このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

明日の約束のネタバレ9話になります。

9話では最終章に突入して、ストーリーも一転します。

今までの謎や人の本性などが明らかになっていきます。

<スポンサーリンク>

明日の約束ネタバレ9話の登場人物

明日の約束ネタバレ9話のあらすじ

高校1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が謎の死を遂げた。自殺の原因とうわさされたバスケ部の関係者が立て続けに襲われ、犯人は圭吾の幼なじみの香澄(佐久間由衣)だと分かる。圭吾を死に追いやった人物への復讐(ふくしゅう)のためだった。香澄が「あと一人…」と言うターゲットは圭吾の担任教師・霧島(及川光博)。香澄は霧島を陥れるべく、ノートPCを盗み出し、日向(井上真央)に託す。中身を見た日向は、霧島が圭吾の死に大きく関わっていることを知りがくぜん。教師として、生徒を守るべき立場の霧島がとった驚きの行動について、その真意を問いただす。

一方で、恋人の本庄(工藤阿須加)から暴力を振るわれた日向は、そのせいで結婚に対して後ろ向きになる。「あの人のようになることが怖い」――長年、母・尚子(手塚理美)に支配されてきた日向は、まだ結婚して母親になる覚悟ができていないと分かったのだ。尚子もまた、娘に暴力を振るった本庄を決して許そうとはせず、早速、日向に見合い話を持ってくる。しかし日向は、毅然(きぜん)とした態度で「私はお母さんの所有物じゃない」と自分の気持ちを伝え、本庄との今後についても、ある結論を出す。

吉岡家では、圭吾の妹の英美里(竹内愛紗)が、母・真紀子(仲間由紀恵)が息子の部屋を盗聴していた証拠をマスコミに流していた。すぐさま、テレビやネットで真紀子の異様な行動が報じられ、一時は真紀子に同情的だったマスコミも、一転して真紀子を糾弾。圭吾を死に追いやったのは、精神的虐待を続けてきた“毒親”にほかならないと、非難する。最愛の息子を失い、自らの愛情を否定され、そのうえ家族にも見放された真紀子は…。

<スポンサーリンク>

明日の約束ネタバレ9話

霧島の本当の姿

日向(井上真央)にいじめのきっかけを作ったと問われあっさり認める霧島(及川光博)。しかし、自分は種を蒔いただけだという。霧島のPCには生徒らの特徴などを記した個人名簿が保管してあり圭吾(遠藤健慎)には「親が過保護」と「罰が必要」とあった。そして渡辺(堀家一希)に声をかけ圭吾との仲を悪くさせていた。長谷部(金子大地)の動画の件も、霧島が動画を拡散させていた。「これは僕なりの教育です」と。圭吾が死んだのはあくまでも真紀子(仲間由紀恵)のせいだから自分には関係ないという。日向がこの事実を学校に告発すると言い出すと、圭吾に告白されたことも報告すると言われる。

和彦との関係

学校では、少しずつ以前の雰囲気が戻ってきていて大宮(新川優愛)は日向に別れた男の愚痴を言いにきていた。いつもと様子が違う日向をみて婚約者とうまくいっていないことがばれてしまう。一方、霧島のPCの中身をコピーした香澄(佐久間由衣)。そこには「僕はお母さんのせいで死にましたというメールを送信」という文面が記されていた。日向と希美香(山口まゆ)は英美里(竹内愛沙)を心配して会っていた。英美里は以前圭吾に「お母さんって私のこと嫌いなのかな」と聞いたときに「好きだと思う。でもお母さんは気持ちを伝えるのが下手だから」と言われ圭吾には自分にはわからないお母さんの気持ちが分かるんだと思い淋しくなったと話す。英美里に会ったあと、希美香は久しぶりに母に会ってそれから長谷部への告白の返事をしようと思うと日向に伝える。日向自身も、一つ一つ自分のことを解決していかないとと考える。日向は、12歳のころ毎日続いていた尚子(手塚理美)との交換日記の返事をかくのをやめた。これ以上できない約束を増やしたくなかったからだ。和彦(工藤阿須加)から連絡をもらった日向。もう一度話しをしたいという和彦に「私たちもう会わない方がいいと思う」と別れを告げる。別れる理由は和彦の暴力ではなく、自分が家族をつくることをイメージしていなかったことに気づいたからだと。

圭吾がターゲットになった理由とは

霧島は生徒らに圭吾にお線香をあげてちゃんとお別れをしたいと言われる。しかし、それは自分たちの自己満足だと告げる。生徒たちに相談された日向は霧島を呼び出した。もっと気持ちを汲むべきではと伝え、なぜ圭吾をターゲットにしたのかと聞いた。入学した日に真紀子が霧島に「以前の学校と同じような問題を起こさないようよろしくお願いします」と声をかけてきたからだという。霧島は以前の学校で女子生徒から性的暴行をでっちあげられ退職になっていた。真紀子が声をかけなかったら圭吾に目をつけることはなかったと。いつもは冷静な霧島は珍しく声を荒げた。霧島と入れ替わりで日向に声をかける北見(白洲迅)。日向が婚約者とうまくいっていないことを知り「俺でよかったらなんでも言ってください。日向先生の味方ですから」と伝える。その時、英美里から真紀子が盗聴していたデータを受け取り聞いてほしいと連絡が入り小嶋(青柳翔)の元に向かった。学校に戻り盗聴データを聞いていると望月から香澄が霧島を襲いにいったかもしれないと連絡が入る。すぐに外に確認しに行くと学校の近くで香澄が待っていた。「襲ってやろうかと思ったけどやめた」という香澄。

香澄の気持ち

香澄は、自分が許せなかったのは最後に圭吾の背中を押した誰かでだからメディアで叩かれていた2人を襲ったと。霧島は、自分のいじめのきっかけを作ったから疑って真紀子のことは昔から過保護だったと。盗聴が圭吾を苦しめたのなら原因は自分だと。1年前に盗聴がはじまったということは、望月を襲ったのも1年前だからだ。以前圭吾は学校で飼っていたうさぎを森の中に逃がした。その時、「檻とか水槽に逃げ場はない」と言っていた。日向は圭吾がうさぎを殺していたのではなく逃がしていたと知り嬉しくなった。しかし、香澄はもしかしたら自分のせいなのではないかと責める。香澄の話を聞いて、自殺する前日に告白されたことを伝え自分も責任を感じていて香澄と同じ気持ちだと。誰のせいで圭吾が死んだのかは間違っていると言った。そして香澄は霧島のPCのデータを預け警察にいくことを決意する。日向は轟木(馬場裕一)に霧島のデータを見せ全てを報告した。愕然とする轟木に開き直る霧島は依願退職することになった。日向は、圭吾に告白されたことも報告し自らも退職する意向を示した。一方、1人になった真紀子は圭吾の部屋で黒のロープをドアに縛り付け・・。

明日の約束ネタバレ9話の感想

霧島が圭吾に目をつけたのは真紀子のせいだったんですね。そんな真紀子は圭吾と同じように命を絶とうとしているのでしょうか。霧島がきっかけをつくったとはいえ、クラスメイトやバスケ部や香澄は自分たちを責めてますね。本人たちが言うように全く悪くないわけではないのですが・・・難しい問題です。そして、日向自身も和彦と別れあと残っているのは尚子との関係ですね。どんな結末が待っているのか、次回の最終回楽しみです。

明日の約束の9話の見逃し配信の情報

明日の約束の9話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

フジテレビオンデマンドで明日の約束の見逃し配信を見る

U-NEXTで明日の約束の見逃し配信を無料で見る

明日の約束はどんなドラマ?

主人公の藍沢日向は、高校のスクールカウンセラー。
ある男子生徒から「ヒナタ先生のことが好きです…」と告白される。しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。はたして、誰が彼を死なせたのか…。彼がいなくなった世界では、“犯人探し”が始まる。

すると、彼が抱えていた“闇”が次から次へと明らかになり、原因究明に動く日向の前に立ちはだかる。学校での陰湿ないじめの疑惑、日向の母親と同じ“毒親”による息子への過干渉、不穏な交友関係…。また、日向自身の周辺…男子生徒の母親からの言いがかり、自らの“毒親”からの抑圧、恋人との心が引き裂かれそうなトラブル、心から離れない男子生徒からの「告白」の記憶といった難題も、彼女を次第に追い込んでいく。

しかし、日向は、持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく。その先に日向が見つけた「生きる上で大切なこと」とは?果たして、そこから日向が導き出した「親子のカタチ」とは?

明日の約束のキャスト

井上真央
及川光博
工藤阿須加
白洲迅
新川優愛
佐久間由衣
遠藤健慎
金子大地
渡邉剣
山口まゆ
井頭愛海
夏子
堀家一希
竹内愛紗

青柳翔
神尾佑
馬渕英里何
中林大樹
近江谷太朗

羽場裕一
手塚理美
仲間由紀恵

 

この記事を書いた人

rinadorama

ドラマが好きなドラマ女子です。ネタバレ記事を書いています。

明日の約束
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング