BGボディーガードの動画2月22日放送を無料視聴できます。
オンデマンドサービスで無料があるからです、他の見逃したドラマもありますのでお得です。
2月22日に放送されたBGは6話になります。
動画をご覧になりたい方はこちらです。

<スポンサーリンク>

BG6話の予告動画

BG動画6話のあらすじ

 
 日ノ出警備保障に元内閣総理大臣の鮫島匡一(橋爪功)から警護の依頼が入る。通常、総理大臣経験者には警視庁のSPが警護につくものだが、政府の決定でSP警護は終了に。しかし自宅に再三、無言電話がかかってくることもあり、鮫島は民間の警備会社に警護依頼をしたのだった。

 村田(上川隆也)とともに鮫島の警護にあたることになった章(木村拓哉)は、鮫島の家の門柱に小石が4つ乗せられているのを発見する。総理在任中に恨みを抱いた者たちからの報復だろう、と話す鮫島。同時に、章は鮫島を監視する視線を感じ…?

 その後、民事党幹事長・五十嵐映一(堀内正美)の古稀を祝う会に出席する鮫島に同行した章たちは、そこで五十嵐の元秘書・植野(萩原聖人)が襲撃にやってくる現場に遭遇。男を取り押さえ、所轄署に引き渡した落合(江口洋介)だったが、章はその過剰とも思えるほどのやり方に疑問を…。

 その矢先、鮫島の孫・彩矢(豊嶋花)を警護していたまゆ(菜々緒)から、下校時刻を一時間以上経過しても彩矢が帰宅しないと連絡が入る。誘拐されたのではないかと、身辺警護課総出で周辺を捜索すると、公園で謎の男性と一緒にいる彩矢を発見! しかし沢口(間宮祥太朗)が、逃げた男の後を追うも、あと一歩のところで見失ってしまう! 鮫島を狙う人物とは? そしてその真の目的とは何なのか?

 そして同じ頃、章は、元妻の仁美から「私の警護をしてほしい」と依頼されていた。「誰かに狙われている」と話す仁美に、章は…!?

<スポンサーリンク>

BGの再放送情報は?

再放送はまだ発表されていませんでした。

木村拓哉主演ドラマはいつも高視聴率で面白いドラマになりますね。

再放送もあると思いますがまだ情報がありません。

 
再放送を待たなくて良い方法があります! 

BG6話を見る方法はこちら!

↓↓↓

BGの動画(2月22日放送)を無料で見る方法

BGボディーガードを見逃してしまっても、こちらの方法で動画が無料で見ることができます。

U-NEXTはあの大手のUSENが運営する国内最大級のオンデマンドサイトです。

たくさんのドラマの見逃し配信をやっていて、これほどドラマを取り揃えたサイトはありません。

 

なんと!31日間無料お試しをやっています!

 

過去に放送されたドラマもありますし、映画や海外ドラマも人気作品が見放題です。
 

 
※一部の有料作品は登録時の600ポイント(600円相当)を使えます

31日間ギリギリまで利用してやめることもできます!

ちょっとした裏技です!賢い人はやっている!

→U-NEXTでBG身辺警護人の見逃し配信を見る

U-NEXTで取り扱いがあるドラマ

2018年冬ドラマ一覧

ドラマ以外にも、映画や海外ドラマ、アニメ作品もたくさんあります。

※2018年1月10日現在の情報なので実際とは違う可能性があります、U-NEXTで直接お確かめください。

→U-NEXTでBG身辺警護人の見逃し配信を見る

BGの動画6話の放送日と時間

6話の放送日は、2月22日の木曜日 夜9時です。

BGの動画(2月22日放送)の視聴者のアンケート

BGの6話 の調査をしました!

6話で視聴者は何を思っているのでしょうか?

30代 女性
とらえにくい筋。元総理という「要人警護」に借り出されたり、元妻が出てきたり。でも、章は鉄板。すべてとは言わなくても、最良の解決をしてくれると安心して楽しめます。

20代 男性
総理の警備になるのでとてもすごいなと思う。 現実の総理の警備と同じなのか気になる。

40代 女性
鮫島、落合、植野の関係。鮫島を狙う犯人は誰なのか?

50代 男性
鮫島を狙う犯人の真の目的とは何なのか気になる。

30代 女性
鮫島を狙っているのは誰なのか。小石を置いたのは意味はあるのかな?

20代 女性
大臣の身辺警護は難しそうだが孫の誘拐事件のほうが気になる。

20代 男性
今回の大物警護者を守るにあたっていろいろと事が起きそうだからそのスリルに期待。

BGの動画(2月22日放送)の感想


民間の警備会社の警護課が、今度は何と元総理大臣の鮫島匡一からの護衛の依頼という事で、章たちの身辺警護の評判が良いという事なんでしょうね。

ただ、元総理大臣の警護は今までの人物たちよりも、恨みを持たれていそうで、章(木村拓哉)や高梨(斎藤工)や村田(上川隆也)たちは、大丈夫でしょうが、まゆ(菜々緒)と 沢口(間宮祥太朗)にとっては負担が大きいと感じました。

また、元総理大臣という事で、訪れる場所が警察の落合(江口洋介)たちSPが必ずいると思うので、また、落合は章たちを、目の敵にしてくると思います。

ただ、元総理大臣がいるので、落合たちSPは、章たちBGにしてあまり敵対しないで、逆に連携をしそうな気がします。

BG ドラマ批評


章が以前していた、ボディーガードの仕事を辞めた理由が、依頼人ではない、近くにいた子どもを助けた事でしたが、章自身も依頼人を必ず護るために、離れず近くにいる事が重要と語っていました。

ボディーガードのプロして章は自分の事を、許せなかったと思いました。

また、サッカー選手としての人生が終わってしまった事にも責任を感じていたのでしょう。

ただ不思議は事があると思うのは、日ノ出警備に章は、ずっと勤めていたように村田が語っていましたが、章が抜けた後の、身辺警護課は無くなったという事だったのか、疑問に感じました。

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング