このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

陸王ネタバレ6話のあらすじ

いよいよ始まったニューイヤー駅伝。怪我から復帰し、メンバーに選考された茂木(竹内涼真)が選んだシューズは、アトランティス社の「RⅡ」ではなく、こはぜ屋の「陸王」だった。決意を新たに自分の出番を待つ茂木。レースがスタートしてから順調にタスキをつなぐダイワ食品は、3位という絶好のポジションで、4区を走るエース・立原(宇野けんたろう)がスタート。
みんなの期待を一身に背負い走り始めた立原だったが、連戦の疲れからか、ほどなく失速してしまうと次々と順位を落としてしまった。先頭から大きく差をつけたられたダイワ食品チームだが、いよいよ6区を走る茂木へタスキがつながれる。同じ区間を走る毛塚(佐野岳)と静かに火花を散らす茂木。そんな茂木の力走に、声をふりしぼって声援をおくる宮沢(役所広司)らこはぜ屋のメンバーたち…果たして勝負の行方は!?

<スポンサーリンク>

陸王ネタバレ6話

ついに陸王デビュー

いよいよ陸王のデビュー戦、ニューイヤー駅伝がスタートした。茂木は負傷したレース以来のマラソンだった。茂木が所属するダイワ食品はスタートからいい走りを見せていた。しかし4区の立原に足の故障が出てしまった。立原はRⅡのシューズを履いて走っていた。アトランティスの小原は激怒したが〝これで手塚が茂木に抜かされることはないだろう″と考えていた。ダイワ食品は順位を8位まで落としてしまいトップ集団とは2分くらい遅れていた。こはぜ屋の社員たちは横断幕を持ち、茂木のスタートを応援した。茂木は応援の声に気付き笑顔で頷いた。

完全復活した茂木

陸王を履いて走る茂木は誰もが驚く好調なスピードでぐんぐんと前を走るランナーたちを抜き去って行った。そしてついに茂木は手塚の姿をとらえた。残り1キロとなったところで茂木は手塚を抜いた。その姿にこはぜ屋のメンバーだけでなく会場全体が盛り上がった。シューフィッター村野は〝茂木はわざと手塚の後ろを走り向かい風から身を守り体力を温存していた、抜けなかったんじゃない、抜かなかったんだ″と気付いた。
茂木は驚異の5人抜きをしてさらには区間賞を獲得した。ダイワ食品チームは一度は8位まで順位を下げたがその後一丸となった走りを見せて結果的に2位に輝いた。
レース後、紘一と大地は茂木の元を訪れた。紘一は「いいレースでした。」と茂木を称えた。茂木は「このシューズのおかげです。早く陸王を商品化してください。俺陸王を履いて勝ち続けますから。今度は僕がこはぜ屋さんの力になる番です。」と紘一に言った。紘一は笑顔で茂木と握手を交わした。

山あり谷ありなこはぜ屋

アトランティスの小原はこはぜ屋を潰したいと考えていた。商品化された陸王を徹底的に調べ上げた結果自分たちが作っているRⅡより優れている事に気付いた。陸王を超えるシューズを作るように命令するが、「この繊細な縫製技術だけはうちでも勝てない。」と言われてしまった。
商品化した陸王の売れ行きは伸び悩んでいた。落ち込むこはぜ屋のメンバーに対して村野はいい報告をした。他のランナーたちがこはぜ屋とサポート契約を交わしたいと言っているという事だった。しかしサポート事態にコストがかかるということ、陸王が売れるという保証がないということで一瞬悩んだが、大地の「やるべきだ!」という一言でサポートする決心をした。

大きな損失

そんな時銀行の大橋から1本の電話が入る。タチバナラッセルがアトランティスと契約を交わそうとしているという事だった。紘一は大地と共にタチバナラッセルを訪れた。そこで「こはぜ屋さんとの契約は3月で終わりにしたい。」と言われてしまった。紘一は「会社を営むものとしてタチバナラッセルさんの決断は分かる。けれどこれは大きな裏切りです。」と告げた。帰り際にアトランティスの小原と佐山と遭遇した。紘一は「タチバナラッセルさんの品質の良さをわかっていて契約するんですよね?我々を潰すだけのために契約するわけじゃないですよね?タチバナラッセルさんの素材を十分に生かしてあげてください。」と言った。たちばな社長は紘一の言葉を聞いて涙ながらに頭を下げた。大地は「俺が代わりになるアッパー素材を見つけ出してやる。」と紘一に告げた。紘一は涙ながらに頷いた。

陸王ネタバレ6話の感想

ニューイヤー駅伝のシーンは本当に圧巻ですね。すごいエキストラの数で圧巻でした。そんな中の茂木の走り感動です。手塚をとらえたときは本当に涙が出ました。陸王と無事に商品化し、順調にいくと思われたこはぜ屋でしたが売れ行きは伸びずでした。さらにはアトランティスがこはぜ屋を潰そうとタチバナラッセルと大きな契約を交わしてしまう事になりました。絶体絶命なこはぜ屋。そんな中大地が「俺が代わりの素材を見つける。」と言って紘一の方を抱き寄せていました。感動の親子シーンでした。こはぜ屋頑張れ!

陸王の6話の見逃し配信の情報

陸王の6話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

陸王はどんなドラマ?

TBSでは2017年10月期の日曜劇場枠にて、池井戸潤原作の『陸王』をドラマ化することが決定いたしました。

創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・主人公の宮沢紘一を演じるのは、今回TBS連続ドラマへの出演が、1997年7月クールに放送された『オトナの男』以来実に20年ぶりとなる役所広司さん。

原作者の池井戸氏は「主演の役所広司さんはじめ、役者のみなさんの演技と、駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」とコメント。制作陣もドラマ化にあたっては、原作のイメージを膨らませ、臨場感のあるドラマにするため、埼玉県行田市を含めたロケーション・ハンティングのほか、原作中に登場する走法の研究やランニングシューズの開発など、細部までこだわり抜いた準備を進めています。

さらに、原作に描写されている「ニューイヤー駅伝」の様子をドラマに盛り込むため、2017年の年明け1月1日にも『ニューイヤー駅伝2017』(第61回全日本実業団駅伝)で、早くも撮影が行われました。

陸王ネタバレ6話の登場人物

陸王のキャスト

宮沢紘一 … 役所広司

宮沢大地 … 山﨑賢人
茂木裕人 … 竹内涼真
宮沢 茜 … 上白石萌音

坂本太郎 … 風間俊介

城戸明宏 … 音尾琢真
平瀬孝夫 … 和田正人
毛塚直之 … 佐野 岳

大橋 浩 … 馬場 徹
安田利充 … 内村 遥
江幡晃平 … 天野義久

仲下美咲 … 吉谷彩子
水原米子 … 春やすこ
橋井美子 … 上村依子
西井冨久子 … 正司照枝

立原隼人 … 宇野けんたろう
加瀬尚之 … 前原 滉
内藤久雄 … 花沢将人
川井 … 佐藤俊彦
水木 … 石井貴就
端井 … 安藤勇雅
吉田 … 山本涼介

正岡あけみ … 阿川佐和子

佐山淳司 … 小籔千豊
家長 亨 … 桂 雀々
富島玄三 … 志賀廣太郎
有村 融 … 光石 研
宮沢美枝子 … 檀 ふみ
飯山素子 … キムラ緑子

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング