このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはBG身辺警護人ネタバレの1話です。身辺警護課の新設でボディーガードにつく章波乱の内容のネタバレ1話です。ドラマ「BG身辺警護人」のあらすじには1話のネタバレが含まれますので注意。


<スポンサーリンク>

BG身辺警護人のティザー動画

BG身辺警護人ネタバレ1話のあらすじ

極寒の路面補修工事現場――警備員の島崎章(木村拓哉)が勤務する現場に一台の黒塗りの車が通りかかる。助手席には黒っぽいスーツを着た男・落合義明(江口洋介)、そして後部座席にはサングラス姿の立原愛子(石田ゆり子)が座っていた。記者たちに追われ急を要する気配を察した章が抜け道を指示すると、急発進した車はコーンを飛ばして疾走。その様子を章はただ見送るのだった。残された記者の中には、週刊「時論」の記者・犬飼悟(勝地涼)の姿もあり…。
その翌日、章は日ノ出警備保障の社長・今関重信(永島敏行)に呼ばれ、本社へ。そこで身辺警護課の新設とそこへの着任を打診される。数年前、とある出来事をきっかけにボディーガードの世界から身を引いていた章は、一度はその打診を固辞するが、今関の強い希望で受け入れることに…。
高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、そして村田五郎(上川隆也)といった、各部署から集められたメンバーとともに“新人ボディーガード”として身辺警護課に着任した章は、厳しい訓練を終え、ついに初の任務に就く。依頼人は隅田川で開催されるマラソン大会のスポンサーである会社会長の大久保佐助(伊武雅刀)。当日、大会に出席する際の警護が任務の内容だった。

その頃、厚生労働大臣の愛子は“元ファン代表”を名乗る人物から脅迫状を受け取っていた。「退陣なくば、死の号砲が鳴る」という文面に警視庁SPの落合は、スターターとしての参加が予定されているマラソン大会への出席を取りやめるよう進言。しかし愛子は、脅迫に屈することはしない、と参加への決意を新たにする。

「立原大臣の脅迫事件に巻き込まれるのは御免」と、執拗に警備を強化するよう迫る大久保。しかし章と高梨の間で、警備に対する考え方に食い違いが生じる。そんな中、ついにマラソン大会の日を迎えることになるが…!?

<スポンサーリンク>

BG身辺警護人ネタバレ1話

2012年―島崎章の過去

5年前、章はサッカー日本代表選手・純也のボディーガードを務めていました。
空港に出迎えるファンの中に1人、純也を裏切り者だと言う男が卵を投げつけました。
卵が純也に当たる寸前にキャッチした章ですが、その後に1つの小さな釘が落ちているのを見逃し・・・

2018年ー島崎章の現在

深夜の工事現場で警備員として働く章。
通行禁止の道路に1台の車がやって来ました。
後部座席乗っているのは失言で辞任かと言われている政治家の立原でした。
記者達に追われていることを察した章は、立原の乗っている車を通しました。

新部署、身辺警護課

章の働く日ノ出警備保障に新たに身辺警護課という部署が出来ることになり、章はそこへの着任を打診されました。
過去に失敗したからと断る章ですが、過去のことは隠せばいいという社長に押し切られてしまいます。
各部署から集められたメンバーと共に、厳しい訓練を始めました。

立原への脅迫

その頃、立原の事務所に「元ファン」を名乗る人物から不審物が届いて警察が出動していました。
中身は古い電池でしたが、立原の写真に銃で穴をあけたものと、マラソン大会のイベントに出席するなという脅迫状が入っていました。
立原は、脅迫には屈しないと、マラソン大会への参加を決めました。

身辺警護課の初仕事

訓練を終え、初めての依頼が来ました。
依頼人はマラソン大会のスポンサー会社の社長・大久保です。
大久保はマラソン大会に出席する立原が脅迫されていることを知り、巻き添えをくらうことを恐れて警護を依頼したのでした。

マラソン大会当日

立原の挨拶も無事に終わり、マラソン大会は無事にスタートしました。
立原への脅迫はいたずらだったのかと安心したのもつかの間、客席に爆発音が響きました。
観客はパニックになり、右往左往へと逃げ出します。
章は綿密な下調べのおかげで大久保を無事に誘導しますが、その途中で立原がSPを振り切って走って行くのを目撃しました。
章は仲間に大久保を任せ、立原を探しました。

立原を見つけ、何か知っているのでは?と問いただす章。
そこへ週刊誌の記者・犬飼がやって来ると、「あなたは脅迫状を書いた人物を知っていますね?」と立原に聞きました。
章は犬飼の持っていたリュックがなくなっていることに気付き、爆弾の犯人が犬飼だと思い当たりました。
殴り合いになる犬飼と章、そこに立原のSPもやって来ました。

犬飼は立原にナイフを突きつけました。
脅迫は立原の自作自演であったこと、脅迫に負けないイメージを世間に見せつけるためのパフォーマンスであったことを、犬飼は気付いたのです。
立原に送られて来た脅迫状には「慢心は人間の最大の敵」と書かれていましたが、それは立原が政治家になった時に犬飼が送った言葉だったのです。
嘘を本当にしてやった。自分が記事を書いたおかげで大臣になれたのに感謝もしない裏切り者だと叫ぶ犬飼。

章は「立原のことがよほど好きなんだね」と声を掛けると、SPに合図して隙を作り、SPは犬飼を取り押さえました。

解放された立原は「あなたこそ慢心」と、犬飼をあざ笑いました。

BG身辺警護人ネタバレ1話の感想

木村拓哉さん主演のドラマ「BG〜身辺警護人〜」が始まりました!
相変わらずデキル男役の木村さんですね。
たまには真逆の役柄も見てみたい気もしますが…。

木村拓哉さん演じる章は、過去にボディーガードをしていた時に重大なミスをおかし、今は交通整理の警備員をしています。
しかし勤務先に新たにボディーガードの部署ができ、再びボディーガードとして働くことになるのでした。

同じチーム内には上川達也さん、斉藤工さん、菜々緒さん、間宮祥太郎さんと、豪華な顔ぶれが揃っています!ちょっとブラックな政治家役の石田ゆり子さんも素敵でした。
ストーリーは1話完結で進んでいくようですが、石田さんは今後も出番がありそうなので楽しみです。

BG身辺警護人の1話の見逃し配信の情報

BG身辺警護人の1話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

BG身辺警護人ネタバレ1話の登場人物

この記事を書いた人

koyamaster
ラブコメ、サスペンスどんなドラマも大好きです。 ネタバレ、あらすじ書いてます。読んでね!
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング