このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはanoneあのねネタバレの5話です。

4話では、衝撃のシーンで終わりましたね!瑛太が演じる男は妻子供がいるのに、亜乃音さんの娘の玲子とも生活をしているという。

不倫ですか?二重生活というやつですね。衝撃です。

瑛太はアノネさんの旦那が運営していた印刷会社の元社員さんで偽札を今でも研究しているようでしたが、今回で不倫までどこまで罪な男なんだ!

そして、ハリカが携帯でやりとりしているカノンもとうとう命の時間が迫っているようですね。

anoneの登場人物って何かしら嘘で固めた人物が多いので

カノンのいうことは信じて良いのか?ハリカは騙されていないのか?疑ってしまいますね。

5話からは、阿部サダヲ演じる舵とるい子、ハリカ、アノネさんとの4人の共同生活がはじまるようです。

この4人も嘘で塗り固めた家族を演じるようなので、どういう展開でそうなったのか気になりますね。

<スポンサーリンク>

anoneあのねの予告動画

anoneあのねネタバレ5話のあらすじ

理市(瑛太)は、亜乃音(田中裕子)の娘・玲(江口のりこ)と結婚の約束をしながら、妻の結季(鈴木杏)と娘と共に暮らす二重生活を送っていた。さらに、秘密の別宅では一人ニセ札作りを研究していて…。一方、亜乃音の元には、一千万円持ち逃げしたにも関わらず盗まれてしまったるい子(小林聡美)が、舵(阿部サダヲ)とともに謝罪に訪れる。行き場のない二人を受け入れた亜乃音の家で、四人の奇妙な共同生活が始まった。

ハリカ(広瀬すず)は、そんな日常の出来事をいつものようにチャットゲームで報告し、彦星(清水尋也)を元気づけようとするが、ある日突然彦星のログインが途絶え…。一方、印刷所で目眩を起こした舵を助けた理市は、るい子と舵が亜乃音の家で世話になっていることを知る。その頃、病院の窓から彦星の病室が片付けられているのを見たハリカは、慌てて院内へ駆けつける。すると、彦星が集中治療室に入っていること知り…。

最近、様子がおかしく帰りが遅いハリカを心配した亜乃音は、電話をかけるが、ハリカはわざと明るく振る舞う。「またそっち行くから」と答えるハリカに対し、亜乃音は、自分たちの住む家がハリカにとってはもう“帰るところ”だからね、と話す。亜乃音の言葉を聞いたハリカは震える声で病院にいることを打ち明け…。そして、過去に暗い影を抱える理市の目論見も徐々に明らかになろうとしていた―。

<スポンサーリンク>

anoneあのねネタバレ5話

家族?

一千万円を持ち去ったが、他の誰かに盗まれてしまったるい子(小林聡美)はハリカ(広瀬すず)と舵(阿部サダヲ)共に、亜乃音(田中裕子)に謝りに行くことにした。

理市(瑛太)は玲(江口のりこ)の家から帰った。外は雨が降っていた。玲は理市に亜乃音から借りた傘を「捨てていいから」と手渡した。

一方、亜乃音に謝りに行き「自主させて下さい。」と言うるい子だが、亜乃音は「そういうのもう結構ですから。」と拒絶した。弁護士事務所で働いている亜乃音は、るい子が自首して偽札のことが表沙汰になると困る。舵とるい子はお金は働いて必ず返すと言った。そこへ、弁護士の花房(火野正平)が訪ねてきた。焦ったるい子と舵は家族になりすますことにした。るい子は亜乃音の妹、舵はるい子の夫、そしてハリカはるい子と舵の子どもという設定。しかし、亜乃音は既に花房によく知らない他人だと話していた。それを知らなかったハリカは、亜乃音に家族になりすます計画を耳打ちした。亜乃音はそれを花房に正直に打ち明けた。花房はるい子たちの『なりすまし家族』に付き合うことにした。亜乃音にとっては災難な出来事だったが、花房はとても素敵な人だったのでみんな打ち解け楽しく過ごした。花房は帰り、その日はるい子と舵も亜乃音の家に泊まり、ハリカは亜乃音と布団を並べて寝た。

ハリカはその話を彦星(清水尋也)にチャットで話した。彦星は自分がもうすぐ死ぬと思っていた。ハリカは彦星はいつか治ると思うと思っていた。しかし彦星は「いつかっていつ?僕は電球の寿命みたにいつ消えてもおかしくない。いつかなんて3億年先の話と同じ。」と言った。彦星はハリカの話を聞くのが一番楽しくて、「ハリカの冒険は僕の心の冒険」と言った。そして「いつかの話はもうなしにして下さい。」と頼んだ。ハリカは涙を流した。その日から毎日の出来事を『本日の冒険』として彦星に報告した。しかしある日、彦星から返信が来なくなった。

理市は偽札作りに勤しんでいた。そして、両替機で使える偽札作りに成功した。「やっと朝が来た。これから始まるんだ。」と呟いた。

舵は印刷所の仕事に興味を持ち始めていた。その時、理市が印刷所にやって来た。

帰る場所

ハリカは嫌な予感がして彦星の様子を見に行った。しかし、外からでは彦星の様子が確認できなかった。彦星は肺炎を起こし集中治療室に運ばれていた。ハリカは彦星の家族が苦しむ彦星を置いてレストランへ向かう姿を見て「待って」と追いかけた。しかし、ハリカには気付かず車は発進してしまった。帰りが遅いハリカを心配して、亜乃音はハリカを探しに行こうとした。その時ハリカから連絡が来た。ハリカは「今日そっち行けないかも。また明日そっち行くから。」と言った。亜乃音は「ここはもう行く所じゃないからね、ここはもうハリカちゃんが帰る所だからね。今度からは行くじゃなくて帰るって言いなさい。帰れない日は帰れないって言いなさい。」と優しく言った。ハリカは「今日は帰れない…。」と言った。亜乃音はハリカに居場所を聞き、そこへ向かった。そこはいつも彦星の病室を眺めている場所だった。亜乃音はハリカの冷え切った手を温めた。ハリカは、ここにいても仕方ない、何もできない、と思っていた。しかし亜乃音は「大事な人なんでしょ?」と言った。しかし、ハリカは「大事な人だったら傍にいるよ。彦星君が苦しんでいるときに笑ってた。熱出してる時にご飯食べてた。病院の人じゃないから治してあげられないし、お金持ちじゃないからいい病院にも連れてってあげられないし、何もしてあげられない。ここにいてもいなくても同じ。だから帰ろうと思ってた。」と言い、帰ろうとした。しかし亜乃音は「ここにいなさい。何もできなくていいの。その人を思うだけでいいの。その人を思いながらここにいなさい。」とハリカを抱きしめた。涙を流すハリカ。亜乃音は少し離れた所でハリカを待った。ハリカの思いが通じ、病状が落ち着いた彦星は病室に戻ってきた。ハリカは喜び、亜乃音の元へ走り抱きついて泣いた。亜乃音はハリカを抱きしめ涙を流した。家に戻ると、るい子と舵が「お帰りなさい。」と言った。4人で朝ごはんを食べた。ハリカは上機嫌で喋った。笑い声が溢れる温かい朝食だった。亜乃音はハリカの伸びきった前髪を切った。ハリカは寝てしまった。そんなハリカを笑顔で見つめる亜乃音、るい子、舵。るい子は若い頃からバタバタ生きてきて大人になったら変わるかと思ったけと今も変わらず「生きるのは難しい」と言った。舵は「思い残すことがあるって生きる意味なのかなぁ。」と言った。亜乃音は「生きなくたっていいじゃない、暮らせば。暮らしましょうよ。」と言った。目覚めたハリカは彦星とチャットをした。彦星は明日のことを考える夢を見た。それが頭から離れず、明日のことを考える癖が付いてきたと言った。そして彦星は「いつかハリカちゃんに会える日思いながらこれから毎晩目を閉じることにします。」と言った。涙を流すハリカ。

偽札製造!?

亜乃音は印刷屋になりたいと言った舵のために、理市に連絡を取り、教えてもらう約束をした。理市は雑誌を読んでいた。結季(鈴木杏)は「もういいんじゃない?そういうの見なくて。私、この会社創ってIT長者なんて言われてた頃のりーくんと、今のお弁当屋さんのりーくんと、好きな気持ち全然変わってないよ?騙されて裏切られて何もなくなったって言うけどさ、あたしは残ったじゃん。さつきも生まれたじゃん。」と言った。理市は「わかってるよ、感謝してる。」と言った。

夜、理市は印刷所を訪ねた。理市は玲に捨ててと言われた傘をさしてきた。亜乃音は一瞬戸惑った。理市は急に偽札の話を始めた。亜乃音は「もう止めましょう」と言った。しかし、理市は「亡くなったご主人にも関わる話です」と言った。1年前まで、亜乃音の夫と理市は偽札の製造に取り組んでいた。その後も理市は、機械を通せる偽札作りを続けてきた。そして、理市は亜乃音、ハリカ、舵、るい子に偽札の製造に協力して欲しいと言った。

anoneあのねネタバレ5話の感想

4人の共同生活が始まりました!亜乃音の優しさのおかげでハリカの心もどんどん解れ、素顔が見えるようになりましたね。お喋りなハリカ、可愛かったです!家族のようで平和で幸せそうなのに、理市が~偽札作りに誘ってきた~!!これからの展開が楽しみでもあるし、ちょっと不安でもあります。偽札作りなんて犯罪だよ~。素直で可愛いハリカを犯罪者にしないで~。理市はIT長者なんて呼ばれてたんですね!IT長者は印刷所で働く前の話かな?騙されたって、誰に騙されたんだろう…。というか理市、亜乃音の傘普通に使うんだ(笑)

anoneあのねの5話の見逃し配信の情報

anoneあのねの5話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

anoneあのねネタバレ5話の登場人物

anone相関図

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング