このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

陸王ネタバレ7話のあらすじ

タチバナラッセルとの取引が白紙になり、またもや窮地に立たされた宮沢(役所広司)と「こはぜ屋」。取引終了までに、新たな供給先を探さなければ「陸王」の生産はストップしてしまうと、危機感を募らせるばかりだった。アッパー素材を探すために大地(山﨑賢人)が東奔西走するのだが、やっと話を聞いてもらえる企業を見つけても、コストが見合わずうま味のないビジネスだと、取り付く島もなく断られてしまう。 茂木(竹内涼真)の期待に応えるためにも、なんとしてでも、世界一のシューズ「陸王」を完成させたい…その一心で、必死に協力してくれる企業を探す日々だったが、そんなときシルクレイ製造機にトラブルが発生!
もはや絶体絶命、最大のピンチに立たされた宮沢ら「こはぜ屋」。絶望の淵に立たされた宮沢は、坂本(風間俊介)からある提案を受ける。宮沢が耳を疑うその提案とは……!?


<スポンサーリンク>

陸王ネタバレ7話

[陸王]絶体絶命のピンチ

紘一たちはタチバナラッセルの代わりになる素材を探そうとしていた。大地が中心となり日本中の織物会社を当たっていた。しかし誰もがそう簡単に見つかると思っていなかった。
そんな中陸王のソールを作っていた機械が壊れてしまった。アッパー素材だけでなくシルクレイを作る機械も壊れてしまったのだ。機械を直すには1億はかかると誰もが落胆していた。そんな飯山の元へ有名アウトドアメーカーの社員が訪れ独占契約を結びたいと話を持ち掛けてきていた。紘一は銀行へ融資のお願いに訪れていたが、融資は断られてしまっていた。紘一は社員たちを守るために陸王の開発をあきらめることを村野に告げた。村野は「そんな簡単に諦められる思いだったのか?」と詰め寄るが紘一は頭を下げることしかできなかった。村野には「私の見込み違いだった、その程度の考えで選手に近づこうとしたならばそれは陸上競技者への冒涜ですね、これ以上私がここにいる意味はありません。」と行ってこはぜ屋を後にした。

ピンチが続く陸王

茂木はこはぜ屋のためにと取材を申し入れ陸王の事を熱く語った。しかし出来上がった記事は茂木が言った覚えのないことが書かれていた。茂木は講義したいと監督にお願いするが「そんなことしている暇があったら死ぬ思いで走れ。」と言われる。
飯山はアウトドア会社への返事をまだ迷っていた。
紘一は久しぶりに坂本と会っていた。そこで坂本に「宮沢さんの気持ちはどうなのですか?」と聞かれた。「やりたい気持ちはあるけど家族や社員を路頭に迷わせるわけにはいかない。」と紘一は答えた。坂本は「ならばスパッと辞めるべきです、何を守っているのですか?…しかしなにかをやる前から諦めるなんて宮沢社長らしくありません。」と言われた。

諦めないと決めた紘一

坂本は紘一に「銀行を辞めることにした。以前から声をかけてもらっていたベンチャーキャピタルに身を預けることにした。もしも開発を続けるお気持ちがありましたら声をかけてください、何かお力になれるかもしれません。」と言った。
帰宅した紘一は大地がここ数日ずっとアッパー素材探しに奮闘している事実を娘の茜(上白石萌音)から聞いた。紘一は全く気付かずにいた。
紘一は後日みんなの前で「こんなところで諦めたくない。」と言い、陸王の開発を続けていきたいと頭を下げた。坂本も「こはぜ屋さんが顧客第一号になれるように頑張る。」と言った。飯山も先日持ち掛けられていた話を断っていた。それでも飯山は清々しい顔をしていた。
紘一は玄三と共にキャピタル会社へ訪れるが、結果としては〝1億の投資はできない″という事だった。すると坂本は思いもかけない提案を始めた。「こはぜ屋を買収したいという企業があります。会社を売りませんか?」と言った。紘一は驚き「どこなんですか?」と聞いた。坂本は1つのパンフレットを取り出した。その企業は飯山の特許を欲しがっていた有名アウトドア会社フィリックスだった。

陸王ネタバレ7話の感想

今回の陸王は見ていてとても辛くなるシーンばかりでした。アッパー素材が見つからないだけでなくシルクレイの機械が壊れてしまい、こはぜ屋は絶体絶命です。紘一の煮え切らない思いに村野さんは去って行ってしまいましたね。しかし紘一は大地の諦めない姿を目の当たりにしてまた陸王の開発を続ける決断をしました。あの瞬間は感動しましたし泣けました。またこのまま波に乗っていくこはぜ屋かと思いましたが現実はそう簡単にはいかないようですね。まさかの買収の話です。紘一は一体どんな決断をするのでしょうか?陸王の今後が非常に気になります。

陸王の7話の見逃し配信の情報

陸王の7話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

陸王はどんなドラマ?

TBSでは2017年10月期の日曜劇場枠にて、池井戸潤原作の『陸王』をドラマ化することが決定いたしました。

創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・主人公の宮沢紘一を演じるのは、今回TBS連続ドラマへの出演が、1997年7月クールに放送された『オトナの男』以来実に20年ぶりとなる役所広司さん。

原作者の池井戸氏は「主演の役所広司さんはじめ、役者のみなさんの演技と、駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」とコメント。制作陣もドラマ化にあたっては、原作のイメージを膨らませ、臨場感のあるドラマにするため、埼玉県行田市を含めたロケーション・ハンティングのほか、原作中に登場する走法の研究やランニングシューズの開発など、細部までこだわり抜いた準備を進めています。

さらに、原作に描写されている「ニューイヤー駅伝」の様子をドラマに盛り込むため、2017年の年明け1月1日にも『ニューイヤー駅伝2017』(第61回全日本実業団駅伝)で、早くも撮影が行われました。

陸王ネタバレ7話の登場人物

陸王のキャスト

宮沢紘一 … 役所広司

宮沢大地 … 山﨑賢人
茂木裕人 … 竹内涼真
宮沢 茜 … 上白石萌音

坂本太郎 … 風間俊介

城戸明宏 … 音尾琢真
平瀬孝夫 … 和田正人
毛塚直之 … 佐野 岳

大橋 浩 … 馬場 徹
安田利充 … 内村 遥
江幡晃平 … 天野義久

仲下美咲 … 吉谷彩子
水原米子 … 春やすこ
橋井美子 … 上村依子
西井冨久子 … 正司照枝

立原隼人 … 宇野けんたろう
加瀬尚之 … 前原 滉
内藤久雄 … 花沢将人
川井 … 佐藤俊彦
水木 … 石井貴就
端井 … 安藤勇雅
吉田 … 山本涼介

正岡あけみ … 阿川佐和子

佐山淳司 … 小籔千豊
家長 亨 … 桂 雀々
富島玄三 … 志賀廣太郎
有村 融 … 光石 研
宮沢美枝子 … 檀 ふみ
飯山素子 … キムラ緑子

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング