このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

奥様は、取り扱い注意の相関図

奥様は、取り扱い注意の相関図

奥様は、取り扱い注意ネタバレ7話のあらすじ

ある日、菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)、京子(本田翼)は、主婦仲間の友恵(霧島れいか)から人を探してほしいと頼まれた。3人が探偵のような仕事をしているというウワサを聞きつけたのだという。余命半年を宣告された友恵の望みは、死ぬ前に大学時代の恋人にひと目会うこと。「妻」ではなく「女」としての自分を取り戻したい、そんな友恵の思いに共感した優里と京子に背中を押され、菜美はかつての仕事仲間・小雪(西尾まり)に調査を依頼することに。

そんな中、京子の夫・渉(中尾明慶)が浮気をしている可能性が浮上!渉と正面から話し合うのも怖いけれど、このままの状態も耐えられない…。京子は悩むが、結局、見て見ぬフリをしてしまう。一方、啓輔(石黒賢)の態度に耐えかねた優里は、ママ友に誘われた合コンに行くことを決意。罪悪感にさいなまれながら、合コンの店へ向かうのだが…!?

同じ頃、勇輝(西島秀俊)の出張中に束の間の一人暮らしを楽しんでいた菜美の元に、友恵の元恋人・幸平(渋川清彦)の居場所が判明したという連絡が入った。幸平が前科持ちだと知った菜美は、まずは一人で幸平と会うことに。夢を追い求めた結果成功とは程遠い場所に来てしまった自分を自嘲気味に話す幸平だったが、菜美から友恵が余命いくばくもないと知らされ…。

<スポンサーリンク>

綾瀬はるかさんが主演で、あのノーベル文学賞を受賞したカズオイシグロのドラマ「わたしを離さないで」が
無料で全話見ることができます。

奥様は、取り扱い注意ネタバレ7話

会いたいのは、初恋の人

島田牧師からの紹介で東京に出てチャペルアテンダーとして働き始めた菜美(綾瀬はるか)は、退屈な日々を送っていました。しかしある日、大使館員の結婚式の日にヒットマンが乱入。それを未然に防いだ菜美は、実は裏の顔は諜報機関の東京支局長である新郎に目をかけられ、特殊工作員としての一歩を踏み出すのでした。
そんな菜美も今では普通の主婦。今日は主婦友達の友恵(霧島れいか)の家に優里(広末涼子)、京子(本田翼)の二人とお呼ばれし、チェロの演奏付きのお茶会を楽しんでいました。そこで友恵にある人を探して欲しい、料金は支払うと言われ、ポカンとする三人。友恵の話では、三人が探偵のようなことをしていると噂で聞いたと言います。かつて、探偵事務所に勤めていたと以前誰かに嘘をついたことを思い出す菜美。
かつて探偵事務所で事務の仕事をしていたとその場を誤魔化す菜美は、優里たちに人探しを手伝ってあげようと提案されます。余命半年と宣告された友恵は、大学時代に付き合っていた男性を探して欲しいと言います。余命のことを聞かされ、京子たちのプレッシャーもあり、引き受けることにした菜美。優里と京子も手伝う気満々です。
家に帰ると、京子は姑から最近出かけすぎなのではと注意されます。主婦の目が外へむき始めると隙が生まれ夫もそれを見逃さないと言う姑。自分は子供がいたから何とか修復出来たけれど…最後に追い出されるのはあなたなのよ、と釘を刺されます。その頃優里は家計簿をつけていました。息子からお腹が空いたと言われ、軽食を作ろうとする優里。そこへママ友から合コンの日取りが決まったと連絡が。複雑な表情で息子を見つめる優里。

それぞれの家庭、それぞれの思い

その日の夜、菜美は晩御飯を美味しく作れて大満足。勇輝(西島秀俊)も喜んで食べます。そこで、今日チェロの演奏を聴いたと話すと、勇輝は今度二人でコンサートに行こうと提案。そんな勇輝に菜美は、元カノに会いたくなったりするかと訊ねます。それを聞いた勇輝は、今の今まで元カノのことなんて忘れていた。君がいるのに他の人のことなんて考えられないと言うのでした。それを聞いて喜ぶ菜美。10年後も20年後も変わらずいられたら嬉しいと伝えます。そこで明日から五日間福岡へ出張だということを思い出した勇輝。菜美は寂しいと言いますが、勇輝は毎晩電話すると約束するのでした。
その頃、友恵の家では夫がのんびりくつろいでいました。体調はどうかと訊ね、これから大変になっていくだろうけれど、お互いあまり取り乱したりしないようにしようと確認。チェロを弾いて欲しいと友恵にお願いしますが、友恵は演奏しながらも冷めた複雑な表情を浮かべていました。
同じ頃、京子は渉(中尾明慶)の携帯のロックを解除し、浮気の証拠がないか調べていました。
翌日、友恵の家を訪ね、相手の情報をもらう菜美。わかっていることは、名前と出身地、最後に住んでいた住所とわずかなもの。卒業後の進路もわからず世界1周に出ると言って喧嘩になったと言います。一週間後には化学療法が始まるため、もし一週間以内に何の手がかりも掴めなければ、調べるのはお終いで良いと話す友恵。
菜美は友恵の願いを叶えるべく、かつての仲間の元を訪ねます。菜美が主婦になったことに驚く仲間ですが、一度こっちの世界に足を踏み入れてしまうと、スリルが忘れられずにたいていが戻ってくると脅されます。しかし、菜美の幸せそうな顔におめでとうと言ってくれるのでした。

元カレ発見!しかし、その正体は…

人探しはプロに任せることになったと優里と京子に報告する菜美。優里は残念がりますが、京子はそれどころではない様子。やたらと中西という人から残業のメールが届いていたと言うのです。菜美は浮気調査をして欲しいと言われ断りますが、京子を励まし軽くジャブを打ってみたらと優里とアドバイスします。
家に帰った優里は、近頃出歩きすぎじゃないかと夫に諭されます。そして節度のある行動を心がけるようにと言われ、先日妻の不倫が原因で街を出て行った家族の話をされるのでした。菜美が越してきてから街が賑やかになった気がすると嘆く夫にイライラした優里は、先日の合コンの誘いに参加すると返信してしまいます。
翌日、菜美の元へ仲間から電話が。探し人は現在東京にいるものの13回も転居を繰り返しており、出資法違反の前科持ちだと言います。そんな友恵の元カレに会いに行く菜美。元カレは菜美の只者ならぬ雰囲気に逃亡しますが呆気なく確保されます。菜美は友恵が会いたいと言っていると伝えますが、元カレは会って自分を馬鹿にしたいだけではと訝しがります。自分の経歴は伝わっているはずだと。そんな彼に友恵は余命半年で、だから会いたがっているのだと伝え、2日後の同じ時間に迎えに来るから会いたくなかったら国外に逃亡するようにと冗談を言います。
その日の夜、出張中の勇輝と約束通り電話する菜美。友恵にアドバイスされた通り、些細なことから勇輝のことを知ろうと好きな音楽や感動した映画を訊ねます。勇輝は丁寧に答えますが、窓に映る表情は怖く冷たいものでした。
翌日優里は合コンへ向かいます。そこには、先日ママ友を脅していた怪しい男(玉山鉄二)たちの姿も。カッコいい男と美味しい食事を提供すればイチコロと話す男たち。街が廃墟になるくらい搾り取ってやると男は言うのでした。何も知らない優里は、隣の席に座っていた男の子とメアドを交換してしまいます。

久しぶりの再会、初めて感じた嘘

菜美は、約束の時間に元カレの元へ。するとそこには、借金取りに連れて行かれそうになっている元カレが…。すぐに救出し、友恵の元へ向かいます。待ち合わせの場所には、優里と京子の姿も。二人だけ残して立ち去ろうとする三人ですが、友恵に残って欲しいと言われ、その場にとどまることに。
以前、自分の実家に借金したのを覚えているかと確認する友恵。忘れたことはないと言う元カレですが、結局お前に言われた通り何もうまくいかなかったと弱音を吐きます。自分に会って幸せを確認したかったのかと聞かれた友恵は、幸せなんかじゃない、言いたいことも言えず、自分は死んでいるも同じだったと答えます。そして、前みたいにもっと自分をハラハラさせて欲しい、生きたいと思わせて欲しい、弱音なんか吐かないでほしい、そうしたら借金はチャラにしてあげると言うのでした。
その後友恵は離婚し、元カレと一緒になって街を出て行きます。そんな友恵を見て、絶対後悔すると言う京子と、自分もそうするかもしれないと言う優里。京子は相変わらず渉の携帯を見て浮気をチェックし、優里は知り合った男の子と連絡を取り始めていました。出張から帰ってきた勇輝の為に好きだと言っていた古いジャズを流す菜美。勇輝に身体を預け、久しぶりの再会を喜びますが、勇輝の言葉に菜美は嘘の匂いを感じるのでした。

 

奥様は、取り扱い注意ネタバレ7話の感想

ここまで平和に来ていた伊佐山家。勇輝の仕事、本当なのかな?怪しいなぁ…と思ってはいましたが、何か裏がある匂いがプンプンして来ましたね!勇輝も実は菜美のように人には言えない職業についているのかな?今後の展開が楽しみです。そして今回もキレッキレの綾瀬さんのアクションにうっとり。回を増すごとに動きが機敏になっている気が…。

 

奥様は、取り扱い注意はどんなドラマ?

綾瀬はるかさんが演じる主婦の伊佐山菜美は、素敵な旦那さんを見つけ

念願の夫婦生活を手に入れます。

あこがれの高級住宅街に引っ越してきて

幸せな結婚生活のはずが

伊佐山菜美は気づいてしまいます。

幸せに見える主婦たちが抱えるいろんな問題を。

正義感が異常に強く、怒ると狂暴!

伊佐山菜美は、実は言えない過去が・・・・

天涯孤独で育った菜美はスリルジャンキー

世間のルールは無用、危険な方へと進んでいく。

いったい、どんなドラマになるのやら

奥様は、取り扱い注意のキャスト

伊佐山 菜美 / 綾瀬 はるか
伊佐山 勇輝 / 西島 秀俊

大原 優里 / 広末 涼子
大原 啓輔 / 石黒 賢

佐藤 京子 / 本田 翼
佐藤 渉 / 中尾 明慶
佐藤 良枝 / 銀粉蝶

原案/脚本 金城 一紀
音楽 得田真裕
演出 猪股隆一 ほか
プロデューサー 枝見洋子
松本明子(AXON)
チーフプロデューサー 福士 睦
制作協力 AXON
製作著作 日本テレビ

 

この記事を書いた人

奥様は、取り扱い注意
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング