このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

陸王ネタバレ9話のあらすじ

「陸王」に欠かせないソールを製造するシルクレイ製造機が故障し、生産再開に必要な1億円の目途が立たず窮地に追い込まれた宮沢社長(役所広司)と「こはぜ屋」。そんなときに降って湧いた、米国企業「フェリックス」御園社長(松岡修造)からの買収案に悩む宮沢だが、こはぜ屋の従業員たちの間でも意見が分かれていた。「こはぜ屋が人の手に渡ってもいいのか?」と大地(山﨑賢人)が心配すると、あけみ(阿川佐和子)は買収には断固反対と泣きながら訴える。従業員の士気は下がる一方で、日々の足袋造りにも影響が出始めてしまう。
陸王の供給がストップしてしまった茂木(竹内涼真)は、「アトランティスのRⅡを履いてくれれば、ダイワ食品陸上部を資金面でも支援する」という小原(ピエール瀧)の言葉に、本意ではないがRⅡを履くことを決意。東日本チャンピオンズカップで好成績を出せたら、豊橋国際マラソンの出場を認めてほしいと、城戸監督(音尾琢真)へ願い出た。
様々な想いが交錯する中、御園は「自社のことを知ってほしい」と、宮沢を釣りへと誘う。焚き木の火を囲み身の上話を語り出す御園…、そんな御園に宮沢は…。
ひととき、仕事を離れて宮沢と心を通わせた御園だったが、ある日、小原から会食へと誘われる。果たして、小原の目的とは……!?

<スポンサーリンク>

陸王ネタバレ9話

こはぜ屋の買収に反対の社員たち

紘一は陸王を続けたいという思いから、買収という選択肢に心揺れていた。それを知ったこはぜ屋の社員たちは反対し、紘一を責めた。紘一は「まだ決めたわけじゃない。」と皆をなだめた。すると美咲が「買収ってそんなに悪い話ですか?社長も私たちも仕事辞めなくて済むし、陸王も足軽大将も足袋も作り続けることが出来るんですよね?」と呟いた。そんな話をしているところに偶然銀行担当者の大橋が訪れた。大橋は「こはぜ屋の担当者として言わせていただく、そんな話信用しない方がいい。一旦子会社になれば泣こうが喚こうが言うことを聞かなければならない。」と言った。大地は「親父はそれでいいのか?陸王を続けたい気持ちも分かるが会社が他の人の手に渡ってもいいのかよ?」と問いただした。あけみたちは泣きながら「私は反対だ、会社を売ることに賛成することは絶対にない。」と言った。

今の茂木に1番のシューズはRⅡ

茂木の元には最新のRⅡが届いていた。茂木は「これを履けばみんなが助かる。」と言った。ダイワ食品の監督城戸は「そんなの気にするな、部の事は何とかする。」と言った。最新のRⅡを見たシューフィッター村野は「今の茂木には1番いいシューズだ。」と言いRⅡを勧めた。
こはぜ屋の社員たちは相変わらず紘一の意見には賛同できず「社長が考え方を変えない限り残業は一切致しません。」と言い帰って行ってしまった。玄三は「大口取引があるのにまずいです。」と焦っていた。

御園社長の話を聞いた紘一

紘一は御園社長と共に釣りへ出かけた。紘一は御園の会社の商品を身に着け釣りをしていた。紘一は商品に満足し「さすが御園社長です。」と御園を褒めた。御園は「宮沢社長は勘違いさせています。私は挫折ばかり繰り返していた。」と話し始め過去の話をし始めた。紘一は「フェリックスとはどういう意味なんですか?」と聞くと「妻の命を奪ったハリケーンの名前です。」と言った。御園の話を聞いた紘一は「あなたはすごい人ですね。」と言った。
紘一は御園社長と話したことをあけみに告げた。それでもあけみはこはぜ屋を売ることに反対だった。「こはぜ屋の事を思えば分かるけど、気持ちがついていかないの。」と言った。あけみにとってこはぜ屋は第二の家という存在だった。紘一は「たとえ家が変わっても家族が変わらなければこはぜ屋はこはぜ屋だ。」と声をかけた。その言葉にあけみは涙を流した。
紘一は坂本に電話し「フェリックスに会社を売る話正式に進めたい。」と言った。

新しいアッパー素材を見つけた大地

御園社長はアトランティスの小原部長と会っていた。小原は御園に「こはぜ屋の買収話進めているんですよね。」と聞いた。そして小原は「うちと取引しませんか?シルクレイを使わせてほしい。」と御園に告げた。御園は「いい話のようですね。」と小原の話に関心があるようだった。
大地は茂木に新しい陸王を届けたいと新しいアッパー素材探しに走り回っていた。そして大地の熱意を見ていたタテヤマ織物が「陸王作り手伝わせてください。」と言い大地はついにアッパー素材を見つけた。こはぜ屋では喜ぶ人とそうでない人がいて口論になってしまった。大地は「俺にみんなの力貸してほしい、陸王を作りたい。茂木選手が履いてくれなくてもいいからそれでもこはぜ屋が茂木を応援しているという事を伝えたい。」と頭を下げた。大地の想いを聞いていたあけみも「私も手伝うよ。」と言った。

新陸王の完成

こはぜ屋の社員たちが一丸となって陸王を作り上げた。そんな時村野がこはぜ屋に訪れた。1ミリ単位での修正をさせもう一度作り直しをさせた。そして「完璧です。」と言った。茂木に陸王を届けてほしいと言った社員たちに向って紘一は「俺はいけない、フェリックスとの買収の話正式に進めてくる。」と頭を下げて言った。「会社は無くなるけど、みんなの事は俺が守るから。」と伝えた。飯山は紘一に「本当にこの結論しかないのか?もっと悪あがきしてもいいんじゃないか?」と言った。
紘一は御園に「申し訳ない。会社を売ることはできません。業務提携をしませんか?支援していただけないでしょうか?」と熱い思いを伝えた。
御園は「もう結構、この話はなしだ。」と怒鳴った。すると紘一も「馬鹿にするな、必ずシルクレイを欲しがる会社が出てくる、その時後悔しますよ。」と怒鳴り返した。

陸王ネタバレ9話の感想

今回も泣きまくりました。紘一の会社への想い、社員たちの会社への想いが本当に熱く生き残るためへの模索が続く毎日ですね。あけみが涙ながらにこはぜ屋への想いを伝えるのがいいシーンでしたね。そんな中、大地が諦めずアッパー素材を探し求める姿が良かったです。見つけた瞬間こちらまでガッツポーズしたくなりました。買収しか残されていないと思っていたこはぜ屋でしたが最後の業務提携の話にはびっくりしました。一発逆転ですね。こはぜ屋は一体どうなっていくのでしょうか?楽しみです。

陸王の9話の見逃し配信の情報

陸王の9話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

陸王はどんなドラマ?

TBSでは2017年10月期の日曜劇場枠にて、池井戸潤原作の『陸王』をドラマ化することが決定いたしました。

創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・主人公の宮沢紘一を演じるのは、今回TBS連続ドラマへの出演が、1997年7月クールに放送された『オトナの男』以来実に20年ぶりとなる役所広司さん。

原作者の池井戸氏は「主演の役所広司さんはじめ、役者のみなさんの演技と、駅伝シーンなど、ドラマならではの演出を楽しみにしています」とコメント。制作陣もドラマ化にあたっては、原作のイメージを膨らませ、臨場感のあるドラマにするため、埼玉県行田市を含めたロケーション・ハンティングのほか、原作中に登場する走法の研究やランニングシューズの開発など、細部までこだわり抜いた準備を進めています。

さらに、原作に描写されている「ニューイヤー駅伝」の様子をドラマに盛り込むため、2017年の年明け1月1日にも『ニューイヤー駅伝2017』(第61回全日本実業団駅伝)で、早くも撮影が行われました。

陸王ネタバレ9話の登場人物

陸王のキャスト

宮沢紘一 … 役所広司

宮沢大地 … 山﨑賢人
茂木裕人 … 竹内涼真
宮沢 茜 … 上白石萌音

坂本太郎 … 風間俊介

城戸明宏 … 音尾琢真
平瀬孝夫 … 和田正人
毛塚直之 … 佐野 岳

大橋 浩 … 馬場 徹
安田利充 … 内村 遥
江幡晃平 … 天野義久

仲下美咲 … 吉谷彩子
水原米子 … 春やすこ
橋井美子 … 上村依子
西井冨久子 … 正司照枝

立原隼人 … 宇野けんたろう
加瀬尚之 … 前原 滉
内藤久雄 … 花沢将人
川井 … 佐藤俊彦
水木 … 石井貴就
端井 … 安藤勇雅
吉田 … 山本涼介

正岡あけみ … 阿川佐和子

佐山淳司 … 小籔千豊
家長 亨 … 桂 雀々
富島玄三 … 志賀廣太郎
有村 融 … 光石 研
宮沢美枝子 … 檀 ふみ
飯山素子 … キムラ緑子

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング