることなく外出したい、と話す愛子。人間ドックに入る病院から抜け出し3時間以内に目的を果たして戻る…という非常に難しいミッションを受けることになり…!

任務当日、病院に到着した章たち。しかし会社で待機していた高梨(斎藤工)は、「対立派閥の長との会談」という愛子の外出理由は嘘なのではないかと感じ、そのことを現場に知らせるようまゆ(菜々緒)に命じる。愛子の様子に不審な点を感じていた章は、本当の理由を教えてほしいと問うが…?

その頃、病院では愛子がいなくなったことが知られ、大騒ぎになっていた。SPの落合(江口洋介)は何かを隠していそうな愛子の秘書・坂上(桜井聖)から、愛子が結婚披露宴の招待状を持っていたこと、そして数日前に章ら日ノ出警備保障の人間たちと会っていたことを聞く。
愛子の本当の目的はいったい何なのか!?やがて落合率いる警視庁SPと章たちの直接対決に発展し…!?

<スポンサーリンク>

BG身辺警護人ネタバレ4話

立原からの依頼

「重要かつ秘密の依頼が入った」と、村田らが誰にも見付からずに向かったその先には大臣の立原がいました。
SPに知られずに対立派閥の長に会うためホテルへ行くための警備を依頼されます。
密会の日は人間ドックの予定が入っており、病院の院長とは親しいため、抜け出してまた戻るという計画でした。

依頼当日

そして当日、立原は担当SPを強引に待合室で待つよう指示を出すと、検査室から裏口を通って章と合流し、車へと乗り込みました。

その頃待機中の高梨は、立原の対立派閥の長は地方に出掛けていること、指定のホテルは吹き抜けで見通しがよく密会向けではないことに気付いていました。

高梨からの連絡を受け、何のためにホテルへ行くのかと改めて尋ねる村田に、立原は密談ではなく実は密会であることを話しました。
独身の立原に対し、密会の相手は既婚者、バレてはいけない密会なのだと言います。

それでも不審に思う章は、完璧な警護のために本当の理由を知りたいと言い、立原は相手と初めて一緒に過ごしたのが5年前の今日だったこと、節目である今日、別れを告げるつもりなのだと言いました。

車がトンネルに差し掛かると、突然道路が渋滞してきました。
高梨からの連絡で、トンネルの出口で検問が行われていることを知ります。
立原が日の出警備保障の警備員と姿を消したことに気付いた警察が根回ししたのでしょう。

ホテルへ連れていいて欲しいという立原の強い意志を確認した村田は、任務の遂行を決意しました。

検問の先には立原の前任のSPである清田が待ち構えていました。
日の出警備保障の車を見付けた清田が後部席を確認しますが、そこに立原の姿はありませんでした。

その頃、立原と章は車を降りて、徒歩で避難通路からトンネルの外へ向かっていました。
警備員の仕事をしていた章は、トンネル内部の構造に詳しくなっていたのです。

自分のために必死に動いてくれる章を見て、立原はついに本当のことを話し始めました。

娘に会いたい

「密会は嘘。娘に会いたい」と言う立原。

立原には、学生の頃に産んだ娘がいました。
しかし一度も抱くことがないまま、自身の将来のために養子に出したのです。
26歳になった娘は医師となり、今日は先輩医師との結婚式でした。
それまで一度も娘に会いたいと思わなかった立原ですが、結婚すると言う話を聞いて一目会いたくなってしまったのです。

立原のフォーマルな服装に違和感を持っていた章は、これを聞いてようやく納得がいきました。
「誰にでも人に言えない過去がある」と言うと、ホテルへと急ぎます。

無事に到着するが…

ホテルへたどり着くことが出来た章と立原は、目立たないよう1番後ろから式を見ようと教会へ入ります。
しかしそこには誰もおらず、落合が現れました。

式は30分延期になったと言う落合は、立原を病院へ連れ帰ろうとします。

立原は5分だけ時間をくれと頼むと、向かった先は新郎側の主賓である医師会の会長・崎山でした。

何度も面会を申し入れたが断られたためにここまで来たと話すと、自身の政策である出産一時金の法令を通すための話をする立原。
しかし崎山は独身のキャリアウーマンの話だと聞く耳を持ちません。

立原は、花嫁が自分の娘であることを打ち明けました。
子供を育てる事が出来なかったからこそ、子供達のために役立つ法案を通したいと訴える立原に、崎山はようやく「考えてみよう」との返事を出したのでした。

部屋を出た立原は章に任務の完了を告げると、落合とともに病院へ戻るために歩き出しました。

本当の任務完了

車に乗り込んだ立原に、章は駆け寄ると「任務は終わっていない」と、車を誘導しました。
そこからは、教会から出て来た花嫁の姿を観ることが出来ました。

幸せそうな娘の姿を見て涙ぐむ立原は、改めて章に「任務終了です」と言うのでした。

BG身辺警護人ネタバレ4話の感想

今回は1話からちょこちょこ登場している立原大臣の私的な警護をするというストーリーでした。
大臣ってあんなにプライベートがないんですね。
24時間SPがついているってびっくりしました!
実際がどうかはわかりませんが…。

今回は派手なアクションなどないものの、立原が無事に病院を抜け出すまではハラハラしましたね!
立原のしたたかな政治家だけではない一面も見ることができて良かったです。

章のプライベートでは、思春期の息子とのちぐはぐなやり取りがおもしろいですね。
息子役の子、以前織田裕二さんのドラマに出ていた子なのですが、大きくなっていて驚きました。
別れた奥さんが引き取ったけれど、再婚して居場所がなくなって?気を利かせて?章の元へやってきたとのことですが、息子の本心も気になります。
ついに章は息子のことで話をしようと元奥さんに電話をしていましたが…章ファミリーもみんな幸せになれると良いですね。

そして終盤で登場したのは章が以前担当していたサッカー選手ですね!
次週は章の過去が明らかになりそうです。

BG身辺警護人の4話の見逃し配信の情報

BG身辺警護人の1話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

BG身辺警護人ネタバレ1話の登場人物

BG身辺警護人ネタバレ4話のゲストキャスト

崎山 敬一郎………中尾 彬
医師会のドン

この記事を書いた人

koyamaster
ラブコメ、サスペンスどんなドラマも大好きです。 ネタバレ、あらすじ書いてます。読んでね!
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング