このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

奥様は、取り扱い注意の相関図

奥様は、取り扱い注意の相関図

奥様は、取り扱い注意ネタバレ6話のあらすじ

菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)は、抜群の生け花のセンスを持つ姑を見返したいという京子(本田翼)に付き合って、フラワーアレンジメント教室に通い始めた。花を相手に京子が悪戦苦闘する一方、不器用ながら女性らしいセンスを発揮し始める菜美。そんな中、教室で知り合った冴月(酒井美紀)から菜美は町の広報誌の取材を申し込まれる。

取材当日、菜美は約束の時間通りに冴月の家へ。するとそこに、冴月の友達・靖子(芦名星)と千尋(原田佳奈)がやってきた。帰宅が遅れると冴月から連絡を受けた2人に言われるままに菜美が冴月の家に足を踏み入れると…なんとリビングに冴月の夫・達郎の死体が!!現場の状況から、菜美は何者かが達郎を計画的に殺害し、自分をアリバイ作りに利用したと直感する。

翌日から“第一発見者=容疑者の一人”として捜査に協力することになった菜美は、勇輝(西島秀俊)と共に警察へ。当初、事件は開業医の達郎の資産を狙った強盗殺人かと思われていたが、冴月に愛人がいた可能性が発覚し、マスコミは事件を痴情のもつれによる殺人だと報道。菜美は冴月以外に殺人犯がいると確信し、冴月のアリバイも成立したのだが、ウワサがウワサを呼んで街には殺伐とした雰囲気が漂い始めた…。

大好きな街がこれ以上騒がしくなるのは我慢できない!!持ち前の観察力で“真犯人”の目星を付けた菜美は、自ら

<スポンサーリンク>

綾瀬はるかさんが主演で、あのノーベル文学賞を受賞したカズオイシグロのドラマ「わたしを離さないで」が
無料で全話見ることができます。

奥様は、取り扱い注意ネタバレ6話

町内で殺人事件!被害者は知人の夫…

友の仇を討つために、暴走族の基地に乗り込み相手を壊滅させた菜美(綾瀬はるか)でしたが、警察に捕まります。お世話になっている神父様のおかげで鑑別所に行かなくて済みますが、この町は菜美には狭すぎると東京に行くことに。その三年後、菜美はある国家の特殊工作員になりますが、現在は普通の主婦として主婦友達の優里(広末涼子)と京子(本田翼)とフラワーアレンジメントの教室に通っていました。
義母を見返したいと頑張る京子でしたが、センスはいまいち。一方菜美は、花をいじる楽しさに魅了されます。上達したら発表会をしようと言う優里は同じ町内に住む冴月(酒井美紀)たちにも声を掛けます。
帰りに町内の冊子に載せる新入りさんへのインタビューを受けて欲しいとお願いされる菜美。編集をしている冴月は、明日の7時にと言います。夕食時の誘いに不信感を抱く菜美達。翌日、菜美がスーパーで買い物をしていると不穏な視線を投げる男性が。そこへ、冴月がやって来ます。菜美に気付き、夫だと紹介する冴月。夫は駅前で歯科医院を開いていると言います。また教室の日にね、と言われ、今日はインタビューでは…と訝しがる菜美。
夕方、すっかりフラワーアレンジメントにはまった菜美は、家でも練習をしていましたが、時間を忘れてインタビューに遅れてしまいます。冴月の家に着くと、そこには他のアレンジメント仲間の靖子(芦名星)と千尋がいました。インタビューの後に、アレンジメントをすることになっているから、早めに来て準備をしようと思っているという二人。しかし、冴月は出てこないと言います。そこへ冴月から靖子に電話が。買い物に出たら渋滞にはまってしまったという冴月。合鍵で先に中に入っているよう言われ、三人は家に入ろうとします。すると、鍵が開いていることがわかり、菜美は中に入るのを躊躇いますが、二人に説得されしぶしぶ中に入ります。暗い家の中、電気をつけて中に入って行くと…そこには冴月の夫の死体が!菜美はすぐに警察に連絡。靖子にも冴月に連絡するよう指示します。

平穏な街が喧騒に巻き込まれていく

一足遅れて家に帰ってきた冴月は家の中に入ろうとしますが、警察官に入れてもらえません。そんな冴月を慰める靖子と千尋。しかし、菜美は冴月と靖子が意味深な表情を交わすのを見逃しませんでした。
聴取もひと段落し、家に帰った菜美は、迎えに来てくれた勇輝(西島秀俊)、優里、京子に現場の状況を説明。まだ犯行からあまり時間が経っていなかったようだと推測します。そして、冴月がどんな人物なのか訊ねる菜美。優里は、冴月も夫も評判は普通で、特に問題はなかった、旦那さんのことを狙っている人もいたくらいだと答えます。それに対し、指定の時間に家に行って死体を見つけるのは出来すぎている…もしかしたら…と口にする菜美。
翌日、菜美は警察で事情聴取を受けていました。そこで、他の部屋が荒らされていなかったことを防犯をネタに聞き出します。聴取が終わり部屋を出ると、一緒に来ていたはずの勇輝の姿が見当たりません。探すと、大学の同期と偶然再会したらしく話していました。
それから一週間。捜査は何の進展も見せぬまま時間だけが過ぎて行きましたが、ワイドショーが騒ぎ始め、街が事件の騒動にまきこまれつつありました。今回の騒動について話し合う菜美達。京子が仕入れた情報によると、冴月にはアリバイがあることがわかっていますが、警察は冴月に男の影がなかったか調べていると言います。

犯人は?名探偵菜美!

冴月を訊ねる菜美。大きな荷物を抱える冴月は、これからしばらくホテルに泊まると言います。そんな冴月に、少し話が聞きたいと切り出す菜美。冴月は、自分は犯人ではないと言いますが、犯人の動機は何だと思うかという質問に曖昧な返事をし、すぐに疲れてしまったと話しを打ち切ります。
冴月に靖子と千尋の連絡先を聞いた菜美は、早速二人を呼び出し。殺された冴月の夫について切り出します。スーパーでひどく無遠慮な目で見られた菜美は、靖子や千尋にも同じことがあったのではと確認。しかし二人はそんなことはなかった、事件の時窓を開け閉めする音が聞こえたから、きっと強盗が自分たちが来たことで何も取らずに逃げたのだと主張するのでした。
その日の夜、事件のことを渉(中尾明慶)に話す京子。しかし渉は疲れて帰ってきたのに殺人の話なんか聞きたくないと遮ります。そこへ後輩から電話が…。しかし後から折り返すと言う夫を見て、京子はcrime of passion という言葉を持ち出して脅すのでした。その頃、優里の家では啓輔(石黒賢)がネットの情報を鵜呑みにして事件の話をしていました。もっと確かな情報が出てから判断するべきという優里の言葉に、話を打ち切り夜食をお願いする啓輔。すると優里の携帯に何度も通知が。気になって見ようとしますが、ロックがかかっていて見ることができません。何も気づいていない優里が携帯を取ってメッセージを見ると、合コンは延期になったという知らせが届いていました。
翌日。街の夫婦喧嘩までマスコミに報じられてしまうような状況に嫌気がさした菜美達。菜美は街を救うために立ち上がることを決意。家の掃除をしながら自分の推理を整理します。菜美の見立てでは、犯人は靖子と千尋と冴月。菜美が来る前に実行犯の靖子と千尋が二人で冴月の夫を殺し、アリバイを作るために菜美を利用したと推測します。そして、冴月も犯行を手助けしたとも。

判明する動機…女達の悲しみ

後日、千尋の家に侵入し、血の付いたハンマーを持ち帰ったであろうバッグを奪い、三人を呼び出した菜美。自分はアリバイ作りに利用されたのだから犯行の動機を聞かせて欲しいと言います。そして語り始める靖子。
実は靖子は15年前に冴月の夫にレイプされていたのでした。そして、偶然にも同じ短大に通っていた千尋も同様にレイプされていた被害者。冴月に呼ばれた食事会で再会してしまった三人でしたが、全く覚えていない夫の様子と自分たちの受けた精神的な苦痛から殺したい衝動が募っていったと話す靖子。冴月は、靖子と千尋が食事会以降、突然距離を置き始めたため、不審に思い二人を追及して事実を告げられたと言います。そして、妻である以前に女である以上夫の行為は許せるものでなかった、靖子と千尋以外にも被害者はいるはずとの思いから二人に協力したと言うのです。自白を促す菜美でしたが、自分からは告発しない、後は自分たちで決めて欲しいと三人に告げます。しかし、もし自白しないのなら、この街にはいないで欲しいとも。靖子と千尋が冴月の夫を許せなかったように、自分も犯罪者がこの街にいることは許せないと言うのでした。
そして、事件は解決しないまま、三人は街を去って行きました。証拠のバッグは菜美が処分。自分には女として彼女達を裁くことはできない、そう心の中で呟く菜美。その日の夜、思い沈んだ菜美は勇輝に男に生まれて悲しかったことはあるかと質問します。それに対し勇輝は、何かの本に書いてあった男は法律を作るために生まれ、女は自然を保持するために生まれたという言葉を引用し、男は本当の悲しみを知らない生き物なんだと答えます。そして悲しいの?と質問し、頷く菜美の肩を抱きよせるのでした。

 

奥様は、取り扱い注意ネタバレ6話の感想

今回は派手なアクションがあるわけではなかったけれど、菜美の推理が冴え渡った回でした。前回、優里が不穏な空気に飲み込まれそうになっていましたが、今回は合コンが延期になったと言うことでその話題はほぼスルー。また、前回妻の有り難さがわかったようなリアクションをしていた渉にも浮気疑惑が浮上となかなか幸せになれない隣人達。果たして今後、菜美達三人にはどんな展開が待っているのか。来週はその辺りも進展するようなので、より楽しみです。

 

奥様は、取り扱い注意はどんなドラマ?

綾瀬はるかさんが演じる主婦の伊佐山菜美は、素敵な旦那さんを見つけ

念願の夫婦生活を手に入れます。

あこがれの高級住宅街に引っ越してきて

幸せな結婚生活のはずが

伊佐山菜美は気づいてしまいます。

幸せに見える主婦たちが抱えるいろんな問題を。

正義感が異常に強く、怒ると狂暴!

伊佐山菜美は、実は言えない過去が・・・・

天涯孤独で育った菜美はスリルジャンキー

世間のルールは無用、危険な方へと進んでいく。

いったい、どんなドラマになるのやら

奥様は、取り扱い注意のキャスト

伊佐山 菜美 / 綾瀬 はるか
伊佐山 勇輝 / 西島 秀俊

大原 優里 / 広末 涼子
大原 啓輔 / 石黒 賢

佐藤 京子 / 本田 翼
佐藤 渉 / 中尾 明慶
佐藤 良枝 / 銀粉蝶

原案/脚本 金城 一紀
音楽 得田真裕
演出 猪股隆一 ほか
プロデューサー 枝見洋子
松本明子(AXON)
チーフプロデューサー 福士 睦
制作協力 AXON
製作著作 日本テレビ

 

この記事を書いた人

奥様は、取り扱い注意
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング