さくらの親子丼 動画10月21日放送を無料視聴できる方法をまとめました。

10月21日に放送した動画を見たい方は、あるオンデマンドで無料で見ることができます

さくらの親子丼は10月21日の放送で3話になります。動画を見る方法はこちら。

<スポンサーリンク>

ドラマ「さくらの親子丼」3話の予告動画

ドラマ「さくらの親子丼」動画3話のあらすじ

 
実家の九十九堂を離れ、今は雑誌の編集者として働いている
さくら(真矢ミキ)の娘・恭子(本仮屋ユイカ)は、
未成年の少女が起こしたリンチ事件の取材をしていた。
加害者の少女は少年院に一年入り、今はまた遊び回っている。
そして被害者の少女は人違いでリンチされた挙句、
脳挫傷で今も意識が戻らず入院中だった。
その加害者はリエ(柳美稀)で、恭子はリエと不良グループの非行現場を目撃。
そしてその現場にはあざみ(吉本実憂)の姿もあった。

恭子は兄の法事について相談するために、久しぶりに九十九堂を訪れる。
恭子は行き場のない人にたまりばという場所を作り、
親子丼を食べさせるというさくらの行動にいまだに否定的だった。
そのたまりばで偶然あざみを見つけた恭子は、リエの連絡先を問い詰める。
さくらはその様子を見て気が気ではない。
ある日、たまりばで小学生3人が、担任の先生に腕や足をつねられたと
さくらに青痣を見せていた。
するとその場に、担任の御代川由希(大西礼芳)が現れる。
由希は落ちこぼれや登校拒否の子たちを受け入れるさくらを非難し、
3人を連れて帰っていった。
しかし後日、そんな由希が「親子丼を食べさせてほしい」と
再びたまりばにやってくる。
髪をばっさり短くし、雰囲気が変わった由希。
黙々と親子丼を口につめ込む様子を見たさくらは、ある違和感を覚える…。

<スポンサーリンク>

さくらの親子丼の再放送情報は?

3話の再放送の情報は公式ホームページにも発表されていませんでした。

インターネットは便利なもので、最近はオンデマンドサービスというものがあります!

動画のネット配信をしているサービスがあります。

無料トライアルを使って見逃してしまったドラマを見る方法があります。

3話をどうしても無料で今すぐ見たい方はこちら!

↓↓↓

さくらの親子丼の動画(10月21日放送)を無料で見る方法

FODで見逃し配信を見ることができますよ
 

さくらの親子丼の動画(10月21日放送)の視聴者のアンケート

さくらの親子丼の3話 の調査をしました!

3話で視聴者は何を思って見ているのか?

さくらの親子丼の動画(10月21日放送)の感想

九十九堂という古本屋でありながら、
行き場の無い人達に親子丼を振舞うさくら(真矢ミキ氏)の元で
食事をする御代川由希(大西礼芳氏)には、
母・峰子(森口瑤子氏)の存在が重く圧し掛かっている為、
摂食障害になっている思われますが、
肝心の母親がその事に全く気付かず自分の思いを娘に課してしまい結果、
風俗店に身を落としそうになるとは、とても嘆かわしい話です。
良かれと思ってする事が相手にとって嬉しい事になるとは限りませんし、
寧ろ無意識に他人を傷つける人程厄介な事はないと思うのです。
自覚があるならまだ説得の仕様もありますが、
良かれという気持ちが先行し過ぎて相手の状況が見えなくなると、
その優しさは最早優しさではなくなってしまうのです。

さくらの親子丼 ドラマ批評

心に悩みや後ろめたさを持つ人に、九十九さくら(真矢ミキ氏)が親子丼を振舞うのは、
彼女自身にも取り戻せない過去を持っているからであり、
その贖罪の思いがさくら氏を突き動かしていると推察しています。
恭子(本仮屋ユイカ氏)には手厳しい言葉を浴びせられても、
その思いに迷いが生じる事はなく、目の前の危うい誰かの為に
親子丼を作り続ける覚悟の様です。
恭子氏も記者としてどうしても見過ごせない事件と向き合っており、
被害者が意識不明であるのに、加害者であろう者がその事実に向き合おうとしないのが
許せないのです。それは自身の亡くなった兄の出来事が大いに関係しているからでしょう。

さくらの親子丼の動画3話の放送日と時間

3話の放送日は、10月21日の土曜日 夜11時40分です。

※さくらの親子丼を見逃してしまったら、再放送をまたなくても見逃し配信を利用すれば簡単に見ることができます。→
さくらの親子丼の見逃し配信はこちらです

 

この記事を書いた人

さくらの親子丼
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング