このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

陸王ネタバレ8話のあらすじ

タチバナラッセルとの取引が白紙になり、またもや窮地に立たされた宮沢(役所広司)と「こはぜ屋」。取引終了までに、新たな供給先を探さなければ「陸王」の生産はストップしてしまうと、危機感を募らせるばかりだった。アッパー素材を探すために大地(山﨑賢人)が東奔西走するのだが、やっと話を聞いてもらえる企業を見つけても、コストが見合わずうま味のないビジネスだと、取り付く島もなく断られてしまう。 茂木(竹内涼真)の期待に応えるためにも、なんとしてでも、世界一のシューズ「陸王」を完成させたい…その一心で、必死に協力してくれる企業を探す日々だったが、そんなときシルクレイ製造機にトラブルが発生!
もはや絶体絶命、最大のピンチに立たされた宮沢ら「こはぜ屋」。絶望の淵に立たされた宮沢は、坂本(風間俊介)からある提案を受ける。宮沢が耳を疑うその提案とは……!?


<スポンサーリンク>

陸王ネタバレ8話

坂本の提案に激怒する紘一

坂本に会社の買収を提案された紘一は「冗談じゃない。」と激怒した。坂本は「陸王を作れなければ未来もないんじゃないか?」と言われるが紘一は「こはぜ屋の名前が無くなるくらいなら元の足袋屋に戻った方がマシだ。」と怒鳴り返した。
紘一はこはぜ屋の社員に坂本に提案された買収の話をした。あけみをはじめ社員たちも〝冗談じゃない″という想いだった。そんなところにセールスドライバーの江幡晃平(天野義久)がやってくる。江幡はいい考えが浮かんだと言い「リーム陸王で市民駅伝に参加しないか?陸王を履いて走れば宣伝にもなるし、スポンサーもつくかもしれない。」と提案した。しかしこはぜ屋のみんなは「今駅伝に出ている暇はないんだ。」と提案を却下した。

契約解消を迫られた紘一

茂木は「国際マラソンにエントリーしたい。」と監督に頭を下げていた。それはライバルの手塚が出場するからだった。監督は「当日までに調整が出来ているのがエントリーの条件だ。」と告げた。村野はそんな茂木の元へ訪れて「陸王はもう作れなくなった。国際マラソンに履くシューズは1から見直さなきゃない。」と言った。
大地は諦めずにアッパー素材探しと一緒に設備投資1億円してくれる会社を探していた。答えはもちろん〝NO″ばかりだった。そして製造がストップしたこはぜ屋はついに赤字を出してしまう。玄三は「村野さんと飯山さんへの顧問料などもろもろで100万円はかかっている、2人との契約解消を考えてください。」と紘一に告げた。紘一は「本当にどこの銀行からも1億円借りられないか?」と玄三に聞くが玄三は首を横に振るだけだった。

チーム陸王で駅伝に参加して

紘一は偶然買収しようとしている会社と飯山がやり取りしていることを知ってしまう。家の中で坂本や飯山の事を悪く言う紘一に対し大地は「やめろ。」と反論する。言い合いする2人対し娘の茜が「こんなにいがみ合うなら陸王なんて作らなきゃよかった。」と言われる。
紘一は茂木の元へ向かった。茂木は「本当にもう無理なんですね、どこかで期待していました。」と言った。茂木はこはぜ屋の事を心配していた。そして「いつかまたこはぜ屋さんが作ったシューズを履かせてください。」と言った。
紘一はチーム陸王で駅伝に出ようと決心した。しかし当日ヤスがケガで走れなくなった。そこで代わりに坂本が走ることになった。チームは入賞目指して走っていたが惜しくも入賞は逃してしまった。しかしみんなにはいい笑顔が見られていた。その日紘一は坂本から〝飯山さんが特許を売ることはこはぜ屋さんに迷惑がかかるから断ったそうです″と言うことを聞いた。飯山は陸王を作る事を諦めていなかったのだ。紘一も駅伝を終え「やっぱり陸王を諦めたくない。」と再実感した。そして坂本に「御園社長に会わせてほしい。」と頼んだ。

買収を前向きに考え始める紘一

紘一は御園社長(松岡修造)と会った。御園はシルクレイの技術をかっていた。シルクレイを使わせてほしいという事だった。「すぐに3億の出資を約束する。」と言われた。「一緒にやりましょう。」と言い差し出した御園社長の手を紘一は「前向きに検討させていただきます。」と握り返した。

陸王ネタバレ8話の感想

シルクレイ製造機械が壊れ絶体絶命のこはぜ屋。こはぜ屋が陸王を作り続けるためには買収という道しかないという事に苦しむ紘一を見ているのが辛くなりました。それでも駅伝ではチーム陸王が笑顔でタスキをつなぐ姿がとても素敵でした。負傷した選手を負ぶって走る紘一はかっこ良すぎでした。駅伝を通し、「やっぱり陸王を諦めたくない。」という想いが強くなった紘一は買収を強く考え始めました。御園社長は本当に信用できる人なのでしょうか?今後の展開にも目が離せませんね。

陸王の8話の見逃し配信の情報

陸王の8話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

陸王はどんなドラマ?

TBSでは2017年10月期の日曜劇場枠にて、池井戸潤原作の『陸王』をドラマ化することが決定いたしました。

創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・主人公の宮沢紘一を演じるのは、今回TBS連続ドラマへの出演が、1997年7月クールに放送された『オトナの男』以来実に20年ぶりとなる役所広司さん。

原作者の池井戸氏は「主演の役所広司さんはじめ、役者のみなさんの演技と、駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」とコメント。制作陣もドラマ化にあたっては、原作のイメージを膨らませ、臨場感のあるドラマにするため、埼玉県行田市を含めたロケーション・ハンティングのほか、原作中に登場する走法の研究やランニングシューズの開発など、細部までこだわり抜いた準備を進めています。

さらに、原作に描写されている「ニューイヤー駅伝」の様子をドラマに盛り込むため、2017年の年明け1月1日にも『ニューイヤー駅伝2017』(第61回全日本実業団駅伝)で、早くも撮影が行われました。

陸王ネタバレ8話の登場人物

陸王のキャスト

宮沢紘一 … 役所広司

宮沢大地 … 山﨑賢人
茂木裕人 … 竹内涼真
宮沢 茜 … 上白石萌音

坂本太郎 … 風間俊介

城戸明宏 … 音尾琢真
平瀬孝夫 … 和田正人
毛塚直之 … 佐野 岳

大橋 浩 … 馬場 徹
安田利充 … 内村 遥
江幡晃平 … 天野義久

仲下美咲 … 吉谷彩子
水原米子 … 春やすこ
橋井美子 … 上村依子
西井冨久子 … 正司照枝

立原隼人 … 宇野けんたろう
加瀬尚之 … 前原 滉
内藤久雄 … 花沢将人
川井 … 佐藤俊彦
水木 … 石井貴就
端井 … 安藤勇雅
吉田 … 山本涼介

正岡あけみ … 阿川佐和子

佐山淳司 … 小籔千豊
家長 亨 … 桂 雀々
富島玄三 … 志賀廣太郎
有村 融 … 光石 研
宮沢美枝子 … 檀 ふみ
飯山素子 … キムラ緑子

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング