このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはBG身辺警護人ネタバレの3話です。アイドルの引退に見せかけた、誘拐事件という内容のネタバレ3話です。ドラマ「BG身辺警護人」のあらすじには3話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

BG身辺警護人の予告動画

BG身辺警護人ネタバレ2話のあらすじ

人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の自宅で自転車に放火される事件が発生。一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は捜査を開始する。
裁判官の行永には警視庁のSPが付くが、妻・亜佐美(大塚寧々)にはSPがつかないため、彼女の警護は章(木村拓哉)ら、日ノ出警備保障の身辺警護課が担うことに。しかし相変わらずSPの落合(江口洋介)は章たちを邪魔者扱いし、亜佐美は「武器も持たない一般人に護ってもらうなんて…」とボディーガードが付くことに難色を示すのだった。
夫の行永がSPたちに護られながら外出すると一転、亜佐美は章とまゆ(菜々緒)を小間使いのように扱い、食器洗いや玄関の掃除を命じ始める。さらに、外出したいという亜佐美のワガママに振り回されながら買い物を続ける中、章は亜佐美を監視する何者かの視線に気付き…?

やがて、亜佐美が夫に隠していた秘密の生活が見えてくる…。判決まで残り24時間!狙われているのは、夫か、それとも…!?

<スポンサーリンク>

BG身辺警護人ネタバレ2話

裁判官婦人の警護の依頼

「赤羽老人ホーム殺人事件」の担当裁判長行永の自宅で、自転車が放火される事件が起きました。
行永には警視庁のSPがつくことになり、日ノ出警備保障は行永から、妻・亜佐美の警護の依頼を受けました。

武器も持たない民間のボディーガードに不満を表す亜佐美は、食器洗いや玄関の掃除を命じます。
買い物へ行くという亜佐美は、高価な靴を買ったり、美容院へと向かいました。

章は亜佐美が隙を見て1人になりたがっているのでは?と推測します。

気付くと、美容院に亜佐美の姿がありません。
別口から出て行こうとする亜佐美をつかまえると、人に会いたいから1人にしてと言われました。

相手は不動産会社の営業マン・三上。
章が見守る中、楽しそうに会話をする亜佐美ですが、次第に神妙な顔つきになっていきました。

三上とトラブルになったのかと尋ねる章に、機嫌を損ねた亜佐美はクビを言い渡しました。

行永の狙い

章は行永にクビになってしまったことを報告しました。

すると、相手の人物について詳しく聞きたがる行永。
妻が男と会っていることを知った行永は、「正しさ」を求められる裁判官と言う仕事上、興信所を雇う訳にもいかず、ボディーガードを使って素行調査をしていたのです。
嫉妬からではなく仕事のために、家族にも倫理のある生活を求めている行永に、章は亜佐美の窮屈な思いを理解しました。

放火されたのが亜佐美の自転車であることから、狙われているのは亜佐美では?と考える章。
三上が「赤羽老人ホーム殺人事件」の関係者だとすると大変なことになります。
行永は亜佐美を帰宅させるように依頼しました。

消えた亜佐美

亜佐美はスーパーで買い物をしていました。

すると突然「痛い!」としゃがみこみ、人が集まってきます。
菅沼らがその対応に追われていると、気付くと亜佐美の姿が消えていました。

合流した章と共に、手分けして亜佐美を探します。

章は先程亜佐美が利用した美容室の階上にあるレンタルスペースへと向かいました。
亜佐美が美容室へ入る際に持っていた靴の袋が、出てきた時には持っていなかったことを思い出したのです。

1つだけ鍵の開いたドアを見付けて声を掛けると、亜佐美がいました。

亜佐美は窮屈な生活の逃げ場が欲しかったと話します。
こっそり買った物を隠したり、のんびり過ごしたり、裁判官の妻ではない自分になれる場所でした。

この場所は、三上に紹介してもらったという亜佐美。

三上の正体

その頃、身辺警護課の課長である村田は、行永と警察に三上について報告をしていました。

三上は1年前に行永が担当したストーカー事件の被害者家族でした。
判決後、再びストーカーが来るのではという恐怖のあまり精神を病んだ女性は、自殺をしました。
おなかには赤ちゃんがいました。
その女性の夫が三上だったのです。

自転車に放火したのは三上、過去の判決への逆恨みだったのです。

亜佐美が襲われる

章は亜佐美に、三上は嘘をついている、全て知った上で近付いたんだと話すと、ここは危険だと言いました。

ヒールの高い靴で上手く歩けない亜佐美を抱きかかえると、章はエレベーターへと急ぎます。

すると乗り込んだエレベーターが突然停止し、三上の声が聞こえてきました。
亜佐美には死んでもらう。自分の妻が死んでも冷静に判決出来るのか確かめたいという三上。

動き出したエレベーターが止まると、そこには金槌を持った三上がいました。
取っ組み合いになる章と三上、亜佐美はなんとかエレベーターから逃げ出しました。

再びエレベーターが動きだし、ドアが開くと、そこには連絡を受けた警察が待ち構えていました。
三上は警察に連行されていきました。

無事に帰宅した亜佐美。
この事件がきっかけで夫婦は本音で会話をし、亜佐美は行永を強く抱きしめました。

章が尾行される?

退社した章の後を付けてくる車がありました。

中から出てきたのは厚生労働大臣の立原でした。

立原はマラソン大会でのお礼を言うと、プライベートな警護をしてほしい。SPに知られずに会わなければいけない人がいると頼みました。

章は依頼は会社を通してほしいと伝えると、その場を去りました。

BG身辺警護人ネタバレ2話の感想

ボディーガードというのは、細かい所にまで気付けないといけないんですね。
亜佐美が持っている靴と買った靴の違い、捨てようとしていたチラシ、手に持っていたはずの袋がなくなっている…など、章の注意深い観察のおかげもあって、今回も無事に依頼を終えることができました。

このドラマはキャストがすごく豪華なんですが、主人公以外はあまり掘り下げられていないのでちょっと物足りないですね。
それぞれの登場人物の性格や背景がもう少し描かれるといいなと思いました。

高梨は章の過去の失敗に気付き、それを村田にも報告したようですね。
失敗すれば二度と現場に戻れないのがボディーガードの世界のルール。

章の失敗とは何だったのか?
そしてそれを知った高梨と村田はどうするのか?

1話完結にプラスして、その辺がどう描かれていくのか楽しみです。

BG身辺警護人の2話の見逃し配信の情報

BG身辺警護人の2話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

BG身辺警護人ネタバレ2話の登場人物

BG身辺警護人ネタバレ3話のゲストキャスト

坂東光英………西村まさ彦
人気タレント・かのんが所属する芸能事務所の社長。かのんが誘拐され、犯人から要求された一億円を運ぶため、章たちに警護を依頼する。

かのん………三吉彩花
CMから映画主演までこなす人気タレント。急に「引退したい」と言って姿を消すが、実は誘拐されていた。

 

この記事を書いた人

koyamaster

ラブコメ、サスペンスどんなドラマも大好きです。
ネタバレ、あらすじ書いてます。読んでね!

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング