<スポンサーリンク>

ドラマ「さくらの親子丼」1話の予告動画

<スポンサーリンク>

さくらの親子丼のダイジェスト版や再放送はないの?

さくらの親子丼の再放送の情報がまだ、ありません。

わかり次第、こちらのページで更新します。

1話を今すぐ無料で見る方法をまとめました!

↓↓↓

さくらの親子丼の見逃し1話のネット配信を無料で見る!

FODで見逃し配信を見ることができますよ
 

ドラマ「さくらの親子丼」1話のストーリー

 
東京・大田区。羽田空港近くの町で、九十九さくら(真矢ミキ)は、
古本屋「九十九堂」を営んでいる。
古本屋の奥には“たまりば”と呼ばれる一室がある。
ここでさくらは、行き場をなくして空腹で訪れる客に
無料で親子丼を提供していた。
家出少女の二宮あざみ(吉本実憂)は、
正木リエ(柳美稀)らと組んで非行を繰り返す毎日を送っていた。
ある夜、ヤクザに追われて逃げ込んだ公園で腹を空かしたあざみは、
リエが聞きつけた「ただで親子丼が食べられる場所がある」
という噂を頼りにたまりばにやってきた。
たむろしていたのは、少年院出所後、
アイドルを目指す妹の夢のために
貧乏ながらも懸命に働く君塚達也(今井悠貴)や、
絵が得意だがコミュニケーションに難がある男性・玉置玄(矢野浩二)
さらに不良少年やひきこもりの少年など、
少しだけ社会からはみ出した面々。
突然訪れたあざみとリエに対し、さくらは深く詮索もせず
温かい親子丼を差し出す。
久々に食べる心のこもった手料理をむさぼるように食べる2人。
しかし「泊まる場所がないから一晩泊めてほしい」という申し出を、
さくらはかたくなに断った。
親子丼の美味さに感動したあざみは、
反抗的な態度をとりながらもたまりばに通うようになった。
ある日、たまりばに来ていたあざみは、達也に自分の生い立ちを話し出す。
あざみは1歳のころ、生みの母親に殺されそうになり、
それを止めに入った高校生のウェイターが巻き添えにあい殺されたのだという。
何気なくその話を耳にしていたさくらは呆然と立ち尽くす。
実はさくらの息子も、事件に巻き込まれて死亡していたのだった。
運命のいたずらとも言えるあざみとの出会いに、さくらがとった行動とは…?

さくらさんは、優しいだけでは無い何かがあるのですね。
来るものは拒まずで、訪れる人に対して詮索もしないで親子丼を振る舞うのに、
泊めることはしない。気になります。
その子達を信用していないから泊められないというような
理由ではない事は明らかです。
一体さくらさんにはどのような秘密があるのでしょうか。
驚きました。こんな偶然があるのでしょうか。
こんなことそうそう起こるはずも無いであろう事件が
さくらさんとあざみの身に起きていたなんて。
これは偶然などではないですね。
さくらさんの息子を殺害してしまったのはあざみの母親。
でも、息子が助けようとしたのはあざみ。複雑です。
でも、さくらさんはあざみを助ける道を選ぶのでしょうね。

さくらの親子丼 1話以降はどうなる?

木造でいかにも昭和レトロな雰囲気が漂う古本屋の奥に
“たまりば”があるのがとても良いです。
これが現代的なビルの一室や住宅街の素敵な住宅だとしたら、
ここまで感情移入できませんでした。
また、そこで親子丼をふるまう女性主人が真矢みきさんというのが面白いです。
あか抜けていて男前な真矢さんが、すこし古びた家に住み、手作りの親子丼を振る舞うなんて。
おもしろい組み合わせです。
さらに、親子丼というのがとても良いです。
“親子”というワードにも惹かれますが、卵と玉ねぎさえあればできてしまうという
簡単で経済的なレシピという所も自然で良いです。
幸薄で育った子供達が愛を感じるメニューとしてピッタリ。
親子丼だからこそこのようなストーリーが成り立つのかも。そう思います。

さくらの親子丼 見逃したくない1話の視聴者の意見

さくらの親子丼の相関図

 

さくらの親子丼を見逃してしまったら、再放送をまたなくても見逃し配信を利用すれば簡単に見ることができます。→
さくらの親子丼の見逃し配信はこちらです

さくらの親子丼のキャスト

九十九 さくら ・・・ 真矢ミキ
二宮 あざみ ・・・ 吉本実憂
九十九 恭子 ・・・ 本仮屋ユイカ
中西 俊太 ・・・ 塚田僚一(A.B.C-Z)

スタッフ

企画 ・・・ 横田 誠(東海テレビ)
企画協力 ・・・ 古賀誠一(オスカープロモーション)
原作・脚本 ・・・ 清水有生
音楽 ・・・ 富貴晴美
主題歌 ・・・ Hilcrhyme「涙の種、幸せの花」(ユニバーサルJ)
演出 ・・・ 阿部雄一 木内健人
チーフプロデューサー ・・・ 市野直親(東海テレビ)
プロデューサー ・・・ 遠山圭介(東海テレビ)浦井孝行(オスカープロモーション)村山太郎(オスカープロモーション)
制作著作 ・・・ オスカープロモーション
制作 ・・・ 東海テレビ

 

この記事を書いた人

さくらの親子丼
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング