このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

先に生まれただけの僕ネタバレ2話のあらすじ

教育の現場を知らない校長として、職員室内で反発を受ける鳴海(櫻井翔)。
そんな中、鳴海は奨学金を受給する事の覚悟を説いて聞かせた生徒が学校を休んでいると分かり、不登校になったのではないかと気が気では無くなる。

さらに、沙織(井川遥)からは、腹痛を訴えて保健室に毎日通っている生徒のことを聞かされる。鳴海はその生徒の担任である及川(木下ほうか)にケアをするよう指示するが、彼は取り合おうとしない。そして、この生徒が抱えていた悩みには、学校内の大きな問題が隠されていた。

<スポンサーリンク>

先に生まれただけの僕ネタバレ2話の登場人物

先に生まれただけの僕の相関図

先に生まれただけの僕ネタバレ2話

生徒に興味がない教師

加瀬(佐久間悠)が学校にきていないことに気づき、自分が奨学金のことを話したせいだと思い不安になる鳴海(櫻井翔)。真柴(蒼井優)からは、インフルエンザで欠席していて後は対応しますのでと言われてしまう。鳴海は、逃げるように保健室に通う。綾野(井川遥)は、鳴海と同じようにメンタルがやられ保健室を利用する生徒が増えていると。そこへ、2年1組の小山祥太郎(立石ケン)が腹痛でやってくる。綾野は、薬という名のお菓子を与えていた。最近、保健室にくるようになった小山だが、お菓子で体調が良くなるということはメンタルに問題があるのではと思い、担任の及川(木下ほうか)にも報告するが全く気にしていないようだった。教師を変えるためには、どうしたらいいかわからない鳴海は   専務の加賀谷(高嶋政伸)にもプレッシャーをかけられる。そこで、教師らにカリスマ講師による講習をうける企画を考える。学校の入学志願者を増やすには、教師らに変わってもらうしかないといい全員参加必須で受けるようにと。気が乗らない教師の愚痴は止まらない。

真柴は加瀬を心配して家庭訪問に向かった。加瀬は、インフルエンザではなく元気な様子だった。鳴海の言った奨学金のことをちゃんと考えていたのだ。

鳴海は聡子(多部未華子)に仕事の悩みを話した。そして、プロポーズを考えていたが校長になった今、結婚はもう少し待ってほしいと伝える。聡子は、「いいよ。待ってるから」と我慢する。

カリスマ講師による講習が行われた。とにかくテンションの高い講師でとても真似できるような授業ではなかった。そしてそこには及川の姿はなかった。

及川は、進学塾の講師の副業をしていた。離婚して養育費を払うためだと。それに小山のこともいまだに気にする様子がなかった。

スクールカーストとは

真柴がカリスマ講師を真似て実践したというが、生徒に引かれ自分にはできないと鳴海に伝える。鳴海は「やろうとして頂いただけでも、この学校にきて初めていいことがあった。」といい礼をいう。そして、真柴は加瀬が不登校ではなかったことを報告し鳴海の言ったことをしっかり受け止めていたことを教える。

鳴海は、真柴に小山のことを相談し面談をすることにする。

小山は、3組の横井菜月(倉島颯良)と付き合ってると言い出す。横井と仲のいい磯山愛(上村歩未)と遊ぶようになったが、実は横井のことはそんなに好きじゃないと。

そして横井と磯山は同じクラスの上野美咲(松風理咲)と仲良かったが、最近上野をいじめているようになっていると。自分らに彼氏ができたからではないかと。それを見ていると気分が悪くなり保健室に通っていた。

鳴海は「スクールカースト」という生徒達の間にできる階級のことを真柴から教えられる。運動ができたり、彼氏がいる子は階級が上というように1軍2軍3軍と差別されると。そこからいじめに発展することを恐れる鳴海。

そして同級生に聞き込みをしたところ、上野が横井と磯山から嫌がらせを受けていることを知る。この問題を教師ら集めて話し合いをする鳴海。しかし、柏木(風間杜夫)綾野と真柴以外の教師は無関心だった。特に及川は、「興味がない」といい足早に去っていってしまう。結局、教師たちには鳴海の思いは伝わらなかったが、真柴が動きだした。

校長として自分がやるべきこと

横井と磯山を呼び出す鳴海と真柴。最近の上野との関係を聞き出すが、とぼける磯山。派閥やいじめが学校であることに驚いた、そんなのはくだらないよと話す鳴海。

「ごめんなさい。もう美咲をいじめたりしません」と突然泣き出す横井。

ここに来る前、小山に別れと告げられ自分はもう上野と同じ3軍だといい出ていってしまう。言い過ぎてしまった鳴海に対して責める真柴に、黙っていたら自分が校長をやっている意味がないと反論する。

自分が校長としてどこまでやればいいのか悩む鳴海だったが、上野と横井と磯山の関係は元に戻り、欠席していた加瀬も登校してきた。いまのところ、進学に向けて頑張っていくと。

鳴海は、及川にグループ会社で社会研修をしてくるよう指示する。嫌がる及川に早期退職という名目で塾講師としての仕事を紹介できると伝える。

教師らは及川が退職したことに驚き、数学の授業はこれからどうするのかと鳴海に問い詰める。「僕が教壇に立ちます」という鳴海。

先に生まれただけの僕ネタバレ2話の感想

校長の言葉がちゃんと生徒に伝わっているようですね。教師らも、いいかげんな人が多いですが、真柴先生は少しづつ校長の事を認めてくれるのではと見てて思いました。ただ、学校のことで頭いっぱいで、聡子との関係が気になりますが。次回は、校長が授業をするようでとても楽しみです。

先に生まれただけの僕の2話の見逃し配信の情報

先に生まれただけの僕の2話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

先に生まれただけの僕はどんなドラマ?

商社マン、まさかの校長先生になる!

少子高齢化、社会保障問題、若年層貧困……
決して明るいとは予想できない10年後・20年後の未来―
そんな未来を生きていかなければならない子供たちに、教師は、大人は、何を伝え教える事ができるのだろうか

これは、 教師と生徒たちの友情・愛情を描くありきたりな学園ドラマではありません。
教育を施す、教師たちの人間物語なのです!

超豪華座組みでお届けする、オリジナル社会派エンターテインメントドラマ!

先に生まれただけの僕のキャスト

鳴海涼介 … 櫻井 翔
真柴ちひろ … 蒼井 優
島津智一 … 瀬戸康史
市村 薫 … 木南晴夏
矢部日菜子 … 森川 葵
後藤田 圭 … 平山浩行
河原崎孝太郎 … 池田鉄洋
及川祐二 … 木下ほうか

松原聡子 … 多部未華子

綾野沙織 … 井川 遥
郷原達輝 … 荒川良々
杉山文恵 … 秋山菜津子
加賀谷圭介 … 高嶋政伸
柏木文夫 … 風間杜夫

この記事を書いた人

rinadorama
ドラマが好きなドラマ女子です。ネタバレ記事を書いています。
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング