このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

明日の約束のネタバレ最終回10話になります。

最終回10話ではついに最終回!!

<スポンサーリンク>

明日の約束ネタバレ最終回10話の登場人物

明日の約束ネタバレ最終回10話の予告

明日の約束ネタバレ最終回10話のあらすじ

学校でのいじめ、母・真紀子(仲間由紀恵)による精神的虐待……ちまたでさまざまな憶測が飛び交った、圭吾(遠藤健慎)の自殺。しかし結局、真相は誰にも分からず、クラスメイトや教師、残された家族は日常を取り戻せずにいた。

日向(井上真央)も、スクールカウンセラーとしてそんな人々の心をケアする一方で、死の前日に圭吾から告白されたことがずっと胸に引っ掛かっていた。「あれは、彼なりのSOSだったのかもしれない。答えが違っていれば何かが変わっていたのかも」――圭吾を苦しみから救えなかったことを悔やんでいた日向だったが、前に進むためにも、自分にケジメをつけようと決める。

そして、圭吾がクラスで孤立する原因を作った霧島(及川光博)の行為を学校に報告し、さらにこれまで学校や日向を敵視し続けてきた真紀子にもすべてを話そうと自宅を訪ねる。するとそこには亡き息子の気持ちが分からないと絶望する真紀子の姿があった。圭吾と真紀子に、自分と母・尚子(手塚理美)の関係を重ね合わせた日向は、自分も幼いころから親の愛情に苦しんできたと告白。そして、「高校生の時、母にいなくなってほしいと思った」と、尚子との関係を話し始める。はたして、長年にわたり“毒親”に支配されてきた日向の告白は、真紀子の心にどう届くのか?

さらに日向は学校で、「私がこの出来事の中で、いま一番許せないと思っている人がいます」と切り出し、ざわめきが生徒や教師たちの間に広がる。

そして尚子とのいびつな親子関係に対し、最後にある決断を下す――。

<スポンサーリンク>

明日の約束ネタバレ最終回10話

死のうとしている真紀子

真紀子(仲間由紀恵)は圭吾(遠藤健慎)と同じように自殺をしようとしていた。そこへ、日向(井上真央)が訪れ預かっていた盗聴器の返却と話したいことがあると言って。家へ上がり線香をあげようとしたとき、真紀子が用意した遺書らしきものを目にする。振り返ると真紀子はおらず、盗聴器は水槽の中で沈んでいた。圭吾の部屋の中にいる真紀子を見つけた日向は「死のうと思っているんですか。この部屋で」と問いかける。真紀子は、圭吾に直接死んだ理由を聞きたいと。たとえ死んでも圭吾の気持ちはわからないから死なないでほしいと伝える日向。「私は何を間違えたんでしょうか。」といい、圭吾は自分の全てだったと話す。愛情だと分かるからこそ子供にとっては辛いと自分も同じ気持ちだったと日向が話す。そして、自由になりたいために尚子(手塚理美)にいなくなってほしいと思ったと。でも圭吾は自分がいなくなることを選んだ。「明日がくるのが怖い」と言っていたことと、告白されたことを真紀子に伝えた。初めて聞く話に真紀子は日向を責める。それでも、真紀子が生きようと思うなら責められてもいいという日向。ただ、自分が圭吾の苦しみをくみ取ってあげられなかったことが悔しいと。そして、真紀子に頭をさげ謝る日向。「あの子の苦しみを私が・・・圭吾のことを何にも分かっていなかった」といい泣き崩れる真紀子。

尚子から旅立つ決意をする

学校では、日向と霧島(及川光博)が退職する報告をうけた教師らが戸惑っていた。そして希美香(山口まゆ)から英美里(竹内愛沙)が真紀子の元へ戻ると報告をうけた日向。真紀子が泣き崩れたあと英美里に連絡をして世話をお願いしていたのだ。英美里も自ら真紀子の側にいると言ったのだ。そして希美香も母親と会った時に謝ってもらったと報告する。また、長谷部(金子大地)とも交際をすることにしたと。一方、和彦(工藤阿須加)から連絡をもらって会った日向。和彦も仕事をやめ自分のために前に進もうとしていた。和彦と会って、自分も尚子との関係を乗り越えないとと励まされる。その時はまた会う約束をして・・・。そして日向は尚子に仕事をやめて家を出ることを伝える。なんでいきなりと言われ、「私にとってはいきなりじゃない。ずっと考えてきたことだから。」というと「そんなにママのこと嫌いなの!?」と豹変する。日向は、今まで抱えてきた尚子への思いを涙しながらぶつけた。「自分勝手な押し付けな愛情はもういらない」と言い放つ。距離を置いていつか謝ってほしいという日向に「何を謝らないといけないのよ。もう好きにすればいい。あんたなんかもう二度と顔も見たくない!!」という。そして嫌いなら嫌いといってから出ていけという尚子に「言わない。自分を生んでくれた人を嫌いになるのは自分を嫌いになるのと同じだから」と伝えるひなた。一方、捕まっていた香澄(佐久間由衣)は面会にきた日向に「明日がくるのが怖いっていうのはもう死ぬって決めてたから、自分がいない明日がくるのが怖いって意味なのかな」と伝えた。

日向が最も許せない人物とは

2学期の終業式の日。退職する霧島と日向の全校生徒にむけての挨拶があった。そこには、取材の一環として小嶋(青柳翔)もきていた。霧島の挨拶は当り障りのないあっさりとした挨拶で終わった。日向は、圭吾のことを話だして今一番許せないと思っている人がいると言い出す。「それは亡くなった吉岡圭吾くんです」と。ざわつく生徒と教師たち。日向は、もっと生きてほしかったしもっと助けを求めてほしかったからだと。だから、今生きている人達にむけてメッセージを送った。悩みや苦しみがあっても生きていくことへ誇りをもってほしい。辛い時は逃げてほしい、生きることから逃げさえしなければ人はやり直せるから・・・。と生徒達に伝えた。日向の言葉を聞いた小嶋も、旬が過ぎた記事だから穏便に済ませるといい去っていった。一方、圭吾のことですっかり傷心しきっている真紀子のそばには英美里がそっと寄り添っていた。そして、尚子の元を去っていった日向の部屋には昔やり取りしていた交換日記だけが残されていて。そこには、日向からの17年越しに返事が書かれていた。「私はお母さんの娘だけどずっとお母さんのために生きていくことはできません。明日の約束。私は私のために生きていきます」と。尚子はペットの鳥にむかって「日向はね飛んで行っちゃった」と話しかけた。家を出た日向は、清々しい表情で新しい生き方を歩んでいこうとしていた。

明日の約束ネタバレ最終回10話の感想

1人の生徒の死がたくさんの人の人生を変えていきましたね。誰が悪いとかが問題ではなく、圭吾は死を選び親、友達、教師らに向けてメッセージを残していったのでしょうか。できることなら死なずに生きることを選択してほしかったです。日向の、生徒に向けて言葉胸に刺さりました。生きていれば何度でもやり直せる。辛い時は逃げてもいい。まさにその通りですね。とても深いメッセージです。そして、日向自身も尚子から離れることができて自分自身にむけての言葉でもあったのでしょう。最後は明るい未来が見える素晴らしいドラマでした。

明日の約束の最終回10話の見逃し配信の情報

明日の約束の最終回10話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

フジテレビオンデマンドで明日の約束の見逃し配信を見る

U-NEXTで明日の約束の見逃し配信を無料で見る

明日の約束はどんなドラマ?

主人公の藍沢日向は、高校のスクールカウンセラー。
ある男子生徒から「ヒナタ先生のことが好きです…」と告白される。しかし、その翌日、彼は不可解な死を遂げてしまう。はたして、誰が彼を死なせたのか…。彼がいなくなった世界では、“犯人探し”が始まる。

すると、彼が抱えていた“闇”が次から次へと明らかになり、原因究明に動く日向の前に立ちはだかる。学校での陰湿ないじめの疑惑、日向の母親と同じ“毒親”による息子への過干渉、不穏な交友関係…。また、日向自身の周辺…男子生徒の母親からの言いがかり、自らの“毒親”からの抑圧、恋人との心が引き裂かれそうなトラブル、心から離れない男子生徒からの「告白」の記憶といった難題も、彼女を次第に追い込んでいく。

しかし、日向は、持ち前の前向きな性格を武器に、あらゆる問題に向き合っていく。その先に日向が見つけた「生きる上で大切なこと」とは?果たして、そこから日向が導き出した「親子のカタチ」とは?

明日の約束のキャスト

井上真央
及川光博
工藤阿須加
白洲迅
新川優愛
佐久間由衣
遠藤健慎
金子大地
渡邉剣
山口まゆ
井頭愛海
夏子
堀家一希
竹内愛紗

青柳翔
神尾佑
馬渕英里何
中林大樹
近江谷太朗

羽場裕一
手塚理美
仲間由紀恵

 

この記事を書いた人

rinadorama

ドラマが好きなドラマ女子です。ネタバレ記事を書いています。

明日の約束
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング