このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはanoneあのねネタバレの8話です。

は中世古の甘い誘惑や、脅迫に4人は偽札作りに加担する方向へ話は進みました。

中世古の嫁が、旦那の後をつけて偽札作りの現場に・・・・

<スポンサーリンク>

anoneあのねネタバレ7話の感想

8話の前に、7話のみんなの感想をまとめました。

他のみんなは、どういうところに注目しているのかそれぞれの感想です。

7話の感想と結末予想を語ってもらいました、

30代 男性
瑛太の怪演と家内制手工業のように偽札を作っているシーン。それと偽札が通ったら返却ボタンを押さなくてはいけないのに思わずジュースを買ってしまったシーン。ハリカが幸せになる(なってほしい)。

30代 男性
少しの幸せを感じれるところ。みんな現実に戻らされると思う。

30代 女性
偽札の話って何故か興味深い自分がいます。

40代 男性
偽札作りが成功し、家族が離散していくのか気になる。

20代 女性
偽札作りはやはりいつか破綻するでしょうね。今のような傷をなめ合うような「家族ごっこ」ではなく、皆が本当の意味で打ち解け合う関係になって欲しいです。

30代 女性
ハリカちゃんが一生懸命働いているところなどけなげだし、アノネさんが止めるところ、台所のシーンもよかったです。でも偽札がからむとすべてが終わるのでは…と不安です。

40代 女性

偽札が自販機を通ったとき。最後はバラバラになるのかな。

30代 男性
田中裕子のとぼけた演技が素晴らしい。偽札づくりはどう考えてもやばい。最悪の結末を迎えそう。

40代 女性
やはり犯罪なので、捕まるのかなと思います。皆が家族 みたいになってきたのは、束の間の幸せなのかなと思います。

20代 女性
ハリカちゃんが目を覚ました時、山ほどお稲荷さんが置いてあり、うれしそうなところ。ケーキをみんなで食べるところ。このドラマ、食事のシーンが多く、そこに、今の安らぎと過去の悲しみ・苦しさを感じます。

30代 女性
自販機に偽札が通ってしまったところ。偽札づくりが世間に知れ渡り家族がバラバラになるのかなーと思います。

30代 女性
いい感じで人間関係気づけているような気がしますが偽札がテーマなので重い最後になりそう

50代 女性
ケーキを食べていて ビニールについたクリームをみんなで舐めて おいしい〜〜と言っていた事、最後はやっぱり偽札がバレると思うけど彦星くんの手術は受けれるといいなと思う。

30代 女性
4人の雰囲気は見ててよかった。偽札を作っている時点で、ハッピーエンドではなさそう。

30代 男性
偽札作り 最後はやはり逮捕されると思う。

40代 男性
改めて感じたのは、田中裕子の演技の上手さ。結局、指紋で足が付いて計画失敗、逮捕、といった救いの無い最後になりそう。

30代 女性
相変わらず暗いドラマですが、ほんの少しだけほんわかした雰囲気も今日はありました。でも偽札作りでいい方向には向かわないはずなのでどんどんまたどん底に落ちそう

30代 女性
4人が家族みたいにアットホームになってきたのは見てて微笑ましい。でもやってることは犯罪だしこのまま破滅に向かうのか?

40代 男性
小林聡美がキレるところ すずちゃんが儚い恋に終わりそう

20代 男性
つくられた偽札が原因でどんどんそこに落ちていきそう

30代 男性
偽札作りの雰囲気がアットホームな感じがして、ちょっとだけ和むものがあった。偽札が世間に明るみになって、それぞれが追い詰められていきそう。

 

anoneあのねの予告動画

anoneあのねネタバレ8話のあらすじ

亜乃音(田中裕子)の不審な行動を目にした万平(火野正平)は、ハリカ(広瀬すず)たちとの共同生活を始めてから様子がおかしい亜乃音の行動を観察する。
一方、ニセ千円札を自動販売機に通すことに成功したハリカ、亜乃音、るい子(小林聡美)、舵(阿部サダヲ)は、理市(瑛太)の主導でいよいよ一万円札作りに取り掛かる。

そんな中、四人は擬似家族のような暮らしに今までの人生で得ることのできなかった張り合いと安らぎを感じて…。
ハリカは彦星(清水尋也)のチャットゲームのアカウントを使って連絡してきた茉歩(藤井武美)に呼び出され、彦星との関係を詮索される。彦星に思いを寄せる茉歩は、財力のある父親に掛け合って彦星の治療費を立て替えようとしているのだが…。

亜乃音を訪ねてきた玲(江口のりこ)は、自分に会いに来なくなった理市がそこにいることに驚くが、亜乃音が玲と陽人(守永伊吹)を守るためにニセ札作りに巻き込まれているとも知らず、理市との関係を母親として応援してくれない亜乃音に辛く当たる。

そして、完成したニセ一万円札を試す時を迎え四人は緊張に包まれる一方、亜乃音たちと出会って想像もしない幸せを味わって得をしたと言うハリカの話に、それぞれの思いを馳せる四人だった。万平が亜乃音の落としたニセ札のホログラムの正体に気づいたとも知らず、四人は出発しようとしていた…。

<スポンサーリンク>

anoneあのねネタバレ8話

花房(火野正平)は亜乃音(田中裕子)がハリカ(広瀬すず)たちと生活し始めてから様子が変わったことに気付いていた。亜乃音を心配する花房は遠くから亜乃音の行動を追っていた。

自販機で偽千円札を使ってしまった亜乃音たち。理市(瑛太)は試作段階で世の中で出回ってしまうのを避けるため、偽札を自販機の管理者から回収することにした。理市とハリカと舵(阿部サダヲ)は管理者の酒屋でそれぞれ安いおつまみを1万円札で買って千円札のおつりを貰って偽札を回収した。花房はその様子を見て不審に思った。花房は理市を見て印刷工場が動き始めたことに気付いた。

一方、結季(鈴木杏)に偽札の研究をしていた部屋を見られてしまった理市はアプリの開発と偽り、娘の学費のためだと言った。しかし結季は「そんなにお金って大事かな?」と言った。

ハリカは彦星(清水尋也)にチャットした。しかし、返事をしたのは彦星ではなく、彦星の友人の茉歩(藤井武美)だった。ハリカは茉歩に呼び出された。お金持ちの茉歩はハリカの草臥れた姿を見て驚いた。彦星に好意を寄せる茉歩はハリカのことを詮索し、自分と彦星は『同志』だと言った。

印刷工場で偽札を作っていた亜乃音たち。そこへ陽人(守永伊吹)と玲(江口のりこ)が訪ねてきた。久しぶりに会う理市に興奮する陽人。玲は亡くなった父親にお線香をあげた。久しぶりに家に玲が帰ってきて緊張しつつも喜ぶ亜乃音。玲は亜乃音が理市に余計なことを言ったから、最近自分の所に来てくれないと思っていた。亜乃音は「彼はあなたが思っているような人じゃない。」と言った。しかし玲は「私の勝手な願望だって(理市と結婚したいのは)。願望をいちいち否定しないで。」と言った。旦那に捨てられ不安だった玲と陽人は理市に救われ支えになっていたのだ。玲は「やっぱりあなたは自分の気持ちばっかり。私のことなんて何も考えてくれてない。」と震える声で訴えた。それを聞いたハリカは否定した。玲は「間違ってるのはわかってるんだよ。許されないことしてるのはわかってる。でももしかしたら…だけは認めてくれるかなってちょっと思っちゃてたの。」と亜乃音の肩を掴んで訴えた。玲は亜乃音と昔みたいに戻って話せるかもしれないと期待していたが、理市のことで正論しか言わない亜乃音を「やっぱりあなたはお母さんじゃなかった。」と泣きながら言って立ち去った。亜乃音は「ダメなお母さんだね。」と涙を流した。ハリカは「今すごくお母さんだったよ。」と言った。

偽札が完成した。達成感に満ち溢れた理市は笑い転げた。るい子(小林聡美)はとても不安に思っていた。ただお金が欲しかっただけのハリカは覚悟ができていた。しかし亜乃音の家に来て愛される温かさを知ったハリカは「得しちゃった」と笑った。亜乃音はるい子に、何かあったら自分が自首するからハリカを逃がしてあげてと頼んだ。その夜、理市の指示で4人は偽一万円札が両替機で使えるか試すことになった。

一方、茉歩の父親が治療費を負担しようとしていることを知った彦星は、茉歩に他人なのになぜそんなことをするのか聞いた。茉歩は彦星が好きだから、彦星とずっと一緒にいたいから言った。彦星は「僕の命を助ける代わりに気持ちを買うってこと?」と言った。そして「好きな子がいるんだよ!その子といつか一緒にって約束してるんだよ!!」と声を荒げた。しかし、茉歩は「その子じゃ彦星君を助けられないでしょ?」と言った。彦星は「そんなにしてまで生きたいと思わないよ!!」と言った。

亜乃音たちは偽札を試しに出掛けた。途中で花房に会った亜乃音は、花房と食事に行った。偽札製造に気付き始めていた花房は亜乃音に「明日にでもあの工場たたみましょう。」と言って、偽札のホログラムを亜乃音の前にそっと出した。花房は、以前亜乃音が偶然落としたホログラムを拾っていた。

るい子と舵は偽札が使えるかそれぞれの持ち場で実験をした。しかし、2人とも使えなかった。ハリカも試そうとした時、携帯が鳴った。知らない番号からの着信を不審に思うハリカだったが、相手は彦星だった!初めての会話に緊張する2人。彦星は茉歩との関係を誤解されたくなくて電話した。「僕がこういう風に思ってるのはハリカちゃんだけだから。」と言った。ハリカは「私もです。私も彦星君と同じ風に思ってる。」と言った。

その頃、理市はATMで偽札を試していた。しかし使えなかった。3回目のエラーで機械が止まって、偽札が取り出せなくなった。焦って逃げ出す理市。一方、電話を終えたハリカも偽札を試した。ハリカの偽札は使えた。興奮して走り出すハリカ。

偽札が使えず家に戻った舵とるい子。舵はもう1度試そうとしたが、突然倒れてしまった。最近、舵に惹かれ始めていたるい子は舵を心配して涙を流した。

花房は亜乃音を家まで送った。その時、工場から印刷機の音が聞こえた。花房は工場に入り込んだ。必死に止める亜乃音だったが、花房に理市が偽札製造しているところを見られてしまった。見逃して下さい!とお願いする亜乃音だったが、花房は一緒に警察に行って自首しようと言った。舵はなんとかごまかそうとした。その瞬間、理市が背後から花房の首を絞めた。必死に止める亜乃音だが…。

anoneあのねネタバレ8話の感想

きゃーっ!!怒涛の1時間!!花房先生はどうなってしまうの!?来週も絶対見逃せない!!

ハリカと彦星、舵とるい子の関係に少し光が差してきたと思ったのに…幸せそうだったのに…。偽札なんて作るから自業自得なんですけどね。愛に飢えていたみんなが幸せになって欲しいんだけどなぁ…。

玲は亜乃音に甘えたくて仕方ないのね。ちゃんと「お母さん」って呼べる日が来るといいな。

anoneあのねの8話の見逃し配信の情報

anoneあのねの8話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

anoneあのねネタバレ8話の登場人物

anone相関図

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング