このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

大翔の暴行疑惑を伝える動画を流出させた犯人探しが始まる。

話はどんどんややこしくなります。

<スポンサーリンク>

明日の約束ネタバレ6話の登場人物

明日の約束ネタバレ6話のあらすじ

1年生のバスケ部員・圭吾(遠藤健慎)が不登校の末に謎の死を遂げた。日向(井上真央)がスクールカウンセラーを務める椿が丘高校は、イジメによる自殺だと連日マスコミから激しいバッシングを浴び、さらに圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)がバスケ部内の暴力を告発したことで、騒ぎは日に日に大きくなっていく。そんななか、亡くなった圭吾がたばこを吸っていた先輩部員の大翔(金子大地)を脅迫していたことを知った日向。温和な性格の圭吾がなぜ――日向は脅迫が本人の意思ではなく、真紀子の指示だったのではないかと疑うが、圭吾の担任の霧島(及川光博)は、事態を穏便に収めるため、憶測で騒ぎ立てないよう日向にくぎを刺す。ところがその矢先、真紀子が「一度、2人きりで話がしたかった」と、突然日向の前に現れる。真紀子は、不登校を理由にたびたび圭吾に接触していた日向にも死の原因があると怒りを露わにし、訴訟の準備を進めていると告げるのだった。

その頃、学校では大翔が何者かに襲われ重傷を負っていた。バスケ部顧問の辻(神尾佑)に続き、またも起きた悲劇――。変わり果てた大翔を最初に発見した希美香(山口まゆ)は、現場から逃げていく犯人らしき人物を見たと話し、その証言を聞いた日向の脳裏には、ある人物の顔が浮かぶ。

一方、日向は恋人・本庄(工藤阿須加)から、プロポーズを受けたものの、そこで脳裏をよぎったのは母・尚子(手塚理美)の表情。間もなくして、日向は意を決して尚子に結婚話を告げることに…。ここから娘と母との関係に変化の兆しが見えてくる。

<スポンサーリンク>

明日の約束ネタバレ6話

日向に近づく真紀子

日向(井上真央)は2人で話がしたいという真紀子(仲間由紀恵)を相談室へ招く。真紀子は子供を持てば自分の気持ちが分かるはずと言い出し、母親にとって子供の存在は宝で子を持つ親でないと理解できないと。日向は圭吾(遠藤健慎)の死んだ時間より後にある生徒へメールが送られていたことを話す。「私が送りました」とあっさり認める真紀子。遺書を残さず死んだ圭吾のために代弁しただけだという。そして、日向が圭吾の気持ちを乱したといい、家出した日体育館で圭吾は日向に何を話したのかと問われるが、答えられないと断る日向。日向の態度に取り乱す真紀子。学校を訴える準備はできているといい立ち去る。真紀子が帰った後携帯に着信があり、折り返すと長谷部(金子大地)が襲われたという知らせを受ける。警察に駆け付け、一緒にいた希美香(山口まゆ)が細身の女が逃げていくのを見たという。長谷部が襲われたことは学校内にも知れ渡り、教師らも恐怖を感じていた。そんな中、日向は香澄(佐久間由衣)のことが気になり1年のときは霧島(及川光博)が2年は宮崎(馬淵英里何)だったことを知る。そして、近々圭吾の調査結果を遺族に報告することとなった。生徒間のトラブルはあったが、自殺に直結することは認定できないという内容だ。これにより、学校側は訴えられることは間違いないと考える轟木(馬場裕一)と霧島。日向は霧島から、圭吾の生徒らがお焼香に行きたいと提案があったことを伝えられる。悪いことではないが、今の状況では難しいとして思いとどまるよう指導するので日向にも相談があったら同じように対応してくれとお願いされる。

自分は汚れていると話す圭吾・・・

日向は和彦(工藤阿須加)に、両親に会わせたいとと言われ約束をする。自宅に帰り、尚子(手塚理美)にも結婚のことと和彦の両親にも会うことを伝える。尚子は喜び祝福する。日向は尚子が怒らないことはわかっていた。なぜなら、和彦が尚子の理想からはみ出していなかったからだ。田所(井頭愛海)が日向のもとへ相談してきた。圭吾の家にお焼香をあげたいという内容だった。霧島と話したように対応するひ日向。そして、田所は以前面談で話した圭吾がうさぎを殺していたことは信じられないが、去年の10月頃に圭吾が「汚れているから」と言っていたと話す。それがどういう意味なのか・・・。日向は圭吾が通っていた中学の教師に話を聞いた。その教師も、何かある度に真紀子の対応に追われていて大変だったと話す。真紀子の行動に圭吾の様子は諦めているようだったと。しかし、圭吾の入れ違いで妹の英美里(竹内愛紗)が入学してきたが、英美里に関しては驚くほどに何も言ってこなかったという。日向が、学校のうさぎ小屋をみていると英美里に声をかけられる。圭吾は自由になりたかったからうさぎを殺したんだと思うという英美里。長谷部の見舞いに行った沢井(渡邊剣)と希美香。そこで、長谷部の動画データが教室で盗まれたのでと考えられる時間に日向と霧島がいたことを話す沢井。小嶋(青柳翔)が圭吾の父・正孝(近江谷太朗)を呼び出した。正孝が真紀子と別居中で不倫相手がいることや、真紀子の実家からの支援で今の仕事が成り立っていることをネタにして圭吾の死んだ理由を知りたいと伝える。

香澄の過去を知る

日向は、香澄のことで宮崎から相談を持ち掛けられた。昨日、香澄と会い何か問題を抱えているようだったから相談に乗ってほしいという。宮崎は香澄が2年のときの担任だったが2か月でやめてしまったため本当にいじめがあったかは分からず、1年のとき担任だった霧島もいじめには気づかなかったという。また香澄は家庭内でも問題を抱えていた。そんな香澄を宮崎は気がかりだったと話す。1年前香澄をいじめていた生徒が歩道橋から突き落とされた事故があった。バイト中だった香澄は犯人ではなかった。日向はその時、香澄が言っていた「圭吾のおかげでこっちは片付いてるから」という言葉を思いだす。日向は、何度か香澄に連絡をとるが電話にもメールもの返信もない。

香澄と圭吾の復讐が始まる

週末、和彦の両親に挨拶にいく日向。両親から和彦には11年前に事故で亡くなった兄がいることを知る。和彦の様子をみて「お兄さんのこと嫌いだったの?」と聞く日向。兄は荒れていて、親に期待されていたが応えられなくその分自分は自由にやってこれたと話す。両親に早く会わせたがっていた和彦に焦ってるという日向。和彦は自分が間に入って日向と尚子を仲直りさせたいと思っていると伝える。日向は、尚子の左手の怪我は階段から落ちた自分を庇おうとしたからだといい尚子の入院中に家出をしたことを話す。そして和彦には話せていないが階段から落ちそうになったのは、日向が尚子を突き落とそうとしたからだった・・・。真紀子は、訴える相手を学校でなく霧島と日向を含めた個人相手にしようとしていた。そんな中、ネットには圭吾が自殺した理由に「母親が悪い」という書き込みがされていた。日向は、香澄が連絡を絶とうとしていることに気づき探しだす。香澄を見つけ出した日向は、歩道橋の事故は圭吾がやったことだよねと話した。その事故は圭吾が以前家出をした日と同じ日だった。圭吾は香澄のために生徒を突き落としたのだ。自分で決着をつけようとしたが、圭吾に自分がやるからと言われたと。その方がいいんだと言われたと・・・。「だから今度は私が汚れる番なの」という香澄。辻(神尾佑)と長谷部を襲ったのは香澄だった。日向に謝る香澄に警察に行こうというが、「まだやることがあるから。あと一人・・・」といい立ち去る。すぐに追いかける日向だが香澄を見失う。あと一人とは・・・。

 

明日の約束ネタバレ6話の感想

香澄が襲撃事件の犯人でした!圭吾のおかげで助けられた意味が分かりましたね。あと1人とは一体だれなのでしょうか。真紀子?霧島あたりが狙われそうですが・・・。今回の尚子は穏やかでしたね。和彦との結婚話も順調そうに見えますがこの先何か起こるのでしょうか。ますます目が離せません!!

明日の約束の6話の見逃し配信の情報

明日の約束の6話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

フジテレビオンデマンドで明日の約束の見逃し配信を見る

U-NEXTで明日の約束の見逃し配信を無料で見る

明日の約束はどんなドラマ?

主人公の藍沢日向は、高校のスクールカウンセラー。
ある男子生徒から「ヒナタ先生のことが好きです…」と告白される。しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。はたして、誰が彼を死なせたのか…。彼がいなくなった世界では、“犯人探し”が始まる。

すると、彼が抱えていた“闇”が次から次へと明らかになり、原因究明に動く日向の前に立ちはだかる。学校での陰湿ないじめの疑惑、日向の母親と同じ“毒親”による息子への過干渉、不穏な交友関係…。また、日向自身の周辺…男子生徒の母親からの言いがかり、自らの“毒親”からの抑圧、恋人との心が引き裂かれそうなトラブル、心から離れない男子生徒からの「告白」の記憶といった難題も、彼女を次第に追い込んでいく。

しかし、日向は、持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく。その先に日向が見つけた「生きる上で大切なこと」とは?果たして、そこから日向が導き出した「親子のカタチ」とは?

明日の約束のキャスト

井上真央
及川光博
工藤阿須加
白洲迅
新川優愛
佐久間由衣
遠藤健慎
金子大地
渡邉剣
山口まゆ
井頭愛海
夏子
堀家一希
竹内愛紗

青柳翔
神尾佑
馬渕英里何
中林大樹
近江谷太朗

羽場裕一
手塚理美
仲間由紀恵

 

この記事を書いた人

rinadorama

ドラマが好きなドラマ女子です。ネタバレ記事を書いています。

明日の約束
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング