このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

陸王ネタバレ5話のあらすじ

「陸王」の開発資金がかさみ、このままだと足袋の利益を侵食してしまう。「あと数か月は様子を見るが、それでも改善が見られない場合は覚悟をしていただく必要がある…」と、銀行から最後通告ともとれるような言われ方をしてしまった宮沢(役所広司)。
当面の資金繰りに頭を悩ましていた宮沢だが、ある日、大地(山﨑賢人)と茜(上白石萌音)の何気ない会話から、新製品の開発を思いつく。それは、陸王のために試行錯誤しているシルクレイのソール技術を応用した、新しい地下足袋の開発だった。
ほどなく、製品化に成功し「足軽大将」と名付けられた地下足袋は、大きな反響を得て瞬く間にヒット商品へと成長。これで資金繰りにも明るい兆しが見えたと、陸王開発を新たに心に決める宮沢だった。しかし、そんなときシルクレイの製造に暗雲が…。
一方、陸王を履き復帰へ向けて練習に励む茂木(竹内涼真)のもとにアトランティス社の佐山(小籔千豊)が訪ねてくると、また新しいRⅡを提供したいと持ちかける。一方的にスポンサードを切られアトランティスに不信感を抱く茂木は、その誘いを拒絶するのだが、佐山にあることを聞かされ……。

<スポンサーリンク>

陸王ネタバレ5話

新商品の開発

こはぜ屋のメンバーは陸王を完成させようと意気込んでいたが、玄三だけは違っていた。銀行からもいつ切り捨てられるかわからない状況でこはぜ屋を守るためは陸王の開発を辞めるべきだと思っていた。紘一はなんとか策はないかと考えていた。そして〝シクルレイを足袋に使えないか″という考えを出した。玄三もこの意見には賛成し、こはぜ屋は新しい足袋を作り始めた。〝足軽大将″と名付けたこの足袋は口コミで広がり売れ行きもよく大ヒット商品となった。

次々と起こる不幸

しかしそんな時ベテランの西井冨久子(正司照枝)が倒れた。持病の心臓病が悪化したのだった。紘一は足軽大将の追加発注を受けて残業などで無理をさせたからだと後悔した。冨久子が抜けた穴を仲下美咲(吉谷彩子)に埋めてもらえないか聞いた。美咲は、1度は無理だと断るがみんなは美咲ならできると信じていた。美咲は涙ながらに「迷惑をかけるかもしれないがよろしくお願いします。」と決意した。

ある夜大地は飯山にシルクレイの開発期の設計図を見せてほしいとお願いした。しかし飯山は「無理だ。この設計図は俺の魂なんだ。そんな簡単に見せられない。」と言った。会社の前で別れた2人だったが、大地は変な音に気付き飯山が帰った方を見た。すると飯山は男2人に暴行を受けていて全治3週間のケガを負った。飯山が抜けてシルクレイの製造が出来ないと感じた紘一たちは足軽大将の製作を中止しようと考えた。しかし大地が「俺がやる、やるしかないだろ。」と言い会社に戻って行った。
だがシルクレイの開発機が不具合を起こしてしまった。大地は何とか自分で直そうとするが苦戦していた。大地は飯山に状況をメールした。大地からのメールを見た飯山は大地に設計図を渡した。大地は1人で不具合を見つけ出した。飯山は夜病院を抜け出してきた。飯山は大地に「よく見つけ出した。」と褒めた。そして大地に「お前という人間はこの世にたった一人なんだ。だから自分にもっと自信を持て。」と声をかけた。

大地は機械の不具合を直した。そして納品日当日最後の200足のソールを作り終え、大地は面接へ向かった。銀行の課長が目を光らせ監視している中こはぜ屋のメンバーは最後の足袋作りに奮闘していた。しかしソールに亀裂が入っているのが見つかった。不具合が出る直前に作り上げたものであった。紘一は大地に電話しソールの作り方を聞いた。大地に聞いた通りやってみるが紘一ややすだけではできなかった。こはぜ屋のメンバーはみんな諦めかけた。するとそこに大地が戻ってきた。面接は?と驚くみんなに対し大地は「最後までやり遂げたいんだ。」と言った。

陸王の完成

なんとか納品を済ませたこはぜ屋だったが銀行からの融資は減額されてしまった。担当の大橋浩(馬場徹)は自分の力不足だと頭を下げた。そして以前自分が担当していたと言い織物会社を紹介した。紘一は紹介してもらった織物を使い陸王を完成させた。

茂木の決断とは

茂木はニューイヤー駅伝の選手に選ばれた。しかし茂木はアトランティスからこはぜ屋の話を聞き、「倒産するかもしれない会社のシューズは履けない。」と言った。それでも紘一は村野と大地と共に完成した陸王を手に茂木の元を訪れた。茂木は陸王を手にして驚いた。そして実際に履いて走った。茂木は「こんなに気持ちのいいシューズは初めてだ。」と言った。でも茂木は迷っていた。すると紘一は「ショックではないと言ったら噓ですが、私たちは勝手に茂木選手を仲間だと思っているからどんな決断を下しても応援します。」と言った。大地は「こはぜ屋は100年続いていて諦めの悪い人たちが集まっているんです。そう簡単に潰れません、信じてください。」と言った。
しかしニューイヤー駅伝当日、バズから降りた茂木は陸王を履いてなかった。落ち込むこはぜ屋のメンバーだったが大地は「いやまだ終わってないかも。」と言った。すると立ち尽くし考え込む茂木はRⅡを脱ぎ、陸王を履いた。紘一は「一緒に走ってくれ。」と茂木を応援した。

 

陸王ネタバレ5話の感想

 

次々と起こる問題に紘一はどう対応するだろうと思っていましたが、新商品の開発に取り組みましたね。いろいろと問題はありましたけどなんとか陸王も完成しました。今回は泣けるシーンが満載でした。飯山が大地に設計書を託したり、大地が面接を蹴ってまで会社に戻ってきたり、銀行の大橋課長が最後の最後で陸王の為に動いたこと。他にも感動のシーンはいっぱいでした。なんと言っても最後の茂木が陸王に履きなおすシーンは号泣です。1時間半の拡大もあっという間に感じました。

陸王の5話の見逃し配信の情報

陸王の5話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

陸王はどんなドラマ?

TBSでは2017年10月期の日曜劇場枠にて、池井戸潤原作の『陸王』をドラマ化することが決定いたしました。

創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・主人公の宮沢紘一を演じるのは、今回TBS連続ドラマへの出演が、1997年7月クールに放送された『オトナの男』以来実に20年ぶりとなる役所広司さん。

原作者の池井戸氏は「主演の役所広司さんはじめ、役者のみなさんの演技と、駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」とコメント。制作陣もドラマ化にあたっては、原作のイメージを膨らませ、臨場感のあるドラマにするため、埼玉県行田市を含めたロケーション・ハンティングのほか、原作中に登場する走法の研究やランニングシューズの開発など、細部までこだわり抜いた準備を進めています。

さらに、原作に描写されている「ニューイヤー駅伝」の様子をドラマに盛り込むため、2017年の年明け1月1日にも『ニューイヤー駅伝2017』(第61回全日本実業団駅伝)で、早くも撮影が行われました。

陸王ネタバレ5話の登場人物

陸王のキャスト

宮沢紘一 … 役所広司

宮沢大地 … 山﨑賢人
茂木裕人 … 竹内涼真
宮沢 茜 … 上白石萌音

坂本太郎 … 風間俊介

城戸明宏 … 音尾琢真
平瀬孝夫 … 和田正人
毛塚直之 … 佐野 岳

大橋 浩 … 馬場 徹
安田利充 … 内村 遥
江幡晃平 … 天野義久

仲下美咲 … 吉谷彩子
水原米子 … 春やすこ
橋井美子 … 上村依子
西井冨久子 … 正司照枝

立原隼人 … 宇野けんたろう
加瀬尚之 … 前原 滉
内藤久雄 … 花沢将人
川井 … 佐藤俊彦
水木 … 石井貴就
端井 … 安藤勇雅
吉田 … 山本涼介

正岡あけみ … 阿川佐和子

佐山淳司 … 小籔千豊
家長 亨 … 桂 雀々
富島玄三 … 志賀廣太郎
有村 融 … 光石 研
宮沢美枝子 … 檀 ふみ
飯山素子 … キムラ緑子

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング