このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはanoneあのねネタバレの2話です。

私、ある秘密に気づいたんです」捨てられたお札に隠された、驚愕の真実!そして、行方不明だった娘の現在を知った母は

ドラマ「anoneあのね」のあらすじには2話のネタバレが含まれますので注意。

<スポンサーリンク>

anoneあのねはどんなドラマ?

全てを失ってしまった少女は、
それでも生きようと思った。
でも、生きる術を知らなかった。
そして、ある老齢の女との運命的な出会い
それはある事件がきっかけだった――
このドラマは、生きることの意味とは?
人が生きる上でほんとうに大切なものはなにか?
を人々に問いかけ、真実の人間愛を見つけていく物語です。

anoneあのねネタバレ2話のあらすじ


かつて更生施設で一緒だった“カノン”こと紙野彦星(清水尋也)の病気を治すには、お金が必要であることを知ったハリカ(広瀬すず)は、「林田印刷所」の名前を頼りに亜乃音(田中裕子)の元を訪ねる。そこで再会を果たすのだが、亜乃音の持っていたあの札束の衝撃的な真相を知ることとなる。

さらに札束の出てきた床下の穴から、15年前に失踪したはずの亜乃音の娘・玲(江口のりこ)が、死んだ亜乃音の夫・京介(木場勝己)と写っている写真が発見される。
探していた娘が、隠れて夫と会っていたことに亜乃音はショックを受ける。

一方、舵(阿部サダヲ)が幼なじみの西海(川瀬陽太)に言われるままカレー店を乗っ取られようとしていることを知ったるい子(小林聡美)は、札束を燃やして捨てる人間がいるくらいだから、世界には裏メニューがあると、何かたくらみを抱いている様子…。

そして、写真の情報をもとに玲の足跡を辿るハリカと亜乃音が知るのは更に切ない現実で…。

<スポンサーリンク>

anoneあのねネタバレ2話

企み

持本舵(阿部サダヲ)のカレー屋に戻ってきた持本と青羽るい子(小林聡美)。持本の店はフランチャイズした直後に近所に同じ系列のカレー屋ができ客が減り、本社に支払ができず潰れた。土地を担保にしていたのでそれも失うことになる。るい子は世界には裏メニューがあると言い、林田亜乃音(田中裕子)は裏金を隠し持っていると思っていた。裏金なら盗んでも警察に捕まらないと。その頃、亜乃音は天気予報を凝視していた。

翌日、辻沢ハリカ(広瀬すず)は病室にいる紙野彦星(清水尋也)を遠くから見つめながらチャットをした。亜乃音の勤める法律事務所の所長・花房万平(火野正平)は亜乃音の娘が15年前に失踪した話をした。娘が天気予報に偶然映ったことがある。娘は生きているようだ。ハリカは亜乃音に会いに行った。そしてこの間の一万円の番号がなぜ同じ番号なのか聞いた。亜乃音はハリカを自宅の印刷工場へ連れて行った。ハリカは亜乃音と取引しようとしていた。偽札に興味津々のハリカは「どうやって印刷したの?」と聞いた。しかし亜乃音は「知らない。床下から見つけちゃったの。多分うちの夫の仕業。」と言った。夫は一年前に他界していた。ハリカは1度ここで印刷できたんだから、機械が動けばまたできるのではと考えた。しかし、亜乃音はお金を印刷するのは犯罪だと言った。ハリカはお金を作って使った後なら警察に捕まっても構わないと言った。亜乃音はハリカに「帰って」と言った。諦めきれないハリカは偽札が見つかった床下を探った。すると中からデジカメが出てきた。そのデジカメには夫と失踪しているはずの娘・青島玲(江口のり子)が楽しそうに笑っているの写真が写っていた。

持本は小中高の同級生でカレー屋の本社の西海(川瀬陽太)と店の土地の引き渡しの手続きをしていた。そこへるい子がやって来た。持本は土地の引き渡しを躊躇っていた。しかし西海は今すぐ印鑑を押すように脅した。持本が騙されていることに気付いたるい子は契約書を破り捨てた。外に出た持本とるい子はカレー屋を西海に取られないために亜乃音の裏金を使おうと企み始めた。

亜乃音とハリカはデジカメの写真に写っていたラーメン屋を訪れ、玲が食べていたラーメンを注文した。以前常連だった玲のことを店員と常連客が覚えていた。母親であることを隠した亜乃音だったが、店員の話から玲はシングルマザーで息子がいること、今はガソリンスタンドで働いていることが分かった。そして、玲はお父さんとは仲が良かったがお母さんとはそりが合わなかったと話した。亜乃音は辛い顔でラーメンを食べた。亜乃音はハリカがネットカフェに住んでいることを知り、今夜は家に泊まってと誘った。ハリカは久しぶりにパジャマを着た。亜乃音はデジカメのデータを見ていた。ハリカはもう1度ラーメン屋に行って玲の話を聴こうと誘った。しかし、亜乃音は「生きてるだけで十分」と言った。玲は亜乃音とは血が繋がっていなかった。夫と前の女の間に生まれた子どもだったが、生まれてすぐ母親はいなくなってしまった。亜乃音は母親として玲を赤ちゃんの頃から育て、可愛がっていた。血の繋がりなんて関係ないと思っていた。しかし、ある日本当の母親が現れ、今まで積み上げてきた関係が一気に壊された。「愛されてたって、愛してくれなかった人の方が心に残るもんね。人は手に入った物じゃなくて手に入らなかった物でできてるもんね。産んだ気になってたんだけどね。」と呟いた。ハリカは以前、親から愛された記憶のない子って人を愛することができないんだろうねと言われたことがあった。ハリカは玲の優しそうな顔を見て、「愛された記憶があるから愛せてる、亜乃音さんの愛情がちゃんと玲ちゃんに届いたから自分の子どもも愛せてる、大丈夫だよ。」と慰めた。

パソコンを見ていた亜乃音は「紙幣」のデータを発見した。亜乃音は印刷機のカバーを外し、電源を入れた。そして紙幣を印刷をした。一瞬で15,000,000円分印刷できた。しかしよく見ると夫が作った偽札とはレベルが全然違った。自分たちにできるのはこれが限界だと悟った2人。印刷した紙幣は切って焼いてトイレに流した。亜乃音は「愛されたことがなくたって、愛することはできると思いますよ。」と言い、床に就いた。ハリカは久しぶりに布団で寝た。

翌朝、帰ろうとするハリカ。亜乃音は掃除してくれるバイトを探さなきゃと言った。ハリカはバイトすることになった。亜乃音は猫の餌とハリカの昼食の買い物を頼み、仕事に出掛けた。

亜乃音が出掛けた姿を車の中から見ていた持本とるい子が亜乃音の家に侵入した。ハリカは気付かずに買い物に出掛けてしまった。持本とるい子は裏金を探した。買い物から戻ったハリカは、持本とるい子と鉢合わせた。清掃業者を装い外に出た2人。家の中の物が散乱していることに気付いたハリカは、2人を追いかけ「泥棒ですよね!?」と車に乗り込んだ。しかし、ハリカはるい子に拘束されてしまった。

亜乃音は玲の職場の近くに行き、玲が洗車している姿を見た。玲は亜乃音に気付いたが、目を逸らした。

弁当屋で働く男(瑛太)。一万円札を触り、意味深な顔をする。

亜乃音が家に戻ると、部屋は荒れ、ハリカはいなかった。落ち込む亜乃音。

持本とるい子はカレー屋にハリカを連れ帰った。そして、「あなたに危害を加えるつもりはありません。全部忘れてくれたら解放する。」「そちらも表沙汰にされたら困ることありますよね?私たち全部知ってるんですよ。あの工場には裏金があって…」そう言った時に、西海が店のトイレから現れた。西海の足元には拳銃が落ち、電気を消せと持本たちを脅した。

anoneあのねネタバレ2話の感想

せっかく亜乃音とハリカが打ち解けたのに…亜乃音さん、ハリカがやったんじゃないよ~!違うよ~と切ない気持ちになりました。

今回は田中裕子さんの切ない表情が印象的でした!やはり素敵な女優さんですね。胸が苦しくなる、いい表情してました。しかし、夫が玲と会ってたなんてすごくショックですよね…。ラーメンなんて喉通らなかっただろうな。ハリカが可愛らしい声で慰めた後「愛されたことがなくたって愛することはできると思いますよ。」と言った亜乃音の言葉。じーんときますねぇ。

西海はただのチンピラでしたね。持本、あんな奴、親友じゃないだろーっ!!あとるい子。なんだかんだ言って自分もお金を狙って持本を利用してるくせに…。

anoneあのねの2話の見逃し配信の情報

anoneあのねの2話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

anoneあのねネタバレ2話の登場人物

anone相関図

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング