このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

陸王ネタバレ4話のあらすじ


紆余曲折がありながらも、ついに、ソールの素材として最適な硬さのシルクレイを作ることに成功した大地(山﨑賢人)と飯山(寺尾聰)。

「陸王」完成への道はまだまだだが、大きな一歩を踏み出したことを祝し、宮沢(役所広司)は2人に加え、ほかの社員たちも居酒屋「そらまめ」に集め、今までの苦労をねぎらう。

そして後日、次の段階へと移るため、宮沢は茂木(竹内涼真)の足型を取らせてもらうべく、ダイワ食品陸上競技部を訪ねるのだが…。

一方、茂木の怪我は会社にも伝わっていたところ、茂木は労務課から呼び出され担当者との面談に臨むと、陸上を引退して社業に専念してはどうかと提案される。

年齢的にも方向転換するには良いタイミングで、これから社員としてキャリアを積み上げていけるとアドバイスされる茂木。

その言葉に茂木は……。

<スポンサーリンク>

陸王ネタバレ4話

世界一のシューズを作ると意気込む紘一

こはぜ屋のメンバーはランニングシューズソール、シルクレイの完成を喜び、祝勝会を開催していた。紘一は〝いつか陸王を世界一のランニングシューズにする″と夢見ていた。それを聞いた飯山は「いいんじゃないか。」と言い、こはぜ屋のメンバーも乗り気だった。それでも玄三は「いつ利益が出るのか?目途は立っているのか?」と現実的ことを心配していた。飯山は帰り道に不審な車からの視線を感じたが、気にせずに帰宅した。

シューフィッター村野の決断

一方で茂木はダイワ食品の社員から「もしレースに出られなかったらどうする?」と言われていた。その言葉に茂木は「陸上部を辞めろということですか?」と反論する。すると「夢と現実が必ずしも一致するわけじゃないんだ。」という厳しい言葉を言われてしまった。
茂木はチームドクターから練習を再開していいと言われていた。アトランティスからもまたサポートしてもらえると思っていた茂木だが、部長の小原(ピエール瀧)と佐山(小藪千豊)に契約打ち切りを言われてしまった。シューフィッターの村野(市川右團次)はなんとか茂木にシューズを作りたいと小原と佐山に話をしに行くが分かってもらえなかった。村野は「アトランティスも落ちたな、そこまで言うなら責任を取り辞めさせていただきます。」と言った。

諦めず茂木の元へ行く紘一

紘一は茂木の元へ行き「もう1度履いてほしい。」と言うが茂木に断られてしまった。それでも紘一は諦めずに何足か作って履いてもらおうと考えていた。紘一は完成した陸王を持って茂木の元を訪れたが切羽詰まっている茂木に「あなたたちに付き合っている時間はないんだ。」と言われてしまった。
紘一は有村の元へ陸王を持って訪れた。そこには偶然にも村野がいた。紘一は村野に陸王を見てもらった。村野は〝足袋屋さんならではのシューズですね″と陸王に興味津々だった。村野は「大きな会社はもういいかな。」と言いその言葉を聞いた紘一は「だったらうちに来ませんか?」と誘った。我に返った紘一は「すみません。」と言った。村野は「宮沢さん、どうですか?この陸王を作ってみて。」と聞いた。紘一は「分からないことだらけだけど無性に楽しいんです。毎日陸王の事を考えてワクワクしている、誰も見たことないシューズを作り茂木選手に履いてほしいんです。」と言った。「どうして茂木にこだわるんですか>」と村野に聞かれ紘一は「諦めない茂木選手の姿がこはぜ屋と重なって。世界一の選手になりたいという茂木選手に世界一のシューズを作って履いてもらいたい。」と熱く語った。その言葉を聞いた村野は「僕にも手伝わせていただけないでしょうか?」と言った。
村野はこはぜ屋のミーティングに顔を出した。紘一は「陸王のアドバイザーをしていただくことになった村野さんだ。」と紹介した。村野は「今までは選手と同じ夢を見てきたけどこれからはこはぜ屋さんと同じ夢をみさせていただくことになりました。力を合わせて陸王を世界一のシューズにしていきましょう。」と言った。村野は早速数枚、靴の設計書を出した。その中でも1枚を出して村野は「このソールの試作を最優先にしてほしい、これは茂木裕人モデルです。」と言った。

ついに陸王を履く茂木

紘一は村野と一緒に茂木の元を訪れた。村野は茂木が履いているシューズが今の茂木に合っていないことを見抜いた。村野にすすめられて茂木はこはぜ屋のシューズに足を入れた。茂木がシューズを履くのを見た紘一は感極まって涙ぐんだ。
茂木は陸王と履いてタイムレースに臨んだ。村野は茂木の走りを見て「やっぱりブランクがあるか」と嘆いた。しかし最後茂木は前を走っている人を抜き去っていった。その姿を見た紘一は思わず大声で「いけ、茂木!」と叫んだ。村野も思わず「いけ、いけ!」と叫んでいた。しかし茂木は最後の最後に脚を痛めてしまった。茂木は「足をつっただけで、怪我は再発していなかった。」と言った。その言葉に紘一は安心した。続けて茂木は「この靴のせいです。走っていて気持ちよかった。だからオーバーペースになってしまった。」と言った。茂木は紘一に「もし僕でよければ、正式にサポートしてくれませんか?お願いします。」と頭を下げた。紘一は「もちろんです、こちらこそお願いします。小さな会社ですけどこはぜ屋一丸となってサポートさせていただきます。」と言った。

陸王ネタバレ4話の感想

今回も泣けました。まず村野さんの決意が素晴らしかった。普通ならあんなに大きな会社簡単には辞められないものです。それでも村野さんは自分の意思をしっかり持って陸王のアドバイザーをする決心をしました。非常に感動でした。そして最後のシーンで茂木が陸王を履いてみんなを追い抜くシーン。かっこ良すぎでした。しかしまさかの足を負傷してしまう結果。どうなる事かと思いましたが茂木は宮沢にサポートしてほしいと頭を下げましたね。あのシーンも非常に感動しました。今後はどんな展開が繰り広げられるのか、非常に楽しみです。

陸王の4話の見逃し配信の情報

陸王の4話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

陸王はどんなドラマ?

TBSでは2017年10月期の日曜劇場枠にて、池井戸潤原作の『陸王』をドラマ化することが決定いたしました。

創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・主人公の宮沢紘一を演じるのは、今回TBS連続ドラマへの出演が、1997年7月クールに放送された『オトナの男』以来実に20年ぶりとなる役所広司さん。

原作者の池井戸氏は「主演の役所広司さんはじめ、役者のみなさんの演技と、駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」とコメント。制作陣もドラマ化にあたっては、原作のイメージを膨らませ、臨場感のあるドラマにするため、埼玉県行田市を含めたロケーション・ハンティングのほか、原作中に登場する走法の研究やランニングシューズの開発など、細部までこだわり抜いた準備を進めています。

さらに、原作に描写されている「ニューイヤー駅伝」の様子をドラマに盛り込むため、2017年の年明け1月1日にも『ニューイヤー駅伝2017』(第61回全日本実業団駅伝)で、早くも撮影が行われました。

陸王ネタバレ4話の登場人物

陸王のキャスト

宮沢紘一 … 役所広司

宮沢大地 … 山﨑賢人
茂木裕人 … 竹内涼真
宮沢 茜 … 上白石萌音

坂本太郎 … 風間俊介

城戸明宏 … 音尾琢真
平瀬孝夫 … 和田正人
毛塚直之 … 佐野 岳

大橋 浩 … 馬場 徹
安田利充 … 内村 遥
江幡晃平 … 天野義久

仲下美咲 … 吉谷彩子
水原米子 … 春やすこ
橋井美子 … 上村依子
西井冨久子 … 正司照枝

立原隼人 … 宇野けんたろう
加瀬尚之 … 前原 滉
内藤久雄 … 花沢将人
川井 … 佐藤俊彦
水木 … 石井貴就
端井 … 安藤勇雅
吉田 … 山本涼介

正岡あけみ … 阿川佐和子

佐山淳司 … 小籔千豊
家長 亨 … 桂 雀々
富島玄三 … 志賀廣太郎
有村 融 … 光石 研
宮沢美枝子 … 檀 ふみ
飯山素子 … キムラ緑子

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング