このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはanoneあのねネタバレの4話です。

私、ある秘密に気づいたんです」捨てられたお札に隠された、驚愕の真実!そして、行方不明だった娘の現在を知った母は

ドラマ「anoneあのね」のあらすじには4話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

anoneあのねの予告動画

anoneあのねネタバレ4話のあらすじ

西海(川瀬陽太)にニセ札を掴ませ、亜乃音(田中裕子)の一千万円を持ち逃げしたるい子(小林聡美)は自宅アパートへと戻る。
そこでるい子は謎の女子高生と生活していて…。

一方、西海のニセ札を偶然手に入れた理市(瑛太)は再び林田印刷所を訪ね、最近印刷機を使った形跡があることを密かに確かめる。妻子と質素な暮らしを送る理市には何かを企んでいるようなのだが…。

そして事件以来、亜乃音の元に身を寄せるハリカ(広瀬すず)は、亜乃音に大金を失わせてしまったことを申し訳なく思いつつ、先進医療を受けるお金の無い彦星(清水尋也)の体調も心配していた。
カレーショップ跡でハリカに遭遇し、るい子がお金を奪ったことを知った舵(阿部サダヲ)は、るい子の息子の電話番号を頼りにハリカと共にるい子の家へ。

しかし、たどり着いたタワーマンションでるい子の姑・百合恵(高林由紀子)から、るい子は「おかしなこと」を言うようになり半年前に出て行ったと知らされる。
さらに二人は、るい子の息子・樹(武藤潤)と百合恵の歪な依存関係を目にするのだが…。るい子の過去に秘められた理不尽で悲しい現実が明らかになろうとしていた。
そしてその頃、娘の玲(江口のりこ)に再会した亜乃音は夜時間が無いかと聞かれて…。

<スポンサーリンク>

anoneあのねネタバレ4話

るい子とアオバ

亜乃音(田中裕子)が用意した一千万円と偽札をすり替え、持ち去ったるい子(小林聡美)。お金はアパートのキッチンの下の漬物壺の中に隠していた。大金を手に入れて興奮するるい子。1人の男が訪ねてきた。男は隣人にお金を貸しているようだ。気性の荒い男だったがるい子は追い返した。

るい子の傍には女の子がいた。名前は「アオバ」。苗字はない。彼女はこの世に生まれていない。幽霊のような存在。アオバの母親はるい子だ。

るい子の願いはいつも大抵敵わない。るい子は高校2年生の時バンドを組んだ。バンドマンに恋をしたかったのではなくバンドマンになりたかった。ある日のバンドの練習中、突然ベッドに押し倒されたるい子。その時にできた子どもがアオバだ。しかし、身体が弱かったアオバは、生まれる前にあの世へ旅立った。赤ちゃんが女の子だったと知ったるい子は、赤ちゃんにアオバと名付け実体化した。るい子と分身のアオバは親子であり、気の合う友人だ。るい子は社会人になり人一倍働いた。しかし、働いても働いても出世しない。上司に申し出ると昇進したが、部下のいない部署だった。いっそ火でも放とうかと思ったるい子だったが、退職し結婚した。そしてるい子は男の子を出産し母となった。アオバは「よかったね、よかったね!」と声を掛け、笑顔でるい子の元から消えた。

しかし、訳あって現在1人暮らし中のるい子の元にアオバはいる。

理市の企み

林田印刷所に理市(瑛太)がやって来た。自転車の鍵を落としたと言う理市。亜乃音が探している隙をみて、印刷機を触る理市。そして鍵は理市のポケットの中にあった。理市は最近印刷機を動かしたかと亜乃音に尋ねた。動揺し否定する亜乃音。ハリカが目覚める。

理市は自宅に戻った。妻の結季(鈴木杏)は最近夜勤が多い理市を心配し、昼間のシフトに変更できないのかと言った。しかし理市は夜勤は時給がいいから頑張ると言った。そして写真を見つめ「またここに帰るんだ。」と呟いた。

お金を取り返したい

ハリカは3週間前の誘拐事件のことを忘れられずにいた。自分が犯人を救えたのではないかと。亜乃音は、世の中の悲しいことにいちいち感情移入してたら身が持たない、早く忘れなさいと言った。盗まれたお金は自分が取り返すとはハリカが言うと、亜乃音は初めから使うつもりがなかったからもういいと言った。ハリカはお金を取り返したら私にくれる?と尋ねた。しかし、亜乃音からお金をもらうわけにはいかない!と思い直すハリカ。亜乃音が「お金好きね~」と言うと、ハリカは「お金は自由が買えるからね!」と言った。ハリカは重粒子線がん治療についてこっそり勉強していた。彦星(清水尋也)の病院の傍からチャットを楽しむハリカ。

ハリカは舵(阿部サダヲ)のカレーショップを訪ねた。ハリカは舵に「助けてくれてありがとう」と礼を言った。るい子がお金を持ち去ったことをハリカから聞き、るい子に電話する舵。しかしるい子は電話を無視した。舵は警察に連絡しようとしたがハリカはそれを阻止した。(偽札のことがバレて亜乃音に迷惑がかかるのを恐れて…)すると舵はるい子の息子の電話番号のメモを発見した。息子に連絡を取り、家に向かう舵とハリカ。

再会

るい子の家は高級マンションだった。るい子の小学校の同級生を装う舵とハリカ。しかし、家にるい子は不在で義理の母親からるい子が今どこにいるのか逆に聞かれてしまった。

その頃るい子はマンションを近くから眺めていた。

義母はるい子がある時から急に「見える」とおかしなことを言うようになったと話した。息子の樹(武藤潤)が部屋から出てきた。樹を異常に甘やかす義母。舵がるい子を「青羽さん」と呼ぶと、義母は怪訝な顔で「その名前違います!」と言った。義母からるい子の「幽霊」の話を聞き部屋を後にした2人。「どんな幽霊が見えるんだろう」とわくわくするハリカ。舵は信じていない。マンションのエントランスでるい子と出くわした。るい子の自宅アパートへ行く3人。アパートの階段で男とすれ違う。玄関のドアには針金が落ちていた。ハリカはるい子に幽霊の話を聞いた。舵は幽霊を信じないわけではないが、るい子にははなぜ幽霊が見えるのかと尋ねると「私の心の病気」と言った。そしてアオバのことを「ずっと一緒だった。娘だし、友達だし、私自身。この子がいなかったら今頃私…。」と話した。アオバは寝たふりをしていた。るい子の顔を見たら泣いてしまうから。息子が生まれ、るい子は義母と一緒に暮らすことになった。懸命に子育てするるい子。しかし、義母はるい子の育て方が気に入らず何かと文句を言い、樹を甘やかし、支配した。甘やかされ成長した樹は、るい子の言うことを全く聞かず馬鹿にするした。義母と樹から大切にされず見捨てられたるい子の元に、アオバが戻ってきた。アオバは会っていなかった間、自分が生まれてたらどんなだったかなと想像して過ごしていたと話した。しかし、自分が生まれていたらるい子の人生が変わってしまうからる「これでよかった」と言った。るい子はアオバとの人生を想像して泣いた。るい子の心は半分に千切れた。るい子は樹に自分には許されない願望(死)があると話した。自分がその願望を選ばないために樹の母でいるために一緒に家を出て欲しいと樹にお願いをした。しかし樹は「専業主婦のババアには無理」と冷たく言った。るい子はお金稼いで樹を迎えに行くと宣言して家を出た。

舵は盗んだお金は返そうと言った。しかしるい子はお金が必要だと言い、お金は返さないと言った。舵とハリカはお金を探した。ハリカは漬物壺の中を見た。しかしお金はなかった。「えっ??」慌てるるい子。お金は盗まれてしまった。るい子は外へ飛び出した。階段を踏み外して転げ落ちたるい子。視線の先にはアオバがいた。アオバは「もういいよ、お母さん。こっちにおいでよ。」と言った。

亜乃音の勤める弁護士事務所では先日西海が起こした事件について話していた。焦る亜乃音。お使いを頼まれた亜乃音は帰りに玲(江口のりこ)の勤めるガソリンスタンドへ向かった。偶然玲の息子の陽人(守永伊吹)に出会った。陽人の探し物を手伝う亜乃音。仲良くなり心温まる亜乃音だったが、玲に見つかってしまった。玲は夜に会う約束をした。

るい子は自分は半分向こう側にて、生きてる子どもに愛されないから死んだ子どもを愛してる、それは人間としてダメ…と語った。るい子は「家に戻って母親として役目を全うする、お金は母親と主人から借りて働いてちゃんと返す、本当ごめんなさい。」と謝罪した。ハリカは幽霊はどうするのかと尋ねた。るい子はまた消えてくれると答えた。ハリカは「どうして幽霊を好きになっちゃいけないんですか?生きてるとか死んでるとかどっちでも良くないですか?生きてても死んでても好きな方の人と一緒にいればいい。」と言った。舵はるい子に家に帰らないで欲しいと言った。ハリカは席を外した。舵は「あなたのことが好きだから帰って欲しくないし行って欲しくない」と言った。

るい子は家に戻った。夫から離婚届を渡された。親権は夫が持つことになっていった。るい子は最後に樹と一緒に晩ごはんを作りたいと申し出た。初めはいつものように嫌がっていた樹だったが、2人は笑顔で楽しんだ。夫と義母は外に食べに行ってしまった。るい子は2人で食べようと提案したが、樹は食べる約束はしていないと言い、離婚届にサインしておいてと言い部屋へ戻ってしまった。るい子はアオバと食事した。そして、離婚届にサインした。るい子はアオバに「そっちには行けない」と言った。心配するアオバにるい子は「もうしばらく生きてみる」と言った。落ち込むが気丈に振る舞うアオバ。アオバは「お母さん、私いい子?」と聞いた。「いい子よ。大好きよ。」と答えるるい子。「ふうん…。」涙を溜めるアオバだった。

るい子は警察に自首するつもりだった。しかし、舵とハリカはそれを止めて亜乃音に会いに行こうと提案した。幽霊を気にするハリカだったが、るい子は幽霊の話は「冗談だ」とはぐらかした。

拒絶される亜乃音

亜乃音は喫茶店で玲と会っていた。未だに亜乃音を拒絶する玲。亜乃音は陽人をいい子だと褒め、玲をいいお母さんだと褒めた。そして亜乃音は大変な時は手伝うと申し出た。玲はもうすぐ再婚すると話した。「だから2度と近付かないで私たちに近付かないでくれるかな、他人なんだから当たり前なんだけど。」と言った。「はい、わかった。」と言う亜乃音。さっさと立ち去ろうとする玲に「玲ちゃん、おめでとう。おめでとうございます。」と言った。玲は足早に家に帰った。玄関を開けると陽人を抱いた理市が出迎えた。玲が再婚しようとしている相手は理市だった。

anoneあのねネタバレ4話の感想

わ~。なんだか少しずつ動き出して、繋がってきましたね。理市は偽札を作って戻りたい場所があるんですね、きっと。それに玲を利用してる?玲の亜乃音拒否、見てていたたまれない…。なぜ、あんなに拒絶するのだろう。まだ反抗期か?そしてるい子とアオバ、樹の話も辛かったな~。樹、ご飯作ってる時楽しそうだったのに、食べる約束はしてないってバッサリ!!ビックリ!!でも「生きてても死んでても好きな方の人と一緒にいればいい。」ですもんね。アオバとゆっくり過ごしていたシーン、好きです。そして、ハリカの純粋な言葉に癒されました。

anoneあのねの4話の見逃し配信の情報

anoneあのねの4話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

anoneあのねネタバレ4話の登場人物

anone相関図

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング