オーファンブラックの7話を見逃した方はこのページの方法で簡単に無料で見逃し配信を見ることができますよ。
オーファンブラック7話を見る賢い方法とは?詳しくこちらに解説します。見逃してしまってもこの方法なら確実ですし違法でもありません。
JYが主演のオーファンブラックの見逃し配信はこちらです。

<スポンサーリンク>

ドラマ「オーファンブラック」7話の予告ムービー

<スポンサーリンク>

オーファンブラックのダイジェスト版や再放送はないの?

オーファンブラックの再放送の情報がまだ、ありません。

わかり次第、こちらのページで更新します。

再放送を待たなくても、あるサービスで簡単に見る方法を見つけました!

7話を今すぐ無料で見る方法をまとめました!

↓↓↓

オーファンブラックの見逃し7話のネット配信を無料で見る!

オーファンブラックは東海テレビの制作なので、フジテレビ系列になります。

なので、フジテレビが運営するフジテレビオンデマンドで無料で見る方法があります!

詳しくは、こちらの記事にまとめました!

ドラマ「オーファンブラック」7話のストーリー

 
沙羅(知英)の娘・萌絵(庄野凜)が、エレナ(知英)に連れ去られる。エレナに殺意はなく、ただ萌絵と話したかったのだ。そんな萌絵は、エレナをまじまじと見つめ「ママもエレナも本物」と言う。混乱するエレナ……その直後、萌絵は交通事故に遭ってしまう。
 冴子(麻生祐未)から連絡を受け、病院に駆け付けた沙羅は、萌絵が身に着けていたマフラーから、エレナが連れ出したことを知る。理華(知英)を呼び出し、拳銃を借り受ける沙羅。「どうするつもり?」「エレナを殺す」

その頃、エレナは震えていた。そこに沙羅から電話が入る。沙羅の呼び出しに応じるエレナ。だが、そんな様子を宇賀神(大杉漣)が見ていて……
 一方、病院では、理華と冴子が鉢合わせしてしまう。クローンの存在を知ってしまう冴子……だが、冴子自身、抱えていた秘密があった。なぜ冴子が沙羅を引き取ったのか?そこには、驚きの事実が隠されていて…

金城(岡田浩暉)は真緒子(知英)の違和感に気付き始めていた。少しずつ身元不明の被害者の正体に迫りつつある捜査。ついに金城は沙羅の存在に気付く。
 その頃、ダイアード社の脇田(竹中直人)はとある人物の指示で計画を推し進めようとしていた。すべてのクローンを管理下に……泉(知英)の元に愛子(佐津川愛美)を。理華には弁護士を差し向け、取引に応じさせようとする。
 そんな中、ダイアード社のことを調べていた槙雄(山崎育三郎)は、ダイアード社に忍び込んでいた。ダイアードの本当の目的にあと一歩まで近付く槙雄。そんな中、社長室である女性と遭遇。その顔を見た槙雄の表情が驚愕に変わり…。

オーファンブラック7話の感想

ハラハラが止まらない展開にいつもドキドキしてしまいます。

最初のうちは「これは誰だっけ?」と同じ顔をした登場人物たちにクエスチョンマークが浮かぶこともありました。

しかし今では登場人物も覚えられるようになりました。

第7話では娘が事故にあってしまうようです。

その前に娘がある言葉を発します。

「エレナもママも本物」という言葉でした。

クローンと本物の関係性は一体何なのでしょうか?

とっても気になる一言でした。

そして冴子もある秘密を抱えているようなのです。

それは一体どんなことなのでしょうか?

自分ではなかなか想像を超える展開が多いので、秘密もまったく予想することができません。

一番怪しいダイアード社についても少しずつ明らかになるようです。

全てが見逃せない第七話も楽しみです。

オーファンブラック 7話以降はどうなる?

とっても新しいドラマだなと思いました。

だって登場人物がほぼ知英さんから。

そんな様ざまな人柄を演じるのもとっても大変だったかもしれません。

しかしすべてのキャラの特徴をよく演じていたので、

ストーリーにのめり込むことができたのかなと思いました。

ドキドキする展開ももちろんですが、キャストさんの演技が光るドラマだなと感じています。

最後の最後まで何が起こるか分からないので、最後まで見逃せません。

全てのキャラに幸せになってもらいたいなと思います。

オーファンブラック 見逃したくない7話の視聴者の意見

20代 女性
プロットがよくできていると思います。考えながらみるとたのしそう

30代 女性
謎めいていて面白そう。山崎育三郎さんが好きです。冴子が沙羅を引き取った理由って何だろう

40代 女性
ジヨンがまま役するのが衝撃です。ジヨンの一人二役がまあまあ楽しみです。もう一人のジヨンは悪いの?なにか意図があるのか気になる

オーファンブラックの相関図

オーファンブラックの相関図
※タップして拡大

オーファンブラックのキャスト

 

この記事を書いた人

オーファンブラック
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング