このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページはanoneあのねネタバレの最終回です。

前回は、中世古がATMに返却されなかった偽札のせいで警察が動き出し

anoneさんが逮捕され舵と青羽さんは2人で逃亡しました。

中世古は陽人が火事の原因が自分であると気づいていることを知りどうするのか?

カノンとハリカの関係は?

<スポンサーリンク>

いったい、最終回ではどんな展開を見せるのか!?

anoneあのねネタバレ最終回のあらすじ

 

<スポンサーリンク>

逮捕

陽人(守永伊吹)は自分のせいで火事が起きて隣のおじさんが死んでしまったのか、理市(瑛太)に聞いた。警察に追われる理市は陽人の前から姿を消した。

亜乃音(田中裕子)は連行された。誰もいない部屋に帰ったハリカ(広瀬すず)は涙を流した。翌朝、警察が印刷所へやって来た。

るい子(小林聡美)と舵(阿部サダヲ)は警察から逃げながら、温泉へ向かっていた。

ハリカは玲(江口のりこ)に亜乃音が可愛がっていた猫を託した。そして玲に「お母さんはいつも玲さんと陽人君を思ってました。」と伝えた。

るい子と舵は温泉旅館で亜乃音とハリカが逮捕されたニュースを見た。舵が自首しようと提案すると、るい子は「やーだ。捕まったらアンタと離れることになるでしょ?」と断った。

花房(火野正平)は亜乃音の面会に来ていた。花房からハリカが鑑別所に入ったと聞かされた。ハリカは鑑別所で亜乃音の報道を見た。普段の亜乃音からはかけ離れた鬼のような形相をしたテレビの中の亜乃音を見て「亜乃音さんはこういう人じゃない。」と否定した。

ハリカの元に手紙が届いた。送り主は彦星(清水尋也)だった。彦星は見舞いに来た病室でハリカが嘘をついたことに気付いていた。彦星は茉歩の父親からお金を借りて、先進医療を受けるために転院することになった。ハリカがついた「嘘」に報いるために、生きるために…。そして、その日から彦星とハリカは毎日手紙でやり取りをした。ハリカは感謝の気持ちを伝えた。彦星の体調は回復し、色んなことが上手くいっていた。しかし彦星は、自分が上手くいけばいくほど、ハリカから遠ざかることに淋しさを感じていた。

舵の体力は衰えていった。るい子は献身的に看病した。舵は生きることを諦めていなかった。「幸せにしますから。絶対に離しませんから。本当ですよ。ちょっと寝ますけど、すぐ起きますから。」とるい子に伝えて目を閉じた。るい子は「アンタすごいよ。世界一かっこいいよ。こんないい男いない。」と言った。舵を看取ったるい子は自首して逮捕された。

亜乃音を信じている花房は、亜乃音が偽札に手を染めた本当の理由を知りたがっていた。

ハリカの元に彦星が面会に来た。彦星は一旦退院した。ハリカは涙を流して喜んだ。2人は笑顔で会話を楽しんだ。彦星は茉歩の家で世話になることになった。2人は手をタッチして別れた。ハリカは彦星とはもう会わないと思った。もし、あの時逃げ出すことに成功してたら、でもそれはなかったから、今の自分はここだから…と思いつつも、彦星と幸せに生きる姿を想像してしまうハリカだった。

自分のルールで生きる理市

ハリカは釈放された。ハリカは印刷所に戻った。花房の息子は、このままじゃ亜乃音が主犯になってしまうと花房が焦っていると話した。新聞には理市が今も偽札を使いながら逃走していると一面に載っていた。しかしハリカは理市は逃げてるんじゃない、自分のルールで生きていてそれが自由だと思っていると話した。ハリカは理市を探した。

ハリカは玲の元を訪れた。玲は、理市が最後に話したのは陽人だと話した。それ以来陽人はずっと部屋に籠って絵を描いていると話した。玲は、家に時々無言電話があると言った。玲が出るとすぐに切れるのに、陽人が出るとなかなか切れない。

偽札を使いながら来ていた理市は、警察官に職務質問をされた。理市は走って逃げた。逃げる途中で腕を痛めた。理市は玲の家に電話を掛けた。陽人が出た。陽人の声を聞き、理市は無言で切ろうとした。その瞬間、ハリカから「中世古さんでしょ?」と言われハリカの話を聞いた。ハリカは偽1万円札が使えた両替機の話をした。理市はその両替機を試した。しかし理市を誘き出そうとして待っていたハリカに止められた。ハリカは理市に自首して下さいと頼んだ。理市は「通報すれば?」と言った。ハリカは刑が軽くなるからと自首を勧めた。理市はハリカが子どもの頃捨てられたことを知り「辛くないの?どうやって息してんの?」と聞いた。ハリカは「辛いですよ。息しづらいですよ。」と答えた。理市は「そういう人間はこの世界を恨む権利があって…」と話した。ハリカは「辛い人が辛い人を傷付けるなんてそんなの1番くだらない!バカみたい!バカだよ!!」と理市を突き飛ばした。理市は「自首する前に陽人に会わせてよ。」と言った。

理市は陽人と会った。逃げたことを謝った。陽人は火事の話をした。陽人は自分が赤いライターで火をつけたと言った。しかし、ライターは青だったと理市は嘘をついた。火事のことは陽人の記憶違いで、火をつけたのは自分だと話して、陽人を庇った。理市は海に向かって歩き始めた。ハリカは「自首するって言いましたよね?」と自殺しようとした理市を止めた。

玲は亜乃音の面会に行った。亜乃音を「お母さん」と呼び、2人は涙を流して笑った。

理市は逮捕された。

亜乃音、釈放

ハリカは亜乃音の家でいつも通りの生活を送っていた。亜乃音は釈放された。19歳だったハリカは22歳になった。ハリカは亜乃音からプレゼントされたワンピースを来て亜乃音を迎えに行った。2人は手を繋いで歩いた。

家に戻った亜乃音を待っていたのは、るい子と舵(幽霊)だった。るい子の分身はアオバではなく舵になった。久しぶりの家を満喫する亜乃音。

ハリカは「ここって私の家?いつでも帰ってきていいところ?」と確認した。ハリカは

1人暮らしをする決心をした。1人になってみたいと言うハリカ。1人になりたくてなったことがなかったハリカは、初めて自分で決めて1人になること望んだ。「帰れる場所があるから、淋しくないから、自分の力で頑張ってみたい」と言うハリカ。娘ができたと思ったのに~と唸る亜乃音。

亜乃音、ハリカ、るい子、舵の4人は流星群を眺めて、祈った。

anoneあのねネタバレ最終回の感想

みんな逮捕されました。るい子が舵と離れたくないために献身的な看病をして、思いが通じ合って、看取ってから自首した所、涙が出ました…。普通に出会って、愛し合えてたらなと残念に思います。どんな理由があっても、犯罪に手を染めてはいけませんね…。理市、偽札使いまくっててびっくりした!!

ハリカと彦星君、初めて向き合って話せたのに!近付いたと思ったら遠ざかる…切ないです。ハリカは亜乃音の大きな愛のおかげでとても変わりました。玲も亜乃音と笑って話してて、無償の愛の力ってすごいなと思いました。

anoneあのねの最終回の見逃し配信の情報

anoneあのねの最終回を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

anoneあのねネタバレ最終回の登場人物

anone相関図

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング