さくらの親子丼の4話を見逃した方はこのページの方法で簡単に無料で見逃し配信を見ることができます。

さくらの親子丼の4話の動画を探している方は、とあるオンデマンドで無料があります。

さくらの親子丼 動画の4話を見る方法はこちら。

<スポンサーリンク>

ドラマ「さくらの親子丼」4話の予告動画

<スポンサーリンク>

さくらの親子丼のダイジェスト版や再放送はないの?

さくらの親子丼の再放送の情報がまだ、ありません。

わかり次第、こちらのページで更新します。

4話を今すぐ無料で見る方法をまとめました!

↓↓↓

さくらの親子丼の見逃し4話のネット配信を無料で見る!

FODで見逃し配信を見ることができますよ
 

ドラマ「さくらの親子丼」4話のストーリー

 
さくら(真矢ミキ)の古本屋・九十九堂に、
摂食障害に苦しむ小学校教諭・御代川由希(大西礼芳)の母・
峰子(森口瑤子)が訪れた。
たまりばにいる人たちを怪しく見ていた峰子は、
由希もこの場所で親子丼を食べているとさくらから聞き、
不快感をあらわにする。
由希の異変に気付きながらも心に蓋をしていた峰子は、
後日、由希が銀行やローン会社から
多額の借金をしていることを知り驚愕する……。
そんな折、さくらは俊太(塚田僚一)が持っていた雑誌の記事から、
恭子(本仮屋ユイカ)が未成年の少女が起こしたリンチ事件の
取材をしていることを知る。
その事件の加害者は、あざみ(吉本実憂)の不良仲間である
リエ(柳美稀)だった。
恭子の記事を見て被害者がいまだに寝たきりの状態だということを知り、
リエは苦しむ。
「ウチの気持ちなんてわからないくせに」と言われたあざみは、
自分の母親が人を殺したことを語り、泣いてリエを抱きしめるのだった。
一方、峰子のプレッシャーに耐えかねた由希は、
ついに学校を無断欠勤するようになった。
そんなある日、さくらの元に警察から一本の電話がかかってきた。
摘発した風俗店関係者の中に由希がいたというのだ。
さくらに助けを求めた由希は、峰子との縛られた親子関係を静かに話し始めた。
そして泣き崩れた由希の手首に、さくらはリストカットの跡を見つける。
極限まで追い詰められた由希を救おうと決心したさくらは、
峰子に会いに御代川家を訪ねることにするが…。


そんなことになっていたのですね。
大変な事件を起こしてしまったリエとあざみですが、
彼女たち自身も自分たちではどうにもならないような大きな問題を抱えていた。
それを相談できる人もいなければ、解決する手立てもない。
そのはけ口として今回の事件のようなことをしてしまった。
そう考えると同情できる部分もありますが、やはり間違いは間違いです。
でも、その状況で生まれた友情だからこそたリエとあざみの絆は深そうです。
一方、由希さんの状況もある程度想像できました。
峰子さんの様な母親は、自分は正しいと思い込んでいて、
自分の存在が娘を苦しめている事に気が付きもしない。
でも、そこに他人のさくらさんが介入するのは難しいと思います。
下手をすると峰子さんはますます頑なになるだけかも。
さくらさんは峰子さんに対してとのように接するのか気になります。

さくらの親子丼 4話以降はどうなる?

さくらさんは、息子さんを失うという大きな悲しみを経験したからこそ
人の気持ちが分かるのかもしれません。
さくらさんにとっての息子さんは、自分自身よりも大切な存在で、
この世の中で一番と言っても過言ではなかったはずです。
人の気持ちに寄り添うのは大変なことだと思います。
同情するぐらいなら誰でも出来ますが、本当に相手の立場になって考える事は
そう簡単な事ではない。
やはり、自分が実際に体験してないと分からない事も多いと思います。
大きな悲しみを乗り越えてきたさくらさんだからこそ何かしてくれる。
そんな期待を抱かせてくれます。

さくらの親子丼 見逃したくない4話の視聴者の意見

50代
女性

一人一人の心に寄り添いたいからだと思います。
登場人物みんなが救われる日が来るといいのですが

50代
女性

さくらがどうやって若者たちを立ち直らせるのか、
峰子にはどう対応するのか、見ものだ。

30代
男性

由希は立ち直れるのか、母親との関係の行方はどうなるのか

40代
女性

心から救いたいからただで食べさせる

50代
女性

さくらはゆきを助けられるか、みねこをどうできるか。

40代
女性

さくらは由希を救う事ができるのか。
また峰子は改心するのか。
心に寄り添うという事だと思います。

さくらの親子丼の相関図

 

さくらの親子丼を見逃してしまったら、再放送をまたなくても見逃し配信を利用すれば簡単に見ることができます。→
さくらの親子丼の見逃し配信はこちらです

さくらの親子丼のキャスト

九十九 さくら ・・・ 真矢ミキ
二宮 あざみ ・・・ 吉本実憂
九十九 恭子 ・・・ 本仮屋ユイカ
中西 俊太 ・・・ 塚田僚一(A.B.C-Z)

スタッフ

企画 ・・・ 横田 誠(東海テレビ)
企画協力 ・・・ 古賀誠一(オスカープロモーション)
原作・脚本 ・・・ 清水有生
音楽 ・・・ 富貴晴美
主題歌 ・・・ Hilcrhyme「涙の種、幸せの花」(ユニバーサルJ)
演出 ・・・ 阿部雄一 木内健人
チーフプロデューサー ・・・ 市野直親(東海テレビ)
プロデューサー ・・・ 遠山圭介(東海テレビ)浦井孝行(オスカープロモーション)村山太郎(オスカープロモーション)
制作著作 ・・・ オスカープロモーション
制作 ・・・ 東海テレビ

 

この記事を書いた人

さくらの親子丼
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング