民衆の敵 動画11月6日放送を無料視聴できる方法をまとめました。

11月6日の放送で3話になります。

民衆の敵の11月6日に放送した動画を見たい方は、

とあるオンデマンドで無料で見ることができます。

民衆の敵の動画を見る方法はこちら。

<スポンサーリンク>

民衆の敵3話の予告動画

民衆の敵動画3話のあらすじ

 
佐藤智子(篠原涼子)は希望通り、あおば市議会の教育こども委員会に所属した。自宅では辞書を片手に資料を読むのだが、会議に出てもみんなが何を話しているのか分からない。そんな智子に小出未亜(前田敦子)が断った市民の陳情が持ち込まれる。話を聞くだけでいいという議会事務局職員の安部(久保田悠来)の頼みに、智子は引き受けた。
 陳情を持ち込んだのは富子(梅沢昌代)。富子はかつての隣人、今井一馬(渋谷謙人)が誘拐犯人として逮捕されたが冤罪だというのだ。富子の訴えに智子が動き出す。まずは、事件を平田和美(石田ゆり子)に調べてもらった。和美は担当警察官から話を聞く。

事件の発端は、不審な男が少女を連れ歩いているとの通報だった。警察の捜査で少女は小川かのん(白鳥玉季)と判明。すぐにかのんの自宅に行くと彼女の母・裕子(安藤玉恵)が応対する。かのんは帰宅していなかった。裕子はかのんに携帯電話を持たせていなかったので連絡が取れない。裕子の携帯電話も未払いで止められていた。そのため警察は付近の家をしらみつぶしに調べ始める。すると、一馬のアパートでかのんが発見され、逮捕に至ったのだ。
 智子は富子に一馬の冤罪を晴らすと約束してしまった。事件に興味を持った和美も引き続き調べることを約束する。智子は藤堂誠(高橋一生)にも相談。しかし、藤堂は弁護士を紹介しようかとは言うものの話に乗る様子はなかったが…。

<スポンサーリンク>

民衆の敵の再放送情報は?

まだ、再放送の情報はありません

月9が低迷ぎみなので、再放送で視聴率を落とさないようにしてくると思いますので

わかり次第、このページでお知らせします。

↓↓↓

再放送を待たなくても、すぐに見る方法があります。

フジテレビのオンデマンドサイト(FOD)で簡単に見ることができますよ

無料トライアルを使って見逃してしまったドラマを見る方法があります。

3話をどうしても無料で今すぐ見たい方はこちら!

↓↓↓

民衆の敵の動画(11月6日放送)を無料で見る方法

見逃し配信は番組制作がフジテレビなので
 

ある事をするだけで無料で見ることができます。

 

それは、フジテレビオンデマンドに登録するだけです!

民衆の敵の動画3話の放送日と時間

3話の放送日は、11月6日の月曜日 夜9時です。

民衆の敵の動画(11月6日放送)の視聴者のアンケート

民衆の敵の3話 の調査をしました!

3話で視聴者は何を思って見ているのか?

30代 女性
人間模様が気になる

50代 女性
一般市民ならではの視点での活動。誘拐事件に関する藤堂の行動。

30代 女性
いろんな癖のある登場人物がいて、駆け引きなど人間関係がおもしろい

50代 女性
人間関係が面白い。わくわくします。

40代 女性
いろいろな人間関係の絡みが楽しみです。

民衆の敵の動画(11月6日放送)の感想

希望通りの教育こども委員会に所属する事が出来た佐藤智子議員であったが、会議の話している内容が全く分からないという辺りは、さすが新米議員で無頓着な智子らしさを感じます。

しかも、どの議員もやりたがらない市民の陳情という仕事を受けてしまうところにも、智子らしさがにじみ出ています。

学歴なし、政治経験0の智子が知り合いの富子が持ち込んだ陳情に対して、精一杯の努力で立ち向かおうとしている姿勢が、今現在の政治家には欠けている点ではないかと考えさせられます。

富子の陳情に対して藤堂誠議員が弁護士を紹介するだけで積極的に手伝おうとしない事にも、何か政治家の裏の圧力を受けているのでは無いかと予想されます。

藤堂誠は、個人的に智子の良き政治家仲間として見ていたので、少々ガッカリさせられました。

民衆の敵のドラマ批評

学歴なし、政治経験0で勢いだけで政治家となった佐藤智子議員が、自分なりの考えで一生懸命に政治活動へ取り組む姿勢に感動してしまいます。

智子の自分の立場や損得を考えず思うがままに行動する辺りが、今現在の政治家には欠けているところでは無いかと思います。

智子が新米議員ながら数々の問題を解決していき、市民からの支持を集めていく展開を期待しております。

また、智子らしい行動が発端となり政治家達の悪どい社会関係が徐々に改善されていって欲しいです。

このドラマでは、市民が政治に対して思っているであろう問題を解決するには、どの様な事が必要であろうかを訴え掛けているのでは無いかと感じさせられます。

 

この記事を書いた人

民衆の敵
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング