このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

オトナ高校7話ネタバレあらすじです。

オトナ高校に“王子”が入学!!オトナ高校を創った総理大臣の息子!?


<スポンサーリンク>

オトナ高校生ネタバレ7話の登場人物

オトナ高校生

オトナ高校生ネタバレ7話のあらすじ

オトナ高校の校庭で永遠のスペア処女・園部真希(黒木メイサ)に人生初の愛の告白をしたエリート童貞・荒川英人(三浦春馬)。しかしこの男、何かにつけて間が悪いのが常…。あれこれ邪魔が入り、結局は真希の返事を聞けないまま、英人の告白は宙ぶらりんになってしまう。しかし、返事を待ちきれない英人は放課後、再び真希に突撃。すると「月曜まで待って」という、あんまりいい予感のしない言葉と、妙にとげとげしいリアクションを返されてしまい…!

実は、英人にとって月曜はもうひとつの運命が懸かった日。55歳童貞部長・権田勘助(高橋克実)とともにニューヨーク出張へ旅立つ日だったのだ。一大プロジェクトのための出張ゆえ、どうしても参加したい英人だが、オトナ高校の生徒である限り、授業の欠席は絶対に認められない…。もう諦めるしかないのか…と、落ち込む英人。そこへ、どんな運命のいたずらか!? オトナ高校の教師・姫谷さくら(松井愛莉)と真希から同タイミングで、食事のお誘いメールが届く。しかも、2人とも日曜の夜を指定してきたのだ! うまく事が運べば、日曜中に童貞とオトナ高校を卒業し、出張に参加できるかもしれない――スケベ心が働いた英人は、あれほど真希に本気の告白をしておきながら、なんと2人とのデートをWブッキング! 仕事の電話がかかってきたなどと稚拙な言い訳をしては、それぞれとの食事を何度もハシゴし、完全に間違った方法でガツガツ口説き落とそうとするが…!? さらに、そんな英人が許せない権田は嫉妬に燃えて動き出す…!

そんな中、急展開! 真希が英人に「同棲しましょう」と切り出し、自分の荷物を送りつけてきたのだ! 突如として始まる珍同棲生活。しかし重たすぎる思考の真希と、自分勝手で潔癖症な英人は、お互い一歩も譲らず、2人は「男と女が付き合うって一体何なんだ」という迷宮に迷い込むことに…。

一方、オトナ高校の毒舌熱血教師・山田翔馬(竜星涼)に心を奪われてしまった処女・斑益美(山田真歩)と同性愛者の川本・カルロス・有(夕輝壽太)は、日々バトルを展開。ひたすら困惑する翔馬だが、国家から“ある責任”をなすりつけられ、窮地に陥ることに…!?

<スポンサーリンク>

オトナ高校生の7話動画の見逃し配信の情報

オトナ高校生の7話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。


→ビデオパスの見逃し配信へ

オトナ高校生ネタバレ7話

「考えてみたら、人生は初めての連続だ。今朝、僕は初めての告白を」と思う英人。一生懸命告白したからなにか言ってくれないと言う英人に対し、なにか言わなくちゃねと答えるスペア。そんな時、マスコミのカメラがいて、写真を撮られ、驚く英人たち。隠れていたさくらはでてきて、国家議員の視察が来たから、教室に戻るわよと言います。サショーは「俺だってスペアさんに告白寸前だったのに」と思いながら、答えを求める英人を引っ張りながら学校の中へと連れていきます。教室にもマスコミのカメラが何台かいて、取材をしたり、写真を撮っています。

ヒミコはペガサスに大量の漫画をプレゼントし、子供の為に漫画をセレクトしてきたと言います。ヤルデンテは大量のスポーツグッズをプレゼントします。ヤルデンテとヒミコは恋のライバルとして言い合いをします。

スペアは、答えは月曜日まで待ってと言い、英人は「待てないよ。月曜日は出張の出発日で、前日までに卒業しないと僕はいけない事に」と答え、スペアは「仕事のために告白したの?利用するつもり?」と聞きます。英人は断じて違うと答えます。「僕の事情は完全に無視?」と思う英人。

専務は「出張は明後日なんだぞ。どうなっているんだ」と聞き、サショーは「努力はしているが、足を引っ張る部下がおりまして」と言い、英人はかなり根に持たれていると思います。専務は「どちらか1人でも出張に行けたらこのままプロジェクトは進めるつもりだが、どちらもだめなら別の人間を同行させる」と言います。プロジェクトから外されるんですかと聞く英人に対し、専務は「月曜日朝の7時、成田から一緒に行ける事を願っている」と言います。
そんな時、さくらからメールが。「明日の出張前祝に食事でもどうですか。英人さんの仕事を心から応援しているから」と書いてあり、英人は「なにこの誘い。私はスペアさんみたいな面倒な女じゃないから、卒業させてあげるみたいな?」と思います。英人はその返事に、「出張前日に君と食事できるなんて最高。高級レストラン、予約しておきます」と送ります。この食事に部長と僕の将来がかかっていると思っていると、スペアからメッセージがきて、「明日の日曜日の夜、食事でもどうですか。お返事する前に本気度や将来展望が聞きたくて」と書かれています。「なんだよ、何が将来の展望だ。しかし、告白した手前、断るわけにも。待てよ、僕の本気を知ったら、その夜のうちに…」と思う英人。英人はその返事に、「食事ぜひ行きましょう。将来の展望を聞けば、僕の本気度をわかってもらえるはずだから」と送ります。明日は本当に負けられない戦いだと思う英人。

スペアとの食事。自分の預金通帳などを見せる英人。白戸課長と同じ手口ねと言うスペア。「やっぱり私を利用し、使い捨てにするつもり?」と言われ、「まさかこの入念な準備が仇になるとは。どうしたらいい」と思う英人。そんな時、さくらから「いつまで待たせる気?」と連絡がきて、スペアに「大事な仕事の電話が」と言い、抜け出す英人。

さくらのもとに行き、さくらに「卒業しちゃえばいいじゃない?今夜」と言われ、「それって、さくらちゃんが何とかしてくれるってこと?」と聞くと、さくらは好きにならせてくれたらねと答えます。「言ったよね、色々経験はしたけれど、人を好きになった事がないと」とさくらは話し、英人は「まさか、彼女にそんな悩みが。それを僕に安心で包み込んでほしいとか。だとしたら、彼女にこそこれを」と思います。預金通帳を見せる英人。なにこれと戸惑うさくら。英人は「君が安心して僕を好きになってもいい重要な資料だ」と言い、さくらは「ださいよ、チェリート君。成長しないね」と言います。英人は「じゃあどうしたらいいんだ」と思い、そんな時、スペアから「電話長すぎ。メインがくるからいい加減戻って」と連絡が来ます。2件分の料理はきついが、悟られるわけにはいかないと、無理やり食べる英人。スペアは「よく白鳥課長にも待たされたのよね、そんな時はだいたい他の女の子か、奥さんと会っていた」と話し、英人はそんなゲス上司とは違うからと言いますが、スペアに「じゃあそのシミなに?白ワイン飲んでいるのに、赤ワインのシミだよ?」と言われ、言葉が出てこない英人。そんな時、またさくらから連絡が来て、「メインの料理もうきちゃうよ」と書かれています。また抜け出す英人に、ため息をつくスペア。

メインの肉料理を前にして、疑念を抱かれないよう、美味しそうに食べないとと思う英人。さくらは「本当に仕事の電話していた?」と聞き、英人は「何言ってんだよ、僕がまるで嘘をついているかのように」と言い、さくらがじゃあどうしてそこにいるのかなと言うと、そこにはスペアの姿が。

ずいぶん舐めた真似してくれるわね、最低と、スペアとさくらに怒られてしまいます。「ごめん、確かに最低だ。言い訳のしようもない。けど、僕だって必死だったんだ。だって丸3年かかったビックプロジェクトにもう関われないかの瀬戸際だよ。部長の役員昇進もかかっているんだ」と英人が言うと、それ言い訳よねとさくらは言います。「でもさくらちゃんだって色々な男と経験してきたわけだし、スペアも妻子持ちの男を追いかけていたよね」と英人が言うと、スペアは開き直りかと言います。「しょうがないだろう、こういう男なんだよ、ダメな男なんだ。けど、君たちだってダメな女じゃないか、ダメなもの同士、ここから一緒に成長していこうよ」と言う英人。それに対し、「クズと一緒にしないで、クズが嫌ならカス」と言うスペア。さくらは「1つ聞いておきたいんだけど、どっちと一緒に成長していきたいの?」と言い、英人は「いきなりきたよ、難易度マックスな二択問題。仮に仕事を最優先するなら、経験豊富なさくらちゃん。告白したとはいえ、スペアさんは僕を嫌っている最中だ。色々な意味でハードルが高すぎる」と思います。スペアは「そうか、選ばれる自信があるんだ。確かにこういう局面で選ばれた事ないし。どうせ私は万年、二番手のスペア女よ」、さくらは「だって英人が好きになったのは私の方が先だもん、私はこういう局面で選ばれた事しかないし」とそれぞれに思います。英人は「とにかく今の自分の心のままに、ありのままに」と思いながら、さくらとスペアそれぞれにごめんと謝ります。スペアには「改めて、本気で将来の事とか話しませんか」と言い、「嘘、わたし?」と驚くスペア。英人は「やっぱり僕の事嫌いになっている?」と聞き、スペアは「いや、わたしこういうの初めてだから、人生初の一番手、驚いた」と言います。英人はさらに、もし脈があるならこれからどこか行かないと誘い、スペアは「じゃあチェリートくんの部屋とか」と言われ、驚く英人。

チェリートの部屋にはスペアがいて、英人は家まで来たという事はOKということだよねと思う英人。スペアは「言っとくけど、今日はしないわよ?告白の返事だってまだだし」と言い、英人は「僕の事情は充分わかっているよね?僕は本気で君の事選んだんだよ?」と言うと、スペアは「愛情確かめ合ってからしたいとか、都合のいい女はやだって言ってたじゃない?わたしは自分を変えたいの」と言います。だから僕もそのつもりでと英人が言うと、英人の肩に頭を寄せるスペア。英人は「なにこれ、口では嫌がっていても、身体は僕を求めているってこと?いやよいやよも、好きのうちってやつ?」と思ってスペアを見ると、眠っていました。「嘘?!寝ちゃった?」と思い、起こしますがスペアは起きません。「何なんだよ、この状況。ワイン飲み過ぎた」と思いながら、英人も寝てしまいます。

ニューヨーク便が飛び立つ朝の7時に目が覚め、終わったと思い、落胆する英人。その時、スペアがおはようと言いながらやってきて、「約束の月曜日になったし、返事しなきゃ」と言います。宅急便が来て、スペアは「自分の荷物。日用品とか、枕とか買っちゃった。同棲しましょう」と言い、「同棲?!いきなり」と驚く英人。スペアはずっと憧れていたのと言い、英人は「やはり彼女の迷宮は謎過ぎる」と思います。

オトナ高校に行くと、落ち込んでいるサショーの姿が。俺も英人もニューヨーク行き、だめになったから、夢も希望もなくなったと言うサショー。「英人さんも?」と聞き、なぜか少し喜んでいるさくら。そこへ、2人仲良く話しながら英人とスペアがやってきます。さくらとサショーの前で、腕を組み、だって私達付き合っているんだよねとスペアは言います。さくらはサショーに「言っとくけど、わたしはまだあきらめてないわよ、戦闘意欲に火が付いた」と話します。

さくらは授業で、「いつセックスしてもいいのかという疑問がありますが、それにはOKサインがあります。終電なくなちゃった、家の鍵を忘れちゃった等の発言はサインと考えられるし、強い香水や脱がせやすい服装、ボディタッチなどもチェック項目」と話します。英人は「同棲希望はもうOKサインだよね?今夜が山だ」と考えます。

英人はワインやバラを買ってきて、夜の準備も万全だと思います。疲れたと言いながらスペアがベッドに座ると、外着で何しているのと注意し、お風呂で使ったタオルについても英人は洗濯かごに入れてよと言いますが、スペアは干して2回は使えると言います。スペアが手料理に感想を求めると、英人は「大丈夫だよ、星3.1くらい。味が強すぎて素材本来の旨味がでていない」と答えます。普通に美味しいとか言えないわけとスペアは言い、キレて寝てしまいます。英人はそれをいきなりベッドの誘いと勘違いしますが、スペアは気分が悪いのと怒って言います。スペアは「あのさ、私と上手くいきたいなら、もっと気配りのできる器の大きい男になってよ」と言い、英人も「なんだよ、そっちこそ優しく男をたてるとかないの?ゲス上司の時と態度が違う」と言うと、スペアは「そういう女から脱皮してほしかったんじゃないの?」とキレます。

英人は「家で口論して学校では隣同士はきつい、とりあえずここは改善策を」と思いながら、スペアにノートを見せて、「僕も悪い所は直すから、君も穏やかに頼むよ」と書かれています。スペアは「そうね、せっかくの同棲だものね」と書いて見せ、英人は「じゃあ今夜食事でも行かない」と書き、「今夜は無理、会社の飲み会。先に寝てて」とスペアは返します。「まさかゲス上司も一緒?」と英人が書くと、だったらなにと返すスペア。同棲してながらありえないと英人が書くと、仕方ないでしょう、会社員なんだからと返し、離れて座る事など沢山ルールを書く英人。それを見て、スペアにあんたまじうざいねと言われてしまいます。

さくらはサショーに「同棲ってずるくないですか?恋愛に保険かけているみたい。偽物だと思うな」と言い、サショーは俺にもチャンスがあるかなと言うと、さくらは「悩みがあるって言うと、最大の責め時よ」と笑顔で言います。さくらは隠れているヒミコを見つけ、「何か用?」と聞き、ヒミコは「ペガサス先生の好みとか分かれば知りたいなと思って」と言います。さくらは「奥さんの写真見たでしょう?見た目よりも中身重視」と言い、ヒミコはじゃあ私にもチャンスありですねと言うと、サショーは「ヒミコは見た目よりも中身に問題あるだろう」と思います。隠れているヤルデンテも見つけ、「ヤルデンテ君はなに?」と聞き、「ペガサス先生の過去の男性経験を知りたいな」と言い、ヒミコは「期待はわかるけどそんなのないわよ」と言うと、さくらは「10代の時、2人の男性と1年ずつの交際歴」と言います。それに皆びっくりし、ヤルデンテは自分にもチャンスがあると嬉しがります。

英人はペガサス先生のスナックに行き、「男と女の恋愛って何なんですかね。同棲しているのにセックスもないなんて」と言うと、ペガサスは「私からしたら羨ましい。中学もろくに行かなかった私にはクラスの友達と遊んだ記憶もない。本当は盗んだバイクで走ったりしたかったですよ。でも亡くなった妻が僕の人生を変えてくれました。彼女が目指していた教師になれたのも、運命だと感じます。そこで頑張る事が妻への罪滅ぼしです」と言い、英人は「今でも奥さんはずっと心の中に?」と言います。そこにヒミコが現れ、「大丈夫ですよ、わたし。どんな過去も受け入れます」と言い、手作りのおにぎりを渡します。そこにヤルデンテがお弁当を持って現れ、ペガサスはありがとうと言います。

今日も別々に寝るのと聞く英人に対し、「結婚したらいくらでも寝られるでしょう、1人の時間を楽しむのも大切でしょう?」とスペアは言い、英人は「それって結婚までだめってこと?というか、いつの間に結婚前提?どうして僕は彼女と付き合っているのだろう。よく考えろ、付き合うメリットも沢山あるはずだ」と思いながら、メリットとデメリットをまとめてみます。メリットはいくつかで、逆にデメリットが多くでてきます。それを偶々見たスペアは英人にさようならと告げ、出ていきます。

スペアはサショーを呼び出し、共に飲みます。「チェリートの事で悩んでいて、一緒にいると嫌な所ばかり見えて、なんか重たいの。私の事が好きではなく、セックスしたいだけではと思い」と言われ、悩みアピールがきたと思うサショー。サショーは所詮、その程度の男かもしれないと言います。スペアは「そりゃ卒業したい気持ちはあるけど。でも勝負パンツを履こうとして、それじゃ許しているみたいで、むきになる自分もいたりして」と言い、サショーはだったら俺と、と思います。スペアは「やだ、言わなくていい事まで言っちゃって、サショーさんだと気が緩んじゃって」と言われ、「俺は安全な男ということか」と思います。スペアは「わたし、スペアの方が向いているのかも。一番でいるより、スペアでいる方が楽だったな。チェリート君にも本命の彼女がいた方が、燃えるのかもしれないし」と言い、サショーは「だめだよ、それじゃ。何も変わらない。一度くらい勝負パンツに、OKサインで立ち向かえよ」と言うと、スペアは「そうだよね、逃げてちゃだめだよね。ありがとうサショーさん」と言い、去っていきます。サショーは「なに、背中押しちゃっているんだよ」と思っていると、そこにさくらが近寄ってきます。「今から追いかけて引き留めたら?自分の気持ちまで詐称していいの?」と言います。

スペアはお風呂上りに、身体に香水をかけ、思い切って勝負パンツを履きます。英人が起きると目の前には精力剤が置いてあり、スペアは「出ていこうと思ったんだけど、終電なくなちゃって」と言います。終電なくなちゃった発言、強めの香水、簡単に脱がせられる服に気づく英人。「これはOKサインの嵐、今日ついに初体験を?!」と舞い上がる英人。肩揉んでくれないとスペアに言われるが、「でも結婚までだめとか言っていたくせに、何故急に?ひょっとして、セックス目当ての男か、試されている?だとしたら、絶対に手を出してはいけない」と思い戸惑っていると、なんで押してくれないわけと言われます。スペアは「なんなの私の事、好きなんじゃないの?女の私が覚悟決めてきているのに、男のあんたがそれでどうするの」と言われ、いいのと聞く英人。スペアはだからそこまで言わせないでと言い、それじゃ遠慮なくと英人は言います。その時、玄関のチャイムが鳴り、何なんだよこんな時にと大声で言い、なんとそこにはさくらとサショーの姿が。中に入れると、「実はスペアさんに言いたい事があり。実は俺…」と言いかけた所で、またチャイムが鳴り、そこにはヒミコとヤルデンテの姿が。「先生が酔いつぶれて倒れたの、オトナ高校、やめさせるらしくて」と言います。話によると、国家議員の使節団がペガサスの実績不足を指摘したようで、ここまでの卒業人数が少ないので担任に責任をとらせるという話みたいで。さくらは「結局、皆がもたもた卒業できないせいよね」と言います。

ペガサスが落ち込んでいると、そこに英人の姿が。ちょっとお時間貰えないですかと言います。夜にオトナ高校へとむかう2人。そこには自転車に乗るヒミコ、ヤルデンテ、サショー、スペアの姿が。盗んだバイクは無理だが、借りてきた自転車で走りだそうということで、自転車で校舎を走ります。次に夜の校舎に忍び込む事に。教室に入ると飾り付けがしてあり、そこには他の生徒の姿が。黒板にはペガサスへのメッセージも沢山書いてあります。生徒たちはペガサス先生ごめんなさいと謝り、ぺガサスは「君たちをいまだに卒業させられない、謝るのは私です。君たちの優しさにふれることができて、猛烈に嬉しい」と言います。さくらはじゃあそろそろ飲みましょうかと言い、飲み会が始まります。ヒミコとヤルデンテに「だったら卒業してみろよ、俺はダメだぞ、心の中に妻がいる。2人とも俺に構っていないで先に進めよ」と言います。
サショーはスペアを連れて歩き、それを英人は追いかけ、そこにさくらが現れ、「また密会ね、2股ね」と言います。いやまだとは決まっていないと英人が言うと、さくらは「別れれば?あんな女」と言い、英人は「なんでいつも邪魔するんだよ」と言います。「だって本当はそんなに好きじゃないんでしょう?」とさくらは言い、英人はほっといてくれと言います。スペアたちは体育館にいて、「実は俺、スペアさんの事意識している、まさかだけど好きなんだ」と言い、スペアは「でもこの前、チェリート君に立ち向かえって」と言うと、「あの時はそれが君の為だと」とサショーは言い、スペアは「オトナだね、サショーさん。好きなのに相談に乗ってくれて、私の事、第一に考えてくれて」と言います。サショーは「例の病気から立ち直る兆候が表れたというか」と言われ、スペアはとても驚きます。サショーは「こんな俺でも好きになっていいのかな?」と言うと、スペアは「なんでお伺いたてるわけ?強引に奪う度胸とかないわけ、そんなに安心がほしかった?だからだめなのよ、じじい」と言ってスペアは去っていきます。サショーは「容赦のない罵倒が余計に俺を駆り立てる」と思っていて、スペアは去り際に、英人がいる事に気づき、英人は「なんなんだよ、強引に奪うって。好きになってくれたら誰でもいいのかよ」と言います。サショーは「誰でもいいとか、失礼だ」と言うと、英人は「いまは彼女との話なので。部長はだまっていてください。俺達もう付き合っているので」と言い、スペアは「やめてよ、そういうの。本当重たいの。自分の所有物とか思っている?いちいち干渉しないで、料理の評価もメリット評価ももううんざり」と言います。英人は「じゃあ別れる?」と聞くと、「そういう事じゃなくて。私に好かれるようにもっと努力してよ。だったら私達どうすればいいわけ?」と言います。その時、体育館にさくらの姿が。なんとさくらは英人に無理やりキスをし、スペアたちは驚き、英人は初めてのキスを経験するのでした。

オトナ高校生ネタバレ7話の感想

今回は同棲など、恋愛の大変さが学べたお話でした。いよいよ次週、最終回!オトナ高校は閉校とされるようで、それぞれの不器用な大人たちの恋の行方はどうなるのでしょう!

オトナ高校生はどんなドラマ?

2017年、深刻な少子化問題に歯止めをかけるため、
日本政府は国じゅうがのけぞる法案を打ち出した。
その法案とは「第二義務教育法案」。
性体験のない30歳以上の男女――「やらみそ(=ヤラないまま三十路)」たちを
公的教育機関「オトナ高校」へ強制入学させ、
本当のオトナになるための英才教育を受けさせる…
という奇想天外な法案だった――!

国から突然、オトナ高校への入学を義務付けられた主人公・荒川英人(三浦)は
「なんでオレが童貞だって知ってんだよ、国家ぁぁぁ!」
と動揺しつつも、しぶしぶ入学。
卒業条件である“童貞卒業”を目指して恋愛を学ぶことに。
30代から50代まで(!)…いろんなタイプの恋ヘタ学友らと悩みを分かち、時にぶつかり合いながら、
10代の高校時代には味わえなかった青春をやり直し、
人として成長していきます。

軽やかなタッチで紡ぐ新感覚ドラマ『オトナ高校』。
『ウォーターボーイズ』シリーズや『映画 ビリギャル』など数々のヒット作を生み出した
橋本裕志の完全オリジナル脚本をベースに、
三浦をはじめ、高橋克実、黒木メイサら豪華キャストが“かつてない顔”を果敢に見せる
“挑戦的なドラマ”がついに幕を開けます

キャスト一覧

荒川 英人(あらかわ・えいと)(30)………三浦 春馬

権田 勘助(ごんだ・かんすけ)(55)………高橋 克実

山田 翔馬(やまだ・ぺがさす)(25)………竜星 涼

姫谷 さくら(ひめたに・さくら)(24)………松井 愛莉

斑 益美(まだら・ますみ)(35)………山田 真歩

川本・カルロス・有(かわもと・かるろす・ゆう)(33)………夕輝 壽太

嘉数 喜一郎(かかず・きいちろう)(53)………杉本 哲太

持田 守(もちだ・まもる)(45)………正名 僕蔵

園部 真希(そのべ・まき)(32)………黒木 メイサ

この記事を書いた人

オトナ高校生
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング